ファイナルカット2話ネタバレとあらすじ。水野美紀「違わないよぉ~」

フジテレビ系列火曜ドラマ「FINAL CUT」第2話、中村慶介(亀梨和也)の第二のターゲットは、ワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)。アパート立ち退きを巡っての殺人事件が発生し、その犯人と思われる男を取材・放送する真崎久美子。それに対して、なぜ警察が逮捕直前なのに容疑者に言い訳の場を提供するのかと怒る被害者の夫。

放送被害者のための救済サイト「FINAL CUT」にその夫が投稿して中村慶介の瞳がキラリ。12年前に起きた女児殺害事件で、実の母親を容疑者扱いされた中村慶介は、その復讐の機会を狙っていて、初回の番組プロデューサー・井出正弥(杉本哲太)に続いての復讐劇スタート。

でも中村慶介とその幼馴染の野田大地(高木雄也)が隠し撮りした内容が、前回の井出正弥の時と比べて、真崎久美子、なんて酷い!というところまでいっていないようで、これは水野美紀さんが女性だから忖度したのか?という印象。

水野美紀さん、「違わないよぉ~」のテレ朝「奪い愛、冬」と比べると、かなり落ち着いたような印象で、安堵したというか物足りないというか。それだけ森山蘭のイメージが強いということでしょう。しばらくは、このイメージと戦う必要がありそうで、頑張れ!我らが水野美紀とエールを送っておきましょう。
スポンサーリンク


ファイナルカット2話ネタバレとあらすじ

アパートの大家である主婦が殺害された。その容疑者に、アパートの住人であるラーメン屋の店主が挙がる。2人が夜、揉めていた様子を主婦の夫が見ており、警察も動いて逮捕はもうすぐとというタイミングで、ワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子が、犯人に単独インタビュー。

このことで疑われていると知った男は逃走。怒り心頭の主婦の夫は、放送被害者のための救済サイト「FINAL CUT」に相談。中村慶介にディレクター・真崎久美子をなんとかしてくれと。

12年前の女児殺害事件で、真崎久美子の口車に乗せられて、番組に都合のいい取材をされてしまった苦い経験のある慶介は、「よく知っていますよ、彼女のことは。僕に任せてください」と言い、復讐劇の始まり。

前回同様に、相棒である野田大地が、サイクル便の配達人を装って『ザ・プレミアワイド』制作室に難なく侵入。隠しカメラをが仕込んであるペンと真崎久美子のペンと密かに交換して隠し撮りスタート。

慶介は慶介で、真崎久美子を尾行。失業中の夫の代わりに私が働くなくてはと、中学生の娘とスマホで会話する姿を隠し撮りし、着々と“ファイナルカット” 作りに励む慶介。

そんな時、真崎久美子のスマホに殺害容疑で逃亡しているラーメン屋の男から一本の電話が入る。それは単独独占取材をしないかという誘いだった。しかも謝礼の金まで要求してきた。

普通の感覚なら、容疑者手配されている男なので、警察に通報するのが当然なのだが、スクープのためなら手段を選ばない真崎久美子は編集会議で、単独取材させて欲しいと、キャスターの百々瀬 塁(藤木直人)に直訴するのだった。

一蹴、ためらう百々瀬だったが、すぐにスマホを取り出して電話したのが、慶介の上司にあたる高田清一郎(佐々木蔵之介)新宿中央署副署長。

ここで、逮捕前に単独インタビューすることと、その後にすぐに通報して逮捕できるようにすると言う百々瀬。一体、この2人の関係とは?12年前の女児殺害事件に関係しているのか?ドラマ後半での伏線発生。

容疑者の男の単独インタビュー。男は実は大家の主婦と不倫関係で、そのことで揉み合う中で殺害してしまったと涙の告白をする。想像していなかったコメントが取れたとニヤつく真崎久美子とカメラマン皆川義和(やついいちろう)。

インタビュー終了後、2人だけになった時に、真崎久美子に金を要求する容疑者の男。不倫は本当なの?と尋ねる真崎久美子に対して「サービスさ。あんたたちが欲しいのはあういうことだろ」と嘯く男。

下衆の極み、ここに有り。貸し会議室から出てきた真崎久美子に、再び部屋に戻るように言う慶介。その手には真崎久美子へのプレゼントの紙があり、中には finalcut/masaki~ のURLアドレス。

かくして、ここに真崎久美子へのFINAL CUT復讐劇の一部始終が流された、という感じだったでしょうか。

ここ2回、ワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』の制作スタッフへの復讐が続いていますが、一方で、12年前の女児殺害事件の真相を追う慶介がいて、亡き母親が見たという若い男は、小川原達夫弁護士の長男・祥太だと判明。

今は海外に行っているということになっていますが、兄のことを末娘・若菜(橋本環奈)から尋ねられた母親の夏美(長野里美)の表情に不安の色が広がり、長女の雪子(栗山千明)はドキッとしたような顔付き。

どちらかと言うと、この家族の秘密を早く暴いて欲しいという感じでしょうか。それにしても、おこうさんこと長野里美さん、今クールではお母さん役で出まくり。TBS「アンナチュラル」1話でも、殺害された会社員のお母さん役でした。おこうさんファンはずっと見守っていますよと書いて、許してチョンマゲであります。意味不明ですみません。
(C)関西テレビ「FINAL CUT」
出典:関西テレビ「「FINAL CUT」番組公式サイト
スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。