まんぷく まで10日。半分青い(149話)津曲はホセ・メンドーサで西ではない

朝ドラ99作品目「まんぷく」放送開始まで10日。「半分、青い。」の世界は、そよ風ファンを根こそぎ盗んだ津曲が、帝都電機にプレゼンする直前に息子修次郎からの電話を受けて急転。

津曲さんが勇敢なホセ・メンドーサになるか うどんを食う西であるかは これから どちらにも転ぶと思う。でも津曲さんは 修次郎君の事を思えば 勇敢なホセ・メンドーサになるんじゃないかと思う。僕もそうだから。

息子を持つ同じ父親としての律の言葉。実に奥深いなあと、あさイチのプレミアトーク出演の佐藤健氏、いい笑顔です。

「半分、青い。」残り7話、すでに悲しい気分で東京の空も雨で濡れております。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(149話9月21日)

●スパロウリズム

律:ない…。ない。ない!ない!ない!

鈴愛:おはよう 律。早いね。

律:鈴愛! 盗まれた。

鈴愛:えっ?

律:そよ風ファンが盗まれた! 何もかも根こそぎ盗まれた。

鈴愛:えっ!? えっ! あっ 津曲!

律:えっ?

●グリーングリーングリーン

鈴愛:あの人 津曲さん 息子さんの修次郎君に そよ風ファン 自分で作ったって嘘ついてたんです。

恵子:ひどいわ あなたたち。いくら一度 見え張って修次郎の前でホラ吹いたからって…。

鈴愛:パソコンのパスワード ヒットエンドランの時から 私が変えてなかったのがよくなかった。

律:変えろよ。

恵子:ちょっと待って。あなたたちがあんな大変な思いして 開発しているのを見てて 横からかすめ取るなんて。そんな事 うちの兄が…するな。あの人ならする。

律:えっ。

鈴愛:恵子さん。

●帝都電機応接室

(津曲の携帯に修次郎からの着信)

津曲:もしもし 修次郎 どうした?

修次郎:お父さん 仕事中?ごめん。

津曲:ん?大丈夫だぞ。どうした?

修次郎:先生に怒られた。

津曲:何で。

修次郎:産休で先生が代わって 社会の時間に来た男の先生が 僕のマスク見て インフルエンザかって聞くから 違います。

津曲:うん。

修次郎:何か うつしちゃいけない菌でも持ってんのかって言われて みんな笑って。

津曲::うん。

修次郎:でも 僕 お父さん。マスク外すと胸が苦しいんだ。

津曲:うん…。 修次郎 マスク取らなくていいぞ。大丈夫だ。今 どこだ? そのまま帰れ。

修次郎:え?

津曲:そのまま帰っていいぞ。うちに帰れ。

修次郎:え?

津曲:明日 おとうさん 学校に行って先生に話しとくから。

修次郎:でも お父さん。こういうのは親に頼っちゃいけないんじゃないの?自分でどうにかしなきゃいけないんじゃないの?

津曲:違う。修次郎 お前はまだ子どもだ。相手は頭でっかちの大人だ。お前が到底太刀打ちできる相手じゃないし そんなものに太刀打ちする必要もない。おとうさんに任せておきなさい。

修次郎:お父さん 僕はかっこ悪い。友達もできない。

津曲:友達なんか要らない。こびるな。自分でいろ。無理してみんなに合わせるな。

修次郎:お父さんみたいになりたい。

津曲:えっ 何言ってんだ。

修次郎:強く正直に自分の意思を持ちたい。

(ドアが開く音)

津曲:もしもし 修次郎。あの 明日 おとうさん 学校行くからな。詳しい事はまた後でな。うん それじゃあな。

津曲:まことに申し訳ありません!実を言いますと あの… こちらのそよ風の扇風機 今 試させて頂いていたんですけど その際 重大な欠陥が見つかりました。家庭用のコンセント その電力だと羽根が動きません。

帝都電機社員:や… それ 駄目でしょ。

●スパロウリズム

津曲:すいません。

恵子:どうしてこんな事したの?お金?

津曲:違う違う。修次郎にいいとこ見せたくて。ほら お父さんの扇風機だよっつって。本当にごめんなさい。

律:あの…帝都電機は何て?

津曲:えっ?

律:あの大手メーカーがどういう反応を示したのか 知りたい。

津曲:あっ いや あの… プレゼンまでは至りませんで あの 途中で改心して踵を返しました。

律:あそ。

鈴愛:えっ 律 そよ風ファンは大手メーカーが飛びつくような扇風機じゃないんか?

