半分、青い。(6月8日59話)1990年7月7日七夕の日。清が梟会の写真に傷を

秋風塾のメソッド、最近心に刺さった事は?と秋風先生に問われた鈴愛の答えは「爪。律の爪にきれいなすみれ色のネイルが塗られていて…」、ということは正人の事はもう忘れた?

ということなんでしょうね。さすが鈴愛ちゃん、自分に興味を示さない男たちは、簡単に忘れ去る処世術をすでに身につけていて頼もしい限り。新聞部のこばやんも東京の大学に進学していたら面白いのにね。

でも、唐突に律の事が気になっても、律は律で恋の真っ最中で、明日は鈴愛と清が取っ組み合いの大喧嘩。そのきっかけは、清が梟会の写真を爪で傷つけたから。

しかも鈴愛の顔にバッテンの傷は、さすがに頂けない。まさに日本全国のお母さんたちを敵に回す所業で、腹を括った古畑星夏ちゃんの演技に注目です。

そして律の部屋で、昼間っからレンタルビデオを見る律と清。しかもペットボトルの水を互いに口をつけて飲むという事は、もう大人の男女の関係になっている事を意味しており、朝から濃厚なベットシーンをやれないNHKの事情を汲んで説明しておきます。この解釈でOKですよね、奥さん?

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(6月8日59話)

●喫茶おもかげ
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)喫茶おもかげ 
清:初めまして。

鈴愛:あ…。初めまして。いや私は知ってて。うちの学校であった弓道の試合 見に行ったから。

清:ここケチャップついてるよ。

鈴愛:あ…。

清:反対。

鈴愛:あ…。ああどうも。あっ弓道インターハイに出た人って有名で。弓射るとこかっこよかったです。

清:ありがとう。絵まで描いてくれたのよね。

鈴愛:あ…見たんですね。あんまりうまく描けてなくて。

清:ううん上手だったわよ。

律:あそこ空いてる。

裕子:初めまして。私 彼女の友達で小宮裕子です。あっ律君この間はスープすごくおいしかった。ごちそうさま。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)裕子
律:いや。

清:スープ?

裕子:律君 鈴愛にスープ作りに来てくれたんです。

清:へえ~料理なんかするんだ。知らなかった。

律:しないよ。気まぐれ。

藤堂:何? 裕子ちゃん。わざと波風立てるような事言って。

裕子:ううん上手だったわよ。何で上から目線?

藤堂:上だからじゃない?鈴愛ちゃんより。女としてランクが。

鈴愛:おい。

清:私にも今度作ってよ。

律:ん?

清:スープ。

律:いいよ。

●オフィスティンカーベル
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)オフィスティンカーベル
ツインズ:プラン・ソレイユのプチシューでございます。コーヒーはコロンビアとグァテマラのブレンドです。

秋風:私は何はどこと決めています。大福はよしや吉兆堂 シュー・ア・ラ・クレームは プラン・ソレイユ。ここのカスタードクリームは日本一です。

藤堂:おいしそ~!

ツインズ:どうぞ召し上がれ~。

秋風:じゃあ味わってるとこ悪いが 裕子 君からいこうじゃないか。

裕子:はい。私は引き続きシチュエーションコメディーで考えていて…。

<秋風塾のメソッドは独特です。秋風羽織は弟子たちに最近生きていて実生活の中で気になった事を必ず発表させます。そしてそれを物語に昇華させるという訓練をしています。なぜなら秋風羽織が最も大事に思うのがオリジナリティーとリアリティーだから>

秋風:さて では鈴愛は?最近心に刺さった事は?

鈴愛:爪に…。

秋風:爪?

鈴愛:律の爪にきれいなすみれ色のネイルが塗られていて…。左の…。左手の薬指です。一本だけ。

藤堂:何で?

裕子:清さんが塗ったの?

鈴愛:そう一本だけ。ふざけてきっと清さんが。この前おもかげで清さんを見た時 同じ色の爪でした。おそろい。

秋風:そういうのが生きたエピソードだ!どんどん頂け!お前その時どう思った?律君のそのすみれ色の爪を見た時。

藤堂:その指を折ってやりたいって思った?

