まんぷく(101話1月31日)麺作り開始。一家心中だと悪口言う澄かず子絹江

NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく101話、どこにお店出すんか知らんけど 相当な借金してるはずやわ あの人。そらそうよ。破産して 理事長 辞めはったお人やもん。いや~ もう ほんま 痛々しいわ~。今更 ラーメン屋なんてねえ。失敗したら 今度は ああっ 一家心中やわ。怖~い!

お客さん 帰ってくれ。さっきから立花さんの悪口ばっかり言うて 胸くそ悪いわ。ええか。立花さんはな 人生を賭けて新しいラーメンを作ろうとしてる。福ちゃんはそれを一生懸命支えようとしてるんや。それを何や 痛々しいやの 一家心中やの そんなひどいこと言わんといてくれ。

本日の教訓:物言えば唇寒し秋の風

朝ドラまんぷく(101話1月31日)あらすじとセリフ

吉乃:おいしいよ 萬平おじちゃん。

萬平:そうか。

克子:今までで 一番おいしいと思う。

タカ:私でも飲める。

神部:これなら何杯でもいけます。

福子:ほんまにおいしいです!

鈴:これは… おいしい。

萬平:アッハハ…。

福子:出来た… 出来ましたね 萬平さん!

萬平:ありがとう。

ついに新しいラーメンのスープが出来上がりました。

●立花家

福子:どう?

源:おいしい。

幸:すごく おいしい。

福子:でしょ。お父さん 次はね ラーメンの麺を作るのよ。

幸:麺?

源:作ったことあるん お父さん。

福子:ないんやて。せやから 商店街の製麺屋さんに教えてもろうてるんよ 今。

●松木製麺所

松木製麺所は 池田の商店街にありました。ふだんはうどんの玉を作っている 昔ながらの製麺所です。

松木:じゃあ 小麦粉で山を作ったら 真ん中へこませて。

萬平:山を作って…。こうですか。

松木:そうそう。じゃあ そこへ 練り水を加えて下さい。

萬平:この中身は?

松木:食塩とかん水です。うどんやったら 塩と水だけでええんやけど。

萬平:あっ 小麦粉に対する割合は?

松木:小麦粉500gに 水は200g かん水5g 食塩8g。

萬平:ああ これを真ん中に。

松木:そしたら 指をこういうふうに立てて 素早く混ぜます。

萬平:はい。こうですか。

松木:いや もっと速く。

萬平:はい!

松木:もっと速く速く速く そうそう そうそう。ほら ほらほら ほらほら。小麦粉が粒状になってきたでしょう。

萬平:はい。

松木:これで いいでしょう。

萬平:次は。

松木:そしたら 今度はこれを…。手のひらでね グッと押さえて 生地の塊にしていくんです。

萬平:ほ~う。分かりました。

松木:それにしても 立花さんがラーメン屋 やらはるなんてね。

萬平:別に店を開くわけじゃないんですがね。

松木:せやけど 何でラーメンなんです?うどん屋 開かはるんやったら うちで麺作ってあげられるのに。

萬平:いや 僕はね 家で作って食べられるラーメンが作りたいんです。

松木:えっ ラーメンを家で?

萬平:お湯をかけるだけで出来上がるラーメン。

松木:はあ?

萬平:よいしょっ! よいしょっ!

●パーラー白薔薇

かず子:私も見たわよ 商店街で。

絹江:立花さん?

澄:ラーメン屋 始めるっていう?

かず子:そう。なんでも屋の前にリヤカー置いて。

●小道具なんでも屋

畑:いや~ しかし 小麦粉も卵もぎょうさん仕入れて やっぱり本気なんですね 理事長さん。

萬平:だから もうその呼び方はやめて下さいって。

畑:そうか 元理事長さんか。

萬平:じゃあ どうも また。

畑:毎度 おおきに。

萬平:ああ。よいしょ よいしょ よいしょ。

●パーラー白薔薇

絹江:あらまあ…。

かず子:どこにお店出すんか知らんけど 相当な借金してるはずやわ あの人。

澄:そらそうよ。破産して 理事長 辞めはったお人やもん。

絹江:いや~ もう ほんま 痛々しいわ~。

しのぶ:お冷や お代わり いかがですか?

