なつぞらまで47日(まんぷく112話)萬平と福子でまんぷくラーメン完成

NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで47日。「まんぷく」は 112話2月13日 まで進行中。

朝ドラまんぷく(112話2月13日)あらすじとセリフ

●即席ラーメン研究所

萬平さんは麺を縮れ麺にしてみようと考えました。

萬平:金型に入れた時 麺と麺の間に隙間が出来て 油の熱が通りやすくなるはずです。

結果は大成功!

真一:うまいよ これは!

福子:うん 今まで 一番おいしいです。

萬平:うん 確かに。

福子:これで本当の本当に完成ですね!

萬平:いや…。

福子:えっ。

萬平:もう一度 生地から作り直す。

真一:生地から!?

福子:うん 分かりました。

萬平さんは 油で揚げて戻した時に 一番おいしくなる麺を作ろうと 生地から改めて研究し始めました。まず 練り水に含まれるかん水と食塩の量の割合を変えてみました。試食するのは福ちゃんの役目です。

福子:んっ… うん おいしくなりました。

麺の太さもいろいろ変えてみました。

福子:もう少し細い方がええと思います。

それから麺の蒸し時間。

福子:んっ! コシが違う!

スープエキスの濃さ。

福子:もう少し薄めがええような…。

麺を乾燥させるための陰干しの時間。

福子:はい おいしいです。

萬平:ああ。ということはだ 小麦粉に卵の殻の粉末とビタミンを加えて 練り水に隠し味として ごま油を加える。

福子:はい。

萬平:麺の太さは 1ミリ 長さは20センチ。1食当たりの本数は あれ…。

福子:180から200本。

萬平:蒸し時間は7分。陰干しで水分量を45%まで落として 160度の油で2分間揚げるのは最適ということだな。

福子:そうです。

萬平:ああ よし。

福子:ということは 完成?

萬平:じゃない。

福子:ない。はい。大丈夫です。私はいくらでも食べますよ。

●パーラー白薔薇

吉乃:あと1ヵ月。

森本:えっ?

岡:何が?

吉乃:タカ姉ちゃんの予定日です。

岡:ああ もうすぐ産まれるんやな 赤ちゃん。

森本:楽しみやな。

アキラ:「楽しみやな」やないやろ。映画行くんちゃうか 映画。

しのぶ:何ヶ月もおんなじこと 繰り返してるわ あの3人。

吉乃:私は男の子でも女の子でも どっちでもええ。

岡:せやな。

森本:どっちでもええなあ。

アキラ:どうでもええわ。

森本:でも 吉乃ちゃん そろそろ行かへんか。

岡:また間に合わんように なってしまうで。

吉乃:それまで 出来るかな 萬平おじちゃんのラーメン。

森本:えっ?

吉乃:せやから 赤ちゃんが産まれるまでに。

岡:それは難しいんとちゃうか。

森本:この前の高野豆腐作戦も 大失敗やったからなあ。

吉乃:せやかて 茂さんが言うてました。あれから萬平おじちゃんのラーメンは 大進歩したって。

岡:ああ そうなん。

森本:でも 吉乃ちゃん もう時間が…。

しのぶ:今日もあかんわ。

アキラ:見てくれは武骨なくせに 強引さが足らんねや。少しは僕を見習えっちゅうに。

しのぶ:あんたは 私に口説き落とされたんやないの。

アキラ:はい そうでございます。

●即席ラーメン研究所

萬平さんの研究は続いていました。ラーメンがおいしくなるための一番いい油は何か。菜種油 大豆油 オリーブ油 トウモロコシ油… いろいろ試した結果…。

(鶏の鳴き声)

福子:んっ…。これです。

萬平:うん。ラードとごま油か。

福子:これが一番おいしい。

萬平:しかもラードは 酸化しにくいから 長期保存に適している。

福子:萬平さん。出来ましたね。

萬平:出来た。福子。ハハハハハハハハ! 出来たぞ!ハハハハハハハハ!

福子:はいっ。

萬平:やった!あ~ ついに出来た! ハハハ! うまい! 痛っ!

福子:萬平さん。

萬平:痛いけど大丈夫だ。万歳!万歳!

●香田家

神部:おお…。

一同:うわ~。

克子:これがラーメン?

萬平:はい。

鈴:縮れた茶色のグチャグチャの塊やないの。

忠彦:確かに…。

タカ:でも これにお湯をかけたら…。

吉乃:ラーメンになるん?

●パーラー白薔薇

アキラ:ええっ ほんまか?

