半分、青い。(88話7月12日)愛し殺されかけた涼次が鈴愛に「結婚しませんか」

涼次「祥平さん! 入れて下さい!俺 もう駄目っす 祥平さん!朝起きたら こうして新品の歯ブラシが 青 白 黄と3つ置かれてて…

あっ 俺の家 正月にはパンツも歯ブラシも新しいのにするっていうのが習わしなんですけど…。どれ?ほら どれ どっちどっちどっち?光江ちゃんの? 麦ちゃんの? めありおばちゃんの? パンツもそうですよ! どれ? ほら どれ はくの? あ…このままじゃ俺 愛し殺される!」

なるほど。3つの時に、両親を亡くした涼次が3人のおばちゃんに溺愛されて育てられてた。そして天然の鈴愛に出会って6日で求婚プロポーズ。

これは後々、結婚生活が破綻するというフラグで、今月は新婚生活、8月は二人の擦れ違いと離婚、そして最終月の9月で岐阜に戻って律と再会という流れが見えて、いよいよ「半分、青い。」も残り2ヶ月強。

そろそろ「まんぷく」の準備をしなくちゃと思う7月12日、東京は曇り空です。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(88話7月12日)

鈴愛:楽しい~!両方に雨が降ってる!

涼次:好きです 鈴愛さん。

鈴愛:ミー トゥー。

涼次:鈴愛さん いっそ… いっそ結婚しませんか?

鈴愛:えっ? いや私たち まで出会って1週間たってない…。

涼次:「ロミオとジュリエット」も5日間の話でした。

鈴愛:涼ちゃんさん まつげ長い?まつげに雨 引っ掛かっとる。

涼次:すごく好きなんで 結婚しませんか?ずっと一生 一緒にいたいです。

鈴愛:了解…致した。

涼次:何ですか?それ。イエスですか?

鈴愛:私の口癖です。ものすっごく イエスです。好きだ。好きだ 涼ちゃん。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)涼次と鈴愛

●鈴愛の部屋

裕子と藤堂:マジ?

鈴愛:はい!

裕子:いやいやいやいや 出会って6日で結婚って…。

藤堂:ビビビッて来たの?松田聖子?

鈴愛:「ロミオとジュリエット」です。あれは5日間の話。あれより1日多いけど。

裕子:いいか 鈴愛。君はジュリエットじゃないし 涼ちゃんもロミオじゃない。

藤堂:ねえ どこがそんなにすてきだったの?

鈴愛:その中で一つだけ挙げるとしたなら 声が…声がすてき。青く透き通るような声なの。夏のソーダ水みたいな。

裕子:鈴愛 ソーダ水なんか 気が抜けたら ただの砂糖水よ。

藤堂:ただの甘いだけの男ね。

●涼次と祥平の部屋

(せきこみ)

祥平:大丈夫かよ?ほら 生姜湯。

涼次:すみません。

<まさに甘っちょろい砂糖水のような涼ちゃん。鈴愛は雨に打たれてもへいちゃらなのに 早速 風邪をひいていました>

涼次:慣れない事をしたもので。ご迷惑をかけて。

祥平:いやいやいや。沖縄ロケ 延期になったからちょうどよかった。やっぱりさ 2って パンチなくなるよね。1には勝てないのかな。

涼次:そんな事ないっすよ! もっともっと含蓄あるものが出来ますよ! ほら このかたつむりの動きなんか 1にはなかった…。

●鈴愛の部屋

裕子:私 見たよ あれ。「追憶のかたつむり」。

藤堂:あ~僕も見た。大きいところにはなくって方々探した。

裕子:あの映画 やばくいない? 頭10分 かたつむりしか出てこない。あの人は売れない。鈴愛 君は一生 貧乏だ。

鈴愛:いや だから「追憶のかたつむり」を作った訳ではなくて それを作った人の下についている助監督だから。

裕子:お前…本当は面食いだな。

藤堂:あら 遅いわよ 裕子ちゃん。鈴愛ちゃんはもともと面食いよ。トップオブザトップの面食い。律君 言わずもがな。マア君 おたまじゃくしのような目とか 鈴愛ちゃん ひどい事言ってたけど あれもいい線いってる。きっと涼ちゃんもイケメンよ。

裕子:そうなの?鈴愛。そんなにイケメンなの?

