越路吹雪物語(23話2月7日)花乃まりあ登場。せっちゃんはミスワールド日本代表

テレビ朝日・帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(23話2月7日)。河野美保子こと越路吹雪の2期下で、三羽ガラスと期待された若手3人が本格的に登場。

中川慶子で淡島千景が花乃まりあさん、森山淑子で久慈あさみが七木奏音さん、上野悠子が南悠子で田中珠里さん。

3人とも、コーちゃんさんのファンという事で、初舞台の前からコーちゃんに会いたくて宝塚の練習場に。ツメとオカジ曰く「三羽ガラスの親鳥はコーちゃん」。

時は日本海軍がミッドウェー海戦に突入した頃なので、昭和17年。満州にお嫁に行ったやえちゃんから絵葉書が届き、子供が生まれたという嬉しい知らせ。

一方で、その絵葉書を届けてくれた同室の松尾セツには、兄が戦死したとの母親からの知らせがあり、まだまだ続く太平洋戦争。

ツメとオカジは、病院を中心に慰問が多く、たかちゃんも全国各地を飛び回っている様子。そんなたかちゃんの穴を埋めるべく、水兵姿で森の石松を演じて、多くの宝塚ファンを魅了し始めたコーちゃんは、時子曰く「スタアの風格が出てきた」と、公演のチラシに書かれるほどに。

もうすぐ戦争も終わるさ、と劇団員を励ますコーちゃんには、新進脚本家・庄司義男(駿河太郎)がコーちゃんのために書いた演目で主役の座が待っていた。

という感じだったでしょうか。ミッドウェー海戦の戦況を伝える新聞を読み、感情の高ぶりを抑えきれない内田出版部長が、お時さんに、紙は貴重だから空白なんてもったいない、なんでもいいから埋めろという辺りに、世の中の焦りが見えて、河西健司さん、グッジョブ。

そして、兄の戦死を胸に刻んで、日本の戦争勝利を願うせっちゃんこと松尾セツも熱演中。演じる中川知香さんは、身長173cmで、2015年のミス・ワールド日本代表です。

中川知香さんオフィシャルサイト(所属事務所 オスカープロモーション)


それにしても淡島千景役の花乃まりあさん、そのお顔が綾瀬はるかさんにそっくりだと思ったのは、このおじさんだけでしょうか?

こちらが、所属事務所の公式プロフィールに掲載されている花乃まりあさんの写真。

出典:所属事務所 フロムファーストプロダクション

そしてこちらが綾瀬はるかさん。

出典:所属事務所 ホリプロ

お二人とも身長165センチくらいで背格好もほぼ同じ。綾瀬はるかさんファンとしては、花乃まりあさんの動向から目が離せないようです。


出典:テレビ朝日「越路吹雪物語」番組公式サイト
スポンサーリンク



越路吹雪物語キャスト紹介とネタバレ感想を最終回まで(大地真央&瀧本美織主演)
(C)テレビ朝日「越路吹雪物語」

※このコラム内の写真は、テレビ朝日「越路吹雪物語」公式サイトからの引用になりますので予めご了承お願いいたします。
スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

“越路吹雪物語(23話2月7日)花乃まりあ登場。せっちゃんはミスワールド日本代表” への1件の返信

  1. 花乃まりあさんは宝塚の綾瀬はるかと言われていました
    宝塚には他にもなんちゃってジェンヌさんがいます
    宝塚の石原さとみ→綺咲愛里
    宝塚の北川景子→星南のぞみ
    宝塚のオードリーヘプバーン→星蘭ひとみ
    などなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。