半分、青い。(91話7月16日)家族がいなかった涼次と鈴愛の結婚式でお母ちゃん

僕の父親は絵の仕事をしていて 母親と2人で海外に仕事に行く事になって…。僕はおじいちゃんとおばあちゃんちに その間 預けられた。

行ってらっしゃいって 送り出して おじいちゃんとおばあちゃんの家から 空港に向かう 途中の事故…。行ってらっしゃいがあったら お帰りなさい があるでしょ 普通。行ってらっしゃいのまま 終わるって事はないでしょ 普通。お父さんとお母さん 長い事帰ってこないなあって思ってた。僕には家族がいなかった。

その悲しい過去には同情するけど、でも人生で一番大切な時に吹き出すような男は信用できんのだよ、涼ちゃん。

自分は心が狭いのだろうかと悩みながらの感想で、本日一番の見どころは、お母ちゃんと呼びながら晴さんに抱きつく鈴愛と、それを受け止める晴さんの表情がまさに日本のお母さん。

アホだけど人がいい楡野家の幸せを祈りながら、心穏やかに連休最後の日を過ごしたいものです。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(91話7月16日)

涼次:お嬢さんを…。娘さんを…。く…ハハハハハハッ。 ハハハハハハハッ! あっ ごめんなさい! 俺 おかしくなっちゃって…。こういうかしこまったの…。アハハハハッ!ツボ入っちゃった!ハハハッ!すいません…。

仙吉:アハハハハハハッ! ア~ッハッハッハッハッハ!ほやけど…。

(笑い声)

晴:ねえ!

宇太郎:本当やな!びっくりするわ!

●楡野家・夜

涼次:おいしいです 鮎の甘露煮。

晴:あ~本当! お口に合ってよかった。

宇太郎:あっ これね こっちの方のお酒。ふくろうの山。

涼次:へえ~。

宇太郎:おいしょ。

涼次:ありがとうございます。

宇太郎:よいしょ。

涼次:あ~ いえ お義父さんも。

●楡野家・仏間

鈴愛:やっぱ ここやったか。

仙吉:あ~。ちょっと飲み過ぎたわ。

鈴愛:おじいちゃん ありがと。笑ってくれて。どうなるかと思った。

仙吉: ハハハッ ああいう事あるでな。葬式で笑いたなったりな。

草太:おじいちゃん それはあかんわ。

晴:ちょっと 鈴愛。

鈴愛:ん?

晴:あっ 草太 戻って。涼ちゃんさん 寂しなってまう。おとうちゃんしかおらん。

草太:あいよ。では未来の義兄さんとお酒飲んできます。

仙吉:おじいちゃんも もう少ししたら ギター持って歌いに行くで。

鈴愛:お母ちゃん 何やった?

晴:あっ 涼ちゃんさんの寝るとこ。

鈴愛:茶の間でええんやない?

晴:ほかにないもんな。

鈴愛:美人やろ?私はおばあちゃんに似とる。おばあちゃんも調子よかった。

<あらあら お言葉ね。はじめまして 涼ちゃん。よろしくね>

●鈴愛の部屋

鈴愛:ここが私の部屋やったとこや。

涼次:ふ~ん。

鈴愛:あっ ここに龍がいる!

涼次:ん?

鈴愛 :あっ!よっ! ここ。

涼次:あっ 本当だ!

鈴愛:フフフ。子どもの頃から見てた。

涼次:小さい頃の鈴愛ちゃんに会いたかったな。

鈴愛:涼ちゃん…。

草太:あの~…。

涼次:あっ!

草太:思い出ツアーの最中 申し訳ございませんが…。

鈴愛:何よ 草太。

草太:お母ちゃんが。涼ちゃんさん 風呂どうぞって。

涼次:ああ はい。

宇太郎:あっ ここにいりゃ~たか。明日ね 明日 どこ行きたい? 店休みやで どこでも連れてけるよ。明治村か? 恵那峡か? 金華山か?

