半分、青い。(6月18日67話)「一瞬に咲け」連載決定で秋風もボクテの援護射撃

本放送2分前、大阪で震度6弱の地震発生。高瀬耕造アナの冷静な声を聞いて、この人でよかったと安堵。そしてこんな時こそ威力を発揮するBSの早半分青い。

月刊ガーベラに、鈴愛の「一瞬に咲け」を支持するアンケート葉書を大量に送りつけていたのは、鈴愛から頼まれた草太たち楡野家一同による組織票。

新人デビューの時は、みんなそうだからと優しい言葉の近藤編集長。奄美大島への出張、ご苦労様でした。

そしてアンケート葉書の組織表は、楡野家だけでなく、新宿二丁目の人脈をフリに活用したボクテも行っていて、その理由は鈴愛への罪滅ぼしということで、嫌いになりかけたボクテでしたが、これでまたボクテを応援したくなる志尊淳くんの熱演。

ボクテは原稿の持ち込みを始めたとのことで、持ち込み先の「月刊リリー」の江口正樹編集長は独断の人で、秋風が苦手の変な人。

でもボクテのために頭を下げて、う~ん、やっぱり美濃権太はいい人でした&地震の被害が拡がらないことを祈るばかり。

参考までに「月刊リリー」の江口正樹編集長を演じているのは、1968年(昭和43年)生まれの中野剛さん、50歳です。

「とと姉ちゃん」の時、星野武蔵(坂口健太郎)が務めていた製薬会社で、星野の上司役以来の朝ドラ出演になるみたいです。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(6月18日67話)

<ボクテ君が辞退したせいでガーベラ大賞新人賞に繰り上がり入賞した鈴愛。棚ぼたというかところてん式のデビューです>

●梟町つくし食堂

晴:ウーちゃん あんた どんだけ買ってきたの!?

仙吉:何!?

宇太郎:フヘヘヘヘヘッ。ここ!ここ ここ!

仙吉:お~!

晴:あ~!

仙吉:どこ?

宇太郎:じゃ~ん!

2人:うわ~!
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月18日67話)連載決定の「一瞬に咲け」

●ティンカーベル2階

裕子:ウォッカにジンジャーエールを入れて…。はい。モスコミュールの出来上がり。

鈴愛:おお~ これが街で噂の。乾杯。うまい!

裕子:お祝いにって思って高いジンジャーエール買ってきた。

鈴愛:ありがとう。ユーコ あれ何?

裕子:街では天井で換気扇が回るらしい。その代わり。

<この事です>

鈴愛:なぜ いっそ街に繰り出さない。

裕子:む~り。無理無理無理無理無理無理!私たち この2年 漫画描くか寝るか ひしもっちゃんの買ってくるうまいお菓子食べるかしかしてない。

鈴愛:はい。

裕子:そんな私たちが渋谷とか青山行っても激しいものがある。

鈴愛:激しいものがある…。

裕子:でもそのおかげで私も鈴愛もデビューできた。頑張ったかいがあった。

鈴愛:でも本当はガーベラ新人賞 ボクテの「女光源氏によろしく」だった。私はボクテの代わり。ボクテが蹴ったから。

裕子:正しくは秋風先生な。

鈴愛:繰上げ入賞…。複雑な思いだ。

ツインズ:お話し中ですが 鈴愛さんに宅配便です。

鈴愛:うわ~!バラのケーキだ。あっ ボクテからだ!「スズメちゃん デビューおめでとう。「一瞬に咲け」本当に本当に本当に素敵な作品!応援しています。僕もまた頑張っています。月刊アモーレはあれきりにして他の雑誌でメジャーデビューを目指しています。スズメちゃんには本当に申し訳ないことをしました。ごめんなさい。でもスズメちゃんとユーコちゃんと3人でプロの漫画家として会えることを夢見て頑張ります!ボクテ」。

●梟町・楡野家

宇太郎:何やっとる?

草太の友人2人:あっ お邪魔してます。

草太:姉ちゃんの漫画のアンケート。

仙吉:はい お待ちどお~!熱いよ。さあさあ食べて。

草太の友人:頂きます。頂きます。

草太:1人10枚ね。

宇太郎:おお おとうちゃんも書くわ。

仙吉:私も書いた。

宇太郎:え?

