大河ドラマ【麒麟がくる】第8話のあらすじ(※ネタバレにご注意)

ドラマ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第8話は、ついに明智十兵衛光秀と織田信長が対面する運命の回。織田信秀から斎藤利政への和議の条件は、利政の娘・帰蝶の輿入れ。嫁ぐ相手は信秀の嫡男・織田信長。

その和議を巡り、利政と高政親子は対立。稲葉ら重臣も帰蝶の輿入れに反対する中で、十兵衛は板挟み状態。

そんな中、織田信長とは一体どんな男なのか見てきてほしいと帰蝶に頼まれた十兵衛が、降り立った場所は、尾張の熱田市場に程近い港。

場所的には、現在の名古屋市中央卸売市場辺りが熱田市場ではないかと推測して、十兵衛の奮闘に心意気を感じる、「麒麟がくる」第8話のあらすじです。

【麒麟がくる】第8話あらすじ

“うつけ”というウワサがある織田信長。その真偽を確かめてきてほしい、帰蝶にそう頼まれて尾張までやってきた十兵衛。

朝靄が立ち込める海を見つめる十兵衛。その隣にはあの菊丸がいた。この港に来る前に立ち寄った熱田市場で偶然にも再会し、一緒のこの港までやってきたのだ。

とその時、朝靄を切り裂くように一艘の船が姿を見せた。船首には、粗末な服を着た男が仁王立ち。

あれが、織田信長…。

若殿にも関わらず、あんな恰好で毎日漁に出ていると菊丸に教えられる十兵衛。

呆気に取られていると、信長は大きな魚を背中に担いで船を降り、漁師小屋でその魚を切り分けて…。

これを市にもっていけば高く売れるぞ! 

そう言いながら、一切れ一文という破格の値で、集まった人々に魚を売り始めたのである。

奇妙な男だ…。

十兵衛はそうとしか、言いようがなかった。

明智荘に戻った十兵衛は悩んでいた。帰蝶にあんな奇妙な男に輿入れしろとは到底言えない。しかし、美濃の国全体を考えれば、織田と和議を結ぶ意義はとてつもなく大きい…。

帰蝶が待つ館に戻れず、一人、丘の上で頭を悩ませていると、そこに母親の牧がやってきて…。
人が死んでも山や畑は変わらずにそこに在る。それを守っていくのが生きている者の務め。大事なのはこの国じゃ…。

夫を早くに亡くし、息子を育てながら家を守ってきた母の言葉は重く、十兵衛の背中を押すのだった。

館で待っていた帰蝶と向き合う十兵衛。

尾張に輿入れすべきか否か、真剣な表情で問う帰蝶に対して、十兵衛も決然と答えた。

尾張にお行きなされませ。

ほかの誰でもない、十兵衛がそう申すのなら是非もない…、帰蝶はその瞳に涙を浮かべながら、織田への輿入れを決心するのだった。

十兵衛もまた、帰蝶への申し訳なさと自分への呵責で、ひれ伏すしかなかったのである。

稲葉山城に参内した十兵衛は、帰蝶が織田への嫁入りを承諾したことを報告。それを聞いた利政は、小躍りせんばかりに喜んだ。

重病だという信秀さえ片づければ、うつけと評判の信長など、どうにでもなると上機嫌。

一方、十兵衛は後味の悪さばかりが残り、一人、苦い表情。

利政の居室を辞して廊下を歩いていると、数人の武士に取り囲まれ、高政様が話があるから付いてこいと。

近くの林では、険しい表情の高政と稲葉ら重臣たちが待っていた。そして十兵衛が着くやいなや、その首元に刀を突き付けたのである。

一緒に来なければ斬る!

皆の殺気立った様子から、脅しではないと感じた十兵衛は、高政に従って歩いていくと…。

そこは土岐頼芸の館であった。

織田信秀と利政が手を結べば、美濃も信秀の大敵である今川義元と戦うはめになる。今からでも遅くはない、帰蝶の嫁入りを阻み、織田との和議を潰せ…。

土岐頼芸は十兵衛を叱責しながら、そう命じたのである。

それを聞いた十兵衛は、無言で一同を見渡し、自分の考えを滔々と語り始め…。

ここにいるのは代々、土岐家を守護を仰ぎ、美濃を支えてきた国衆の皆様。そして、利政様が土岐家をないがしろにして、長年の宿敵である織田と愚かな和議を結ぼうとしていると思っている。

たしかに利政様は傍若無人ではあるが、こたびの件は横暴だとは思えませぬ。

そして、やおら視線を頼芸に向けると、尾張の熱田に行ったことがあるかと尋ねる十兵衛。

熱田の市や港がいかに栄えているか、いかに流通が盛んであるか。十兵衛は実際に見聞きしたことを詳細に語り出した。

あの豊な国と戦をして、果たして美濃は勝てるのだろうか? いっそ尾張と手を結び、一滴の血を流すことなく美濃が豊かになれば、それでいいのではないか。

この機を逃すのは愚かだと思います。

若武者・明智十兵衛光秀は、怖じることなく言い放ったのである。

【麒麟がくる】ネタバレあらすじを最終回まで。本能寺の変の真実とは!

スポンサーリンク



コメント