なつぞらまで41日(まんぷく117話)国立栄養研究所が健康食品としてお墨付き

朝ドラ「まんぷく」イメージ NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで41日。「まんぷく」は 117話2月19日 まで進行中。

鶏のトサカや ろっ骨のガラから さまざまな栄養成分が抽出されていることが分かりました。国立栄養研究所は まんぷくラーメンを健康食品として推奨すると書いてあるでしょう。

テレビのコマーシャル音声:「P印のペンギン石鹸 30円です」。

本日の気付き:「あさが来た」の五代様は、あさちゃんに「ファーストペンギン」になれと言っておりました。あれは2015年の下半期。

朝ドラまんぷく(117話2月19日)あらすじとセリフ

福子:とにかくですね 工夫に工夫を重ねて作ったラーメンなんです。

福ちゃんたちは一生懸命 まんぷくラーメンを売りました。でも…。

福子:2箱分しか売れませんでした。

吉乃:全然売れへんかった。

こうなると 何もかもが悪い方へ悪い方へ…。

鈴:やっぱり値段よ。20円は高すぎるのよ。

忠彦:デザインが悪い…。

萬平:そもそもラーメンにしたのがいけなかったのかも。

福子:何を言うてるんですか 萬平さん!

忠彦:あっ…。

福子:忠彦さん。

忠彦:実は別案を考えてきたんや。

福子:別案!?

●立花家

福子:ん?

忠彦:やっぱり 前のデザインは斬新すぎたんやないかと…。

福子:忠彦さん。

忠彦:まんぷくラーメンが売れヘんのは 僕のせいなんや。

萬平:それは違います。僕のせいです。

忠彦:いや 僕のせいや!

萬平:いや 僕のせいなんですって。

福子:何で2人ともそんなに弱気になるの!これはいりません。今のデザインがいいんです 忠彦さん。

忠彦:せやけど…。

福子:斬新でええやないですか。斬新な発明なんやから まんぷくラーメンは。そうでしょう 萬平さん。

萬平:でもな 福子。

福子:お客さんは戸惑ってるんやと思います。例えば 見たこともない すごい手品を見せられたとしたら 喜ぶ前にあぜんとするでしょう。君が悪いと思う人がたくさんいると思いませんか。あれとおんなじです。まんぷくラーメンのすごさは すぐには理解してもらえません。せやけど そのうち 何かのきっかけさえあれば 絶対に売れ始めます。絶対に!

忠彦:そのうちって いつや。

萬平:きっかけって何だ。

福子:え… それは… う~ん…。これや。この 栄養たっぷりがほんまやということを知ってもらうんです。斬新やけど 君が悪いやなくて 栄養たっぷりということが伝われば お客さんは買うてくれます。

萬平:う~ん… それは分かってる。

忠彦:せやけど どないしたら…。

福子:う~ん… ダネイホンの時を思い出して下さい。偉い人のお墨付きをもらうんです。

そして 翌日。

近江谷:ごめんください。

福子:はい。

近江谷:うん… 栄養たっぷりを証明する?

