なつぞらまで45日(まんぷく114話)大急百貨店と交渉中で福ちゃん倒れる

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで45日。「まんぷく」は 114話2月15日 まで進行中。

今な 大急百貨店にまんぷくラーメンを扱うてもらわれへんか 交渉中や。問題は値段やな。これ 1袋 なんぼにするつもりや。10円!? あほなことぬかすな! まんぷくラーメンは画期的な商品やぞ。30円… いや 40円の価値はある。

でも 安いということが新しいラーメンの条件なんです。うどん玉が6円ぐらいですから。

確かに 世良さんの言うことには一理ある。そしたら 間をとって20円はどうや。主婦は 20円なら買うかな 福ちゃん。福ちゃん!

本日の気付き:だいきゅうですから~!大急百貨店営業主任・小山小太郎は「べっぴんさん」。

朝ドラまんぷく(114話2月15日)あらすじとセリフ

鈴:南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏…。

(赤ちゃんの泣き声)

克子:あっ!

神部:産まれた!?

神部:よう頑張ったな タカ。

鈴:ほんまによう頑張った。

神部:はい。

忠彦:これぞ まさしく新しい生命の誕生…。まんぷくラーメンの誕生や。

一同:はあ?

忠彦:ひらめいた。ひらめいたぞ!

萬平:これはいいですね。

福子:まんぷくラーメン。

源と幸:わあ~!

幸:きれい。

萬平:いよいよラーメン作りだ。

福子:はい。

●パーラー白薔薇

福子:本当にごめんなさい。

しのぶ:ええの ええの。しかたがない。

アキラ:そうや。萬平さんのラーメン作りを福ちゃんが手伝うのは当たり前なんや。こんなしょうもない店 手伝うてる場合とちゃうで。

しのぶ:しょうもない店とは何やの。

アキラ:痛っ! アイムソーリーや。

しのぶ:自分の店やで。

アキラ:はい。

しのぶ:フフッ… 福ちゃん。

福子:はい。

しのぶ:今月のお給金。最後やから ちょっと色つけといた。

福子:ありがとうございます。

アキラ:僕の小遣いから引かれてな。痛っ。

しのぶ:もう。

アキラ:うそや うそ。

しのぶ:これから毎日会われへんのは残念やけど 頑張ってね。応援してるから。

福子:はい。

アキラ:時々 顔見してや。

福子:はい。せや…。これ まんぷくラーメンの袋です。

しのぶ:あ~!

アキラ:こら ベリーグッドやな。

しのぶ:ワクワクするわ。

福子:ここから中が見えるんです。

しのぶ:おお~!

アキラ:ほんまや。

しのぶ:すごい。

アキラ:福ちゃん ようやったな。

福子:これは萬平さんのアイデアです。

アキラ:いや… 福ちゃんが支えてきたから 萬平さん ここまできたんや。

福子:マスター…。

しのぶ:そうやね。

アキラ:僕は自分のことのようにうれしいわ…。

しのぶ:あんた 泣かんでも…。

福子:もうママさんも。

アキラ:福ちゃん まんぷくラーメン出来たら 僕 ぎょうさん買うたる。毎日食ったるからな。

しのぶ:私もや。

福子:フフフ ありがとう。

アキラ:頑張りや。

しのぶ:応援してるからね。

福子:はい。

●立花家

萬平:さてさて 載っかるかな…。はいはい はいはい…。これがラーメン作りの一連の流れです。まずはスープエキス。それから麺を作って縮れ麺にするために 麺をこう 揉み込みます。その次に麺を蒸してスープエキスをかける。

福子:じょうろで。

真一:うん。

萬平:そして 陰干しした麺を油で揚げます。最後に冷まして袋詰め。

真一:なるほど。

萬平:スープエキス作りは まんぷくラーメンをおいしくるための独自の方法ですから 自分たちで作ります。

福子:企業秘密ですから。

真一:そらそうやな。

萬平:でも製麺は 効率を考えて 池田商店街の松木製麺所に頼むことにしました。

真一:餅は餅屋にということか。

萬平:はい。

福子:麺作りは大変ですから。

真一:作業は全部ここで?

萬平:もちろん。

福子:裏の研究所と ここの台所と この居間を使って作業します。

真一:それで何千食も作るのか。いや~えらいことになるな。

萬平:で ここからが本題です。まんぷくラーメンを大量生産するためには この一連の作業を 複数の人間が流れ作業で行わなければなりません。

真一:うん。

萬平:まずスープエキス作りから陰干しまでは 最低2人は必要です。

福子:私がやりますから あと1人。

萬平:麺を油で揚げる作業は僕が担当します。最後に冷まして袋詰め。これは 子どもたちに手伝わせようと思ってるんですが…。

福子:源と幸は 学校から帰ってきて で 晩ごはんを食べるまでしかできません。

真一:そのあとは 僕が引き受けるよ。信用組合の仕事が終わったら すぐに駆けつけて。

萬平:ありがとうございます。でも袋詰めは 1人じゃ無理でしょう。

福子:う~ん… ということは 私たち以外に あと2人。

●香田家

神部:僕が手伝います。

鈴:駄目よ 茂さんは。

神部:仕事が終わったあとに。

鈴:大介が産まれたばかりなのよ。

タカ:お父さんに構ってもらいたいわよね 大ちゃん。

福子:そらそうや。

克子:茂さんは無理やわ。

忠彦:諦めろ。

神部:はい…。

忠彦:僕も手伝いたいけど 自分の仕事があるしなあ。

克子:私も タカの体調が戻るまでは うちにいてやりたいし。

タカ:ごめんね 萬平おじちゃん。

萬平:いや 無理に言ってるわけじゃないんだ。

福子:そうそう。

吉乃:私は会社が終わってからなら 大丈夫よ。手伝えます。

福子:ほんまに? ありがとう 吉乃ちゃん。

萬平:夕方になったら真一さんも来るから 2人には袋詰めを手伝ってもらおう。

吉乃:はい。

克子:となると 昼間の手伝いやね。

福子:そう。

鈴:何!?

