越路吹雪物語3話(1月10日)コーちゃんもトットちゃんも小学生時代がユニーク

テレビ朝日・帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」3話(1月10日)の感想ネタバレです。新潟県三島郡廣畑尋常小学校に転校してきた河野美保子(後の越路吹雪)。新潟越後路の弓が吹雪く地から宝塚にやってきたということで、芸名が越路吹雪。非常に分かりやすい芸名のつけ方であります。

そして前作「トットちゃん!」の小学生時代も、かなりユニークな小学生でしたが、こちらの河野美保子ちゃんも負けず劣らずの個性派ぶり。授業が面白くないからと窓の外の雲を見つけて、それが音符のように見えると、算数の時間でも歌い出してしまう天然ぶり。

越路吹雪さんが大正13年生まれで、黒柳徹子さんが昭和8年生まれで、その差9歳。でもその幼少の時の無邪気さは2人とも天才級で、並の子供とは全く違うと唸る感じでしょうか。

並の子供と言えば、廣畑尋常小学校の武藤大介と康男のいじめっ子が本当に憎たらしく、朝ドラ「花子とアン」の時の花子の同級生を思い出させる女子いじめ。男の風上にも置けないなんてことは逆に性差別を助長するので止めておきましょう。男のくせに、女のくせに、これはもう死後にしなくてはいけないと自戒を込めて書いておきます。

そして少し気になったので、調べてみました、三島郡廣畑尋常小学校のこと。新潟県三島郡は実在しています。昭和30年には、来迎寺村、岩塚村、塚山村、そして古志郡石津村が合併して越路町が発足とあり、もしかしたら越路町の名前の由来は越路吹雪なのかという妄想。平成17年に長岡市に編入されていますが、誰か越路町の由来を知っている方はぜひ教えてください。

(C)テレビ朝日「越路吹雪物語」3話
出典:(C)テレビ朝日「越路吹雪物語」番組公式サイト
スポンサーリンク



越路吹雪物語3話(1月10日)セリフ再現

昭和の歴史に名を残す大歌手コーちゃんこと越路吹雪の子供時代は、歌が大好きなでもちょっと慌てん坊でいつも周囲をハラハラさせるものでした

友孝:美保子はお父さんと新潟で暮らそう。

新潟に転勤になったお父さんに付いて東京からやって来たコーちゃん。お母さんやお姉ちゃん弟たちと離れるのはちょっと寂しかったけれど今日からいよいよ新しい学校です。

時田先生:入んなせ。はいおはよう。はいみんな座れや。東京から引っ越してきた河野美保子さんら。あいさつしなせ。

美保子:河野美保子です。東京から来ました。歌が好きです。よろしくお願いします。

時田先生:みんな河野さんがわかんねえ事あったらちゃんと教えてやんだれ。ええな?

子供たち:はーい。

時田先生:よし。そうせばあっこの席座れや。

美保子:はい。

時田先生:よし。出席とるろ。阿部次郎。石野正吉。大野康男。高井千吉。田中正二。田村裕三。

美保子:名前なんていうの?

武藤大介:そうらばわかんない事ねえんだかや?

美保子:えっなんて?

武藤大介:このうっすらこき!

美保子:えっ?

武藤大介:東京もんはなんでも知ってるすけ助けはいらねえってや。

美保子:私そんな事言ってないよ!

武藤大介:怖え!こいつ怖えがて。怖え…。

時田先生:はーいみんな席つけや。はいはい授業始めるれ。よーし。修身らな。よし教科書出して。

美保子:ただいま。

村上静:おけえり。

美保子:お父さん帰ってるんですか?

村上静:ああ。上にいるれ。

美保子:あっ…おばさん、うっすらこきってなんですか?

村上静:ああ…それは新潟弁ら。東京風に言うと感じ悪いとか嫌味の奴とから。誰かにそう言われたんけ?

美保子:いや他の子がそう話してたのを聞いただけ。ただいま!

友孝:おかえり。

美保子:会社は?今日はもう終わり?

友孝:ああ。今日はあいさつだけだったからね。

美保子:何やってるの?

友孝:ラジオ作ってる。

美保子:ラジオ!?

友孝:美保子がさ1人で留守番してても寂しくないようにな。

美保子:お父さんラジオ作れるんだ。すごい!フフッ。

友孝:もうちょっと待ってろよ。

美保子:うん!

友孝:ああ…学校どうだった?

美保子:あっ…うーん…まだよくわかんないや。

友孝:そりゃそうだ初日だもんな。だんだん慣れていけばいいさ。よし出来た!

美保子:出来た?

友孝:うん。よっ…。ん?

ラジオ音声:♪松と並んでその名を残す 海道一の親分は

美保子:♪清水港の次郎長と あまた身内のある中で 

友孝:よっ!よっ!

