半分、青い。(4月24日20話)秋風羽織の少女漫画を読みまくりの夏休み

半分、青い。セリフネタバレ(4月24日20話)

晴:えっ…。

瞳:まことにお恥ずかしい話なのですが、資金繰りがつかなくなってしまい…。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(4月24日20話)小倉瞳(佐藤江梨子)
さて、このところ梟町界隈をにぎわしていたぐふサンバランド事件。東京からしゃれた人々がやって来てあんな事やこんな事や

回想トオル:あなたです。きれいなの。

人々の心を無駄にあおりましたが…。

今までは銀行からいくらだって融資が下りていたのに それがここにきて私たちもまさかと…。

仙吉:あっ そう…。

1989年 バブル崩壊の影が忍び寄ってきました。

瞳:これ つまらないものですがお騒がせしたお詫びに。

仙吉:あんたも大変やな。一軒ずつふくろう商店街回って?

瞳:帰ってしまいまして。

宇太郎:え?

瞳:上司も同僚もみんなとっとと帰ってしまいまして…。私はちょっとそれはないんじゃないかと思って。

仙吉:そうや。五平餅 食べていきなさい。今焼いたる。

瞳:ありがとうございます!この仕事 よそ者なのでどこに行っても煙たがれる事が多くて…。ありがとうございます!

そのころ 鈴愛は一度だけデートした他校の新聞部こばやんに進学路を変えられていました。

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(4月24日20話)山田先生(尾関伸次)
山田先生:Hamlet devoted himself to revenge father’s death.

生徒:Hamlet devoted himself to revenge father’s death.

山田先生:この「devote oneself」で何々に身をささげる。なのでここは父親の死の復讐に身をささげる。He suffered from depression.

生徒:He suffered from depression.

山田先生:He said, To be, or not to be; that is the question.

生徒:To be, or not to be; that is the question.

山田先生:Good. 「Suffer from depression」で憂鬱になる。ハムレットはここで悩んで悩んで悩みまくって ワッツ ディス?ワッツ ディス? オーケー。「やっぱりもうこばやんはないんだと思う。ス」。何やこれ 鈴愛のスか。

「やっぱ 拷問がいけなかったかな。ナ」。菜生のナだな。何や 拷問したか? 「私は前を向いて歩く。そんなことより今年の夏 どうする?金華山でも登る?ス」。 お前ら全く勉強する気ないな。

もうすぐ夏休み 高校最後の夏が来ます。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(4月24日20話)萩尾律

鈴愛:♪Hold me tight darling 駆けぬけるゼブラのストライプ Fly with me,darling 舞い上がる砂の嵐 世界でいちばん熱い夏休み♪

あらあら 大学模試の判定でしょうか…。

(笛の音)

律君は鈴愛が自分を呼ぶ音をいつになくかみしめるように聞きました。

鈴愛:フランソワに!今日うち かき揚げ定食やったんや。干しエビ たくさん仕入れ過ぎた。

鈴愛:え!?

律:だから前みたいにはみんなで遊べなくなる。

鈴愛:受験勉強…。

律:うん。

鈴愛:ブッチャーや菜生には言ったんか?

律:言ってないけど察しとる。

鈴愛:私は察するとかできんもんなあ。律は東大行くか?

律:う~ん まあ…。ブッチャーもな。

鈴愛:ブッチャーも受験? やよな…そりゃ。

律:あそこは親のプレッシャーがすごい。菜生ちゃんは専門学校やろ?

鈴愛:うん。何か名古屋の服飾専門学校に行くって言っとったな…。

律:お前どうすんの?

鈴愛:ん?就職するよ。もう勉強したないし。あんまり家 お金ないし。お金は草太のために取っといた方がいい。あいつは出来がいい。

律:お前もやればできると思うよ。

鈴愛:それは世界中のお母さんが信じている神話だ。うちの子はやればできる。夏 またいつものように律と青をブッチャーと私と4人で金華山のロープウエーって思っとったのにな…花火も。

律:来年またな。

鈴愛:来年はないやん。来年はバラバラや。

律:あっ そうや。これ 鈴愛にも1枚。お父さんが卒業アルバムの写真 撮りに来てたやろ?体育祭の時。その時撮ったやつ。

鈴愛:モノクロ。カッチョええな。

鈴愛:おばさん おやすみ~!

律:鈴愛! ごめん 俺 渡したいものがある。ちょっと恥ずかしいんやけど…。

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(4月24日20話)いつもポケットにショパン
草太:おねえ 何読んどるの?

鈴愛:ん?

宇太郎:少女漫画や。今まで少年誌一筋やったのに…。

晴:あんたは気楽でいいね みんな受験勉強してるのに。

鈴愛:受験ないもん。

晴:ちゃんと卒業できるんやろね?

草太:おっ「いつもポケットにショパン」秋風羽織やん。

鈴愛:知ってんの?

草太:知っとるよ。

鈴愛:あ…恵ちゃんに借りて読んだんやな。

草太:余計な事言うな。

晴:あ…鈴愛も新聞部のこばやんに借りたの?

鈴愛:あっ部屋行って読む。

晴:あれ?私何か…。

宇太郎:晴さん いつの話しとる?あれはもう振られとる。

晴:え?

鈴愛の心の声:お母ちゃんは私と一緒で鈍いようなとこがある。これ読んどると鈍いのがなおりそうや。このヒロインはいろんな事に気付いとる。自分の気持ちとか人の気持ちがちょっと変わった事とか。

ページを開くのは どこか扉を開けるのに似ていた。新しい世界がそこに広がる。その言葉は歌うように美しく その絵はこの世界がこんなふうに見える眼鏡があるのならその眼鏡を私にも貸してほしいと思った。

私は秋風羽織じゃないからうまく言えないけれど…私は風に吹かれながら秋風沙織を読んだ。

(笛の音)

律は秋風羽織をいっぺんには貸さず ひとタイトルずつ貸してくれた。もしかしたら貸して返してを続ける限りはほんの5分でも私と律が会えるから?

なんて事を考えるほうになったのは 秋風羽織の漫画に影響されているのだった。律が秋風羽織を私に貸そうと思ったのは 夏の間 私が暇を持て余すだろう いや 秋風羽織チックにいえば 私が寂しくならないように だと思う。
スポンサーリンク



一同:あ~!

菜生:ソウちゃんが一番…。

鈴愛:あっあかんあかん あかんあかん!

私は本当は4人で遊びたかった。これは私が子どもでいられる最後の夏なのに…。就職試験は9月に始まる。まだ子どものつもりでいるのに 私の中に大人がなだれ込んでくる。

鈴愛:あ~空が青い…。

菜生:空青いのは当たり前だ~。

私はここから見える青空が好きだった。菜生と駆け下りる階段の途中の踊り場の青空。四角い青空。これが私の青春だ。

菜生:スズ!はよ来や~!

晴:あの子 大丈夫かね?

宇太郎:大丈夫やて。

農協の西村:楡野さん!楡野鈴愛さん!

鈴愛:はい!

(ノック)

農協の西村:どうぞ。

鈴愛:失礼します。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(4月24日20話)農協面接の鈴愛
農協一同:おおっ!

スポンサーリンク



●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。