明日の君がもっと好き2話感想ネタバレ。釈由美子はレギュラーなのか?

テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」第2話の感想ネタバレとあらすじです。松尾亮(市原隼人)、里川茜(伊藤歩)、丹野香(森川葵)、黒田梓(志田未来)、それに城崎遥飛(白洲迅)のキャラ設定が初回1話でほぼ把握。

本格的に物語が動き出す今夜、城崎遥飛の餌食になるのは、なんと我らが釈ちゃんこと釈由美子さん。
(C)テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」釈由美子
出典:テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」番組公式サイト

前回は、星奈優里さんがあられもない姿にされてしまい、観ているほうがドキドキしてしまった土曜深夜の大人の世界。松尾亮と丹野香の純愛も気になりますが、それ以上に興味津々なのが城崎遥飛の年上女性への屈辱的な行為。

もはや、おじさん世代にとっては、この城崎遥飛のプレイが最大の関心事になっており、その狂気の刃が釈由美子さんに向かうということで、早くも興奮しまくりの「明日の君がもっと好き」。前回の星奈優里さん、返す返す美しかったです。


スポンサーリンク


明日の君がもっと好き2話感想ネタバレ

「明日の君がもっと好き」第2話の話に行く前に、気付いたことをご報告します。それは「明日の君がもっと好き」番組公式サイトでのキャスト相関図。

前回、不倫相手と喧嘩別れした里川茜(伊藤歩)が乗ったタクシーで、茜に襲いかかろうとしたタクシードライバーの聖誠実(小松和重)が、堂々と掲載されているのです。

ということは、初回だけのゲスト出演ではなく、レギュラー出演ということなんでしょう。松尾亮によって窮地を脱した茜ですが、タクシーの中に忘れ物をし、それを茜の会社まで届けに来る聖誠実の不気味な笑い。

確かに存在感があり、NHK大河「おんな城主直虎」で、聖人君子のような昊天とは全く異なる役を演じる小松和重さんは、大人計画所属(※マネージメント契約のみ)の舞台俳優さんです。

小松和重さん公式プロフィール(所属事務所 大人計画)

それから今回、城崎遥飛の餌食になる役の釈由美子さんですが、こちらもキャスト相関図に掲載されています。ということは、城崎遥飛のドSプレイの相手は、もう釈由美子さんで終わりということでしょうか?

もし、そうなってしまうと、土曜深夜の大人の楽しみが少なくなってしまい、残念無念というか悲しい限り。ぜひ、制作スタッフにこの声が届くことを祈るばかりです。

幼い頃に実の母親に虐待されていた城崎遥飛。手や腕には、母親から押し付けられたタバコの火傷跡が酷く、それが原因で年上の子供を持つ女性に異様な執着と陵辱的なプレイをしてしまう。

現実に、こんな男が居たらゾッとしますが、これはあくまで虚構の世界。お子ちゃまは絶対にマネしちゃいけませんと明確に書いております。

それにしても城崎遥飛を演じる白洲迅さんが25歳で、釈由美子さんが39歳。いいです。意味不明でもいいんです。

明日の君がもっと好き2話あらすじ

丹野香(森川葵)から性に関する悩みを打ち明けられた松尾亮(市原隼人)は、戸惑いながらも香を受け入れ結婚を前向きに考え始める。

一方、恋愛に疲れた里川茜(伊藤歩)は、胸中を打ち明けた祖母の静子(三田佳子)から、性欲と恋とを勘違いしていないかと思いがけない言葉を投げかけられ、返事に詰まってしまう…。

その夜、街では城崎遥飛(白洲迅)が子持ちの城之内美晴(釈由美子)を誘った挙句、いつものように罵倒した上、財布を奪い取っていた。

同じ頃、黒田家では、梓(志田未来)が夫の智弘(渡辺大)に嘘をつき、香の勤めるガールズバーへと出かけていく。そして、夕飯の支度もなく放って置かれるはめになった智弘は、ある女性を寿司屋に誘う。やってきた女性はなんと、茜だった…!

出典:テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」番組公式サイト

明日の君がもっと好き2話ネタバレ

松尾亮(市原隼人)は、トランスジェンダーに悩む丹野香(森川葵)とキスをして付き合うことに。丹野香に好意を持つ梓(志田未来)は、ガールズバーの帰りに香とキス。

梓が食事も作らず出かけてしまい、一人になった夫の智弘(渡辺大)は、かつての恋人だった梓の姉である茜(伊藤歩)を呼び出して、こちらもキスをしてしまう。

そして、松尾亮の真面目な人柄に惹かれ始めた茜は、亮を誘って食べ歩きランチデート。それを目撃した梓の瞳が怪しく光り、「紹介して」。

そして、ガールズバーで香と親しげに会話していた客が亮だと気付いた梓。さらには、梓と香のキスを隠し撮りしていた城崎遥飛(白洲迅)は、茜のことが気になって食事にエスコート。

登場人物全員の恋が複雑に絡み合う明日の君がもっと好き第2話でした。

スポンサーリンク


明日の君がもっと好き2話感想

ネタバレにも書きましたが、よくぞここまで登場人物の恋愛の相手が複雑に絡まるものだなと感心するやら、有り得ないと思うやら、です。

期待していた城崎遥飛(白洲迅)のハレンチなシーンもなく、個人的には消化不良なのですが、でも男と女、女と女、年上と年下と、魑魅魍魎に絡み合う設定、悪くありません。

ここに、前日に観た同じテレビ朝日「ホリデイラブ」の要素が入ってくれば、もっとエキサイティングな土曜深夜になると妄想中です。

できることなら、同じテレビ朝日のドラマということで、最終回あたりに2つのドラマがコラボして欲しい感じで、次回までには「明日の君がもっと好き」の人物相関図を作ってみたいと思います&ありがとうございました。

(C)テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」
出典:テレビ朝日土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」番組公式サイト


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。