律:いや…。

鈴愛:プレゼンしたらみんなが寄ってたかって。

律:そうとも言えない。

恵子:どうして?これ かっこいいし。そよ風なんでしょ?出てくる風。体によさそう。気持ちいいし。

律:高い。

3人:えっ。

律:そよ風ファンの価格 どう見積もっても一台3万円前後。

鈴愛:えっ。

恵子:えっ?

律:とにかく これ そよ風を再現するために モーターをACモーターから DCブラシレスモーターにかえました。このDCブラシレスモーター ものすっごい高い。ACの10倍する。よって単価が上がる。

鈴愛:律…聞いとらん。

律:言ったら反対されると思った。まあ とにかく この試作品1台作るまでに 俺の退職金イコールスパロウリズムの資金は 果てしなく限りなく申し分なく使い果たした。

恵子:マジ?

律:実を言うと クレジットカードで借り入れもしています。

鈴愛:あっ…あああ~!

律:岐阜県人は借金に弱いんです。さっと試算してみたところ この一台3万円の扇風機 4000台売らないとペイしない。

恵子:4000台…3万円を4000台。大変…なにか?なのよね。

律:そこで 津曲さん 今回の事を修次郎君にチクられたくなければ…。

恵子:えっ 脅迫?

律:はい 脅迫です。ご協力をお願いしたい。

津曲:いや えっ 僕に何を…。

律:僕は研究開発はできても量産化や販売においては素人です。鈴愛だって所詮 チヤホヤ粉とかカメレオン蛇口しか売ってない。岐阜犬を大ヒットに導いた実績のある津曲さんのお力を是非お借りしたい。

恵子:ちょっと待って 律君!兄は一度 そよ風ファンを盗もうとしたのよ! そんな人を信用していいの?

津曲:おい。盗んでないだろ。結局 戻って帰ってきたじゃないかよ。お前 実の妹 俺の味方しろよ。

恵子:お兄ちゃんは昔からずるい。いつだって冷蔵庫の私のケーキを食べた。

津曲:いや それはお前が意地汚くずっと残してるからだろうが。あっ 戻ってきた。

鈴愛:大事な話が始まっている気がして。律 大丈夫か?本当に大丈夫か!?津曲さんはヒットエンドランが倒産した時も逃げた。一度 うどんを食った西は また食うんじゃないのか!?

津曲:えっ 何それ? いや 西というか 俺はどっちかっていうと ホセ・メンドーサだ。ホセ・メンドーサの笑顔。コークスクリューパンチ。

律:津曲さんが勇敢なホセ・メンドーサになるか うどんを食う西であるかは これから どちらにも転ぶと思う。でも津曲さんは 修次郎君の事を思えば 勇敢なホセ・メンドーサになるんじゃないかと思う。僕もそうだから。

津曲:翼君?

恵子:修次郎。

修次郎:お父さんに会いに…。

津曲:修次郎 ごめん。ここ 本当はおとうさんのオフィスじゃないんだ。

修次郎:えっ。

津曲:おとうさん お前にずっと言えなかったけど おとうさんの会社はもう潰れた。今はラーメン作ってる。憩いの場カフェで。バイトの身だ。

修次郎:お父さん。

津曲:おとうさんはな もう かっこ悪い。

修次郎:お父さんはかっこ悪くなんかない。ラーメンおしかったし 友達なんかいなくてもいいって言った。あんなかっこいい事言える大人はいない。

律:うん それ おじさんも賛成。友達は作るもんじゃない。自然とできるものだ。無理する事ないって事です。「神様に似ている」とてもすてきな曲でした。

修次郎:ありがとう。

律:津曲さん。是非 これから このそよ風ファンを量産して販売していくのに協力してほしい。売ってほしい。そよ風ファンを大勢の人に届けたいんだ。津曲さんしかできない。

鈴愛:できない。

恵子:おお。

津曲:分かりました!うん 受けて立ちましょう! 確かにこの扇風機は本当にいいですよね。まあ とにかく風に価値がある。その価値を分かる人がいる。絶対に売れます。売りましょう!

修次郎:お父さん 何か かっこいい。

津曲:修次郎 お前… マスク。

恵子:修次郎!

 

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?

半分、青い。スピンオフドラマ勝手にアンケート実施中。美濃権太は当確?

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。