なつぞらまで52日(まんぷく108話)真一「かのトーマスエジソンはこう言うた」

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで52日。「まんぷく」は 108話2月8日 まで進行中。

自分が感じたままに描いたとしか 言いようがない。家族には不評や。今までどおりの絵を描いてたら売れたのにって。せやけど 僕はうれしいんや。まだ新しいことに挑戦する自分がいたことに。そしたら 萬平君にあげるよ。君は挑戦する人間やから。

かのトーマス・エジソンはこう言うた。「私は失敗したことがない。ただ1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」。萬平君ならできるさ。

本日の教訓:義理の兄弟は大切に。

朝ドラまんぷく(108話2月8日)あらすじとセリフ

●即席ラーメン研究所

萬平:麺をゆでるとα化するな。そうすると 麺に含まれる水分が30%から50%以上に上がってしまうんだ。これが麺の乾燥時間を長くし ムラを作る原因となるんだ。α化するには もう一つ方法があったんだよ。蒸すことだ。とりあえず3分待とう。

福子:今度こそ うまくいきます。

福子:はい 3分です。

萬平:うん。

福子:んっ…。んっ… かたい。

萬平:うん もう一分 待とう。

福子:はい 1分です。

(息を吹きかける音)

福子:んっ… いや う~ん…。少し やわらかくなったけど…。ああ う~ん…。もう一分 待ちますか?

萬平:いや これは何分待っても 元には戻らないだろうなあ。

福子:蒸しても駄目。う~ん…。

萬平:ああ…。

福子:何で~。

●パーラー白薔薇

神部:ゆうべのあれは何や。

岡:何やって?

森本:晩ごはん ごちそうになっただけじゃろが。

回想克子:せっかしやし 晩ごはん食べていったら。

回想岡:えっ…。

回想森本:いいんですか。

回想吉乃:そしたら 支度します。

回想岡:ありがとうございます!

神部:最初から吉乃ちゃん目当てやったんか。

森本:ちゃう。

岡:大奥様に挨拶したかっただけや。

神部:ほしたら 帰りのあの約束は何や。

回想森本:じゃあ 吉乃ちゃん。

回想岡:今度は一緒に映画な。

回想吉乃:はい。

回想神部:映画!?

神部:俺の知らん間に あんな約束しやがって。

岡:何で映画見に行ったら あかんのや。

森本:吉乃ちゃんは喜んどったで。

神部:それは お前らが俺の会社の同僚やから 気ぃ遣うただけや。

森本:そんなことないやろ。

岡:吉乃ちゃんは正直な子やぞ。

森本:あんなに かわいい子はおらん。

岡:そうや!

神部:うわ…。

岡と森本:あっ…。

森本:吉乃ちゃんに ほれました。

しのぶ:まあ~!

神部:お前らみたいな武骨な男に 吉乃ちゃんは釣り合わん。

森本:タカちゃんはお前と結婚したじゃにゃあか。

神部:俺は 一応 大阪帝大 出てるからな。

岡:せやけど 今はわしらと同じ立場やろうが。

神部:大体 おばあちゃんが許すわけないやろ。

回想鈴:手を出したら 承知しないわよ。

岡:それは…。

森本:そんなもん 分からんじゃろ。

神部:お前らなあ。

森本:とにかく わしは諦めんけえの。

岡:わしもや。

神部:どこ行くんや。おいっ ちょっ… ここ 支払いは?

しのぶ:ありがとうございました~。

アキラ:まっ ここは 神部君のおごりやな。

しのぶ:人の恋路を邪魔したらあかん 神部さん。悪者の顔になってきた。

神部:なってへん。

アキラ:君かて おばあちゃんの反対押し切って孫娘と結婚したんやろ。

神部:せやから 俺は一応 大阪帝大出てますから。

アキラ:せやから そうやって すぐに学歴をひけらかす。それがあかんねや。

しのぶ:吉乃ちゃんは どない思てるの?

神部:えっ。

アキラ:話 したんやろ 吉乃ちゃんと。

神部:実は…。

回想神部:ほんまに映画見に行くんか 吉乃ちゃん。

回想吉乃:せやかて 2人ともええ人らやし。

回想神部:えっ…。

アキラ:それやったら 応援したったらええやん。

しのぶ:うん。岡さんも森本さんも友達やろ。

神部:せやから 友達の恋が破れるのを見とうないんですよ 俺は。

しのぶ:ああ… そっか。優しい。

●香田家

(鈴の電話)

鈴:ありがとうございます。はい よろしくお願いします。はあ~ よかった。

克子:何の話?

鈴:ああ… 吉乃のお見合いよ。

タカ:お見合い!?

鈴:いい人紹介して下さるって。

克子:母親の私に黙って勝手にそんなこと決めんといてよ。

鈴:吉乃はもう25よ。あの子はのんびりしてるから 周りでどんどん話を進めていかないと。

克子:好きな人がいたら どうすんのよ。

鈴:そんなん 聞いたことない。

タカ:ゆうべ来た岡さんと森本さんと 気ぃ合うてたよ 吉乃。一緒に映画見に行く約束したって。

鈴:ええっ。

克子:そうなん。

鈴:冗談やありません。吉乃は大きな会社に勤めてる しっかりした人と結婚させます。

タカ:また それを言う。

●屋台のラーメン屋

真弓:営業部の鈴木さん すてきやと思いません?