草太:これや。

仙吉:渋いな センキっつぁん。

仙吉:渋くないやつ あと4枚は書く。

晴:胸キュンって こういう事 いうんですよね。高校1年生 16歳。ああ~…。次は小学校高学年。

●オフィスティンカーベル

飯野:これから楡野スズメ先生の担当をやらせて頂く飯野です。

鈴愛:先生…。

北野編集長:先生ですよ。ハハハッ。これ見て下さい。楡野先生の「一瞬に咲け」アンケート葉書がすばらしくたくさん来ています。

菱本:すごい。

飯野:ほら 見て下さいよ。

北野編集長:いや~皆さん 熱い感想ですね。高校生から小学生 幅広く…。あっこれなんか。「一瞬に咲け」カメラオタクのカメコが 陸上部のエース ツグミが走り高跳ぶ その瞬間の事を言った言葉だったなんて!感動です。カメコが一瞬に咲けって心で祈りながら ツグミに向けてシャッターを切るところ 泣けました! 号泣です」。

秋風:おい。お前 何をやっとるんだ。

菱本:左が赤で右が青で カラカラって回してって…。

秋風:フフッ そのゲームじゃない? ああ 足まで使うやつな。

菱本:そうそう そうそう。

一同:アハハハハハッ!

秋風:何を隠している?

<鈴愛は「しまった」と思っていました>

(電話)

草太:は…?

鈴愛:ほやから アンケート葉書や!それが決め手になる。

草太:姉ちゃん それ組織票や。

鈴愛:分かっとる。頼んだでね。

草太:報酬!報酬!

鈴愛:チッ…デビューしたら車買ったる。

草太:え?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月18日67話)草太による組織票
鈴愛:バカめ…。

<草太は本当にバカだったので…>

秋風:皆 消印が岐阜の梟町。この何枚かには五平餅のタレがついている。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月18日67話)消印が全て梟町

(匂いを嗅ぐ音)

秋風:おお…。これは紛れもなく仙吉さんの五平餅だ。

鈴愛:草太め…。

菱本:組織票…。

近藤編集長:いや まあ 新人デビューの時はありがちな事で。

飯野:えっ 編集長 じゃあ 連載の話は?

裕子:えっ 鈴愛 連載なんですか?

近藤編集長:あ~もう!ちゃんと私からお伝えしようと思ったのに~。ハハハハッ…。「一瞬に咲け」は編集部でも評価が高く…。あっ それに大丈夫ですよ。まだたくさん。え~っと…こちら。大丈夫。こちら 消印 東京です。

鈴愛:嘘!

裕子:鈴愛 すごい…。

近藤編集長:編集部の期待とアンケート葉書の熱いメッセージを加味して楡野さんの「一瞬に咲け」是非 連載でお願いしたいと思っております。連載決定です!

鈴愛:嘘!やった!

(拍手)

飯野:これからの事を打ち合わせさせてもらっていいですか?

(裕子の心の叫び)
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月18日67話)裕子の嫉妬「けなるい」

ツインズ:どうかなさいましたか?

裕子:あ…すいません。この前 ボクテから来たバラのケーキのお届け伝票ってありますか?

●ティンカーベル3回仕事場(夜)

(電話)

裕子:あっ ボクテ?久しぶり。

藤堂:僕はまず「月刊ガーベラ」を100冊買いました。そしてアンケート用紙を切り取ります。僕は仮にも漫画家になろうとしています。いろ~んなキャラクターになれます。いろんなキャラクターになって100通りの「一瞬に咲け」の感想を書きました。それをプリントアウトします。僕は二丁目で人気なので…。その人脈をフルに利用して100人の知り合いや友達に僕の文章を書き寄せしてもらいました。そして100枚じゃあんまりキリがいいんで2枚引いて98枚を新宿二丁目にあんまり偏らないようにいろ~んな所から出して歩きました。

裕子:やっぱりボクテの仕業だったか…。

藤堂:裕子ちゃん 黙ってて。それに裕子ちゃんだって知ってるでしょ? アンケート葉書だけじゃデビューはできないよ。僕のは あくまで罪滅ぼしの援護射撃。

裕子:うん。

藤堂:それに僕 本当に鈴愛ちゃんの漫画が本当に好きなの。

裕子:ボクテさ 人の事より今 どうしてるの?

藤堂:あのね…僕 持ち込み始めたの。

裕子:持ち込み? へえ~丸山出版。ああ「月刊リリー」か。その手があったか。いいね 向いてる。向いてる。あっでも「リリー」って江口って編集長の独断って聞いた事ある。

秋風:何だ びっくりするなあ…。

鈴愛:先生!ありがとうございました!

秋風:な…何が?

鈴愛:連載決定。先生のおかげです!楡野鈴愛 頑張ります!

秋風:うん 頑張れ。いいか ここからが勝負だ。連載デビュー決まってからが漫画家だ。

鈴愛:はい!

(「月刊「リリー」編集部 編集長 江口正樹(苦手)の名刺を見つめる秋風)

回想・江口編集長:銀座にビルでも建てますか?アハハッ…。

秋風:あっ江口編集長 ご無沙汰しております。「リリー」快調で何よりです。いや何…雑誌は編集長のものですから 江口さんの手腕ですよ。すばらしい。あっそれで あの…ですね うちにいた藤堂誠 ボクテの事なんですが…。

<援護射撃です>

裕子:よし…私も連載取るぞ。

<みんな 頑張れ!>

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。