半分、青い。(6月2日54話)弥一「女は弱し されど母は強し」晴の親バカ?

晴さんが鈴愛の職場と住むところをチェックするために上京したのは1990年6月の出来事。鈴愛からも親バカと言われ「あんたに言われりゃ世話ないね」に視聴者もウンウンと頷く6月2日の54話。

オフィス・ティンカーベルでは締め切りがあり、終わらないと思っていた仕事もなんとかやっつけて、秋風ハウスに戻ってきた鈴愛にボクテと裕子。

鈴愛の部屋では晴さんがハンバーグと鳥の唐揚げの夕飯を作っていて、できることならボクテと裕子にもお裾分けすれないいのにと歯軋りするお茶の間の奥様方、じゃなかったですか?

「おいしい!やっぱりお母ちゃんのハンバーグは世界一や」の鈴愛、お前は男の子か?と思いつつ、律との関係を問われ、「律と私じゃ月とスッポンや」というコンプレックスを抱えていたのね鈴愛ちゃん。

確かにそう思ってしまうのは山々だけど、でも律も鈴愛の事を一人の女性として意識しているのは視聴者全員が分かっている事。

その事を来週は正人の口から指摘されるはずで、しかもあの凛とした美少女の清が、昼メロさながらのドロドロ女に変貌するらしく、次週予告の顔付きが一瞬写りましたが、あの東海テレビ・不朽の名作「牡丹と薔薇」の小沢真珠姉さんを彷彿させる顔になっており、清ちゃん、どうした?

せっかくなので「役立たずのブタ!」を越える名セリフを期待したく、次週もよろしくお願いいたします&心穏やかな週末をお過ごしくださいませ。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(6月2日54話)

<主婦は働く。汚れたキッチンは許せない。シンクも磨けば鏡も磨く。とにかくこの年代のお母さんは座っている事ができない>

●オフィス・ティンカーベル

菱本:切ります。はい 早いもん順。

<これは締め切り間際によくある光景。一人が原稿を占領してしまうと 背景ベタなど仕上げに時間がかかるのでこうして はさみで切ってそれぞれがおのおののコマを仕上げ>

藤堂:出来た。

裕子:出来ました。

鈴愛:出来た!お願いします。

菱本:あっ はい。

<そうして裏から貼り付け そのページが完成>

菱本:先生 次のページのペン入れ…。

秋風:今やっている。

●秋風ハウス

裕子:終わるはずがないと思ったのに終わった。

藤堂:修羅場だったね~今日も。

鈴愛:おやすみ。

裕子と藤堂:おやすみ~。

鈴愛:お母ちゃん。

鈴愛:おいしい!やっぱりお母ちゃんのハンバーグは世界一や。

晴:そりゃ よかった。あっほうやった。ほうやった。忘れるとこやった。おとうちゃんから荷物届いとった。

鈴愛:ん?何?

晴:あの棚とおそろいや。スタンド。

鈴愛:あ…かわいい。

●楡野家

仙吉:2つ目は少しはうまなったな。

宇太郎:え~じいちゃんも手伝ってよ。

草太:ここだけさ ブルーでペンキとか塗ったらかわいくない?

宇太郎:うん。それ やりゃええよ。

仙吉:ほたら 俺 何やりゃあええの?

宇太郎:これ やりゃあええよ。

草太:ねえ お父ちゃん。どうやったて塗ったらええ?

宇太郎:だから好きに塗りゃあええよ。

●鈴愛の部屋

晴:3人で作っとったよ。ワイワイ言いながら。

鈴愛:いい感じ。あっ電話してみよっか?