鈴愛:フフッ。タッパもあるし顔だちもきれい。ユーコには申し訳ないが。

裕子:何よ!何で私に申し訳ないのよ。

藤堂:あ~あ~もうやだなあ 女の嫉妬。

●涼次と祥平の部屋

涼次:えっ 結婚って金要るんですか?

祥平:当ったり前だろ。

涼次:はあ… ただ籍入れて一緒に暮らせばいいと思ってた。

祥平:お前は天涯孤独だから それで…ごめん。

涼次:いえ 今更ですよ。

祥平:相手はちゃんと家族がいるだろ?名古屋だっけ?

涼次:岐阜です。

祥平:東海の方は派手だって言うぞ。結婚式。

涼次:あ~…。

祥平:にしても うまいな これ。

涼次:あっ 土鍋で米から炊いてるから。

祥平:悪いな 結局 作らせちゃって。

涼次:いえ。

祥平:お前が出てったら うまいもん食えなくなるな。またコンビニ飯か…。

涼次:来ますよ 飯作りに。

●鈴愛の部屋

鈴愛:私が涼ちゃんの前に 夏虫の駅でプロポーズされたのは4年前でした。

裕子:律だ。

藤堂:夏虫?

裕子:岐阜にある駅の名前。

藤堂:へえ~。知っている?柿の種とピーナッツの黄金比。柿の種5つとピーナッツ1粒。

(手をたたく音)

藤堂:失礼。お口 チャック。

鈴愛:要するに私がプロポーズされるのは平均して4年に一度。

藤堂:オリンピック?

鈴愛:そうね 大体ね。とすると 今 28。次のプロポーズは32歳。その次は36歳。

藤堂:なるほど。

裕子:それで?

鈴愛:32歳で結婚とすれば 子どもをつくって産む頃には高齢出産になりかねない。子どももだんだんできづらくなるという。でも私は人並みに子どもが欲しい。

藤堂:あら 鈴愛ちゃん 意外と計算高い。

鈴愛:そして 言ってみれば 生まれて初めての相思相愛。生まれて初めての両思い!何これ 奇跡? 神様ありがとう!私は今 こんな気分なの! この恋は応援はしても邪魔はしないで頂きたい。

●涼次と祥平の部屋

涼次:彼女 弾むボールみたいで いつまでも弾んでて飽きないんです。

祥平:ん?よく分かんないけど。

涼次:弾むのが尽きないっていうか。

祥平:余計 よく分かんないけど。てか これ うまいね。何これ リンゴを煮たの? これ。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)祥平
涼次:熱ある時は これが。冷やして。

祥平:悪いね 結局作らせちゃって…これも。

涼次:いえいえ。…で 話の続きですけど 俺 見てくれはあんまり悪くなくて そして押しに弱そうに見えるのか 女の人が割と寄ってきてくれるじゃないですか。

祥平:うん そうだね。

涼次:でもデートしてみると しゃべんなくてつまんないとか ちょっと人とずれてるとか空気読めないとか 店知らないって振られてきたんです。

祥平:まあ そうだね。ないしょにしとくけど。

涼次:でも彼女相手だと すらすらしゃべれるんです。いつまででもしゃべってられるっていうか。

祥平:まあ 涼次は女で苦労してきたからな。

涼次:えっ 俺 もてないっすよ。いつ?

祥平:オバズだよ。3おば。おばさんたちだよ。

●藤村家

めあり:えっ 涼ちゃん 結婚するの?

