99.9刑事専門弁護士3話ネタバレあらすじと感想。真犯人は安達祐実と予想。

TBS日曜劇場ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」第3話のネタバレあらすじと感想です。前回2話にして、早くもシーズン1での最大の謎であった深山弁護士の父親の冤罪事件の真相が判明。

第3話からどんな新しい展開を図るのか?と注目していたら、人気ロック歌手が殺人事件の犯人という事件を扱うことに。

その人気ロック歌手の顧問弁護士が佐田弁護士(香川照之)ということで、放送前から、深山VS佐田という構図が予想され、しかも尾崎弁護士(木村文乃)と元上司の裁判官・山内(松尾諭)の対立もありそうで、また松尾諭さんが出てくる!とビックリ仰天。

松尾諭さん、朝ドラ「わろてんか」で今週から漫才師・川上四郎役で登場予定です。「わろてんか」の前の「ひよっこ」でもバス車掌で出演しており、何気にドラマに出まくっている印象。


スポンサーリンク


99.9刑事専門弁護士3話ネタバレあらすじと感想

99.9刑事専門弁護士3話あらすじ

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!

そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

出典:TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」番組公式サイト

弁護士は、”依頼人の利益”を守るためなら、依頼人が犯した犯罪を隠匿してもいいのだろうか?という素朴な疑問。この辺りははっきりと深山先生に指摘して欲しいものです。

そして完全に不利な状況に追い込まれた人気ロック歌手の無罪を、どんな謎解きで解決するのか?深山先生の腕の見せ所。期待したいと思います。

スポンサーリンク


99.9刑事専門弁護士3話ネタバレ

放送前に、尾崎舞子弁護士が裁判官時代の先輩だった山内を演じる松尾諭さんについて書いておきます。

松尾諭さんは1975年12月7日生まれの42歳。兵庫県尼崎市出身で、高校時代はラグビー部に所属。この頃に観た舞台に感化されて、役者を目指すようになったとのことです。

そのため、関西学院大学へ入学するも3年で中退し、上京。オーデションを受け続ける中、たまたま拾った飛行機のチケットを交番に届けたことが人生の転機に。

そのチケットの持ち主がお礼したいと松尾諭さんに会ったところ、松尾さんが役者志望ということが分かり、それじゃ、うちの会社に、ということに。

チケットの持ち主の持ち主が、芸能事務所エフ・エム・ジーの社長さんで、松尾諭さんが今でも所属する事務所の社長さんということになります。

このエピソードを通して学べることは、まずは正直に生きることが運を開くということでしょうか。拾った物は、交番へ。特に役者志望の方は胸に刻むべき教訓であります。

でも、そんなラッキーな出会いをした松尾諭さんでも下積み生活は長いのです。俳優として注目されたのが、2007年のフジテレビ「SP 警視庁警備部警護課第四係」での山本巡査部長役でしたから、ついこの間ですよ。

でもそれからの活躍ぶりは、皆さんご存知の通りで、このブログではありませんが、小生が書いていた「ひよっこ」の感想レビューの中で、よく松尾諭さんが演じる益子次郎のことを書いたものです。

はてさて、茨城弁の人のいいおっちゃんだったバス車掌から、どんな裁判官に変貌しているのか?楽しみながら、本放送を待ちたいと思います。

●放送後のネタバレ●

すみません、予想大ハズレでした。殺人事件の犯人は、ジャーナリスト・安田(伊藤高史)に脅迫されていた別の男でIT会社の社長。

この男は石川(安達祐実)の恋人でもあり、それを利用してのジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)への罪の擦り付けという結末。

99.9刑事専門弁護士3話感想

放送前での予想を書いておきます。人気ロック歌手ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)が、ジャーナリスト安田(伊藤高史)を殺害し、それを目撃した石川(安達祐実)もまた殺害しようとした。

キャスティングされた俳優さんの名前から想像するに、安田殺害の真犯人は石川(安達祐実)で、その罪をジョーカー茅ヶ崎に擦り付けたというオチかと。

これは、ドラマ好きの人なら誰でも想像がつくわけでして、この通りの展開になったとしても、そのトリックの複雑さで、視聴者にあっと言わせて欲しいものです。間違っていたら許してチョンマゲです。

●放送後の感想●

真犯人のトリック設定。写真立てを使って行ったみたいですが、ほろ酔い加減のおっちゃんの頭では、なかなか追いつかず、やはり、シラフの状態で観ないといけないようで非常に反省しております。

次回こそ、必ずネタバレをキチンと書きますと宣言して、来週も宜しくお願いいたします。

(C)TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」
出典:TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」番組公式サイト


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。