恵子:私は正田さんの方がすてきや思うわ。スマートで。

真弓:鈴木さんの方がスマートです。ねえ 吉乃さん。

吉乃:う~ん 私は… 武骨な人が好き。

2人:武骨?

●パーラー白薔薇

福子:神部さんが?

しのぶ:うん さっきまで いたんよ。

アキラ:せや 岡君と森本君も一緒にな。

福子:へえ~ 会いたかった。いつも擦れ違いやわ。何の話 してました?

しのぶ:何のって…。

アキラ:ラブやな。

福子:ラブ?

しのぶ:そう ラブ。

福子:はあ…。

アキラ:そんなことより 萬平さんのラーメン どうなってんの?

しのぶ:そうや 福ちゃん。

福子:また駄目でした。

しのぶ:駄目?

アキラ:何でや。もうすぐ言うたやん。

福子:なかなか 思うとおりに できないんです。

回想鈴:スルメにお湯をかけたって…。

回想世良:イカには戻らんど。

福子:せやけど スルメとラーメンは違う!

しのぶ:いや 何 いきなり。

福子:ごめんなさい。ほんまにごめんなさい。

●即席ラーメン研究所

萬平:素早く乾燥させる…。乾燥時間を早くする。どうすればいいんだ…。どうすれば…。

(戸が開く音)

忠彦:玄関から呼んでも呼んでも 返事がないから。

萬平:忠彦さん。ああ びっくりした。

忠彦:頑張ってるんだね 萬平君。

萬平:ああ いや ここで毎日毎日悩んでますよ。

忠彦:何でも 新しいもんを作り出すのは 大変なことや。あっ 実は絵を描いてね。僕の最新作や。

萬平:えっ… 忠彦さんが これを?

忠彦:画風が変わったんや。

萬平:一体 何の絵ですか これは。

忠彦:自分が感じたままに描いたとしか 言いようがない。家族には不評や。今までどおりの絵を描いてたら売れたのにって。せやけど 僕はうれしいんや。まだ新しいことに挑戦する自分がいたことに。

萬平:そうですか。でも これ よくよく見ると 面白い絵ですね。

忠彦:ほんまにそう思う?

萬平:はい。好きです 僕は。

忠彦:そしたら 萬平君にあげるよ。

萬平:えっ… これを?

忠彦:君は挑戦する人間やから。

萬平:ああ いや そんな…。ありがとうございます。

忠彦:あっ いえいえ。

真一:ごめんください。

萬平:はい はい はい。ああ 真一さん。

真一:久しぶり。

忠彦:真一さん。

真一:忠彦君。ああ これが。

萬平:ええ。

忠彦:そうなんですよ。

真一:いや~偶然ですね。忠彦君も来てたやんなてね。

萬平:こうやって 3人が顔を合わせるのは 真一さんが好美さんを連れてきた時以来ですね。

真一:ああ。萬平君がスープを完成させた日だ。

忠彦:ご家族はお元気ですか。

真一:ああ。そうや… これは先月 旅行に行った時の写真だよ。

萬平:これが真一さんの…。

真一:好美と子どもたち。

萬平:ああ。

忠彦:すっかり お父さんの顔になってますね 真一さん。

真一:この年になって いきなり子持ちになるなんて夢にも思ってなかったよ。

忠彦:予想もしないことが起こる。それが人生ですよ。

真一:ああ… 萬平君はどうなんや。ラーメン作りはうまくいってるのか。

萬平:失敗ばかりです。なかなか思いどおりにはいきません。

真一:そうか。かのトーマス・エジソンはこう言うた。「私は失敗したことがない。ただ1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」。萬平君ならできるさ。

萬平:ありがとうございます。

●立花家

福子:忠彦さんが この絵を!?

源:これは何の絵?

幸:私がこんな絵描いたら 先生に叱られる。

福子:ハハハ。

萬平:そうかもしれないな。

福子:せやけど 私は好きやわ。何や知らんけど 見てるとウキウキした気分になってきます。

萬平:僕もそうなんだよ。

回想忠彦:君は挑戦する人間やから。

回想真一:「私は失敗したことがない。ただ1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」。

萬平:麺を作るところまでは いいはずなんだ。

福子:えっ。

萬平:問題はそこから先なんだよなあ。

福子:ああ…。萬平さん お風呂は?

●即席ラーメン研究所

福子:スープエキスにつけないんですか?

萬平:ああ。エキスにつけると その分 水分量が多くなって こう 乾くのが遅くなる。

福子:そしたら どないするんですか。

萬平:これに スープエキスをかけてみる。

福子:かける?

萬平:ああ。

萬平:どうしてもムラになるなあ。駄目だ。やっぱりムラになる。

福子:う~ん 駄目ですか。そしたら…。あっ。これは!

萬平:じょうろか。

福子:はいっ。

2人:おお~。

萬平:これはいい! おお よく思いついてくれたな 福子。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。