福子:お母さん 手伝うてくれへん?

鈴:私!?

克子:お母さんしか残ってへんでしょ。

鈴:残ってへんでしょって…。私は武士の娘ですよ。武士の娘がラーメンを作るやなんて…。

神部:そんなん 関係ない…。

鈴:はい?

神部:ありますよね。

タカ:せやけど おばあちゃんが手伝うてあげないと スープエキス作りから麺の陰干しまで 全部 福子おばちゃんがやらないといけないのよ。

吉乃:毎日 毎日1人で。

忠彦:それは大変や。体壊すなあ。

鈴:忠彦さん。

忠彦:はい。

福子:スープエキスは私一人で作るから お母さんは朝早くから来なくていいの。

萬平:どうかお願いします お義母さん。

福子:お願い。

克子:ここまで言われて手伝わへんの?

鈴:手伝いません。

吉乃:おばあちゃん。

タカ:おばあちゃん。

鈴:ええ…。えっ…。

●立花家

鈴:私は何をすればいいの。

福子:ちょっと待って。まずは…。麺をね こうやって揉み込んで 縮れ麺にしていくの。

鈴:えっ こ… これを全部!?

福子:はい。

●香田家

タカ:おばあちゃんは ちゃんと手伝ってるんやろうかね 大ちゃん。

克子:ほんまに大丈夫なんかしら。

●立花家

福子:蒸し時間は7分。

鈴:こ… これ全部を!? はあ…。

●パーラー白薔薇

岡:ほな 吉乃ちゃんは社長のとこに?

神部:手伝いに行くんや 毎日な。

森本:ほいじゃあ もう映画は一緒に見には…。

神部:行けへんな。

しのぶ:かわいそうに。

アキラ:いや どっちかというと喜劇や。

しのぶ:ん?

神部:それより問題は 萬平さんがお前らに手伝うてくれと頼まんかったことや。

森本:ほうじゃ。

岡:何でや。

神部:忘れられてたんやな。

しのぶ:やっぱり喜劇や。

アキラ:フフフ だから言うたやろ。

●立花家

福子:ほいっと。こうやって スープエキスをかけていく。

鈴:これ全部に!?

福子:うん。目標は一日400食。

鈴:よ… 400食! ああ…。

萬平:うん もういいだろう。

福子:油で揚げる時の麺の水分量は45%。

鈴:指で触って分かるの?

鈴:うわっ! ほんまに油で揚げてるわ!

萬平:2分で揚がります。もう どんどん作って下さい。熱っ。

鈴:ああっ!

福子:見てる場合やないのよ お母さん。

鈴:え~。

福子:ほら。

鈴:えっ えっ…。

福子:よし。はい 出来た。

福ちゃんたちの作業は延々と続きました。

源:持ってきたで。

幸:ありがとう。

3時になると 源ちゃんとさっちゃんが学校から帰ってきて袋詰めを手伝います。

源:あっ 出来た。

幸:これ。

源:ありがとう。

吉乃:真一おじちゃん。

夕方になると 真一さんと吉乃ちゃんがやって来て…。

真一:あとは おじちゃんたちがやるよ。

吉乃:源ちゃんもさっちゃんも ごはん食べて お風呂入ったらすぐに寝るのよ。

源と幸:はい。

福子:お疲れのところ すいません。

吉乃:大丈夫。

真一:よし。

福子:あっ お母さんはもう帰ってええよ。

鈴:ああ…。ああ 疲れた~。ああ これを毎日やるやなんて…。

こんな日が1週間2週間と続いていきました。

世良:まんぷくラーメン。2週間でこれだけ出来るとは たいしたもんや。

萬平:一日400食ぐらい作って 今 全部で大体5000袋。

世良:5000!

真一:福ちゃんが一番頑張ってる。朝から晩まで働きづめや。

世良:大丈夫か 福ちゃん。

福子:私は 体だけは丈夫です。

世良:無理すなよ。今な 大急百貨店にまんぷくラーメンを扱うてもらわれへんか 交渉中や。

萬平:えっ 梅田のあそこですか?

世良:おお。

真一:大阪一の老舗や。

福子:すごい!

世良:8月中には発売したいと考えてるんやが 大丈夫か 立花君。

萬平:ハハ… ああ まあ頑張ります。

世良:ほな 問題は値段やな。

福子:こんな所で立ち話もなんですから 居間でどうぞ。お茶入れますから。

世良:これ 1袋 なんぼにするつもりや。

萬平:僕は10円ぐらいがいいかなと。

世良:10円!? あほなことぬかすな! まんぷくラーメンは画期的な商品やぞ。30円… いや 40円の価値はある。

真一:確かに10円は安すぎる。

世良:なあ。

萬平:でも 安いということが新しいラーメンの条件なんです。うどん玉が6円ぐらいですから。

世良:うどん玉 買うてきたってな 食えるようにするには あれこれ時間かかるやろ。せやけど これはお湯をかけるだけや。時間も売っとんねや。

真一:確かに 世良さんの言うことには一理ある。

世良:せやろ。

真一:そしたら 間をとって20円はどうや。主婦は 20円なら買うかな 福ちゃん。福ちゃん!

萬平:どうした 福子!福子! 福子!福子!福子! ちょっと 救急車を!早く!早い!

世良:電話 電話…。

萬平:福子!どうしたんだ 福子… 福子!

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。