光江:あの子も映画なんか目指してどうなるかしらんと思っとったけど ここで身ぃ固めてくれたらホッとするわ~。よかったわ! あ~よかった よかった!肩の荷が下りた。

めあり:あ~あ…涼ちゃん 結婚するんかあ。3つの時からおしめ替えとったのになあ。こ~んなんがチリ~ンチリ~ンって。

●涼次と祥平の部屋

祥平:会った事はないが お前のおばさんたち相当らしいな。話を聞くとこによると。

涼次:あっ 悪い人たちではないんですか…。

祥平:だって この間だって そうだよ。あの運動会の前だ。自分たちの100円ショップが混むからっつってさ お前に急にバイト入れって。

涼次:ノーとは言えないす。でもまあ そのおかげで鈴愛ちゃんに出会えたし。

祥平:俺 あれだよ。お前がさ おととしの正月 俺に助けを求めて真夜中にやって来た時の事 あれ 忘れらんないから。

(ノック)

涼次:祥平さん! 入れて下さい!俺 もう駄目っす 祥平さん!朝起きたら こうして新品の歯ブラシが 青 白 黄と3つ置かれてて… あっ 俺の家 正月にはパンツも歯ブラシも新しいのにするっていうのが習わしなんですけど…。どれ?ほら どれ どっちどっちどっち?光江ちゃんの? 麦ちゃんの? めありおばちゃんの? パンツもそうですよ! どれ? ほら どれ はくの? あ…このままじゃ俺 愛し殺される!

祥平:あん時 俺 愛し殺されるって言葉 生まれて初めて聞いたもん。

涼次:断末魔の叫びです。

祥平:3姉妹 3おばの強い愛だ。

涼次:うわ…。あのまま家にいたら 正気保ててたかどうか分からないっす。だって いつまでたっても子どもの頃のおしめを替えた話をされて…。父 母が亡くなった3つの時から世話してもらってありがたくは思ってるですが…。でもそういう意味でも本当に祥平さんには感謝してます。ここに置いてもらい仕事まで。もともとは尊敬する手の届かない存在だった祥平さんがこんな虫けらみたいな俺に…。

祥平:涼次 携帯。携帯鳴ってる。さっきからずっと。

涼次:あ…じゃあ 失礼して。あっもしもし あっ 鈴愛ちゃん。

祥平:出る気満々じゃねえか…。

鈴愛:下がってきた?よかった~。

裕子:すごいね。さっきから1時間置きに電話かけてるよね。

藤堂:今が一番いい時よ。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)ユーコとボクテ
裕子:ボクテ クールだな。

涼次:えっ 明日? いいよ。

鈴愛:えっ 本当に?

涼次:祥平さん。明日 鈴愛ちゃん お見舞いに来たいって。いいですよね?

祥平:いいよ 別に。

涼次:大丈夫だよ。仕事終わってからだよね?

鈴愛:うん。分かった。お大事にね。く~っ!

裕子:いや 私たち いるから。

鈴愛:あ…。

(携帯の着信音)

鈴愛:家からや!今まで話してない。居留守を使い続けた。

裕子:え!? もしかして まだおうちに話してないの?漫画家やめた事。

鈴愛:弟からは伝わってるはずだけど直接は。

鈴愛:はい もしもし。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)晴さん
晴:あんた 何やっとる!?どうして 電話取らんの?おかあちゃん あんた 死んでまったかと思ったよ。おかあちゃん 明日にでも東京行こうかと思っとったとこや。

鈴愛:あ…お母ちゃん 心配かけて悪かった。鈴愛は 私は…。

晴:何い?

鈴愛:結婚します。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)鈴愛
晴:はあ!?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(88話7月12日)宇太郎
宇太郎:何事や?

●本日の「半分、青い。」を見逃した方は、こちらでご覧になれます「U-NEXTの31日間無料トライアル」

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。