半分、青い。(6月21日70話)「女は腐るよ」裕子の結婚相手は浅葱洋二でボン

裕子曰く「鈴愛も若くて売れるうちに男 見つけた方がいいんじゃない?女は腐るよ」。

いやいや、女の人は女を捨てなければ、いつだって新鮮そのもので食べ頃なのよ~と、裕子のセリフを聞きながら一人で反論。若さゆえの焦りなのか、はたまたよほど疲れていたということで、仙台の老舗の有名な和菓子屋のボンボンを合コンでゲットした裕子は、そのまま結婚の道へ。

和菓子屋のボンが、東京青山で家具の輸入販売会社経営。そこに嫁に行くという裕子の話に不安を覚えたお茶の間のお母さんたち、多かったに違いありません。

老舗の和菓子屋というだけで敷居が高く、その女将で義理の母親になるであろう姑との確執が絶対にあるはずで、これはあくまで予想ですが、小宮裕子は結婚で漫画家を引退するけど、結局、ボンボン旦那の家族とそりが合わずに離婚。

そしてまた秋風先生の下で漫画家になるという筋書きではないかと。結婚と離婚を経験したシングルマザーの再出発、おそらく8月か9月頃に再登場の匂いがプンプンする清野菜名ちゃんの最新CM動画を見つけてきました。鈴愛の父ちゃん宇太郎さんも出ております。

それにしても裕子の結婚相手の浅葱洋二。偽物ハンドバックを裕子に貢いだ東京03の角田晃広先生だと思って本当にいいんでしょうか?

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(6月21日70話)

●喫茶おもかげ

藤堂:裕子ちゃんの話よね。

(ドアベル)

シロウ:いらっしゃいませ~。

藤堂:先生 待って下さい!先生 ステイ!

<ボクテ君は3年前に秋風先生を裏切り よその出版社に原稿を売りました。そして破門になり それ以来の再会です>

秋風:今週号の「女光源氏によろしく」3ページ目4コマ目のアングルが弱い。ボクテだったらもっとできるはずだ。

藤堂:先生…。

秋風:単行本になった時に直しておきなさい。

藤堂:先生 ありがとうございます!すいません ノコノコおもかげくんだりまでやって来て。

シロウ:くんだり?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)くんだりと言われてムッとするシロウ
藤堂:どこかで ここに来れば先生にお会いできるかと…。

秋風:いや 小宮の話なんだろ?

鈴愛:はい。

秋風:ちょうどよかった。楡野にも話を聞きたいと思っていたところだ。

鈴愛:はい。

秋風:ボクテも小宮とは連絡取り合ったりしているのか?

藤堂:はい。ちょくちょく。

秋風:そうか。師匠の私には言えなくても同期の友達には言える事がある。聞いてやってほしい。もしできたらボクテの方から講談館出版で小宮の道を探ってやってほしいと思っていた。

藤堂:いえ 先生 僕もそれを考えていました。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)ボクテ
秋風:うん。

鈴愛:先生。先生から描けって言ってやって下さい。それが一番ユーコを励ます事になるかと。

秋風:ただ 私はそんなに簡単にはいかないと思っている。

●岐阜・つくし食堂
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)宇太郎
宇太郎:きれいやなあ。

晴:うん?

宇太郎:五平餅の染み一つない。

晴:お客さん 大人の男の人が多いで。

宇太郎:重版かからんな。

晴:かかっとる巻もあるよ。

宇太郎:新刊はかからんな。草太が言いよった。重版がかからんようになったらやばいって。

仙吉:大丈夫やろ。そのうちかかるわ。

晴:あ~あの子ももうすぐ25やでね。

仙吉:そんななるか?

晴:結婚しんでもええんかね。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)晴

●裕子の部屋

裕子:これがフィリップダンサー。これがマルタンマックイーン。

鈴愛:すごい…触るの初めて。ものがいいね。おしゃれ木田原とは違う。

裕子:洋服 貸してあげるからさ 鈴愛も合コンした方がいいよ。

鈴愛:何しゃべっていいか分からん。

裕子:ニコニコしれてばいいのよ。

鈴愛:それ 面白いの?

