「まんぷく」まで19日。半分青い(140話)律が菱松電機を退職してそよ風計測

朝ドラ99作品目「まんぷく」放送開始まで19日。律が菱松電機に退職願を出して、本格的にそよ風扇風機開発がスタート。でもその本音は…

俺 まだ心のどこかで もし扇風機失敗したら ここ畳んでどっか転職しよう みたいな思いが…。まあ さすがに菱松は戻れないだろうけど。今までのキャリアで どっか大手とはいかなくても そこそこんとこ 再就職できんじゃないかとか。

そして、「俺はちっぽけなプライドの生き物だ」という自覚。

こうした認識を持つ人が増えると、もっと世の中がギスギスしなくて済むのにねえと、明日の晴さんを心配しながらの感想です。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(140話9月11日)

律:鈴愛…。それや。

鈴愛:え?

律:そよ風の扇風機や!

鈴愛:はあ?

律:そよ風の扇風機を作るんや!

鈴愛:そよ風の扇風機…?

律:そよ風の扇風機!描いて 鈴愛!

鈴愛:えっ?

律:絵 絵!こういうのはまずビジョンや。形があると考えやすい。

鈴愛:あっ いや!悪い 律 ごめん!カンちゃんのテストの時間 終わってまう!

律:あっ そうか…。

鈴愛:でも分かった!描いてみる。そよ風の扇風機。

●鈴愛の部屋

鈴愛:あんたは何をやっとった?

(花野のあくび)

鈴愛:これ 2問目までしか書いとらん。

花野:ママ 岐阜弁になってる。

鈴愛:あっ 律といたから…。何や これ 全然分からん。

花野:小学2年の問題だよ。

鈴愛:まあ いいや。あんたはどうせ スケート選手になるもんな。

花野:ええんか!? そいで!

花野:何 描く?

鈴愛:ん? 扇風機。

花野:扇風機? これ?

鈴愛:あっ いや そういう普通のとは違う。そよ風の扇風機だ。

花野:何それ!?

鈴愛:秋風先生風に言うと 真実の扇風機。風? 秋風…。そういえば 秋の風を羽織ると書いて秋風羽織…。

回想秋風:一見 余計な事する時間も回り道もあっていいと思います。いろんな事があって全てがつながっている。

(鈴愛から律へ携帯電話)

律:おっ はやっ。ふぎょぎょ。

鈴愛:えっ 駄目だった?

律:いや というか これは何だ?

鈴愛:イメージは花だ。花が回る。花びらが回る。

律:う~ん なるほど。すぐにはついていけないが いつかついていけるような。

鈴愛:花の真ん中にそよ風のこびとたちがおって そのそよ風のこびとたちが 風車を回すように風を起こす。

律:うん。まあ そこは俺 考えるから。

鈴愛:本当に考えられるんか? そよ風の扇風機なんて。

律:鈴愛 俺を見くびるな。俺は二十歳の時からずっとロボットの研究開発をしてきた。今 自分んちの扇風機 解体してみたけど…。フッ ロボットに比べたら扇風機なんか…。

鈴愛:律 感じ悪いぞ。

律:きをつけるよ。

●菱松電機部長室

部長:君がかつていた 研究所の予算のカットや リストラまがいの事をやらせて つらかったのは分かる。でも 2年くらいすれば 研究所の課長として戻る事もできるんだよ。

律:僕は一エンジニアとしていたいので。お世話になりました。

部長:萩尾君。君のような人材が…本当に辞めるのかね。残念だ。

●シェアオフィス

鈴愛:うわ~!ハハッ。お~。風や 風!

律:おっ 風 来た! 計るぞ 風。

正人:こちら1.57。

律:あ~1.73メートル。

鈴愛:何が起こる?楽しそうだ。

正人:楽しそうだ。

律:いやいや 君たち データ取りを知らないから。先は長いよ~。

<風を計る。律君は風の計測を始めました。理系の律君は仮説を立てようとしています。自然に吹く風と扇風機の風は根本的には何が違うのか>

正人:次 いくよ~。

鈴愛:お~ やっぱり ここまでは吹いてない。

律:こっちもだな。

正人:圧倒的に 風の範囲 狭いよね。

<3人は風を知ろうとしていました。そしてお昼休憩中の津曲が、それをけなるそうに見ていました。あっ ごめんなさい。私 津曲の相手はしませ~ん>

津曲:えっ 何で?

