半分、青い。(115話8月13日)調子に乗らなかん 2号店やろう!気合いや!

ううん。人と笑うと楽しいのが倍になるやろ?人が一緒に泣いてくれると悲しいのが う~ん… 半分にはならんかもしれんけど 減る。悲しいのが減る。

ネタバレで恐縮ですが、今週は仙吉爺ちゃんが大往生するのですが、本日の和子さんの悲しそうな表情を見ていると、和子さんもお別れが近いんじゃないかと思ってしまい、今日から旧盆。ご先祖様に手を合わせたいと思います。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(115話8月13日)

晴:こっちが世界一周なんや。

鈴愛:私に2号店をやらせてほしい!

宇太郎:石森章太郎先生の「ドンキッコ」。チンチン電車の中で五平餅が食べられる!

晴:チンチン電車でもジャンボジェットでもやって下さい。私はもうつきあい切れませんので。

鈴愛:えっ お母ちゃん?

晴:長い間 どうもお世話になりました。

宇太郎:え…?

鈴愛:お母ちゃん!?

宇太郎:晴さん!? 晴さん!

鈴愛:お母ちゃん ごめん!私が変な事言い出したばっかりに。

宇太郎:晴さん!

草太:お母ちゃん!

仙吉:晴さん 出て行くつもりか!?

晴:おかあちゃんだって おかあちゃんだって…。

宇太郎:何や?

晴:やる時はやるでね。

●萩尾家

和子:へえ~ 人間共存型ロボット。

律:うん。これからはもっとロボットが人間を助ける。よし 仕事終わり…。

和子:あんた お風呂入んなさい。

律:げげっ。

和子:「げげっ」って何よ。

律:今一瞬 自分が高校生になったような気がした。

和子:フフッ。

●萩尾写真館の前

弥一:え…。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)家出した晴さん

●萩尾家

晴:ごめんねえ こんな夜。

和子:うん?

晴:どっこにも行くとこなかった。起きとって大丈夫?

和子:うん 平気やよ。

晴:ごめんね 和子さんに こんな私の愚痴 つきあわせて。それどころやないのに。

和子:違う 晴さん。

晴:うん?

和子:私の病気の事 忘れとってほしい。できたら忘れとってほしい。普通にしてほしい。ほいで 夜に私を当てにして来てくれるのはすごくうれしい。

晴:和子さん…。

和子:何でもしゃべって。弥一さんもコーヒーいれてくれとる。

晴:おじいちゃんの五平餅 鈴愛が継ぎたいと言ったのは 私 ええ事やと思って…。ウーちゃんも草太のカツ丼が人気になってまって 自分の活躍っていうか 自分の居場所がない。ほう思うと 2号店… っていうのも。

和子:晴さん。

(泣き声)

晴:ごめん。やっぱり私 勝手や。和子さんにこんな話…。許して…。

弥一:は~い コーヒー入りましたよ。弥一特製ブレン…。あれ?どうした?

和子:晴さんが泣いとる。私の代わりに泣いとる。

晴:ごめんね。

和子:ううん。人と笑うと楽しいのが倍になるやろ?人が一緒に泣いてくれると悲しいのが う~ん… 半分にはならんかもしれんけど 減る。悲しいのが減る。

晴:ほうかね…本当かね。

和子:うん。だから ありがと 晴さん。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)和子さんと晴さん

律:お母さん リンス使い切った!新しいの補充…。あれ?おばさん。

弥一:あ…律 ティッシュ持ってきて。はい コーヒー入りましたよ。

<和子さんが晴さんにだけ 自分の危うげな余命について打ち明けたのは きっと 苦しいのを分かち合ってほしかったからです>

律:その写真 ブロードビーン?

弥一:うん。

律:いいよね。

弥一:和子さんも好きや。

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)弥一さん

和子:ほやけど 晴さん。やってみるってのも 手やないかね。

晴:ほやろか?

和子:う~ん 何でも始めるのはいい事や。無責任には言えないけど 晴さんとこ 草太君のカツ丼が人気ではやっとる。行列出来とる。

晴:ありがたい事や。あれは一生に一度の事やと思っとる。

和子:あかん。晴さん あかん。

晴:ん?

和子:一生に一度の事やったら そこで終わってまう。そういう調子のいい時 攻めなかん。

晴:和子さん 意外とやり手やな。

和子:調子のいい時 調子に乗らないで いつ調子に乗るの?