福子:そうです。まんぷくラーメンには栄養がたくさん入ってるはずなんです。ですよね 萬平さん。

萬平:あ… ああ。

福子:それを証明してもらいたいんです。

近江谷:つまり 栄養分析をしろと。

福子:はい。お願いします。

萬平:お願いします 近江谷先生。

近江谷:それは うちの研究所では無理です。

福子:えっ。

萬平:無理。

近江谷:ただ 私の知り合いが国立栄養研究所におります。

福子:えっ。

萬平:国立栄養研究所。

近江谷:そこで調べてもらいましょう。

萬平:ああ… ありがとうございます 近江谷先生。

福子:ありがとうございます!せやけど すいませんけど 大急ぎでお願いします。

萬平:福子…。

福子:時間がないんです。

近江谷:おお~ 分かりました。では 3日待って下さい。

萬平:申し訳ありません 本当に。

近江谷:はいはい。

福子:3日…。

●大急百貨店

鈴と福子:いらっしゃいませ。

萬平:どうぞ。

その3日が長かったこと。

福子:いらっしゃいませ。

萬平:さあ どうですか。いらっしゃいませ。

鈴:3分 お待ち下さい。

福子:たったの3分ですよ 3分。おかしなものは何にも入っておりません。

萬平:どうぞ。いらっしゃいませ。

福ちゃんたちは 昼はまんぷくラーメンの試食販売。夜はラーメン作りで大忙し。

●立花家

萬平:はい 揚がった。

福子:はい どうぞ。

萬平:よし ありがとう。

でも…。

鈴:はあ… 売れもしないのに こんなに作ってどうするの。

吉乃:そんなこと言わへんの おばあちゃん。

何とも言えない 嫌~な空気…。そこに朗報がもたらされたのです。

近江谷:お待たせしました!

萬平:近江谷先生。

福子:近江谷先生。

萬平:カルシウム リン 鉄分…。

福子:ビタミンA B B ナイアシン。

近江谷:鶏のトサカや ろっ骨のガラから さまざまな栄養成分が抽出されていることが分かりました。

世良:僕らにも見せてくれ。

鈴:私にも見せて。

近江谷:国立栄養研究所は まんぷくラーメンを健康食品として推奨すると書いてあるでしょう。

神部:ほんまや!

吉乃:国立栄養研究所?

世良:これはええ!

鈴:ありがたや ありがたや。

福子:よかったですね 萬平さん!

福子:ああ!福子!ああ…。

●大急百貨店

福子:栄養満点まんぷくラーメン。

鈴:国立栄養研究所のお墨付きでございます!

萬平:カルシウム ビタミンたっぷり 栄養満点でございます。

客:3つ下さい。

福子:3つ。ありがとうございます。

萬平:いらっしゃいませ。あ~ はいはい はいはい。

客:いくらですか?

福子:あっ 3つで60円です。

●立花家

神部:売り上げ どのぐらい増えたんですか?

真一:8割やな。

萬平:おお~。

神部:8割。

吉乃:すごい。

世良:いや 全然あかん。

福子:えっ 何で。

世良:たった3分で出来て お上のお墨付きをもろた画期的な商品やぞ。今までの3倍4倍売れて当たり前や。

萬平:いや 4倍って。

世良:ええか 立花君。大事なんは 問屋からの注文があるかどうかや。デパートの片隅でたくさん売れました ではどうにもならんねん。全国で売れるには 問屋から声がかからな あかんねや。

鈴:問屋?

世良:ああ。

鈴:それはあなたの仕事でしょ 世良さん。

神部:そうですよ。世良さんは何にもしてないやないですか。

世良:僕かて 商店街で一生懸命 売っとるわ!

吉乃:世良さんが私たちと同じことしてて どないするん。

真一:何のための世良商事や。

萬平:確かに 今はまだ 世良さんの存在意義が見当たらない。

世良:ちょ ちょ ちょ… ちょっ 待てて。

福子:せっかく国立栄養研究所からお墨付きをもろたんやから 何か作戦を考えて 世良さん。

世良:作戦て…。

鈴:何もないの。

萬平:「まんぷくラーメンは僕に売らせて下さい」って言ったじゃないですか。

世良:ある。作戦はある。

福子:何?

鈴:何やの?

世良:今やないな。

鈴:はあ?

世良:すごい作戦っちゅうんはな こう ここぞっちゅう時を見計ろうて ド~ンと実行するんや。今はまだ その時やないな。8割か~。

神部:作戦ないですよ この人。

吉乃:せやね。

世良:あるて。

真一:どうしたら 問屋から声がかかるか 考えよう 萬平君。

萬平:ああ はい。

鈴:私はもう嫌。

福子:お母さん。

(鈴さんの夢枕)

咲:おいしい。ああ おいしいわ。こんなん作るやなんて 大したもんやわ 萬平さんは。

鈴:ああ…咲! 咲! どうしてたの。

咲:どうしてたのって。

鈴:最近 全然顔見せてくれなかったやない。

咲:私かて いろいろ忙しいの お母さん。それより こんなおいしいラーメンが売れないって不思議やね。

鈴:そうなのよ。売れもしないのに 毎日毎日働かせれている私のつらさ 分かるでしょう。

咲:そもそも 何か最初から間違うてるのよ 何かが。う~ん そもそも これはラーメンって言うてええんかしら。

鈴:へっ?

