崖っぷちホテル!9話ネタバレ感想とあらすじ。そらジローは悪くないぞ!

大雨予想のそらジロー。そして降り続く雨の下、時貞(渡辺いっけい)が「そらジローのバカ野郎!」って、そらジローは悪くないですBy news every.そして小山メンバーって言われなくてよかったね、小山君。

そんな事はどうでもよくて、ホテル・グランデ・インヴルサの創立50周年記念パーティー。その目玉が花火大会で、スタッフ一同、天気を気にしまくり。

でもハル料理長(浜辺美波)が「なんとかなる」というポジティブ番長で、どんな結末になるのか楽しみにしていたら、オチは阿部長吉と吉村尚美のおじさんおばさんの告白ごっこかい!

「嫌いじゃないかもしれない」、雨上がりの中、大きな花火が夜の闇に花開いた時、清掃員のおばちゃんの突然の告白。

予想はしていたけど、でも出来れば若い人の告白ごっこを観てみたかったというのは贅沢なんでしょうか。

それにしても浜辺美波ちゃんは美しい。絶世の美女がハイテンションで超ポジティブ。こんな娘が家にいれば、どんなに明るい家庭になったことでしょうねと、月曜日の朝、仕事頑張りましょう。

スポンサーリンク


崖っぷちホテル!9話ネタバレ感想とあらすじ

番組ディレクター役は神尾佑さん。1970年(昭和45年)3月16日生まれの48歳で、息子さんはまだ2歳! 46歳で出来た子どもということで、我々アラフィフ世代に勇気をくれる存在ですが、でもねえ、いくら愛情を込めて育てた子どもが、いつ何時、大事件を起こすかもしれない今の世の中ですよ。

新幹線の中で凶器に襲われて亡くなった三十代の男性のご家族の心中を察するに、本当に酷い話で、横浜小田原間で起きた無差別殺人事件。

この「ホテル・グランデ・インヴルサ」も確か、伊豆にある設定だったような(?) 花火を見て大喜びする子どもたちを見ながら、深い溜息が出てしまう暗いニュースを横目に、宇海の過去が明らかになり、ウジウジしてないで早く動けよ、宇海さんという印象。

崖っぷちホテル!9話あらすじ

王女たちの滞在が話題となり、一躍時のホテルとなったグランデ・インヴルサ。テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞(渡辺いっけい)だったが、やってきた番組ディレクターの藤井は宇海(岩田剛典)の正体に気づいた途端目の色を変え「バリストンホテルを追い出された」という悪い噂について宇海から聞き出そうとして…!?

一方、目前に迫った創立50周年のイベントで宇海は長年の夢だった花火大会を実現したいと佐那(戸田恵梨香)に相談する。天候に左右されるリスクはあるものの、佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を叶えるためにもスタッフと一丸となり準備を始める。

そんな中、取材の企画書が当初聞いていたものではなく『グランデ・インヴルサの真相』というスキャンダラスなタイトルに変わっていることに気づいた裕子(川栄李奈)が佐那に報告。そして、厨房ではハル(浜辺美波)から「バリストンでは花火を企画しなかったのか?」と聞かれた宇海が「企画はしたが…」と珍しく口ごもっていた…。

宇海の噂を執拗に探る藤井に毅然とした態度で接する佐那だが、裕子に話を聞いた長吉(宮川大輔)が取材を止めた方がいいと佐那に直談判したことがきっかけで藤井が宇海の悪い噂を嗅ぎ回っていることは皆の知るところに。

佐那は放送内容を事前に確認する約束を取り付けたことを説明し皆を安心させるが、宇海は噂に惑わされずに自分を守ろうとするスタッフたちの姿を見て「バリストンホテルを追い出された」という噂の真相を皆に話すことを決意する。それはかつて企画した花火大会での失敗が原因なのだが…。

さらに、もう一つの気がかりであるイベント当日の天候は大荒れの予報…!!雲行きの怪しい密着取材と花火大会…。皆で目指す宇海の夢の実現。これまで数々の奇跡を生んできたインヴルサに、この日最大の奇跡が起きる……。

(C)日本テレビ日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」
出典:日本テレビ日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」番組公式サイト

崖っぷちホテル!9話:宇海の過去

噂が先行していて、このままではスタッフ全員が疑心暗鬼になってしまう、そして創立50周年パーティーがダメになってしまう、そう考えた宇海は、スタッフ全員を集めて自分の過去を告白。

