半分、青い。(97話7月23日)佐野弓子著「名前のない鳥」の脚本を目指す涼次

あ…あの私 私事ではありますが漫画家をやめまして涼ちゃんと出会って 涼ちゃんには大きな夢があって。映画監督になりたいっていう大きな願いがあって…。

私は夢が途絶えてしまったから分かるんだけど 誰かが何かを夢みてる姿って美しいです。そばにいるだけで見ているだけで元気が出てきて…。涼ちゃん とってもいい人だし。

だから 今はそんな涼ちゃんを応援したいって思ってるんです。今までの私 自分のためだけに生きてきました。自分の夢かなえるために頑張らせてもらって でもこれからは人のために生きようって思って。

だから店長っていうのはちょっと荷が重いかなあって。涼ちゃんの事を考える時間が減る。

「半分、青い。」で時折出てくる長い長いセリフ。たどたどしい言い回しで本当に良かった、鈴愛。これを早口でいってしまうと、昨晩見たTBS「この世界の片隅に」の安倍米子になってしまうわいと。

ネタバレになりますが、明日は一気に2年後に飛んでいるはずです。その間、鈴愛は涼次を支え続けて苦節2年、ようやく完成した「名前のない鳥」のシナリオ。

原作者は佐野弓子で、演じるのは若村麻由美さん。菱本さんロスを補って余るあるほどの嬉しいキャスティング。明日はテレビの前で正座して待ちたいと思います。

スポンサーリンク



半分、青い。セリフ(97話7月23日)

菱本:あなた ティンカーベルを出る時 言ったわ。私は私の人生を生きるって。

鈴愛:ああ…。

菱本:自分の空を見つけなさいよ。

光江:フランチャイズなんちゅうもんは やめようと思たんや。

鈴愛:はい?

めあり:え?

光江:大納言ちゅうけったいな名前も終わりや。3月うさぎみたいな すてきな名前 考えようや。2人でQあんたがあの店の…社長!

鈴愛:はあ!?

麦:ちょっと待った~!

鈴愛:「ねるとん」?

めあり:光江姉ちゃん 目ぇ覚まして!うちは今 フランチャイズだから どうにか赤字にならないで済んでる!

麦:いやいや 今月 先月はちょっと赤字。

めあり:うちは今 赤字や!赤字!自分で店やったらどうなる!? 火の車や!

麦:今だって自転車操業なんだよ。フランチャイズやめたら自転車すら こげなくなる!

光江:嫌や!うちは嫌や!フランチャイズなんか嫌いや! この子に店やらせたいんや!

麦:こんな岐阜の猿に何ができる!

鈴愛:はっ デジャブ。

光江:猿でもおらんよりはおった方がええ!

鈴愛:猿…。

光江:うちわな もう一回 自分で店やりたいんや。…で 3月うさぎを!

麦:本性見たり! また自分の帽子を売ろうとしている! お姉ちゃんの帽子はもう売れんのやて。こんなもんはゴミクズと一緒。私が捨てたる!

光江:あっ!やめて!やめて!ゴミと違うで!

麦:うちにはお金がないんや!

光江:やめて…。

めあり:光江姉ちゃん。

光江:やめてよ!あんた…。

めあり:それはゴミや!捨てなあかん!

光江:やめてって言ってるやろ!

鈴愛:あ~!ケンカやめて もう!

麦:ゴミ言うてるやん!ゴミ ゴミ!

●クールフラット

涼次:イメージ やっぱ ここですか?

スタッフ:じゃ 監督 お先に失礼します。

祥平:ああ お疲れさま。ちょっと飲むか。

涼次:はい。

(缶ビールを開ける)

涼次:すいません 飲んじゃいました。

祥平:お疲れ。

涼次:お疲れさまです。

祥平:あっ そうだ。涼次。これ。

涼次:え?

祥平:「追憶のかたつむり2」DVD化の契約書。

涼次:えっ まだ映画にもなってないのに すごい。さすが祥平さん。

祥平:いや でも これ 結構な枚数 契約してくれてさ。これで確実に金が入る。最初に入ったDVDの印税でお前に金を返す。

涼次:すみません。

祥平:いやいや…。本当によくやってくれてるよ。助かってる。でも涼次もそろそろ自分で撮らないとな。28だろ。結婚もしたし。これで「追憶のかたつむり2」が済んだら俺も協力する。お前の独り立ち。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(97話7月23日)祥平
涼次:ありがとうございます。

祥平:何かつまみあったかな。

涼次:ああ…。

祥平:腹減った。

涼次:俺 何か作ります。

祥平:悪いな いつも。

涼次:いえいえ。

祥平:そうだ 涼次。お前 ホン書いてんの?売り込み用の映画の脚本。書く書くっつってさ 俺 一回も見せてもらった事ないんだけど。

涼次:あっ 残り物のごはんありました。パエリアでも作りますか。

●藤村家

光江:ケンカしたら おなかすきますなあ。

麦:そう 昔っから 姉妹ケンカすると 後からこうやってみんなで何か食べた気がする。

鈴愛:へえ~。あっ あの…。

光江:ん?

鈴愛:ずっと不思議に思ってたんですけど…。何で あの 光江さんだけ関西弁なんですか?

光江:うちの関西弁はエセじゃ。

めあり:光江姉ちゃんは 大阪にお嫁に行っとったんや。8年ぐらいおったかなあ。

光江:にいちゃん これ まかりまへんか?すみません これ まけて下さいませんか? 関西弁の方がまかりそうや。得やん。ほんでもな 東京来たら関西弁 忘れてしもたんや。ほやからな 今は適当に関西弁風にしゃべっとんねん。おもろいやろ?

鈴愛:おもろいかどうかは いざ知らず。えっ 光江さん 結婚してたんですか?

光江:バツイチや。かっこええやろ。

鈴愛:かっこいいですか?

光江:未婚よりはましですわ。箔が付きますねん。この子は未婚や。

麦:旦那に若い女ができて 離婚されて帰ってくるより未婚の方がまし。

光江:私は離婚したんやない。こっちから三行半 突きつけたったんやって!

鈴愛:あ~もう ケンカやめて下さい!という事は 一度結婚した人。結婚しない人。これから結婚する人。私 結婚したての人 なんちて。

めあり:違う。

鈴愛:え?

めあり:私はバツイチでも未婚でもない。

鈴愛:え?

めあり:結婚してます。

鈴愛:え?

めあり:今現在 結婚してます~。

鈴愛:え…どこに旦那さん?

光江:あっちの方。

めあり:世田谷区。私 旦那とケンカして世田谷のマンション飛び出て ここに戻ってきて 今現在 別居中なの。あのさ よくドラマとかであるじゃない?旦那が迎えに来て「めありさん戻ってきて下さい!」。それが来ないのよ。すぐに迎えに来たら戻ってあげてもいいかなとか思ってたんだけど 来ない。旦那来ない。仕事忙しいのかな?

鈴愛:あの~えと…。世田谷のおうち出て どれくらい?

めあり:う~ん 2年くらい たつかな。

●クールフラット

祥平:ホンが途中までしか書けないっつうのはさ お前がいつも途中で飽きちゃうんじゃないの?

涼次:思ってる事言ってもいいですか?物語が閉じるのが寂しいんです。俺 自分の作る物語が終わるのが嫌なんです。自分の好きな絵本や小説「十五少年漂流記」とか 終わらないでくれ終わらないでくれって1ページずつ読んでました。

祥平:あ~まあ…。

涼次:いや その物語の中に途中にいたいんです。その世界を閉じてしまったら もうその世界はなくなると思うと この辺がキュ~ってなって続きが書けなくなってしまうんです。だって 主人公も脇役たちもいなくなるんですよ。

祥平:エンドマークを打ちたくないんだ。

涼次:初めて話しました。俺 変ですかね。

祥平:いや…愛が深いのかな。 いや 分かんなくもないよ。 だってさ 俺なんて2作ってるもん。終わったはずの「追憶のかたつむり2」。あっ ねえ だったらさ こういうの どう? 原作ものやるんだよ。

涼次:え?