裕子:怖っ。

秋風:どうなんだ?

鈴愛:折ってやりたいとは思わなかったけど…。次にスープを作りに来てくれた時にばんそうこうが貼ってあって。律は私が失恋したのに自分だけうまくいってるのが申し訳ないからって。自粛って言ってました。

●律の部屋
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)梟会の写真に傷をつける清

(ドアの開閉音)

律:ただいま。

清:お帰り。

律:「恋人たちの予感」貸出中だったから「レインマン」借りてきた。

清:あれ?

律:ん? あ~。この前料理した時 取れちゃいけないと思って。

清:バカね。マニキュア取れないよそんな事じゃ。

<とっさの嘘でした。とっさの嘘ほど罪深いものはない>

●オフィスティンカーベル
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)秋風塾のメソッド
鈴愛:マア君に振られた事よりも何よりも 私はこの1週間で一番心に残った出来事は律の…一本だけの爪の色です。私はこの先 大人になってマニキュアを塗るようになっても。

裕子:鈴愛 もう大人だから。

鈴愛:この先マニキュアを塗りたいって思ってもすみれ色は選ばない気がします。

秋風:なかなかいいじゃないか。正直でよろしい。

鈴愛:自分の心が分からなかったので余計に心に残りました。先生。自分の心を見つめ続ける事が創作の原点ならこれは…苦しい仕事ではありませんか?

秋風:見つめている時はな。だがそれが美しい物語に昇華した時に そして多くの読者が喜んでくれた時に君のその心も癒されるのだ。

●律の部屋

清:12345。678910。

清:11。私の11本目の指。

清:出てきた。こういうのウッとなる?

律:ううん。俺そういうの嫌いじゃないから。

清:湿度高い系大丈夫なんだ?

律:いっそ好きかも。それこそ恋愛の醍醐味でしょ?

清:大人…。

律:もっと子どもと思った?

清:…かな。かわいい顔してるから。

律:清の11本目の指は私が持ってますので。いつでも。

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)律と清

<恋をして律君は大人になりました。そして鈴愛は置いてけぼりです>

(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)1990年7月7日

<そして七夕がやって来ました>

●秋風ハウス

秋風:君たちの欲はすごいな。一人何枚書くつもりだ?

裕子:鈴愛 何書いてるの?

鈴愛:ん? ないしょ。

藤堂:え?

鈴愛:え? 何でもないよ。

菱本:は~いお待たせ~!

ツインズ:お待たせしました~。

鈴愛:うわっ! すごい! よだれ出る! たまらん!

秋風:松阪牛A5ランクだ。

菱本:散英社からのお中元よ。

秋風:まっ散英社のボーナスは私の印税で出ているというからな。肉は牛一頭買いならぬ一頭送りでお願いしたいぐらいだ。

菱本:先生 いろいろと聞きづらいです。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)菱本さん
秋風:しかし楡野の誕生日とはな。七夕に生まれるとはラブストーリーを書くために生まれてきたようなやつだな。

鈴愛:これからです。頑張ります。

秋風:あっあれだ。せっかくだから律君と正人君も呼んでやったらどうだ。

裕子:先生 鈴愛が正人君に振られた事を今根こそぎ忘れていましたね?

秋風:いや…。

藤堂:マア君は吉祥寺に引っ越したんですよ先生。

秋風:そうなのか?

藤堂:はい。おもかげのマスターがさみしがってました。まあでもどうせ はやってない店なんで一人でも全然困らないみたいですけど。

秋風:じゃあ律君だけでも呼んでやったらどうだ? この肉 今日中に食べた方がうまい。あっそんで ついでにケーキ買ってきていいぞ。

鈴愛:本当ですか?

秋風:誕生日ケーキだ。

●律のマンションの下

鈴愛:律いるのかな。今日 誕生日なんだよね律も。

裕子:知ってる。前に話聞いたもん。

鈴愛:あっそうか。私話したか。

(笛の音)

鈴愛:律! お誕生日おめでとう!行こう。毎年 お誕生日おめでとう言い合ってたんだ。

(窓が開く音)
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月8日59話)鈴愛をみつめる清

鈴愛:清さん…。やってまった…。

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。