晴:おらん。絶対にあれは おかあちゃんがおらんのいい事に羽伸ばしとる。

●喫茶ともしび

宇太郎:女って子ども産むとお母さんになるだろ?そいで 子どもが巣立つと何になるんだろうな。

五郎:また女に戻っちゃっちゃ大変だ。不倫なんかされたらかなわん。

弥一:ああ そりゃそうだ。また別の生き物になるのかねえ。

宇太郎:女っちゅうのは でも楽しみを見つける天才だから。生きてくよねえ。

五郎:ほうや。若い頃はケーキを見りゃ幸せで テレビの何かにキャーキャー言って 子どもが忌まれりゃ子ども子ども…。そいで今 これ。ボクシング。

弥一:でもさ 母親は永遠に母親なんやないかな。

五郎:母は強しって言うもんな。あれ 何か違うか?

宇太郎:合っとる合っとる。大体合っとる。

弥一:女は弱し されど母は強し。

宇太郎:あっそれ そうやって言うんや。分かるなあ それ。うちのおかあちゃんも腎臓 子ども産んだら治ってまったもんな。

弥一:女は弱し。

3人:されど母は強し。

●鈴愛の部屋

鈴愛:お~っ。

晴:うん いいね。暗すぎないかっておとうちゃん 心配しとった。

鈴愛:ちょうどいい。

晴:鈴愛は暗すぎるとよう寝んもんな。あんた あれ着たの>

鈴愛:着た!

晴:ふ~ん。

鈴愛:そいだけか?

晴:何が?

鈴愛:「いつ着たの?」とか「どこで着たの?」とか聞かんの?

晴:あ…いつ着たの?

鈴愛:花火した。あれ着て。

晴:はあ…彼氏できた?

鈴愛:えっ!何で分かる?

晴:どんな人?

鈴愛:もうちょっとでかっこよかったのに…って感じの人。

晴:フフフッ何それ?

鈴愛:マショマロみたいな感じの人。

晴:マシュマロや。お母ちゃんに会わせてくれんの?

鈴愛:うん。まだ早い。まだ半分片思いや。

晴:半分片思いやったら半分は両思いやね。

鈴愛:いい人やよ。

晴:鈴愛は律君かと思っとった。

鈴愛:鈴愛が律でも律は違う。お母ちゃん。

晴:ん?

鈴愛:律の顔 ちゃんと見た事ある?すっごいかわいい顔しとる。

晴:知っとるよ。

鈴愛:お母ちゃん 律の成績表 見た事ある?5ばっかりやった。

晴:そうか。

鈴愛:お母ちゃん 律のバレンタイン 見た事ある?両手にチョコレートがいっぱいや。駅前の岩田屋に下取りしてもらっとる。

晴:そうか。

鈴愛:律と私じゃ月とスッポンや。律にはちゃんと好きな人がいる。

晴:そうかね。あんた ここの天井は龍も魚も何にもおらんけど寂しないの?

鈴愛:あ…考えてもみんかった。毎日 漫画で忙しい。

晴:お母ちゃんには鈴愛が一番やけどな。

鈴愛:ん?

晴:鈴愛が一番の美人さんに見える。

鈴愛:あっ さっきの話の続きか。

晴:この世で一番かわいいと思っとる。

鈴愛:ミスユニバースか!

晴:あんなもんよりよっぽどかわいい。

鈴愛:おかあちゃん そういうの 何て言うか教えたろか?親バカっていうんやよ。

晴:あんたに言われりゃ世話ないね。

鈴愛:お父ちゃんのライト かっこええね。

●楡野家

宇太郎:たっだいま~。おっ もう寝とるか…。ちょっとごめんなさい。ともしびのまさこさんが京都行ったんやと。はい。干菓子のお土産。

<宇太郎は 女の人がいない家は殺風景なんだろうなあと思ったりしました。今 楡野家 私も晴さんも鈴愛もいない訳で…>

宇太郎:おっ。ハハハッ。晴さん 出がけに迷ったな。これ着ていこうかしら?こっちかな。な~んて。フフフフッ。はあ~東京やもんな…。

●鈴愛の部屋

鈴愛:お母ちゃん 東京初めてやないんやよね。確か昔 お父ちゃんと来た事があるんやよね?寝たか。

晴:トイレ…。

晴:大きくなって…。子守歌はもういらんかね?あかん 寝よ。

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

スポンサーリンク


 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。