裕子:鈴愛も若くて売れるうちに男 見つけた方がいいんじゃない?女は腐るよ。私 いい人見つけちゃった~。この家具 洋二さんが輸入したのよ。デンマークにフュン島っていうきれいな島があって そこから。浅葱洋二っていうんだ。実は仙台の老舗の有名な和菓子屋でお金持ちなの。あさぎやって聞いた事ない?デパートとかにも入ってる。洋二さん 青山にオフィスとマンション持ってて広いの。そこで暮らしたい。

鈴愛:ここじゃ駄目なの?

裕子:あっ ねえ見て。インテリアコーディネーターの教材。勉強始めようと思って。楽しそう。

鈴愛:専門学校とか行くの?インテリアの。

裕子:悪い?

鈴愛:え?

裕子:洋二さんにお金出してもらって学校行くの 悪い? 出してくれるって言うの。

鈴愛:ユーコ…。

裕子:鈴愛がその才能で漫画家続けるように私はこの美貌と…って言うほどきれいじゃないかもしれないけど 若さと美しさで手に入れたんだよ!洋二さんを!自分の力で!そうでしょ!?悪い?

鈴愛:結婚 するの?

裕子:うん…。

鈴愛:漫画はどうするの?

裕子:もう私 疲れちゃった。漫画ってさ ゼロから作るじゃない?お話。何を輸入するか決める方が もう出来上がってるものから選ぶ方が楽なんだ。ゼロから何かを作るよりずっと楽だと思う。

裕子:こんな仕事 もうやってられない。服買っても私たちが外に出られるのは月に一度か二度。あとは漫画描くだけ!買った服着ない間に季節が変わる! 一日にしゃべる人が宅配便屋のおにいさんだけ!私たちは架空のラブストーリーを作るためにいくつの自分の恋を犠牲にしたんだ?知り合っても会えない!結局 原稿に追われてドタキャンばっかで次がない!スケジュール帳は真っ白。何の予定も立たない。

鈴愛:私は真っ白な日が好きだ。

裕子:は?

鈴愛:白い日がうれしい。何にもない日。

裕子:鈴愛 それはオタクと一緒だ。引きこもりだ!結婚もできないし子どもも産めない!想像の世界の人になってしまう!漫画を描く機械だ。

鈴愛:それでいい!上等!機械でいい!

裕子:違う 鈴愛!何のためにこのかわいい顔がついてる?何のためにこんな白い肌をしてる? 着飾って街を歩くためだよ鈴愛!そのかわいらしい声をひと言も発さない日があるなんて…。

鈴愛:ユーコ 機械じゃない。機械はみんな同じもんしかできん。漫画はその人それぞれ違う。私はおしゃれをしなくてもいい!はやりの場所を知らなくてもいい!だってさ だって漫画を描くって物語を作るって人を感動させるって 人生を超えてる!世界は私のものだってきっと思える。私が…私たちが秋風先生のような漫画を描いた日にはきっとそう思える!ユーコ 頑張ろ!
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)ユーコを説得する鈴愛
裕子:今 逆にはっきり分かった気がした。私は…私のいるとこはここじゃない。ううん 私はここにはいてはいけない。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)心が決まった裕子
●オフィスティンカーベル

秋風:やめたい?

裕子:はい。やめたいです。

秋風:もう漫画には未練はないのか?

裕子:先生 ごめんなさい。駄目な人間と思われてもいい。私はもう苦しい。楽したい。

秋風:駄目な人間なんて思わないさ。菱本からちらりと聞いたが結婚するのか?

裕子:あっはい。

秋風:一度 家に戻るのか?

裕子:あっ いや それは…。

秋風:だったら一度 連れておいで。お相手を。18から24までここに住んだんだ。小宮さえよければ ここから送らせてほしい。ここからお嫁に行けばいい。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)秋風羽織
裕子:先生…。

●裕子の部屋

裕子:昨今のはやりはこんなラインか…。ふ~ん。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(6月21日70話)裕子の涙
スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。