3人:お願いします。

しのぶ:借金はされていませんよ。

かず子:えっ?

しのぶ:立花さん。信用組合から退職金も出たそうです。奥様がここで働いてはるの ご存じでしょう。上手にやりくりされてます。

澄:せやけど 立花さんはもう50近いでしょう。今から客商売始めたかて 失敗するに決まってるわ。

しのぶ:せやけど あのダネイホンを作ったお方ですよ。

澄:せやから それは昔の話。

かず子:今更 ラーメン屋なんてねえ。

絹江:失敗したら 今度は ああっ 一家心中やわ。

澄:怖~い!

しのぶ:一家心中て!

アキラ:お客さん 帰ってくれ。

かず子:はい?

アキラ:はいやあるかい。さっきから立花さんの悪口ばっかり言うて 胸くそ悪いわ。

しのぶ:あなた。

アキラ:しのぶちゃん 止めてくれるな。ええか。立花さんはな 人生を賭けて新しいラーメンを作ろうとしてる。福ちゃんはそれを一生懸命支えようとしてるんや。それを何や 痛々しいやの 一家心中やの そんなひどいこと言わんといてくれ。

絹江:私らが何しゃべろうと勝手やんか!お客さんやで 私らは。

アキラ:そんなお客さんはな…。

しのぶ:そんなお客さんはいりません。お代は結構ですから とっとと帰って下さい。

澄:まあ!

絹江:行きましょ。こんな店 二度と来えへんわ。

アキラ:来んといてくれ。

しのぶ:どうぞ お気を付けて。

絹江:お気を付けて… ああ 怖ろしいわ。

アキラ:怖ろしいのは お前の顔じゃ。

しのぶ:あそこまで言わんでも。

アキラ:いや しのぶちゃんかて言うてたやん。

しのぶ:そらそうですよ。私かて こないだから あの人らに腹立って腹立って!

アキラ:そうや 僕だって腹立って…。

福子:こんにちは。今 お店によう来てはる お客さんたちがものすごい目して 私をにらんでいかれましたけど。

アキラ:ほんまか。

福子:何をあんなに怒っていらっしゃったんでしょう。

アキラ:何をって… なあ。

しのぶ:ゆうべ 食べたおでんがまずくてまずくて 腹の虫が治まらへんのやて。

福子:おでん?

しのぶ:うん あの 何か草履が入っとったらしいで。

福子:えっ。

しのぶ:福ちゃんは気にせんでええの。それより 旦那さんはどないしてるん?

アキラ:ラーメン作り うまくいってんのか?

福子:これから麺作りです。さっき 小麦粉やら卵やら 道具をたくさん買うてきて…。

●即席ラーメン研究所

福子:それは何?

萬平:ああ 製麺機だ。小麦粉の生地を麺にする道具だ。

福子:もう麺の作り方 覚えたんですか?

萬平:ああ 一とおりな。でも あれは基本だ。僕は練り水に卵を一緒に混ぜる。

福子:栄養のある食べ物にするために?

萬平:うん。卵の殻も粉にして混ぜる。

福子:えっ 卵の殻も?

萬平:ああ カルシウムだよ。でも それよりも重要なのは このスープを麺に練り込むことだ。

福子:それは…。

萬平:お湯をかけるだけで すぐ食べられるように。

福子:はい。

萬平:ここからが まだ誰もやったことのない挑戦だ。

福子:頑張って下さい 萬平さん。

萬平:ああ。

福子:でも 麺にスープを練り込むんですよね。

萬平:うん。

福子:この萬平さんが苦労して作った おいしいおいしいスープを。

萬平:そうだ。

福子:その麺にお湯をかけると 麺からスープが染み出て…。

萬平:あっという間に おいしいラーメンが出来上がる。

福子:いや スープが薄くなってしまうんでは? せやかて このおいしいスープを麺に練り込むんですよね。そこにお湯をかけると ただ そのスープがお湯に こう溶けて もう ただ ただ 薄いスープになるんやありませんか。私もよう分かりませんけど。

