「エール」の作曲家・木枯正人の実在モデル古賀政男と古関裕而の関係

朝ドラ

朝ドラ「エール」東京編、主人公・古山裕一とコロンブスレコードの同期入社にして良きライバルとなる木枯正人(こがらし まさと)、演じるのはRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さん、これが朝ドラ初出演。

木枯正人は、コロンブスレコードに古山裕一と同期で採用された作曲家。ギターが得意で、行きつけのカフェで弾き語りを披露したりするとのことで、劇中で野田洋次郎さんの歌声が響くこと、間違いなし。

そんな木枯正人の実在モデルと言われるのが、昭和の国民的大作曲家・古賀政男さん。「エール」の主人公・古山裕一の実在モデルとされる古関裕而さんとは一体、どんな関係だったのか? 調べてみました。

古賀政男と古関裕而の関係性

分かりやすくするため、一覧表にしてみました。

古賀政男 古関裕而
生年月日 明治37年(1904)11月18日 明治42年(1909)8月11日
出身地 福岡県大川市 福島県福島市
最終学歴 明治大学商学部卒 旧制福島商業学校卒
日本コロムビア入社 昭和6年(1931) 昭和5年(1930)
作曲数 約5千曲 約5千曲
叙勲 昭和53年 国民栄誉賞 昭和54年 勲三等瑞宝章
※国民栄誉賞辞退
死没 昭和53年(1978)73歳没 平成元年(1989)80歳没

お二人ともに昭和の歌謡界に燦然と輝く大作曲家。その功績の大きさゆえに、古賀政男さんは、その逝去から10日後には、巨人の王貞治選手に続いて史上二人目の国民栄誉賞を授与されています。

また、古関裕而さんもその死の直後、国民栄誉賞の授与が遺族に打診されたとのことで、日本社会からの評価は全く同じだと断言していいかと思います。

※国民栄誉賞の辞退理由は、古関裕而さんのご子息が没後追贈に疑問を持ったためとされています。

史実的には、ほぼ同じ時期に日本コロムビアに入社するのですが、古賀政男さんは入社して3年後の昭和9年(1931)に、コロムビアからテイチクに移籍しています。

ここで日本コロムビアに在籍中の古関裕而さんとは完全にライバル関係になったと言えるでしょう。

テイチクに移った古賀政男さんは、同じくビクターから移ってきた歌手の藤山一郎さんディック・ミネさんらに楽曲を提供し、ヒット曲を連発。

この頃の大ヒット曲が、昭和11年(1936)に発表された「東京ラプソディ」。歌は藤山一郎さん。

藤山一郎_東京ラプソディ Tokyo Rhapsody (1936)

そして昭和13年(1938)に、また日本コロムビアに復帰して、古関裕而さんの同僚としてお互いにヒット曲を世の中へ。やがて時代は戦争に突入し…。

戦時中、国民や兵隊さんを鼓舞するために、有名な作曲家作詞家は、軍部に協力することを半ば強制されたと言われています。

古賀政男さん古関裕而さん、お二人ともそれに抗えず、楽曲を提供していますが、どちらかと言えば古関裕而さんの方がより多くの曲を書いており、それゆえに戦後、苦悩したと言われています。

苦悩の多い分、ドラマ化しやすいとも思われ、古賀政男さんより先に古関裕而さんを実在モデルにした朝ドラが誕生したのではないかと推測しています。

戦後、お二人ともまた大活躍されるのですが、昭和33年(1958)に日本作曲家協会を創設して初代会長に就任したのが古賀政男さん。

この時、一緒に創設活動をしたのが、この世代のもう一人の巨星・服部良一さん、二代目の日本作曲家協会会長です。

服部良一さん、明治40年(1907)大阪生まれ。年齢的にはちょうど古賀政男さん古関裕而さんの中間。

古賀政男 服部良一 古関裕而
生年月日 明治37年(1904) 明治40年(1907) 明治42年(1909)
出身地 福岡県大川市 大阪府大阪市 福島県福島市

演歌の古賀、ブルースの服部、マーチの古関、そんな評され方もあったほど大人気を博したお三方。

服部良一さんもまた、昭和11年(1936)に日本コロムビアの専属作曲家として入社しています。

つまりは、同時期に3人とも日本コロムビアに在籍いていたわけで、朝ドラ「エール」でも、必ず服部良一さんを実在モデルにした人物が登場するはずと予想して、古賀政男さん古関裕而さん、お二人の関係調査でした。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント

  1. わたるさん より:

    >古賀政男さんより先に古関裕而さんを実在モデルにした朝ドラが誕生した

    にちょいと異論。
    古賀政男さんは、NHKの朝ドラキャストもNHKの主演ドラマも実は古関裕而さんより早いです。
    ・朝ドラでは、1977年上期の『いちばん星』で若尾哲平さんが青年期の古賀政男を演じています。
    ・NHKの夜ドラでは1979年に古賀政男のドキュメンタリードラマが作られています。この時の主人公の古賀政男は、なんと渥美清さんです!

    • テレビネタ! テレビネタ! より:

      おはようございます。ご連絡ありがとうございました。1979年の古賀政男のドキュメンタリードラマは存じませんでした!これからもご指摘よろしくお願いいたしますm(_ _)m