咲:屋台のラーメンとは全然違うでしょ。麺は縮れてるし ネギもシナチクもチャーシューも入ってない。

鈴:そう言われれば…。

咲:ラーメンのようでラーメンやない。そやけど やっぱりラーメン。そういう曖昧さがいけないんやないの。ああ おいしい。

(鈴さんの夢枕終わり)

鈴:そうやわ。

福子:チャーシュー?

鈴:そう。ネギやシナチクもチャーシューも入ってないから駄目なのよ。

萬平:それは食べる人が後から入れれば…。

鈴:それでは 3分たったら出来上がりにはならないでしょう。お湯をかけるだけで元に戻る ネギやシナチクやチャーシューが 入ってないと。

萬平:えっ。

福子:そんなもの出来るわけないやない。

鈴:そして 値段をもっと安くする。

福子:お母さん やめて。

鈴:ゆうべ 咲がそう言ったのよ。

福子:咲姉ちゃん!?

鈴:これはラーメンみたいやけど ラーメンやない。ネギもシナチクもチャーシューも入ってないって。

福子:えっ… いや… 萬平さん! お母さんの妄想をまともに聞いたら駄目よ!

鈴:妄想やありません。

福子:妄想です~。

鈴:妄想やない。

萬平:はあ…。

●パーラー白薔薇

岡:ギクシャクしてる?

吉乃:ギクシャクいうか 雰囲気ようないいうか…。

森本:それは まんぷくラーメンが思ったように売れへんからか?

吉乃:期待が大きすぎたんやね。

アキラ:そんなことないで。まんぷくラーメンは大発明や。

しのぶ:うちでは大好評や。

岡:大好評?

しのぶ:うん。

アキラせや。見てみ。

森本:まんぷくラーメンがメニューにある。

吉乃20円!?

アキラ:せや。原価で出してるんや。まんぷくラーメンの宣伝以外の何物でもないな。

しのぶ:うん。周りを見てみ。

岡:えっ。みんな まんぷくラーメン!?

森本:えっ うそや。

アキラ:うそなことあるかいな。ええか「まんぷくラーメン パーラー白薔薇で大ヒット!」いうて 宣伝したらええねん。

しのぶ:「おかげで うちは儲けなし!」いうてな。

岡:わしも くれ。

森本:おお わしも。

吉乃:私も。

●香田家

テレビの音声:「私の仲間にも 随分大きな頭の人がいますが…」。

(笑い声)

福子:ハハハハ ええなあ テレビ。うちは まんぷくラーメンが売れんことには いつまでたってもテレビは買えませ~ん。

克子:商売って大変やね。

タカ:ええもんやから売れるいうことには ならないんやて。

忠彦:やっぱり 僕のデザインが悪かったんや。

福子:せやから そんなことないって 忠彦さん。

克子:萬平さんは どないしてんの?

福子:今日もラーメン作ってます。せやけど…。

●即席ラーメン研究所

(油で揚げる音)

萬平:ふう…。

●香田家

克子:元気がない…。

タカ:そらそうやわ。

忠彦:やっぱり デザインが…。

福子:忠彦さ~ん!

テレビのコマーシャル音声:「P印のペンギン石鹸」。

福子:これは何?

克子:宣伝や。

福子:宣伝…。

タカ:毎日やってるよ。

福子:毎日…。

忠彦:何回も。

福子:何回も…。

テレビのコマーシャル音声:「P印のペンギン石鹸 30円です」。

福子:これや! テレビや~!

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



コメント