【麒麟がくる】第3話のネタバレあらすじ。帰蝶の苦悩と高政の出自

ドラマ

NHK大河ドラマ【麒麟がくる】第2話の最後で、美濃の守護・土岐頼純を毒殺した守護代の斎藤利政(道三)。

立場的には、土岐頼純が主君で斎藤利政は家臣に当たり、いわゆる下克上。しかし、この強引なやり方が美濃の国の国衆の反発を生み、美濃の復興ができない利政(道三)。

そこで目をつけたのが、土岐頼純の伯父である土岐頼芸。かつて利政と謀り、兄である頼武を追い落として守護の座に就いた頼芸だったが、利政の思惑で甥の頼純にその座を明け渡した過去が…。

夫を父親に殺害された帰蝶、そして自身の出自を疑う斎藤高政(義龍)がメインで描かれる第3話のネタバレあらすじです。

※ネタバレなので、お読みになる際はくれぐれもご注意ください。

【麒麟がくる】第3話あらすじ

天文17年(1548)3月
利政の作戦が功を奏し、織田の大軍を追い払った美濃の国。国境にある明智荘でも平穏な日々が訪れていたのだが…。

戦で傷を負い、春なのに田起こしもできない農民がたくさんいて、十兵衛は村人にまじって毎日、田起こしを手伝う日々。

ある日、大きな背負子を負ぶった小男がやってきた。背負子の中には味噌や薬草が入っていて、助けられたお礼に持ってきたと。

去年、野盗に捕らわれていたところを十兵衛が助けた菊丸だった。その時、遠くから馬の蹄の音が…。

帰蝶がたった一人で馬を駆って、十兵衛の方にやってきた。

共の者は愚図だから置いてきた…。帰蝶らしい言葉だった。

十兵衛はまず、帰蝶にお悔やみの言葉を言った。去年の織田との戦いの折、帰蝶は夫である土岐頼純を亡くしていたのだ。

美濃の守護である土岐頼純は、義父の利政を憎んでいたために織田信秀と内通。去年の戦いを誘導したのが頼純で、それを知った利政は頼純を秘密裏に亡き者にしたのだった。

それをすべて察していた帰蝶。このことをどう思うのか、十兵衛の意見が聞きたくて、ここまでやってきたと言う帰蝶。

守護である頼純が自らの国を戦に巻き込んだことは許せることではない。しかし、夫と父親の板挟みになってしまった帰蝶のことを想い、皆が胸を痛めている…。

十兵衛は正直にその胸の内を語るのだった。

館に戻ると、奥の間に駒がいた。駒がケガの手当てに来てくれるおかげで、明智家の家臣たちも順調に回復していたのだ。

そんな駒が不思議なことを言いだした。京での戦乱の時、両親を亡くした際に、火事の中から救ってくれた人が、慰めに昔話をしてくれた。

その昔話と同じ話を、牧と帰蝶がしていたと。もしかしたら、私の命の恩人は美濃の人ではないか? 駒の瞳が輝くのだった。

美濃の国では、守護・土岐頼純を利政が殺害してしまったため、守護職が不在であった。しかも織田との戦いで、美濃は土地も民も疲弊したまま。

立て直すためには、土地に根付いている国衆の力が必要だったが、利政の強引な政(まつりごと)に反感を持っている国衆たちは、誰一人動こうとせず…。

利政は、高政を連れて土岐頼芸の屋敷を訪ねた。

かつて、利政と密約し、兄である土岐頼武を守護の座から追い落した弟の頼芸。しかし、すぐにその座を甥の頼純に譲り渡すことになり、利政に言いように使われた過去を持つ頼芸。

利政が、再び守護に就くようにと頼芸に言うと、頼純のように毒を盛られたくないと冷笑する頼芸。

操り人形に毒は盛りませぬ。

蝮こと利政の方が一枚も二枚も上手だった。

頼芸の居室から出る利政と高政。この時、先を行く利政を確認するようにして、若い次女が高政を引き留めた。

振り返ると、そこには頼芸の姿が。

母上は変わりないか、そなたの父は当てにはならぬ。我が子と思うて、頼りにしておるぞ。

高政にささやく頼芸。高政の母、深芳野(みよしの)はかつては頼芸の愛妾だった女性。

やはり、自分の本当の父親は頼芸ではないのか?

稲葉山城に戻った高政の足は、母・深芳野の居室に向かっていた。

【麒麟がくる】ネタバレあらすじを最終回まで。本能寺の変の真実とは!

スポンサーリンク



コメント