「バリストンホテルを追い出された」、それはある意味、事実です。これに対して阿部長吉が「ある意味って?」というツッコミに視聴者一同、そうだそうだと喝采。

バリストンホテルで副支配人をしていた時に花火大会を企画提案。皆に賛同されて準備していたが、花火大会当日に花火の打ち上げ業者が来なくて中止になってしまった。

後で分かった事だが、打ち上げ業者に中止の電話を入れたのはバリストンホテルのスタッフで、僕は一部のスタッフから嫌われていたんだと。

すぐに思いつきでいろんな企画をぶち上げていたから、それをやっかむスタッフがいたんでしょう。その事は総支配人も知っていて、私の教育不足であったと頭を下げられました。

そして、企画は失敗だったけど、このまま副支配人として頑張って欲しいと言われました。でも思ったんです。この花火大会で一番傷付いたのは、それを楽しみにしているお客様であるという事。

お客様の期待と楽しみを結果的に奪ってしまった僕は、このバリストンホテルに居るべきではない。そう考えてバリストンホテルを辞めたんです。

崖っぷちホテル!9話:時貞の矜持

それを聞いた時貞が俄然、ヤル気満々に。バリストンホテルで出来なかったことが、このインヴルサで出来るということは、バリストンホテルよりもうちが上だってことだろ?燃えてくるよね!に拍手。

こういう気持ちこそが中小企業や弱小会社に必要な心構えで、長いものに巻かれろ的思考が流行る現代社会への一石になること間違いなし。いや、精神論だけじゃダメだというお叱りの声も叱りであります。

で、花火大会当日。宇海の奮闘も虚しく、降り続く雨。長年の夢であり念願の企画復活である花火大会は中止になるかと思われたが…。神様はいたようです。

崖っぷちホテル!9話:ハルの未来

もう今日は中止だろ?帰るよ。そう言って席を立った客のおっさんたち。家に帰っても奥さんに邪険にされるだけなんだから、もっとホテルに居ろよを呟く視聴者のおっさんたち。

一度目は、時貞と佐那支配人が頭を下げてなんとか食い止めたが、二度目の「もう帰るよ」のおっさんたちにイライラ。

そんなに帰りたければ最初から来るなよと、その派手なパンツ姿のおっさんに怒りフツフツしていたら、我らがハル料理長が「みなさ~ん!特別鍋料理です~!」と、前回の王女様編で好評だった特製鍋の一口版を作って登場。

この子が出てくるとホントに元気になる浜辺美波ちゃんは、絶対に朝ドラのヒロインになる!テレビ大好きおじさんの予言です。絶対に来ますよ、浜辺美波ちゃんは。

崖っぷちホテル!9話:尚美の告白

そして時間が経ち、もはや中止にするしかないという決断の表情の佐那支配人。その時、階段から登場したのが、ホテルマンとして正装した宇海であった。

ちなみに、宇海は蝶ネクタイにスーツという正装した姿になると、なぜか嗚咽が止まらなくなるという病気(?)があり、そのために普段もラフな格好をしていたのだが、この日だけは、自分のために奮闘するスタッフの心意気を感じて正装姿に。

でも吐くようなこともなく「お待たせいたしました。創立50周年パーティーの目玉、花火大会です」と、佐奈支配人とともに扉を開けると…。

そこには色とりどりの傘が無数に空に飾ってあり、それを見た子どもたちが瞳をキラキラ。やっぱり子どもって素直でよろしい。

ホテルの屋上では、お客様が忘れていった傘を、竹ざおに縛り付ける阿部長吉と吉村尚美の中年コンビが奮闘していて、しかもビショ濡れ。

そんな中での「あんたのこと、嫌いじゃないかもしれない」。イコール好きだってことで、なんで中年は素直になれないもんかなあと。

雨が突然上がり、花火師の資格を持つ小山内裕子が、花火業者とともに大きな花火を打ち上げて、フランク・シナトラの「Strangers in the Night」 が心地よく流れた「崖っぷちホテル!」9話でした。

崖っぷちホテル!視聴率の変遷

第9話 . %
第8話 7.3%
第7話 7.3%
第6話 7.1%
第5話 7.2%
第4話 7.0%
第3話 6.5%
第2話 6.1%
第1話 10.6%
(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

最後に、テレビ大好きおっさんイチオシの浜辺美波ちゃん出演のMVを置いておきます。Aimer「花の唄」です。それにしても浜辺美波ちゃん、まだ17歳ですよ、奥さん。

いやはやびっくりの東宝芸能所属。沢口靖子の再来か?と思う6月11日は沢口靖子さん、53回目の誕生日です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。