(笑い声)

晴:ほうか。

弥一:笑っとる。

(笑い声)

弥一:ん?

律:お母さんの笑い声をつかんだ。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)和子さんの笑い声をつかんだ律
弥一:フフフッ。

律:…なんて。

弥一:ほやけど あれやな。楡野家は 家出すると みんな うち来るな。

律:え?

弥一:覚えとらんか?鈴愛ちゃんが むか~し うちの子にしてほしいって 夜 来た事あったな。

律:あった あった。

弥一:親子は似るんかなあ。

律:僕もお母さんに似とるかな…。

(チャイム)

弥一:は~い。

鈴愛:あっ すいません!母…うちの母 来てないですか?

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)晴さんを捜す鈴愛

鈴愛:お母ちゃん!

晴:鈴愛…。

和子:鈴愛ちゃん。

弥一:今な 律と話しとったんや。鈴愛ちゃん 昔 家出して うちに来た事あった。

和子:あったねえ そんな事。

律:今度は 晴さんが家出して うち来た。

和子:うん。あの時は晴さんが鈴愛ちゃんを迎えに来て 今回は 鈴愛ちゃん 晴さん迎えに来た。反対になっとる。フフフフッ。

鈴愛と晴:すみません。

●楡野家

宇太郎:すまなんだ!本当に悪かった!俺は心を入れ替えた!お前出てって 俺は必死こいて捜した!駅も行った!ともしびも行った!そしたら 鈴愛が律君とこやないかって言って…。いくらなんでも お前 あそこ 和子さん病気で療養しとる。そんなとこ行くかなって 言ったら さすが鈴愛やな。本当に行っとった。 

(せきばらい)

鈴愛:お父ちゃん 話がずれとる。謝らな。

宇太郎:すいませんでした!今日にでも旅行代理店行って 申し込みしようやないか?

鈴愛:うん。私もお店 手伝うから大丈夫やよ。

仙吉:おお。健人君も草太も来るし 俺も久しぶりに店出るわ。

晴:あの…。お騒がせして 申し訳ありませんでした。私 2号店 悪くないと思い始めました。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)仙吉さんとカンちゃん

草太:おはよう。

健人:グッドモーニン!

花野:グッモーン!

晴:「ドンキッコ」のような店 2号店。悪くないかもしれません。

草太:お母ちゃん 何言っとる? 昨日 家出したんやなかったか?

鈴愛:その話はもう終わった。

健人:2号店 初めて聞きました!何ですか それ ドキドキします!

晴:健人は賛成なの?

鈴愛:何で 健人の話にだけ反応する?

晴:ちゃんと考えましょう。2号店を出店して 利益が増えるのか それともリスクだけが増えてしまうのか それは綿密な資金計画 経営戦略が必要。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)経営戦略を語る晴さん
宇太郎:誰や?お前…。

鈴愛:和子おばちゃんの入れ知恵? や…レクチャー?

晴:かみ砕いて言えば 一日に何本 五平餅が売れるのか 何本売りさばけば ペイできるのか?

鈴愛:何か お母ちゃん かっこええ。

晴:こっちがうちの資産でこっちが負債。こっちが利益やら元でやら いわゆる資本で この資本と負債の合計は必ず資産と一致する。これ まず基本や。

宇太郎:まあ ええわ。晴さんに任せた。

鈴愛:私も ええわ。

草太:俺?俺は…・

晴:まあ こういうのは数字やない。ちゅうか おかあちゃんも数字はよう分からん。気合いや気合い! 

草太 鈴愛 宇太郎:え?

晴:なんとかなる。調子に乗る時は調子に乗らなかん!よし!2号店やろう!

宇太郎:本当か 晴さん!

鈴愛:やった~!

宇太郎:おっ ハハハハハッ!

仙吉:どうや?うまいやろ。作りたてや。

花野:うまい!

仙吉:うん。フフフフッ。

宇太郎:センキっつぁん センキっつぁん!2号店や!「ドンキッコ」や!

仙吉:えっ?やる?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(115話8月13日)2号店を喜ぶ宇太郎
宇太郎:やる!

<大丈夫なの? 2号店なんて。おばあちゃん ちょっと心配…>

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月20日69話)上納システムで抜かりがない秋風

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。