なつぞらまで39日(まんぷく119話)問屋からの注文は現金決済のみの出荷

NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで39日。「まんぷく」は 119話2月21日 まで進行中。

48か。僕の年だよ。もう48だ。僕たちが出会って もう20年か。ありがとう 福子。こんな年になって ゼロから新しいラーメンを作ろうなんて そんな非常識な男に よくついてきてくれたなあって。

何を言うてるですか。まあ そうですね つらいことがなかった なんて言うたら うそになりますけど。フフフ。せやけど それも全部ひっくるめて 楽しい人生です。もう いろいろありすぎて 今日まであっという間でした。フフフ。せやけど まだまだこれからですよ 萬平さん。まんぷくラーメンが売れて 終わりやありません。あります あります。ええことも悪いことも。せやけど 私は平気ですから。ずっと萬平さんを支えていきますから。

本日の気付き:信用組合理事長の奥様時代に、ハナちゃんと連絡していなかった福ちゃん。「あの時のご恩は一生忘れません」と思っていたなら、なぜ???

朝ドラまんぷく(119話2月21日)あらすじとセリフ

福子:これや! テレビや~!

まんぷくラーメンのテレビコマーシャルを流そうと思いついた福ちゃん。ところが…。

神部:僕は奥様をイメージして これを考えました。

福子:私!?

神部:よ~い スタート!

福ちゃん自身が出演することになってしまったのです。

源と幸:おいしい!

福子:一家に5袋 まんぷくラーメン。

●パーラー白薔薇

テレビ:「30円です」。「丼に麺を入れてお湯をかけるだけ。たった3分でおいしいラーメンの出来上がり。栄養満点のお墨付き。大人も子どももみんな大好きまんぷくラーメン」。

「(源と幸)おいしい! 一家に5袋 まんぷくラーメン」。

(拍手と歓声)

福子:もう恥ずかしい!

世良:いやいや これはええで 福ちゃん。

萬平:お前が思ってるほど 恥ずかしい出来じゃないよ。

真一:むしろ 初々しさがよかったよ。

鈴:2つめが作らないの?

岡:知らん人が見たら 女優さんかと思いますよ。

福子:何言うてんの!

森本:いやいや わしもそう思いますよ。

鈴:2つめをやるなら 私が…。

神部:最後の「一家に5袋 まんぷくラーメン」がええでしょ。

アキラ:福ちゃんが言うたら 嫌みがないな。

世良:ああ。5袋でも10袋でも 買うたるいう気になるわ。

しのぶ:誰かれ まんぷくラーメン食べとなるわ~!

吉乃:福子おばちゃん すごい。

福子:やっぱり恥ずかしい!

鈴:私もテレビに出たい。

世良:5袋でも10袋でも買うたるわ。

●香田家

テレビ:「一家に5袋 まんぷくラーメン」。

忠彦:福ちゃんがテレビに…。

克子:不思議な感じやわ。

タカ:これで ほんまに売れるようになるの? まんぷくラーメン。

忠彦:大急百貨店の試食販売は あと何日あるんや。

克子:定休日があるから… あと3日。

タカ:3日…。

忠彦:3日か…。

●大急百貨店

館内放送:間もなく開店時間です。

ところが コマーシャルの影響は予想以上だったのです。

館内放送:間もなく開店時間です。

(エレベーターの到着音)

萬平:いらっしゃいませ。

直子:まんぷくラーメン頂戴!

理恵子:私にも5袋!

谷:わしは10袋や!

福子:今 お渡ししますから ちょっとお待ち下さい。

鈴:1袋20円ですよ。分かってらっしゃいますか。

玉恵:そんなん分かってますよってに。はよ頂戴。

鈴:わ…分かりました。

玉恵:あれっ あなた テレビに出てる人やないの。

福子:えっ。

理恵子:ほんまや。宣伝に出てる人や。

玉恵:触らせて!

福子:違います~!

萬平:どうぞ どうぞ。

●立花家

真一:すごいぞ!今までの5倍の売り上げや。

萬平:お~! 5倍。

神部:もう あさってには 商品なくなるんちゃいますか。

吉乃:コマーシャルってすごい。

福子:いや せやけど 私は死ぬかと思うたわ。

神部:そら テレビに出てる人が目の前にいるんやもん。

吉乃:大騒ぎになるわよ。

鈴:羨ましい。

萬平:今日は百貨店の定休日なのが幸いだ。今日のうちに作れるだけ作ろう。

神部:はい。

萬平:うわっ びっくりした! ああ 世良さん。

世良:そんな浮かれてる場合やないど。座りいな。言うたやろ。百貨店や商店街で売れただけやったら どうにもならんのや。問屋からバンバン注文が入ってこんことには まんぷくラーメンは世の中には広まらん。

鈴:何で注文入ってこうへんの。

吉乃:あんなにコマーシャルが映ってるのに。

世良:まあ 様子見しとるんやろな。

真一:そしたら そのうち注文は入る。

世良:もし注文が入っても 尻尾振って受けたら あかんど。

福子:どういうこと?

