まんぷく(102話2月1日)ラーメン開発の真っ最中。麺の生地を作ってるところ

NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく(102話2月1日)あらすじとセリフ

福子:麺にスープを練り込むんですよね。

萬平:うん。

福子:その麺にお湯をかけると 麺からスープが染み出て…。

萬平:あっという間においしいラーメンが出来上がる。

福子:スープが薄くなってしまうんでは?

岡:スープを濃くする。

萬平:しょうゆや ほかの調味料も足すことを考えたんだが 鶏の出汁の味を濃くするためには やっぱり煮込むしかないんだ。よし。

福子:萬平さん 徹夜したんですか。

萬平:スープを煮詰めて作ったスープエキスだ。

福子:はい。

萬平:どうだ。

福子:うん この濃さやったら 大丈夫やと思います。

萬平:味は?

福子:おいしいです。

萬平:よしっ! いよいよ麺作りだ。

福子:萬平さん 少しはお休みになって下さい。

萬平:2日3日 寝なくたって大丈夫だ。

福子:そしたら せめて食事をとって。昨日から何にも食べてないんでしょう。

萬平:えっ。

福子:ねっ。

萬平:ああ。

萬平:じゃあ 頂きます。

源 幸 福子:頂きます。

萬平:源 どうしたんだ その顔は。

源:何でもない。

萬平:何でもないってことはないだろう それ。

幸:ケンカしたの お兄ちゃん。

萬平:えっ。

福子:幸。

源:言うな。

萬平:どうして。誰とケンカしたんだ。

源:学校の友達が お父さんのこと また ばかにしてきたから。

福子:ほっときなさいって言うたのに。

源:ほんでも勝ったで。泣かしたった。

福子:あ~。私が後で謝りに行きました。

萬平:悪いなあ お父さんのせいで。

源:悪いのは あいつらや。男には受けて立たなあかん時もある。

萬平:源。

幸:女にもある。

萬平:お前は駄目だ。

福子:さっちゃん。

源:行ってきます!

幸:行ってきます!

福子:行ってらっしゃい。

萬平:気を付けて行けよ。

源 幸:は~い。

萬平:たくましくなったな うちの子どもたちは。

福子:そうですね。

萬平:仕事に戻る。

福子:もう少し休んだ方が。

萬平:大丈夫だ。

福子:えっ…。そしたら 邪魔はしないから 萬平さんの仕事を見に行ってもいいですか?

萬平:ん?

福子:少し。

萬平:いいよ。

萬平:この練り水にはごま油が加えてある。

あっ 風味を出すために?

萬平:そう。そこに卵と… 砕いて粉にした卵の殻。そしてスープエキス。始めるぞ。

福子:うわ うわ うわ うわ。

萬平:速さが大事なんだ。

福子:え~!

萬平:ふんっ ふんっ ふんっ。

福子:上手。

萬平:ふんっ ふんっ ふんっ。しっかり ふんっ 習ったから ふんっ。ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ。

萬平:次はこれを使う。福子 ちょっと悪いが このハンドルをこう回してくれるか。

福子:えっ… 回すの?

萬平:ああ。

福子:はい。

萬平:1212。

福子:12…。

萬平:その調子だ。

福子:12。うれしい 萬平さんを手伝えて。1212。

萬平:おかしいな。

福子:何がですか。

萬平:ちょっと待て。

福子:はい。

萬平:どうして こんなんなるんだ。

福子:え… ああ…。

鈴:福子。

萬平:ああ?

鈴:いないの?福子。

福子:あっ お母さんや。

鈴:お肉に…。

福子:うわ~!

鈴:卵。夕食に使いなさい。

福子:そんなに気を遣うてくれなくても。

鈴:あなたたちは 節約しないといけないんでしょう。それから これはかりんとう。源と幸に食べさせてあげて。

福子:ありがとう お母さん。

鈴:萬平さんは 今 どうしているの?

福子:ラーメン開発の真っ最中。今ね 麺の生地を作ってるところ。

萬平:じゃあ お義母さんは そのハンドルを 時計回りに回して下さい。

鈴:時計回り。

萬平:ええ。

福子:1212って。

鈴:分かりました。

萬平:福子は 僕がさっきやってたように 生地を こう送り込んでくれ。

福子:はい。いいですか?

萬平:出てきた麺を 僕がハサミで切っていくから。じゃあ 回して下さい。

鈴:分かりました。12121212。1212。

萬平:えっ。

鈴:1212。ど… どうしたの?

萬平:いや ちょっと待って下さい。何だ これは。ん?

鈴:何よ これ。

福子:麺… やない。

萬平:食べてみよう。

福子:えっ これを?

鈴:な… 生麺よ。

萬平:ちょっとだけですよ。

鈴:麺は一度 湯がかないと。

福子:ほら 屋台のラーメン屋さんが やってるやありませんか。あのチャッ チャッて。あのチャッ チャッをやらないと。

萬平:味を確かめてみるだけだ。

福子:お湯の色が変わりませんね。

鈴:スープが溶け出してないのかしら。

福子:どうですか?

鈴:どうなの?

福子:私も。

鈴:そしたら私も。うっ う~…。

萬平:まずい。

福子:麺がポソポソで粉っぽいです。

鈴:お水~。

萬平:これじゃあ 湯がいても どうにもならない。もう一度 生地から作り直しだ。

鈴:あ~気持ち悪い。

●パーラー白薔薇

世良:ほんで? 立花君のラーメン作りは どないなっとんのや。

福子:そら もう順調に。

しのぶ:今朝 初めて試食したそうよ。

福子:生麺をちょっと食べてみただけです。

アキラ:初めてにしては上出来やったんや。なっ 福ちゃん。

福子:おいしかったです。

世良:ごっつぉさん。生麺が?

福子:はい。

世良:うそやな。

福子:いや ほんまです。

世良:目が泳いどるで 福ちゃん。

しのぶ:えっ あかんかったん!?

アキラ:まずかったんか。

福子:生麺ですから。

世良:まずかったんやな。

●香田家の居間

鈴:もう まずいのなんのって もう食べられたもんやなかったわ。

タカ:せやけど 生麺でしょ。

鈴:湯がく前から もうボロボロで グチャグチャなのよ。

克子:今日も来てる。あのモデルさん…。何 今の!?

●忠彦のアトリエ

秀子:フフッ…。先生 ずっと大真面目な顔だから おかしくて。

忠彦:そらそうや。

秀子:笑った顔の方がすてき。

忠彦:妙なことを言うのはやめなさい。

●香田家の居間

鈴:お湯をかけるだけで食べられるラーメンなんか 出来るわけがない。もう絶対 止めさせた方がいい。

タカ:おばあちゃん。

克子:あの人は 忠彦さんに色目使てる。

鈴:もう そんなこと どうでもいいでしょ。福子が不幸になるのよ。

●立花家の居間

回想福子:萬平さんは新しいラーメンを考えることが仕事やありませんか。ほかのことは何にも… お金のこともそうです。何にも考えなくていいですから。萬平さん。

回想萬平:ああ。

●即席ラーメン研究所

萬平:生地が崩れないように 片栗粉を入れてみたんだ。

福子:手伝います。

萬平:ああ ありがとう。

福子:片栗粉?

萬平:うん。

福子:ふ~ん。

萬平:ほら。

福子:あ~。

福子:12121212。どうですか?

萬平:ああ。

福子:12…。

萬平:あっ。駄目だ。山芋だ。山芋をすって つなぎにしよう。

福子:そしたら 買ってきます。

萬平:ああ。

福子:出来ました。

萬平:よし じゃあ 入れてくれ。大丈夫だ。

福子:このくらいでいいですか。

萬平うん。

福子:お願いします。

萬平:ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ ふんっ…。

福子:さっきとは違いますか。

萬平:ふんっ ふんっ ふんっ。回してくれ。

福子:今度はどうですか。1212121212。

萬平:裂けない。

福子:ほんま!?

萬平:ああ。ああ 裂けないぞ。回してくれ。

福子:はい。12121212121212。えっ。

萬平:駄目だ。

福子:えっ。ああ 何でこうなるの。生地はうまく出来たのに。

萬平:畜生。

福子:萬平さん…。

萬平:畜生!

福子:萬平さん…。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク