なつぞらまで51日(まんぷく109話)立花萬平「これだ!天ぷらだ 福子」

朝ドラ「まんぷく」イメージ NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで51日。「まんぷく」は 109話2月9日 まで進行中。

福子:そうですか。さっきね 敏ちゃんから エビとサツマイモ もろたの。 今 おいしい天ぷら作ってますから これを食べて元気を出して下さい。源 幸 お茶わん出して。

今日はもう ラーメンのことは忘れましょ。ねっ。たくさん食べてお風呂に入って ゆ~っくりお休みになって で また明日 考えましょう。ねっ 萬平さん。

萬平:これだ!

福子:うわっ! びっくりした。えっ?

萬平:天ぷらだ 福子。

福子:天ぷら? えっ えっ… えっ?

本日の教訓:玉磨かざれば光なし

朝ドラまんぷく(109話2月9日)あらすじとセリフ

●即席ラーメン研究所

福子:スープエキスにつけないんですか?

萬平:ああ。エキスにつけると その分 水分量が多くなって こう 乾くのが遅くなる。

2人:おお~。

萬平:これはいい! おお!

その麺は 明け方には乾いていました。

福子:あっ 萬平さん 時間見るの忘れた。

福子:3分たちました。

(息を吹きかける音)

福子:うん…。うん… おいしいです。今まで食べた中では一番。

萬平:やっぱり元に戻らない。

(ため息)

萬平:もう一度 考え直そう。

福子:えっ… えっ… 最初から!?

萬平:麺を作るところまで いいはずなんだ。

福子:グルテンとでんぷんのα化ですね。

萬平:ああ。問題はそこから先だよ。麺をスープエキスに浸そうが じょうろでかけようが関係ない。天日干しも陰干しも間違ってる。

福子:せやけど 常温で保存できるようにするには…。乾かさないといけないんや。

萬平:お湯をかけて元に戻るものは何だ。

福子:ん?

萬平:何だろう。

福子:ん~。あっ 高野豆腐とか。

萬平:それだ!

萬平:完全に乾いてる。

福子:高野豆腐ですから。

萬平:これなんだよ 僕が考えてるラーメンというのは。

福子:せやけど これは高野豆腐です。

萬平:「高野豆腐の作り方」。

福子:はい。

萬平:「水切りした豆腐を 適当な大きさに切って 寒い屋外に置いて凍らせる」。

福子:ほう。

萬平:「夜に固まった豆腐を日中に溶かし水分を蒸発させていく」。

福子:はあ。

萬平:「冷凍と蒸発を繰り返し 完全に水分を抜く。こうして出来上がったものが高野豆腐である」。

福子:へえ~ 知らんかった。

萬平:ああ。冷凍と蒸発を繰り返すわけか。

福子:もしかして 麺でそれを?

萬平:うん。とにかく思いついたことは 全部やってみる。

萬平さんが訪ねたのは 池田商店街で氷を作っている渡辺製氷店でした。

●渡辺製氷店前

渡辺:これを凍らせるんでっか?

萬平:ええ。蒸した麺にスープエキスをかけてあるので 水分量は40%程度だと思われます。凍らせるのに どのくらいかかりますか?

渡辺:まあ 1時間もあったら。

萬平:じゃあ 1時間後にまた来ます。はい。じゃあ よろしく。

●立花家

幸:お父さん どこ行ったん。

源:日曜日ぐらい遊んでほしいわ。

福子:お母さんが遊んであげる。何して遊ぶ?

源:月光仮面ごっこ!

福子:えっ。

●パーラー白薔薇

岡:何で神部が来るんや。

森本:わしらは 吉乃ちゃんと待ち合わせしとるんよ。

神部:何で俺が来たか… それは ひともんちゃくあったからや。

●香田家

鈴:男の人と映画を見に行く!?

吉乃:そう。

鈴:駄目 駄目 駄目!

克子:男の人いうても2人よ。

鈴:映画やったら 女友達と行けばいいやない。吉乃はお見合いを控えてるのよ。

吉乃:私は ああいう顔は好みやないの。

鈴:そんな 写真見ただけで…。

克子:映画くらい ええやないの。

タカ:そうよ おばあちゃん。

神部:僕も一緒に行くから大丈夫です。あの2人には絶対に手出しさせません。

●パーラー白薔薇

森本:わしらの監視役か 神部は。

神部:そうや。

岡:で お見合いって何や。

神部:せやから それはおばあちゃんが勝手に進めてる話やて。

岡:もう やめさしてくれよ お見合いやんて。

しのぶ:ええわね~ 若い人は。

アキラ:ほろ苦い思い出になりそうな予感がプンプンするなあ。

しのぶ:そんなこと言うたらあかん。

(ドアが開く音)

岡:吉乃ちゃん!

萬平:ちょっと1時間ほど時間を潰させて…。

神部:萬平さん!

萬平:神部君。おお 岡君。

岡:お久しぶりです。

萬平:森本君も。

●立花家

幸:助けて~!

福子:もう観念しろ~!

幸:うわ~!

福子:ハッハッハッハッ!

源:待て!

福子:な…誰だ お前は!

源:月光仮面!

福子:な な な な な な な… 何!?

源:パンッ! パンッ! パンッ!

●パーラー白薔薇

萬平:ああ なるほど。紳士協定か。

森本:そうです。

岡:お互い 抜け駆けなし。

森本:吉乃ちゃんがどっちを選んでも 恨みっこなしです。

神部:ちょっと待て。吉乃ちゃんがお前らのどっちかを選ぶと思てるんか。

岡:お前なあ 一緒に映画見に行く約束してくれたんやぞ。

神部:おお。

森本:でも どうして来ないんじゃろうかね。

しのぶ:あっ おめかしに時間がかかってるんよ。

アキラ:いや おばあちゃんが引き止めてんのとちゃうか。

岡 森本:えっ。

萬平:あっ 時間だ。

神部:もう帰るんですか 萬平さん。

萬平:ああ ちょっと用事があるんだ。じゃあ 岡君 健闘を祈る。森本君も頑張ってくれ。

森本:はい。

萬平:なっ。じゃあ ごちそうさま。

岡:ラーメン作りの手伝い いつでも呼んで下さい。

神部:あっ 僕も。

森本:わしも。

萬平:ああ その時が来ればな。

しのぶ:ありがとうございました。

萬平:どうも ごちそうさま。

●渡辺製氷店前

渡辺:カッチカチに凍ってまっせ。

萬平:いや~ ありがとうございます。でも…。

渡辺:何か。

萬平:これを うちに持ち帰ると またここに来なきゃいけない。ここの店先に これをこうやって置かせてもらうことはできますか。

渡辺:この麺を?

萬平:ええ。太陽の光で こう乾かすんです。

吉乃:萬平おじちゃん。何してるん?

萬平:吉乃ちゃん。麺を乾かしてるんだよ。

吉乃:何で ここで。

萬平:乾かしたら また凍らせるんだ。

吉乃:ああ 氷屋さん。もしかして 魔法のラーメン作ってるん?

萬平:フフ…。

●香田家

(克子と神部の電話)

克子:吉乃? とっくに出かけたけど もう1時間も前に。

神部:1時間前? せやけど まだ来てませんよ。

克子:どこかで道草してんのかしら。大丈夫よ すぐに行くから。

鈴:吉乃は本当は行きたくなかったんよ。茂さんの同僚やから しかたなく約束したんやわ。

克子:ふう… そういうこと言わへんの。

鈴:ほっ…。

タカ:お父さん。

忠彦:今 集中してるんや。

タカ:だんだん好きになってきた お父さんの絵。

忠彦:えっ…。

タカ:すごくええと思う。

忠彦:タカ…。

●渡辺製氷店前

萬平:また凍らせて下さい。

吉乃:お願いします。

渡辺:分かりました。

萬平:あっ そうだ 吉乃ちゃん 映画を見に行くんじゃなかったのか。

吉乃:あっ そうやった。

●パーラー白薔薇

岡:行かない!?

吉乃:萬平おじちゃんが そこの氷屋さんでラーメン作ってるの。

森本:ラーメン?

神部:氷屋さん?

吉乃:そっちが気になってしもて。ごめんなさい 映画はまた今度。

岡:ええ~っ。

森本:また今度か…。

●立花家

福子:助けて~。はあ はあ~。

幸:次は お母さんが月光仮面や。

福子:もう駄目。もう お母さん 疲れた。

源:え~! 僕ら 疲れてへん。

福子:堪忍して。

敏子:ごめんください。

(せきこみ)

福子:お客さん。

敏子:は~い。

福子:わあ~!

敏子:お隣さんからたくさん頂いたの。

福子:エビにサツマイモ…。

敏子:うちは今夜は天ぷらよ。

福子:そしたら うちも。ありがとう 敏ちゃん。

敏子:どうぞ。

●渡辺製氷店前

萬平:あっ… 神部君。

神部:もうええんとちゃいますか。

森本:乾いたと思いますよ。

萬平:よし 凍らせよう。

岡:これで何回目や。

吉乃:5回目。

萬平:お願いします。

渡辺:任しといて。

こうして 麺を凍らせ 乾燥させ 繰り返すこと5回。とうとう その時が来ました。

●パーラー白薔薇

しのぶ:この麺にはもう味が?

神部:チキンスープのエキス。

萬平:そうだ。

アキラ:高野豆腐を参考にするとはな。

森本:いろいろ苦労したんですよ。

岡:お前が言うな。

吉乃:戻ってきた。

しのぶ:ああ… あっ お湯の色も変わってきました。

アキラ:スープが溶け出してるんやな。

萬平:よし 出来た。みんな 正直な感想を。

一同:はい。

萬平:じゃあ まずは僕から。

(息を吹きかける音)

(秒針の音)

しのぶ:これは…。一応 ラーメンや。

アキラ:ラーメン… やな。

岡:せやけど…。

森本:チキンスープの味はするけど…。

神部:すいません。おいしくないです。

萬平:やっぱり元に戻らない。どうしてだ。

神部:何で高野豆腐は元に戻るんや。

アキラ:あれは スポンジみたいに穴が開いとるさかい。

岡:スポンジ?

アキラ:そうや。

しのぶ:そこに水分が入っていくから?

吉乃:そっか。

森本:でも ラーメンはスポンジにはならんで。

萬平:スポンジ…。

●立花家

幸:お母さん。

福子:ん?

幸:お父さんが帰ってきた。

福子:えっ。

源:ラーメン 駄目やったんやて。高野豆腐作戦失敗や。

萬平:なかなか うまくいかなかった。参ったよ。

福子:そうですか。さっきね 敏ちゃんから エビとサツマイモ もろたの。 今 おいしい天ぷら作ってますから これを食べて元気を出して下さい。源 幸 お茶わん出して。

源 幸:はい。

福子:今日はもう ラーメンのことは忘れましょ。ねっ。たくさん食べてお風呂に入って ゆ~っくりお休みになって で また明日 考えましょう。ねっ 萬平さん。

萬平:これだ!

福子:うわっ! びっくりした。えっ?

萬平:天ぷらだ 福子。

福子:天ぷら? えっ えっ… えっ?

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



コメント