世良:現金決済しか受け付けんって答えるんや。

鈴:現金決済?

世良:うん。業界の慣習では 2ヶ月から3ヶ月の手形決済が普通や。せやけど 今 まんぷく食品には資金がない。

真一:確かに。

世良:ラーメン作り続けるには 現金が必要やな。そうやろ。

真一:分かった。現金決済のみの出荷にしよう。

神部:大丈夫なんですか。

世良:大丈夫や。

吉乃:真一おじちゃんが言うんやったら大丈夫。

世良:僕が言うとんねん。

真一:心配するな 萬平君 福ちゃん。

福子:はい お任せします。

萬平:真一さんを信じて。

世良:僕を信じろ。

鈴:あんたは まだまだ信用でけへん。

世良:何でやねん! どこ行くねん!

源:パンッ!パンッ!パンッ!

幸:パンッ!パンッ!パンッ!

福子:源 幸!

源:パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

幸:パンッ!パンッ!

福子:ほら もう8時よ。寝なさい。

源と幸:は~い。

福子:それは置いていきなさい。はい。

源と幸:は~い。

福子:おやすみなさい。

源と幸:おやすみなさい。

萬平:今日はもう終わりだ。風呂に入る。

福子:あっ そしたら 今 沸かし直します。

萬平:いや 大丈夫だよ。汗をさっと流すだけだから。

福子:いや せやけど…。

萬平:風呂だ 風呂だ。

敏子:ごめんください。

福子:よいしょ。おっとっとっと。

敏子:こんばんは。

ハナ:福ちゃん 久しぶり!

福子:えっ… ハナちゃんや。

ハナ:福ちゃん。

福子:いや~ もう 何やあ~!

ハナ:えっ 何年ぶりかしら。

福子:え~ 泉大津にいた時からやから 8年ぶり? いや いやいやいや 9年ぶりや!

敏子:そしたら 3人で会うのは 戦争の時以来?

回想福子:絶対元気で また会おね!

福子:え~!

ハナ:十何年ぶりやないの!

福子:せやけど ハナちゃんが元気そうでよかった。

ハナ:福ちゃんも。

敏子:まんぷくラーメンのコマーシャル 見たんやて。

ハナ:それでびっくりして 敏ちゃんに連絡したら 池田にいるいうから。

福子:それでわざわざ会いに来てくれたの?

敏子:昼間は忙しいやろうからって 遠慮してるうちに こんな時間になってしもうた。

福子:いやいや もっとはよう来てくれてもよかったのに。

ハナ:敏ちゃんから聞いたよ。池田に来て いろいろ大変やったって。

福子:もう大変やった。

ハナ:まんぷくラーメンも えらい苦労して作ったって。

福子:苦労したなんてもんやない。作ったのは私やなくて 萬平さんやけどね。

(笑い声)

ハナ:まんぷくラーメン 私も食べたけど ほんまにおいしかった。えっ お湯をかけて3分で出来るやなんて 大発明やん!

敏子:私もびっくり!

ハナ:そやけど 福ちゃんがテレビに出てきた時は もっとびっくりしたわ。

福子:いや~ 恥ずかしくて恥ずかしくて…。

ハナ:せやけど 萬平さんと二人三脚で頑張ったんやね 福ちゃん。

福子:泉大津で苦しい時に ハナちゃんの旦那様に助けて頂いたおかげです。あの時のご恩は一生忘れません。

ハナ:そんな水くさいこと言わんといて。親友やないの 私たち。

敏子:ハナちゃんも私も子育てが一段落したから 時間があるんよ。忙しかったら 萬平さんと福ちゃんのお仕事 手伝わせて。

福子:ありがとう。まだ忙しくなるかどうか 分からへんけど もしそうなったら頼みます。

萬平:福子 ちょっとタオルを1枚くれ…。うおっ!

ハナ:あっ お邪魔してます。

敏子:こんばんは。

萬平:お客様が来てたなんて すいません。

福子:萬平さん ハナちゃんよ。

萬平:えっ。

福子:泉大津でお世話になった私の大親友の。

ハナ:ご無沙汰しておりました 萬平さん。

萬平:ああ ハナちゃん。どうして。

福子:あのコマーシャル見て 会いに来てくれたのよ。

ハナ:まんぷくラーメン頂きました。ほんまに あれはおいしい。

敏子:便利やし 絶対売れますよ。

萬平:いや ありがとうございます。うれしいな。あっ ご主人はお元気ですか。

ハナ:はい。

テレビコマーシャルの効果は絶大でした。そして…。あれを見て会いに来てくれたのは ハナちゃんだけではなかったのです。

●大急百貨店

鈴:似合わないわ その眼鏡。

福子:そんなん どうでもええの。コマーシャルに出てる人やって 気付かれなかったらええんやから。

鈴:確かに その眼鏡顔では 誰もテレビに出てる人とは思わないわね。

福子:そうでしょう。

鈴:フフフフ。

恵:テレビに出てる人や。

福子:えっ。

善之介:間違いないな。

福子:あ… 違います。ええっ! 牧さん! 恵さん!

恵:やっぱり福ちゃんや。

鈴:まあ。

善之介:お久しぶり。牧善之介です。

恵:妻の恵です。

鈴:そうや。お二人は結婚されたのよね。

福子:また懐かしい人が来てくれた。うれしい うれしい!

善之介:コマーシャルに福ちゃん出てるから びっくりしたわ。

恵:もしかして まんぷくラーメンって 萬平さんと福ちゃんの名前を取って まんぷくラーメン?

福子:それもある。

恵:やっぱり。さすが萬平さんは発明家やわ。すごいもの作ったんやね。

鈴:ありがとうございます。

善之介:忙しいやろうから 長居はしませんよ。とりあえず まんぷくラーメン 20袋下さい。

福子:20袋!

鈴:はい 喜んで。

恵:うちは 子どもたちも私たちも まんぷくラーメン大好きなの。

福子:ありがとうございます。

鈴:お会計はこちらです。

恵:はい。

(館内放送:間もなく開店時間です)

善之介:いや~ うれしい。僕ら 福ちゃんと萬平さんの なれ初めを知ってるだけに 我がことのように…。

好恵:まんぷくラーメン下さい!

藤田:5袋くれ!

薫:私にも!

福子:はい。

善之介:あの時 僕たちがいなかったら 2人は…。ああ~ ああ~!

福子:牧さん! どこ!

善之介:ここです!

福子:少々お待ち下さい。

恵:福ちゃん もう帰るから 頑張ってね!

福子:ありがとう!

鈴:ありがとうございます~!

●立花家

神部:萬平さん。

萬平:よし。

神部:萬平さん 萬平さん ちょっと来て下さい。

萬平:ああ? 何だ 神部君。

神部:来て下さい。

世良:30箱? おおきに。せやけど 現金決済でっせ。

真一:はい 10箱ですね。

世良:ああ 住所は?

真一:分かりました。前払いでお願いします。

世良:はい。

神部:問屋からですよ 萬平さん。

この時から まんぷくラーメンは爆発的に売れ始めたのです。

鈴:これから ますます 忙しくなる…。

(ため息)

萬平:48か。

福子:ん?

萬平:僕の年だよ。もう48だ。

福子:48 そうですね ハハハッ。

萬平:僕たちが出会って もう20年か。

福子:20年。あ~ そうですね。

萬平:ありがとう 福子。

福子:何が?

萬平:こんな年になって ゼロから新しいラーメンを作ろうなんて そんな非常識な男に よくついてきてくれたなあって。

福子:何を言うてるですか。まあ そうですね つらいことがなかった なんて言うたら うそになりますけど。フフフ。せやけど それも全部ひっくるめて 楽しい人生です。もう いろいろありすぎて 今日まであっという間でした。

萬平:そうか。

福子:フフフ。せやけど まだまだこれからですよ 萬平さん。まんぷくラーメンが売れて 終わりやありません。

萬平:まだあるのか。

福子:あります あります。ええことも悪いことも。せやけど 私は平気ですから。ずっと萬平さんを支えていきますから。

萬平:ありがとう。

福子:いや~ 何があるかな~。ほんま楽しみやわ。

萬平:フッ…。

(電話の着信音)

福子:ほら 萬平さんも まだ終わってないんでしょ。

萬平:ああ。

福子:はい まんぷく食品です。あっ はい ありがとうございます。あっ 10箱。はい。あっ すいません ちょっと品薄でした。1週間ほど頂きますけど よろしいでしょうか? はい ありがとうございます。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク