ドラマ99.9刑事専門弁護士2話ネタバレ感想。美由紀(野々すみ花)がキーマン?

TBS日曜劇場ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」の2話の感想ネタバレです。シーズン2の2話目にして、シーズン1で最大の謎だった深山大翔(松本潤)の父親の冤罪事件を扱うという贅沢な内容。

26年前の金沢で起こった女子高生殺人事件の真犯人は一体誰なのか?さらに担当検事だった大友検事正(奥田瑛二)には、更なる処罰が下されるのか?放送が実に待ち遠しい限りで、その第2話は1月21日の夜9時から。

前回の終盤に、一本の電話をもらった深山。相手は金沢に住む美由紀(野々すみ花)。美由紀は、かつて深山の父親が犯人とされた女子高生殺人事件の被害者の妹。

演じているのは、元宝塚出身の野々すみ花さんで、このブログを新設して以来、どうも宝塚出身の女優さんに言及することが多く、やはり宝塚歌劇団は日本の宝です。


スポンサーリンク


ドラマ99.9刑事専門弁護士2話ネタバレ感想

ドラマ99.9刑事専門弁護士2話ネタバレ

野々すみ花さんの公式サイトの記述によると、鏑木美由紀役でこの「99.9刑事専門弁護士」に出演するのは、前回の1話と今回の2話だけとのことです。

ということは、26年前の深山の父親が逮捕された女子高生殺人事件はこの回で全て解決ということなんでしょう。間違っていたら許してチョンマゲです。

シーズン1の最終回で、深山の父親の事件は冤罪だと判明しています。でもその真犯人はまだ分かっていない状況で、被害者家族は深山の父親がやはり犯人だ疑っている。こういう状況設定で2話がスタートする模様です。

参考までに、以下が「99.9刑事専門弁護士」第2話の公式なあらすじになっています。

深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。

当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

出典:TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」番組公式サイト

ドラマ99.9刑事専門弁護士2話ネタバレ

26年前の女子高生殺人事件の真犯人は、死体の第一発見者である警察官だったいう結末。生前、誰かに付きまとわれていたという妹の証言と、現場に落ちていた傘についていた指紋の存在が消され、警察官の上司の訴えにも耳を貸さなかった当時の担当検事大友(奥田瑛二)。

そして、決め手となったのが、新たな遺留品として深山の手元に渡った水晶のペンダント。それが恋愛成就のお守りであることに気付いた深山たちは、犯人とめぼしき警官がそれを入手した日時を特定し、全ての謎が明らかに。

それらを大友に話して事実を認めさせようとするが、その警官だった男はネパールで滑落事故で亡くなったと。結局、事の真相は世の中に出ることはなく、深山の父親の名誉は回復できなかったのだが、被害者の妹だけは、犯人の同僚だった元警察官からの手紙で事実を知り、深山に姉の墓前での焼香を許したのだった。

その頃、事件の担当検事だった大友は、検察庁に辞表を提出。彼なりの罪滅ぼしだったのかもしれない。

ドラマ99.9刑事専門弁護士2話感想

こちらも本放送終了後に書き足していきますが、参考データとして、深山の今までの境遇を書いておきます。

26年前、父親が女子高生殺人事件で逮捕されてから、母親は一人で家を出てしまい、残された深山は、親戚の坂東家に引き取られています。そこには従兄弟の坂東健太(池田貴史 ※アフロヘアの変なおじさん)が居て、その温かい家庭に迎えられた深山は、事件の影響で無口だったのが、少しずつ心を許して今に至っている、という感じでしょうか。

そして思うに、今回のキーマンはやはり、殺害された女子高生・鏑木美里の妹で、深山に真犯人追求のヒントとなる水晶の遺留品を手渡す鏑木美由紀。

演じる野々すみ花さんを端役で起用するはずもなく、もしかしたら美由紀の近くに居る人物が真犯人ではないかと大胆予想です。

鏑木美由紀は、金沢市内の古いアパートに住んでいて、裕福というよりも貧乏暮らしという表現がピッタリ。なぜ貧乏なのか?結婚はしているのか?もしかしたら前夫のDVがあるのでは? 妄想が尽きず、本放送が楽しみです。

ドラマ99.9刑事専門弁護士2話感想

いやあ、参りました。まさか警察官が真犯人だったというオチにはビックリ。このトリック設定は、やはりプロの仕事なんだと、脚本担当の宇田学さんとトリック監修の井筒昭雄さんに大拍手。お見事です。

そして、休日を家族団らんで過ごす佐田篤弘(香川照之)、彼に深山が居る金沢に行かせる理由付けや、遺留品が何なのかを知る手がかりとなる佐田の娘の存在など、久しぶりに上手い脚本であると唸りまくり。

おそらく、視聴率も前回同様に高いはずだと書いて、次回も宜しくお願いいたします。最後に、野々すみ花さんのインスタ画像を貼っておきます。今回のドラマの舞台・金沢には着物が似合うと。

元旦は姿勢を正して。 着物は、いやがおうでもシャキッとしますから、新年にはもってこいだと思いました。初詣にも行くことが出来たし、家族でお節料理を味わい、「世界ふしぎ発見!」の忘年会で当たった、ももいろクローバーZさんの樽酒も、みんなで大いに楽しみました。 健やかに新年を迎えられたことに感謝。 . . . . Instagramを初めてちょうど一年が経ちました。沢山の方が見てくださっていること、一年間黙っていましたが、実のところ、とても嬉しいのです。 ありがとうございます。 昨年に引き続き、Embark on an adventurous journey!

A post shared by nono sumika 野々すみ花 (@osumi_sumi) on


(C)TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」
出典:TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」番組公式サイト
スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。