福子:萬平さんの新発明です。

世良:あかん。見ただけで分かる。

敏子:おいしそうには…。

岡:見えんな。

(森本のため息)

しのぶ:屋台のラーメンとは全然違う。

アキラ:中華料理屋のラーメンとも違うな。

福子:ええんです それで。

●香田家

萬平:このラーメンに課した条件は5つ。一つ 美味しいこと。一つ 便利なこと。

●パーラー白薔薇

福子:一つ 常温で保存がきくこと。一つ 安いこと。一つ 安全なこと。

●香田家

鈴:タカが食べてもいいの?おなかに赤ちゃんがいるのよ。

萬平:ですから 安全であることが条件の一つです。このラーメンには 悪いものは一切入っておりません。

●パーラー白薔薇

福子:せやけど 萬平さんは 今日 もう一つの条件を加えました。

世良:もう一つ?

福子:ここにいる全員が そして克子姉ちゃんちにいる家族全員が おいしいと言うてくれること。そうやなかったら また一から やり直し。

●香田家

萬平:はい! どうぞ 食べてみて下さい。

●パーラー白薔薇

さあ 食べて下さい。

●香田家

神部:頂きます。

一同:頂きます。

●パーラー白薔薇

一同:うわ~。

しのぶ:あ~ ええ匂い。

森本:じゃあ 頂きます。

岡:頂きます。

敏子:頂きます。

アキラ:縮れ麺か。

岡:んっ!

森本:うん!

アキラ:うん!

敏子:おいしい!

福子:でしょ!

世良:ほんまかいな。

アキラ:デリーシャスや。ほんまにおいしいわ。

●香田家

タカ:お湯をかけただけで こんなにおいしいもんが出来るやなんて。

吉乃:信じられへん。

忠彦:こんなものが今までに世の中にあったか?

神部:あるわけないですよ。

●パーラー白薔薇

福子:ありがとう。世良さんも食べて下さい。

●香田家

萬平:お義母さんは いかがですか。

●パーラー白薔薇

世良:こんな煎餅みたいなもんに…。湯 かけただけで…。

●香田家

鈴:萬平さん。

萬平:はい。

鈴:これは… ほんまに… おいしい!

●パーラー白薔薇

世良:うますぎる!

福子:でしょう!

●香田家

克子:もう おいしいんやったら もったいぶらんといてよ。

萬平:ありがとうございます!

鈴:いつ飽きるかと思て食べてたけど 全然飽きないわ。

萬平:ありがとうございます お義母さん! お義母さん!

(電話の着信音)

萬平:あっ 福子からだ。僕が出ます。はあ…。もしもし。

福子:福子です。みんな おいしいって。今 2杯目を食べてます。

萬平:そうか… こっちもみんながうまいと言ってくれた!

福子:そしたら萬平さん…。

萬平:ああ。今度こそ…完成だ。完成だ!

福子:そうでうね。よかった!

萬平:うわあ~! ハハッ! ついに完成したぞ~! ハハハ~!完成だ~!

克子:萬平さんが 庭で叫んでるわ。

●パーラー白薔薇

福子:萬平さんのラーメン 完成や!

アキラ:万歳!

一同:万歳! 万歳!万歳!万歳!万歳!万歳!万歳!

●香田家

神部:萬平さん!

萬平:やった~!

一同:万歳! 万歳!万歳!万歳!万歳!万歳!万歳!

萬平:やった~。

●立花家・居間

源と幸:頂きます。

福子:どう? 源。

源:おいしい!

福子:幸は?

幸:すごくおいしいよ お父さん。

源:あ~。

萬平:おお そうか。ハハハハハ。

福子:ほんまによかったですね 萬平さん。

萬平:ああ。あとは…。

福子:えっ まだ?

萬平:名前だよ。このラーメンにどんな名前を付けるか。

福子:ああ 名前。

萬平:うん。このラーメンを食べた人たちが みんな幸せになるような そんな名前がいいなあ。

幸:何やろう…。

福子:う~ん…。まんぷくラーメン。

萬平:ん?

福子:まんぷくラーメンとか どうですか。おいしいラーメン食べて満腹になれば みんな幸せになります。

萬平:まんぷくラーメンか。

福子:あとは…。

源:あっ! 萬平と福子で まんぷくラーメン!

福子:えっ!

萬平:ああ!

福子:あ~!

源:そうや!まんぷくラーメンや。

福子:ええこと言うた 源!

萬平:そしたら もうまんぷくラーメンしかないな。よし 決定だ。ハハハハハ!

源:まんぷくラーメン頂きま~す!

幸:頂きま~す!

福子:ああ… まん… ぷく ラーメン。

萬平:ハハッ。

真一:こんばんは。

福子:あれ?

萬平:おお。

福子:真一さん。

真一:忠彦君から ラーメンが完成したって聞いてね。

真一:うまいよ 萬平君。

萬平:ありがとうございます。

真一:すごいものを作ったな 福ちゃん。

福子:ありがとうございます。

萬平:どうしたんですか。

福子:真一さん? ん?

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク