ホリデイラブ1話ネタバレ感想。サレ妻と聞いて妄想する人は必見のドラマ。

テレビ朝日金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」1話のネタバレ感想です。ドラマのサブタイトルが「「サレ妻地獄へ、ようこそ」。凄い、凄過ぎる!と絶叫しながら、サレ妻ってどういう意味?

新しい言葉なの?とちょっと調べてみたら、このドラマのために作られた造語のようで「夫に不倫される妻」=サレ妻という意味みたいです。

おじさん的には“チョメチョメをされてしまう妻”を想像していたので、少し肩透かし感がありますが、ドラマキャストを観て、主演が仲里依紗さんでレギュラーで壇蜜さんと松本まりかさんという十分納得の女性メンバー。

金曜深夜のお楽しみが増えた感じで、さすがテレビ朝日の金曜ナイトドラマ、期待を裏切らないはずです。


スポンサーリンク


ホリデイラブ1話ネタバレ感想

テレビ朝日金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」のネタ元は、原作・こやまゆかりさん、漫画・草壁エリザさんのコミック「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」とのこと。漫画原作のドラマが流行っていますが、おじさんはこの漫画を全く知らないので、一から楽しめるというもの。

ちなみに、今クールでTBSですでに放送されている吉岡里帆さん主演の「きみが心に棲みついた」は、残念ながら初回1話で脱落しました。

ヒロイン女性が、なぜあんなドS変態男に執着してしまうのかが全く理解できなかったのが理由ですが、こちらの「ホリデイラブ」は、不倫モノとあって、最後までついていけそうな予感ですが、サブヒロインの松本まりかさんも吉岡里帆さんと同じ事務所所属とは!

偶然なのかそれとも芸能事務所A-teamの営業力が凄いのか?まあ、壇蜜さん目当てで最後まで観ることは間違いないようです。

ホリデイラブ1話あらすじ

自宅でネイルサロンを経営する高森杏寿(仲里依紗)は、愛する夫・純平(塚本高史)と娘・七香(渋谷南那)に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた。そんな折、大手ゼネコンに勤務する純平が思いがけず、地方へ単身赴任することになる。これに伴い、家族が一緒に過ごせる時間は、純平が帰ってこられる週末だけに…。だが、3人の関係性は以前と変わらず家族愛でいっぱい。この“絵に描いたような幸せ”が崩れてしまう日がまさか訪れるなんて…。杏寿は想像すらしていなかった――。

そんなある日、杏寿のネイルサロンに新規の女性客・坂口麗華(壇蜜)が来店。杏寿にふと、夫との関係に悩んでいるのではないか、と尋ねてくる。最近では純平から女として見てもらえていない気がして、ちょっぴり不満に感じていた杏寿は、当たらずとも遠からずの指摘に当惑。そこへ畳み掛けるように、麗華から「ご主人以外の男性から見たら、あなたは充分、素敵な女性よ」と言われ、心のざわめきを覚えるが…!?

一方、純平の単身赴任先には、新しいパート事務員・井筒里奈(松本まりか)が入社してくる。これまで職場に存在しなかった、女らしくて可愛いらしい里奈の登場に男性社員たちは大喜び。社内はパッと華やぐのだが…。その矢先のこと。一体何があったのか、顔に多数のアザを作った純平が、杏寿のもとへ帰ってくる!
出典:テレビ朝日金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」番組公式サイト

ちなみにですが、魔性の人妻・松本まりかさんの簡単なプロフィールです。1984年9月12日生まれの33歳。東京都中野区出身。身長160cmで血液型はA型。

女優さんというよりも「FINAL FANTASY X」のリュックの声優さんとしての知名度が高いのではないでしょうか。

個人的には、TBS火曜ドラマ「カルテット」で、初めて松本まりかさんの存在を知った記憶があります。巻真紀さんが不在の時のヴァイオリン奏者で出演されておりました。

最近では、日本テレビ土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」で、高嶋政伸さんが演じた樫松物産専務の秘書役で、そのタイトスタート姿に鼻血ブーしていたような。

彼女の演技の出来が、このドラマの命運を握るかと思いますので、ぜひ松本まりかさんに注目いたしましましょう。

松本まりかさん公式プロフィール(所属事務所A-team)


おっと、今頃気付きました。脚本は渡辺千穂さんでした。朝ドラ「べっぴんさん」で散々、他のブログで言いたい放題書かさせていただいた方。

「べっぴんさん」のほんわかとした空気感がもどかしく、しかもその中に突然、不良娘のエピソードを延々とぶち込んできた脚本は忘れることが出来ないほど。

そうか、あのブラックさくらの話の延長がこの「ホリデイラブ」なのかと、一人で納得ですが、朝ドラファンの方ならすぐに想像できるはず&期待してみましょう。
スポンサーリンク


ホリデイラブ1話ネタバレ

純平(塚本高史)が殴られたのは、浮気相手の井筒里奈(松本まりか)の自宅(?)で、里奈とエッチしているところを、家に帰ってきた里奈の旦那・井筒渡(中村倫也)に見つかって、ボコボコに殴られたから。

そして、井筒渡(中村倫也)は、杏寿(仲里依紗)の家まで押しかけて、そのことをばらして浮気発覚。ここから純平の言い訳が始まり…

初めは外で偶然気分が悪くなった里奈を介抱したのが出会いのきっかけ。その後、お礼がしたいと言う里奈に会い、数回のデートを重ねる。でもこの段階ではエッチはしていない。

ある日、夫にばれるかもしれないからもう会えないというLINEが入り、このまま終わったほうがいいと思った純平は、ホッとしたような、でも少し残念な気持ちも。

数ヵ月後、会社のバイトとしてやってきたのが里奈。偶然だと喜ぶ里奈を観ながら、そんなはずはないと思いつつ、デートを重ねて、ついにエッチまでしてしまう。でも里奈の夫に見つかり、ここから地獄の始まり。

一方、杏寿にも坂口麗華(壇蜜)という変な客が訪れて、スマポアプリに登録されてしまい、同業者の男とLINEで会話させられてしまう。

夫以外からは魅力的に見えるからと、杏寿を他の男と引き合わそうとする謎の女・麗華。

ホリデイラブ1話感想

いやいや、単身赴任中の旦那の場合、こんなアバンチュールな場面はよくあることで、致し方ないなあと思っていましたが、でもね、相手の自宅でエッチは有り得ないでしょう。絶対にやってはいけないパターンで、この時点で終わっています、純平は。

しかも、「アナタと結婚したかった」という女に対して「俺もだよ」も、絶対に口走ってはいけないのです。遊びと自覚しているならこそ、相手のペースに引き込まれてはいけないので、この言葉で浮気相手は暴走する可能性があると認識しましょう。

この場合は、返事はせずに、ディープキスをしてかわすのが一番。後々、裁判沙汰になった時、言った言わないが争点になり、「好きだ、愛している」と言ったという一方の証言は大きな力を持つものです。

ゆえに発した言葉は怖ろしいと、今回の教訓であります。

ところで、坂口麗華(壇蜜)は一体何者なんでしょう?エッチな下着姿を見せてくれた松本まりかちゃんも、ボディーはよかったのですが、でもそのアニメ声でどうも萎えてしまい、壇蜜さんの着衣姿のほうがかえってムラムラしちゃう感じ。

もしかしたら、ラスボスは杏寿の親友・春田龍馬(平岡祐太)で、その依頼で杏寿の家庭を壊そうとしている協力者が坂口麗華(壇蜜)? 次回もエッチなシーンを期待しながら書いてみたい思う許してチョンマゲ。

(C)テレビ朝日金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」
出典:テレビ朝日金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」番組公式サイト



スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。