涼次:え~っと お風呂に入りながら考えてもいいですか?

宇太郎:おうおう 一緒に入るか?

鈴愛:行ってらっしゃい。

涼次:あっ 行ってきます。

●楡野家の茶の間

鈴愛:いよっ! 不思議な気分や!涼ちゃんがうちにいるの面白い。

晴:フフッ あんたは相変わらず…。子どものまんなやな。そんなんで お嫁に行けるんかなあ…。

鈴愛:ほやけど…ほやけど お母ちゃん ええ人やろ?

晴:ええ人や。

鈴愛:うわ~。

涼次:うわっ!

涼次と鈴愛:おお!

鈴愛:忙しい 忙しい あんたの枕や。よいしょ。

涼次:お風呂 頂きました!みかんが浮いてて いい香りで。

晴:あ~ フフッ。いつもそんなしゃれた事せんのやけどね。あっ こっちは東京より冷えるから これ どてら。

涼次:ああ すいません。

晴:ちょっとダサいかもしれんけど。

涼次:いやいや。

<何かもう 楡野家は うれしくなってしまって。涼ちゃんの訪問にうれしくなってしまって 浮かれています>

涼次:本当ですか?

鈴愛:かっこええよ。

晴:かっこええな!

涼次:いやいやいや やめてくださいよ。あ~すいません 鈴愛さん 僕も。

鈴愛:湯冷まし。枕元に…。ん?

涼次:ごめん。俺…。

鈴愛:どした?

涼次:俺…家族いなくて。

鈴愛:うん。

涼次:僕の父親は絵の仕事をしていて 母親と2人で海外に仕事に行く事になって…。僕はおじいちゃんとおばあちゃんちに その間 預けられた。

鈴愛:うん。

涼次:行ってらっしゃいって 送り出して おじいちゃんとおばあちゃんの家から 空港に向かう 途中の事故…。行ってらっしゃいがあったら お帰りなさい があるでしょ 普通…。

鈴愛:うん…。

涼次:行ってらっしゃいのまま 終わるって事はないでしょ 普通。

鈴愛:うん…。

涼次:お父さんとお母さん 長い事帰ってこないなあって思ってた。僕には家族がいなかった。

鈴愛:私が家族になるよ。

涼次:うん…。

鈴愛:これからは 私が家族だし 楡野の家の人はみんなアホだけど いい人だから…。涼ちゃんの家族になるよ。

涼次:うん…。

●翌日の朝

涼次:犬がいたんですか?ポチ。

仙吉:そうそう 私が名前を付けようとと思ったら 宇太郎が付けてまった。

宇太郎:じいちゃん 何年前の話 しとる?

涼次:庭のある家 いいですね。

宇太郎:アハハッ。庭っていっても猫の額や。

草太:結婚したら どんなとこ住むんですか?

涼次:まだ これから…。

仙吉:あ~ いいなあ 若い人は!

鈴愛:あっ すてき…。

晴:目がサファイアで 口がルビーや。

鈴愛:へえ~ すごい…。

晴:お母ちゃんが結婚してきた時におばあちゃんからもらった。おばあちゃんが若い時に使っとったらしい。

鈴愛:いいの?

晴:うん。あんたが結婚してく時にあげようと思っとった。

鈴愛:ありがと。大事にする。お母ちゃん。

晴:何い?

鈴愛:お母ちゃん。

晴:何い 気持ち悪い。あんたはいつまで言うね?いい年してお母ちゃんって…。お母さん言わせなあかんだ。甘かった…。

鈴愛:甘ない。ちょうどいい。

晴:な~に この子は…。 何やね この子は…。大きなってまって。結婚してくかね。

晴:おめでとう 鈴愛。

鈴愛:お母ちゃん…。

神主:続いて 誓詞の奏上でございます。新郎新婦様 前の方にお進み下さい。

涼次:あっ!

めあり:ああっ!

涼次:鈴愛ちゃん 大丈夫?

鈴愛:あ…。

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。