萬平:そうかもしれない。

福子:ごめんなさい。何か私に手伝えることがあれば…。

萬平:店に出なきゃいけないんだろ お前は。

福子:はい。

●パーラー白薔薇

しのぶ:そんな簡単なことに気ぃ付かへんかったん 萬平さんは。

アキラ:チッチッチッチッ。しのぶちゃん そういうもんなんや。新しいものを生み出すのは 簡単なことやない。試行錯誤の繰り返しだぜ。

しのぶ:何 格好つけてんねん。

福子:でも そうです。今 萬平さんは どうやって練り込むスープの味を 濃くするか 一生懸命 考えてます。

しのぶ:大変やねえ。福ちゃん お金は大丈夫なんか?

福子:まだ大丈夫。いらっしゃいませ。

しのぶ:はあ… まだって…。

アキラ:大丈夫やないな。

しのぶ:やっぱり あんたの小遣い 福ちゃんに回そう。

アキラ:えっ? おお! 俺の小遣いでも何でも 持っていきやがれってんだよ。

福子:はい ほんまに大丈夫です。

アキラ:ほんま? 助かるわ。

しのぶ:何や それ。

●即席ラーメン研究所

岡:スープを濃くする。

萬平:うん。しょうゆやほかの調味料も足すことを考えたんだが 鶏の出汁の味を濃くするためには やっぱり煮込むしかないんだ。

森本:ほいで わしらは 何をすりゃあええんでしょうか。

萬平:あ…。何もない。

●香田家

克子:忠彦さんは ほんまに美人が好きなんやね。

タカ:モデルさんなんやから 美人なんは当たり前でしょう。

克子:美人やないモデルさんかて いるわ。

吉乃:お母さん また やきもちやいてるん。

克子:まさか。

タカ:画家の奥さん 何年やってるんよ。

克子:やきもちなんか やいてません。

神部:体は大丈夫か タカ。

タカ:大丈夫です。つわりも もう治まってきたし。

神部:そうか。ほんなら…。(小声で)萬平さんとこ行きたいな~。

タカ:えっ?

神部:ん? 何でもない。

吉乃:ほんなら 萬平さんを手伝いに行きたいなあ。

神部:何を言うてんのや 吉乃ちゃん。

タカ:そうなん?

神部:ちゃう。

吉乃:図星や。

神部:ちゃうって。

鈴:よう そんな気楽でいられるわね みんな。スープがおいしく出来たからって おいしいラーメンが出来るとは限らないのよ。

克子:まだそんなこと言うてんの お母さん。

鈴:私は福子が心配なの。萬平さんが好き放題やって 負担が全部 福子にかかるんやないかって…。心配やないの?あなたたちは。

タカ:福子おばちゃんなら大丈夫やって。

神部:そうですよ。

鈴:どうして そんなこと分かるのよ。

タカ:せやかて…。

鈴:福子は いつも大丈夫大丈夫って言うの。本当はつらくてもニコニコしてるのよ あの子は。ああ もう どうしてそんなこと分からないの あなたたちは もう。

タカ:そうなん?お母さん。

克子:今度 様子を見に行ってくるわ。

●立花家

幸:やめて。ねえ 返して。ねえ やめて。ねえ。

福子:こら。

幸:お父さんは?

福子:ずっと研究所。

源:まだラーメン出来へんの?

福子:それはね もう少し先。ほら もう寝なさい。

源:うん。

幸:は~い。

福子:はい 行くから。

幸:やめて。

福子:ほ~ら。

●即席ラーメン研究所

萬平:まだ薄い。

完成はいつになるのか。先が見えなくて 少し心配な福ちゃんでした。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク