まんぷく(103話2月2日)私は信じてますよ。日本一のラーメン屋さんになるって

朝ドラ「まんぷく」イメージ NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく103話、駄目やって分かったんやから それはええことやありませんか。1歩 前に進んだんです。新しいものを生み出す苦しみは あなたが一番分かってるはずでしょう。

1歩1歩 時には戻ってまた1歩。そうやって今までも苦労してきたからこそ ええものが出来てきたんやありませんか。私は信じてますよ。萬平さんは 日本一のラーメン屋さんになるって。

余計なものを生地に入れたから いけないんだ。スープを練り込んだのが間違っていた。根本から考え直す。

本日の教訓:諦めないことは大事。でも生計との両立が大変。

朝ドラまんぷく(103話2月2日)あらすじとセリフ

萬平:駄目だ。

福子:えっ。何でこうなるの。生地はうまく出来たのに。

萬平:畜生。

福子:萬平さん…。

萬平:畜生!

福子:萬平さん…。

萬平さんの試行錯誤は続きました。小麦粉の種類を変えてみたり 生地を寝かせる時間を変えてみたり いろいろなやり方を試してみました。

源:行ってきま~す!

福子:はい いってらっしゃい。

(ため息)

そして 麺を作り始めて 1ヵ月たったある日…。

●即席ラーメン研究所

萬平:これや。福子!出来たぞ 福子!

福子:えっ…。えっ。うわ!うわ~!

萬平:麺生地を作るためには 塩やかん水に適量があったんだ、

福子:えっ?

萬平:フフフ だから 麺を作るのに適した塩の量 かん水の量があって その限界値を超えないギリギリの分量でスープを錬り込んでみたら 見ろ こんなきれいな麺になった。

福子:いや… とにかくよかった萬平さん!

萬平:早速 これをゆでるぞ。丼を用意してくれ。

福子:チャッ チャッですね。

萬平:ああ。

福子:あっ ああ? ああ いや違うか。ん?いや…。ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう… ん~? いや… 萬平さん。

萬平:何だ。

福子:ん~… このままゆでたら 麺に染み込んでるスープの味が 抜けてしまうってことはないか…。いや そやかて ゆでるわけやから。

萬平:まあ とにかく やってみよう。

福子:そうですね はい。

萬平:菜箸。

福子:はい。はい。

萬平:もういいと思うか。

福子:ええと思います。

萬平:丼。

福子:はい。お湯をかけますね。

萬平:ああ。よし。

福子:はい。

萬平:一応 麺の形はしてるな。

福子:そうですね。

(息を吹きかける音)

萬平:麺だ。

福子:うん 麺ですね。

萬平:でも全くコシがないし 味もやっぱり抜けてる。

(ため息)

福子:萬平さん。

萬平:どうしたらいいんだ。

福子:すぐにはうまくいきませんよ。とにかく麺になっただけでも1歩 前に進みました。

萬平:1歩 前に?

福子:うん そうです。完成はもうすぐです。

萬平:もうすぐってことはないだろう。

福子:そうですね。もうすぐやないかもしれないけど 感性は近づいてきてます。絶対できます 萬平さんなら。うん。

萬平:別の方法を考えてみよう。

福子:私も考えます。

萬平:ああ…。

福子:う~ん…。

萬平:麺にするためには ゆでなきゃいけない。でも ゆでると味が抜けてします。味が抜けないように ゆでるにはどうしたらいいんだ。

福子:あっ スープでゆでたら? お湯やなくて スープでゆでるんです。そしたら味は逃げないんや…。

萬平:よし やってみよう。

萬平:もういいかな。

福子:はい。

福子:いいですか。

萬平:うん。

(息を吹きかける音)

萬平:味がしない。

福子:何で?

萬平:やっぱり スープでゆでても 麺に染み込んだ味は チャッチャッした時に 抜けてしまうんだ。

福子:あっ! お湯やなくて スープをかければ…。それ 普通のラーメンや。ごめんなさい。

萬平:ああ… もう どうしたらいいんだ。

福子:少しお休みになって。何日 寝てないんですか。

萬平:いや 考える。あ~ 駄目だ。

●パーラー白薔薇

アキラ:ユー アー ライスカリー。オッケー。

神部:萬平さんは苦戦してるんか?ラーメン作り 手伝うてるんやろ お前ら。

森本:わしらは スープを煮込んでるところから 手伝わせてもらっとらんのや。

岡:社長一人で頑張ってるんや。奥様に時々手伝わして。

神部:おばあちゃんが言うてたな。

岡:おばあちゃん?

神部:ああ 大奥様や。

岡:ああ。

神部:萬平さんが作った麺は まずかったまずかったって。

回想鈴:もう まずいのなんのって もう食べられたもんやなかったわ。

岡:社長が そないに苦戦するとはなあ。

森本:お湯をかけただけで 食べられるラーメンなんて わしは今でもよう分からんわ。

神部:あ~ 俺も手伝わせてもらえへんかなあ。

しのぶ:皆さん 立花さんのところで働いてらっしゃったんですか。

神部:一緒にダネイホン作ってたんです。

しのぶ:ああ。

岡:今は わしら3人 同じ食品会社ですわ。

森本:ダネイホンはもう作ってませんけど。

しのぶ:せやから 福ちゃんのこと よう知ってはるんですね。

森本:今日は仕事が暇だったんで 会社を抜け出して 会いに来たんですね。

神部:休みやとは残念や。

アキラ:いや たまにはな 休んだらええて 福ちゃんに言うたんや。ここんとこ ずっと出とったからなあ。

岡:ずっと?

神部:萬平さんがラーメン作りに没頭してるから 自分が稼がないとって 奥様 頑張ってるんやな。

しのぶ:はい ライスカレー お待たせしました。

岡:お~ うまそうやな。

アキラ:うまいに決まっとるやないかい。アメリカに勝った味やぞ。

しのぶ:はい 福神漬もどうぞ。

森本:おおきに。

神部:あ~ 久々のライスカレーや。うちは おばあちゃんが嫌いやから 食卓に出てけえへんねん。

岡:おばあちゃん?

森本:大奥様じゃ。

神部:ほんまは うちに帰りづらいんや 俺は。

岡:何でや。

森本:タカちゃんが待っとるんじゃろ おなかの子と一緒に。

神部:忠彦さんの絵のモデルで 毎日来てる女がおってな。不穏な空気が流れてんねん。

岡:不穏な空気?

●香田家

秀子:御疲れさまでした 先生。また明日。

忠彦:お疲れさま。

克子:えっ?

忠彦:にらんだ?

克子:あの人 私のこと にらんで帰ってったわ。あなたに こび売って 私にはあの態度。何やの。

忠彦:何やのって言われても。

克子:もう あの人をこのうちに入れんといて。

忠彦:何を言うてるんや。

克子:私 嫌 あのモデルさん。

忠彦:まだ絵は完成してないんやぞ。

克子:まさか あなた 何かあったんやないでしょうね。

忠彦:何もあるわけないやろう。

克子:何でそんなムキになるんですか?

忠彦:ムキになってるのは お前やないか。

克子:はあ もう嫌!

忠彦:おい。

●パーラー白薔薇

神部:タカも近頃 妙に怒りっぽなってな。

●香田家

タカ:私より 萬平おじちゃんの方が気になるんでしょう!

神部:そんなことないって。

●パーラー白薔薇

岡:何でタカちゃんが?

森本:妊娠した女の人は 情緒不安定になるっていうけぇな。

アキラ:何で あいつが そんなこと知っとんねん。

しのぶ:あった あった。

アキラ:しのぶちゃんも情緒不安定やったん?

しのぶ:子どもができるたんびに そうでした。

アキラ:6人も産んだんやで。

しのぶ:せやから ずっとそうでした。

アキラ:ほんまか? きついのは性格かと思っとったな。

しのぶ:今頃 何言うてんねんな もう。

アキラ:痛いな もう。

●即席ラーメン研究所

福子:萬平さん。

萬平:んあ。

福子:お酒を飲んでらっしゃるんですか。

萬平:酒が切れた。

福子:もう戻って下さい。風邪をひきますよ。萬平さん。ほら。

萬平:駄目だ。

福子:えっ…。

萬平:どうして… 畜生。

福子:駄目やって分かったんやから それはええことやありませんか。1歩 前に進んだんです。

萬平:うん。

福子:新しいものを生み出す苦しみは あなたが一番分かってるはずでしょう。1歩1歩 時には戻ってまた1歩。そうやって今までも苦労してきたからこそ ええものが出来てきたんやありませんか。

萬平:うん。

福子:私は信じてますよ。萬平さんは 日本一のラーメン屋さんになるって。

萬平:日本一?

福子:そうです! もう。

萬平:余計なものを生地に入れたから いけないんだ。スープを練り込んだのが間違っていた。

福子:そやけど そうしないと。

萬平:全部やめだ。

福子:えっ…。

萬平:根本から考え直す。

(しゃっくり)

福子:あ…。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



コメント