半分、青い。(128話8月28日)津曲「岐阜犬を任せて頂けませんでしょうか?」

この私はですよ?善良な私は このアイデアをパクらずにですよ わざわざここに来て頂きたいとお断りを入れに わざわざ参った訳でございます。そのからくりは 後ほど あの またゆっくり聞かせて下さい。何せですね この岐阜犬のルックがいい!これが!ねっ! 是非ですね トイギャラクシーに持ってって プレゼンしたいと思ってる訳ですよ。

いや、確かに善良な人です。隙あらばパクってしまえ盗んでしまえという悪い人が多いご時世で、ちゃんと断りに来る津曲雅彦はいい人です。

でも津曲雅彦は、どう見ても有田一平にしか見えないのは、笑福亭鶴瓶師匠が岩倉具視を演じても、鶴瓶師匠にしか見えないのと同じ感覚で、明日もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(128話8月28日)

●センキチカフェ

律:えっ?

龍之介:え?

菜生:え?

鈴愛:誰?

 

鈴愛:あれ どこかでお会いした事が…。

龍之介:えっ 鈴愛 ナンパ?逆ナン?

津曲:いやいや…あの 一回会ってますよ。あの 覚えてませんか?僕 ここに一回来てますし。

鈴愛:あっ 黄色いネクタイ!

回想鈴愛:いらっしゃいませ!

回想津曲:どうも。

津曲:ねっ お忙しいでしょうから手短にいかせて頂きます。え~っとですね 私 現在ですね 企画会社をやらして頂いております。はい。さまざまなですね イベント会社とか メーカーさんにですね 自らの企画を持ち込んで実現するという そういう仕事ですね。まっ ヒットしたやつといえばですね ひめっちというね。

龍之介:ひめっち?

津曲:竹が割れてひめっちが出てくるとこからスタートするゲームですね。最初はずっと食事を与えてるんですけども 年頃になったら ひめっちにイケメンを与えないと死んでしまうというですね そういうゲーム。

菜生:それ パクリやん。卵を姫にしただけや。

(津曲のせきばらい)

津曲:あっ ちょっと 名刺見て頂けましたか?ヒットエンドランという会社のですね 社長をやっております。ピッチャーが投げたと同時にランナーが走るというですね 一回のヒットでチャンスが拡大。1+1が3になる。ハイリスクハイリターン。そういう気持ちでですね…。

鈴愛:何を言ってんだ?

津曲:ずっと そこにいたのかみたいなね 顔をされていらっしゃいますけどもね 実はですね あそこにいたんです。電博堂。

龍之介:嗚呼広告会社最大手の。

津曲:そうなんです。超エリートの人しか行けないという そこにいたんです。実際。ただですね ちょっと やっぱね その大きい会社の歯車になっていいんだろうかと 私 ちょっと考えましてね。

(律のせきばらい)

津曲:よし これは自分の可能性に賭けてやろうと…。

律:ちょっとごめん 俺 用事が…。

鈴愛:逃げる気か?律。

津曲:そちらはご夫婦ですか?

律と鈴愛:いえいえ。

律:あ~津曲さん。

津曲:はい?

律:こんな田舎まで再び訪れたそのご用件は?

津曲:そうそう 実はですね 私 あの~ この岐阜に来るのが2度目でございまして。1度めはですね カツ丼フェスという企画を考えておりました時にですね 来たんですよ。

梟会4人:カツ丼フェス…。

津曲:あの つくし食堂というですね 食堂のカツ丼をちょっと偵察に来た訳です。前回。あの 何か ネットで何か すごく評判よかったんで。

鈴愛:草太のカツ丼や。

津曲:ああ。まあ ただですね 私 ちょっと頂きましたけども…まっ 少~し 味が薄かったなっていうね…。

鈴愛:もしや 東北人?

津曲:あっ 違います。あの 熊本ですね。ちょっとね カツ丼の方はいまいちだったんですけども…。

鈴愛:草太に言っときます。

津曲:ああ 言わなくていいです。言わなくていいです。なんですが その時にですね 五平餅のタダ券を頂きましてね。

鈴愛:うちの五平餅も味 薄かったですか?味の薄い五平餅なんて終わりだ。

津曲:あっ ああ 大丈夫です。すごくおしかったですよ。はい。

鈴愛:五平餅フェアのお誘い?

津曲:聞いてもらっていいですか? 僕 しゃべります はい。それでですね そん時にここに来たんです。そこで私 世紀の大発見をさせて頂きました。それがですね 何を隠そう こちらにいます岐阜… あれ?岐阜犬がいない。

鈴愛:ああ 岐阜犬ならあっちの方に。

津曲:あっ!いたいた岐阜犬。ここに。岐阜犬君!

健人:どうしたの?

津曲:楡野さん 鈴愛さん。あの…この岐阜犬をこの私に任せて頂けませんでしょうか?

鈴愛:えっ どういう事?

津曲:あっ はい。この岐阜犬をですね あのトイギャラクシーに企画として持ち込んで商品化して売り出したいと思っております。

菜生:トイギャラクシーって あの有名なおもちゃ会社の?

津曲:あっ そうです。

龍之介:お~すげえじゃん 鈴愛!

鈴愛:ごめんなさい。岐阜犬はもうしゃべらない。

津曲:えっ…。

律:いやいやいや そこ 俺に気ぃ遣うとこ?何か違わない?まあ 和子さんは そりゃ あれだけど。

鈴愛:すみません 津曲さん。津曲さんはこの岐阜犬が本当にしゃべると思ってましたね?

龍之介:えっ そうなん!? 人工知能? AI!? 2008年の今 そこまで?

律:ごめんなさい 津曲さん。岐阜犬をやってたのは うちの母だったんです。

津曲:いや…いやいやいや ちょっと。皆さん 僕の事 バカだと思ってるんですか?分かってました。それぐらいの事。誰かがしゃべってんだろうなって事ぐらい分かってました。

律:岐阜犬はその胸に それ用の電話を仕込んで インターネット回線を使ってパソコンと音声通話をし パソコン側にいる人が ボイスチェンジャーを使って話す。

津曲:いやいや…そうだろうと思ってましたけどね。そうですよね…。うん…あの この私はですよ?善良な私は このアイデアをパクらずにですよ わざわざここに来て頂きたいとお断りを入れに わざわざ参った訳でございます。そのからくりは 後ほど あの またゆっくり聞かせて下さい。何せですね この岐阜犬のルックがいい!これが!ねっ! 是非ですね トイギャラクシーに持ってって プレゼンしたいと思ってる訳ですよ。

龍之介:何だ…プレゼンって事は まだ通るかどうか分からないって事ですよね。

津曲:僕ね 実績ありますから。ひめっちがありますから。

●楡野家

宇太郎:お~いい カンちゃん ジイジとお風呂入るか?

花野:は~い!

(戸が開く音)

宇太郎:よいしょ。何 描いとんの?

花野:真央ちゃん。

 

晴:ほんで 岐阜犬の権利 渡してきたか?

鈴愛:うん。ライセンス? でもこれからプレゼン? 何か そのトイギャラクシーに売り込むやと。でも まあ どうせ駄目やろ。

晴:ご苦労な事やね 東京から。

鈴愛:うん。お母さんが岐阜犬を通して 子どもと話したらええんやないかって。

晴:ああ なるほどね。子どもはお母さんがしゃべっとるって知らん訳ね。犬がしゃべっとると思う。

鈴愛:そうそう。

晴:ふ~ん そりゃ 楽しそうや。

鈴愛:ほやけど 私は…岐阜犬 もうあんまり見たない。悲しなってまう。 思い出してまうな。

●萩尾家

(弥一の鼻歌)

<弥一さんは まだ目のつく所に和子さんの写真を飾れないでいました。泣いてしまうからです。それでも毎日をきちんとクリアしていこうとしていました。そう 弥一さんにとっては 毎日はクリアすべきものとなりました。しんどいね。大変だね。でも日にち薬だよ。絶対 だんだん楽になります>

 

(レコード♪)

律:ただいま~。

弥一:あっ おかえり。

律:お父さん レコード終わってる。

弥一:あ…。

律:あっ ねえ たまには外で飲もうか?

弥一:え?

●喫茶ともしび

(ドアベル)

まさこ: いらっしゃい。あ~ら イケメン親子だ。

弥一:お疲れさま。

律:お疲れさま。父さん 今日さ…。

弥一:うん?

律:部長に呼ばれて。海外赴任の話 打診された。

弥一:え?

律:スタンフォードと菱松電機のロボット制御の共同研究の話があるらしくて。制御技術は俺の専門だから。

弥一:へえ~。詳しい事はよく分からんが いい話なんじゃないのか?律。すごいよ、きっとお母さんも喜ぶよ。

まさこ:おめでと。

律:あっ ありがとう。うん…正直 うれしかった。

まさこ:すごいね 律君。スタンフォード おばさんだって聞いた事あるよ。オックスフォードとスタンフォードは知っとるよ。

弥一:あれ 何か迷ってるのか?

律:うん…まあ まだ決定じゃないし。打診だから。

弥一:うん…。

律:アメリカ行ったらまず3年は帰ってこられない。

弥一:うん。

律:家族の事もあるしね。より子と翼。

弥一:連れていけないのか?より子さんと翼。

律:翼の学校が…。

弥一:ああ…。

律:せっかく受験して入ったからね。うん…。だからやっぱり大阪本社に戻ろうと思ってる。

弥一:そうか…。

律:うん。やっぱり 家族は一緒にいないと。翼 まだ小さいし。

弥一:そうだな。今度の事では不自由させた。申し訳ない。

律:何言ってんの。俺がいたかったんだよ。お母さんのそばに。最期は家族3人で過ごしたかった。

弥一:そうか…。

律:うん。だから そうできてよかった。

弥一:そうか。

律:だからこそ 今度は大阪戻らないと。

弥一:うん…。より子さんも翼も待ってるな。翼にはまだパパが必要だ。

律:弥一さん。俺にもパパ必要だよ。

弥一:ハッハッ 何を言っとる いい年して。

律:いや 本当に。

●萩尾家

(笛の音 ピーッィ! ピーッィ!ピーッィ!)

(笛の音 ピーッィ! ピーッィ!ピーッィ!)

律:さて どっちだ? 鈴愛かカンちゃんか…。どっち どっちどっち?

律:おはよう カンちゃん。

花野:おはよう!

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。