東京オリンピック2020まで429日。首都高1000円上乗せ案で大丈夫?

2020年東京オリンピック開会式が行われる7月24日まで429日。ふいに思い立って書いています。

本日付けの新聞に、オリンピック開催期間中、選手役員の移動を優先するために、大会期間中、首都高速道路の料金に千円を上乗せする計画があるとのこと。

これを見て、おいおい大丈夫かと。物理的制限ではなく、庶民の心理に働きかけて車の通行量の規制をするなんて…。

こう感じた人も多かったはずではないでしょうか。確かに、普段の生活仕事もあるから、オリンピックだからといって車利用を制限してもらっては困る、そういう人や業界もあるでしょうけど、でもですよ。

4年に一度のオリンピックパラリンピックですよ。全世界が注目するんです。そこで移動時間がかかりすぎて選手が疲弊したみたいなニュースが世界に発信されたら嫌だなあと感じてしまう中年オヤジの独り言。

車を動かす必要のある業界団体や警察と密に相談して、もっとアイデアがあると思うのですが、いかがでしょうか。

じゃあ、お前が対案を出してみろよと言われれば、う~ん、ナンバー制限しか思い浮かばず、頭が悪くてすみません。

でもね、組織委員会も頭のいい人たちが揃っているんだから、こんな庶民の不安を解消できる案がもっとあるはずだと他人任せで本当に申し訳ない。

こんな拙文を書いてる暇があったら、東京オリンピックパラリンピックの各会場建設の進捗具合を見て報告しろ!

こんなお叱りの声も聞こえてきそうな5月22日、快晴の東京であります。

まだ1年以上あると考えるのか? あるいはもう1年しかないと考えるのか…。時間が経つのが異様に早く感じる中年にとっては、ちょっと気がかりな新聞記事でした。お粗末。

参考までに、2020年東京オリンピックの開会式は

7月24日(金 体育の日)午後8時

からです。あっという間にやってきますよ、多分。

文:管理人
運営者:許してちょんまげ

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。