祥平:それだったら あらかじめ終わってるだろ?最後まである。それを脚色する。脚本にするんだよ。

涼次:ああ…考えてもみなかったなあ。だって 俺みたいな無名な監督志望が 有名作家に原作なんて渡してもらえないと思います。

祥平:いやいや だからすぐにどうこうしようって訳じゃなくて とりあえずそれを脚本にするの。…で 最後まで書くって事を身につけるの。大事なんだよ 最後まで書くって 何でもいいから。

涼次:もう終わっている物語だったら 終わらせても罪はないですね。

祥平:まっ とにかくさ 映画監督や作家目指しても 第1作目が最後までだどりつかないやつはたくさんいる。そういう場合は夢に夢みてたって訳だ。スタート地点にも立ってない。やるしかないぞ。涼次。

●鈴愛涼次の家

涼次:ただいま!

「リョウちゃん お疲れさま。ちょっと母屋に行ってます。スズメ」

●藤村家

麦:キョクアジサンという鳥は北極から南極まで飛びます。1年の合い代に地球半周分を往復するんです。カモメより小さいあの体で。

鈴愛:ああ~何かすごい。鳥って自由なんですね。

光江:ほやからな 鈴愛さん。自由になるためにフランチャイズをやめて あの100円ショップをあんさんにやな…。

麦:光江姉ちゃん まだ言ってんの?

鈴愛:あっその話なんですけど 私…。私なんかに店長と言って頂いてありがとうございます。私 働くの大好きです。大納言で働くのは続けさせてもらいたいと思ってます。でも店長は。

光江:田辺はんやったら どうとでもしまっせ!

鈴愛:あっ いえ。 あ…あの私 私事ではありますが漫画家をやめまして涼ちゃんと出会って 涼ちゃんには大きな夢があって。映画監督になりたいっていう大きな願いがあって…。私は夢が途絶えてしまったから分かるんだけど 誰かが何かを夢みてる姿って美しいです。そばにいるだけで見ているだけで元気が出てきて…。涼ちゃん とってもいい人だし。だから 今はそんな涼ちゃんを応援したいって思ってるんです。今までの私 自分のためだけに生きてきました。自分の夢かなえるために頑張らせてもらって でもこれからは人のために生きようって思って。だから店長っていうのはちょっと荷が重いかなあって。涼ちゃんの事を考える時間が減る。

光江:ほうか…。あんたは黒子に徹するいう訳か?

鈴愛:涼ちゃんにはアジサンみたいに空飛んでほしいんです。私が飛べなかった空を。

涼次:鈴愛ちゃん!
  
鈴愛:ああ 口元にケチャップ。

涼次:あ…。鶏肉のトマト煮 すごくおいしかった。あんまりうまそうだったんで 一つ つまみ食い。

鈴愛:あ…うん。

涼次:鈴愛ちゃん ありがとう。鈴愛ちゃんの気持ちはよ~く分かった。俺 頑張るよ。頑張って映画監督になる。

鈴愛:うん。

涼次:とにかくホンを最後まで書き上げる。

鈴愛:え?

涼次:見たんでしょ?あの箱の中身。微妙に順番が変わってたもん。あっ みんな見たんだね。大丈夫1僕は最後まで書き上げます。これがあるから。

光江:「名前のない鳥」?

麦:佐野弓子の新刊じゃない!

涼次:これをシナリオにする!そして監督デビューするんだ!
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(97話7月23日)涼次
光江:いよっ!

(拍手)

鈴愛:頑張って 涼ちゃん。
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」(97話7月23日)鈴愛
涼次:うん。

スポンサーリンク


●このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。また字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!律と鈴愛の結婚相手は誰?
(C)NHK朝ドラ「半分、青い。」
出典:NHK朝ドラ「半分、青い。」番組公式サイト

半分、青い。キャスト紹介(更新中)変なおじさんおっさん枠は秋風羽織でOK?

「テレビネタ!」のメイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。