●律の事務所

正人:でも ここ いいねえ。律の新オフィス。始まるね。

律:やはり 自然の風の方が当たる範囲が広いな。扇風機はこれだけ。

正人:ふ~ん なるほど。そういえば 鈴愛ちゃんも屋上で「タイタニック」みたいに 手 広げてたもんね。

鈴愛:指の先まで涼しかった。

律」「タイタニック」はちと違わね?だって あれ 船の先だろ。

2人:えっ 律 「タイタニック」見てるの?

律:えっ そこ? お前ら 俺を理系のオタクだと思ってるんだろ。

正人:うん。どうした?鈴愛ちゃん そわそわして。おトイレ?行ってくれば?

鈴愛:あっ 違う。もっといたいんだけど ごめん。カンちゃんの学童 お迎えの時間だ。

律:おっ そかそか悪い。

鈴愛:あっ 律 これ読んだ。借りた本。

律:えっ マジ?

鈴愛:次 くれ。

律:う~ん じゃあ…。これだな。お前 理解できとるか?

鈴愛:失礼やな。私は風を知る。

正人:おっ 何か かっこいい。

鈴愛:じゃ!

正人:気をつけてね~。

鈴愛:は~い。

正人:さよなら~。♪さよなら さよなら さよなら

律:♪もうすぐ外は白い冬

2人:♪愛したのは たしかに君だけ そのままの君だけ

鈴愛:何や それ。

<でも 鈴愛 あの時の傷が 癒えていくような気がしました>

回想鈴愛:息が苦し…。息をする度 泣いてしまいそう…。

<長く生きていると いい事もあるよね。痛かった思い出も 笑い話に時が変えるね>

鈴愛:あっ この風や…。

(携帯を取り出し)

鈴愛:あっ 律 窓開けて!この風や!

●楡野家

草太:何や どうした?

晴:あ… こう… 息を吸い込んで うちを味わっとく。おかあちゃん うちの匂い 安心するんや。

草太:分かる 分かる 俺もや。

晴:来週には病院か。

草太:何や すぐ帰ってくるやないか。リンゴ すりおろしたろか?

晴:ソウちゃん。

草太:ん?

晴:フフッ。あ~ええ匂いや。

草太:何や。

●律の事務所

律:退職願出した時さ…。

正人:ん?

律:菱松に退職願出した時 部長が「萩尾君 本当に辞めるのかね?」って。

正人:ああ 引き止められた?

律:まあ ふりだけかもしんないけど。

正人:いやいや。

律:その ひと言に救われたようなとこ あってさ。

正人:救われた?

律:うん。あれがなかったら ともすると 俺 菱松より おっきいとこに 転職してやるみたいな。見返してやるみたいな気になってた気がする。ここじゃなくて。

正人:うん。分かる気がする。

律:えっ 本当? 正人はもっと自由でしょ。俺はちっぽけなプライドの生き物だ。

正人:いやいや 男は割と みんな そうだよ。

律:正人。人生ってのは 根性なんすか?

正人:えっ 何すか?その質問。

律:いや だってさ 俺 まだ心のどこかで もし扇風機失敗したら ここ畳んでどっか転職しよう みたいな思いが…。まあ さすがに菱松は戻れないだろうけど。今までのキャリアで どっか大手とはいかなくても そこそこんとこ 再就職できんじゃないかとか。

正人:律君 正直。

律:俺は根性ねえ~。

正人:俺も根性ねえ~。

律:そうなの?

正人:ないよ。俺もさ 俺ってさ アキコさんとつきあってるじゃん? とてもそうは見せないけどアラフィフ。というかジャスト フィフティの。

律:まあ それは50歳でいいんじゃないか?

正人:いやいや くるんでくるんで。そこはオブラートでくるんで。でさ 俺 アキコ好きなんだけど。っていうか 大好きなんだけど でも こう… プロポーズってなると ちょっと待って。それは待ってって こう 何か 迷っちゃう感じが…。

律:ええんか?正人 そんな事言って。正直すぎんか? 好感度下がるぞ。

正人:何で岐阜弁や。

●鈴愛の部屋

(携帯の着信音)

鈴愛:もしもし。どうした?草太。

草太:おねえ 明日帰ってこれるか?お母ちゃんが急変して 家で倒れた。

鈴愛:えっ?

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。