美保子:♪四天王の一人で

和枝:今日何しようか?絵描く?

サワ:うんいいよ。

美保子:おはよう!

和枝:おはよう…。

サワ:行こう。

時田先生:10軒と5軒を足したら幾軒になるかっていう問題なんさ。なっ?じゃあさ今先生がやったみてえに教科書のこの1番目の問題やってみなせ。ゆっくりでいいれ。

時田先生:河野!何外を見てんだって。じゃあ河野答えてみれや。

美保子:あっ…えっと…。

片桐八重子:1番の問題らよ。

美保子:あっ…26です。

時田先生:正解。そうらろも早う問題解けたからといって外を見てたら駄目らろ!

美保子:はい。

時田先生:うん。よし!そうせば次2番目の問題やってみなせ。

美保子:ありがとう。

美保子:♪なつもちかづくはちじゅうはちや のにもやまにもわかばがしげる

時田先生:河野!

美保子:…はい。

時田先生:おめさん何歌ってるがや。今音楽の時間じゃねえだって。

美保子:…はい。

八重子:歌うまいれね。

美保子:そうかな? ♪なつもちかづくはちじゅうはちや

美保子:何してるの?

和枝:さよなら。

サワ:さよなら。

八重子:わかんねえんだて。

八重子:前にも東京から来た子がいて…。男子だったんだけど。その子に言われたんだがね臭いって…。

美保子:何が?

八重子:この村のいろんなとこら。

美保子:はあ!?何言ってんの?その子。

八重子:いつも東京に帰りてえって言ってたがね。

美保子:そいつどこにいるの?私がぶっ飛ばしてやる!

八重子:もういねえ。東京帰った。だからねなんかみんな怖かったんだて東京からの転校生って。どうやって話したらいいのかな?って…。また嫌な事を言われたらどうしようばってね…。

美保子:八重ちゃんも怖い?

八重子:最初はちょっとね。でも河野さんはいつも気持ちよさそうに窓の外見てるすけここ嫌じゃねえんだなって…。

美保子:えっ?

八重子:あっ…別にいつも見てるんじゃねえんだれ。

美保子:うん。ここの景色好きだよ。あとね勉強嫌だから外見ちゃう。

八重子:いやら?あんなに勉強出来っでに。

美保子:へっ?やだ全然出来ないよ。

八重子:だろも算数の問題…。

美保子:ああ!あれは東京にいる時にやったとこだったから答えが書いてあっただけ。その答えだってキミちゃん…あっ…友達が教えてくれたんだもん。

八重子:そうなんだ。

美保子:算数が一番嫌い。

八重子:河野さんって…。

美保子:コーちゃん。

八重子:えっ?

美保子:友達はみんなコーちゃんって呼んでる。

八重子:コーちゃん?

美保子:うん!

八重子:私こっちだすけ。

美保子:そうなんだ。私はこっちだけど…八重ちゃん送っていく。

八重子:えっ?いいよそんな…。

美保子:友達になったんだもん送っていく!

八重子:だって遠回りになるれ。

美保子:いいのいいの!行こう!

八重子:待って。じゃあいいとこ連れていってあげっさ!

美保子:えっ?

八重子:コーちゃんに見せたいから。行こて!

美保子:何?何があるの?

美保子:きれい!

八重子:コスモスらよ。

美保子:コスモス…。海みたい!コスモスの海だね!

八重子:うん!

八重子:私もう帰らねえとら。

美保子:じゃあ一緒に行く。

八重子:大丈夫。もうすぐそこらっけ。コーちゃん家はさっきの道真っすぐらっけね。

美保子:うん!また明日ね。

八重子:うん!明日ね。

美保子:♪ゆうやけこやけのあかとんぼ おわれてみたのはいつのひか

村上静:なんかいい事があったみてえらね。

友孝:そうですね。じゃあいってきます。

村上静:いってきなせ。

美保子:八重ちゃん!

八重子:コーちゃん!

美保子:おはよう!

八重子:おはよう!

美保子:八重ちゃん!!

八重子:おはよう!

サワ:2人一緒ら?

美保子:うん!

八重子:うん!

美保子:みんなも一緒に行こう!

サワと和枝:うん。

女子4人:♪ゆうひにてるやまもみじ こいもうすいもかずあるなかに

大介:なんだいあいつら。

康男:仲良くなってんぞ。

越路吹雪物語ネタバレ感想とあらすじを最終回まで(大地真央&瀧本美織主演)
(C)テレビ朝日「越路吹雪物語」

※このコラム内の写真は、テレビ朝日「越路吹雪物語」公式サイトからの引用になりますので予めご了承お願いいたします。


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。