まんぷく134話 社員全員「自分たちが商品を作るんだ」

NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで21日。「まんぷく」は 134話3月11日 まで進行中。

萬平:まんぷく食品はもう昔とは違います。社員全員「自分たちが商品を作るんだ」という気持ちになってもらわないと。

忠彦:戦争で目をやられて 一時は絶望したが 描きたいという衝動を抑えられなかった。最初は魚。次に美人画。そして今は…。その時その時の思いでええんや 名木君。君の中にあるものをぶつければええんや。

本日の感想:次世代を育てる覚悟と我慢。中高年必見の回。そして、朝ごはんは家族みんなで食べよう 幸。

朝ドラまんぷく(134話3月11日)あらすじとセリフ

福子:源はやっと 自分の甘さに気付いたんやと思います。仕事の厳しさにも。

萬平:まんぷくヌードルのカップには3つの役割がある。

神部:3つ?

萬平:まずカップは麺を保存する容器だ。そして お湯を注ぐと調理器具になる。さらに食べる時 食器になる。

源:確かに…。

萬平:急がなくてもいい。じっくりと考えてくれ。分からない時は分からないと言ってくれ。迷ったら相談してくれ。みんなでまんぷくヌードルを一緒に作っていこう。

神部:はい。

西野:はいっ。

洋子:はい。

久坂:はい。

源:分かりました。

●立花家

源:保存容器で調理器具で食器。

鈴:はよ食べて 源ちゃん。

萬平:しかも丈夫で軽くてコストのかからない素材だぞ。

源:分かってます。

鈴:萬平さんもはよ食べないと会社に遅れますよ。

福子:源が萬平さんと真面目な顔で仕事の話してるやなんて 何かうれしい。

鈴:そういう話は まんぷく食品の景気がようなってから言うてちょうだい。

福子:景気をようするために2人で考えてるんやないの。

萬平:よし ごちそうさま。

源:ごちそうさま。

福子:もうええの? 忘れ物はありませんか?

源:大丈夫や。

(幸のあくび)

幸:行ってらっしゃい。

萬平:じゃあ 行ってくる。

福子:お仕事 頑張って下さいね。

萬平:ああ。

源:行ってきます。

福子:はい 行ってらっしゃい。

萬平:ああ。

鈴:ゆうべ 遅かったわね。誰と一緒やったの?

幸:友達。

鈴:あっ 友達って レオナルド?

回想レオナルド:ヘイ 幸!

幸:…も いた。何?

鈴:うん 別に。

●パーラー白薔薇

アキラ:何はともあれ 源ちゃんがやる気になってくれたのは うれしいことやないの。

しのぶ:母親としては そうやね。

福子:あの熱意がしっかり続いてくれればええんやけど。

アキラ:福ちゃん 仕事っちゅうもんはな いい結果につながれば「また次やろう」って思うもんなんや。

ハナ:まんぷくヌードルが出来たら 源ちゃん もっとたくましくなるわよ。

福子:う~ん そうよね。

敏子:そやけど 私は萬平さんの方が心配。

しのぶ:心配?

敏子:もともと せっかちな人でしょう。源ちゃんがあれこれ迷てるうちに「もういい 僕がやる!」って 言いだすかも。

アキラ:せやなあ。僕みたいに どうやったら楽できるかななんて 考えられる人やないもんなあ。

しのぶ:あんたは特別や。

アキラ:アイムソーリーや。

●魚屋「魚菱」前

福子:今日のおかずは…。

回想源:保存容器で調理器具で食器。

回想萬平:しかも丈夫で軽くてコストのかからない素材だぞ。

福子:あっ。軽っ。

(福子から源への電話)

源:発砲スチロール?

福子:そう。まんぷくヌードルのカップの素材。

源:それはもう考えたよ。発砲スチロールは もろいんや。丼くらいの薄さにすると すぐ壊れる。

福子:そう。ええ考えやと思たんやけど。そらそうや。発砲スチロールやもんね。そしたら頑張ってね。

源:発砲スチロール…。

●まんぷく食品・商品開発部

萬平:できない?

西野:はい。社長が作られたスープを着味エキスにするのは無理です。

久坂:まんぷくラーメンのように麺に吹きつけても お湯で戻して同じ味にはなりません。

真一:やってみたのか?

洋子:何回も実験しました。

萬平:できないじゃ済まされない。

西野:あの 粉末スープにしては駄目でしょうか?

真一:粉末スープ?

西野:はい。

久坂:エキスにして麺に着味できるものと粉末スープにするものに分けるんです。あの味を再現するためには それしかないと思います。

萬平:うん…。粉スープにするには 課題があるぞ。

久坂:煮込むことなく お湯をかけるだけで完全に溶けること。

洋子:分かってます。

萬平:できるのか?

西野:やってみせます 社長。

萬平:分かった。やってみろ。

3人:はいっ。

真一:相当 勇気がいったと思うよ 彼らは。社長の考えとは違うことを提案してきたんやから。

萬平:分かっています。

真一:本当は 萬平君は全部自分一人でやりたいと思ってるんやろう。その気持ちを抑えて 社員たちに任せようとしてるんやね。

(エレベータの到着音)

萬平:まんぷく食品はもう昔とは違います。社員全員「自分たちが商品を作るんだ」という気持ちになってもらわないと。

真一:おっしゃるとおりです 社長。

萬平:ハハ。

●香田家

忠彦:君は美大も出ている。これ以上 僕から技術を学ぶ必要はない。

名木:えっ…。

忠彦:大事なことは 君が何を描きたいかだ。何をキャンバスにぶつけたいかだ。僕が君ぐらいの年だった頃は 鳥の色彩に魅せられていた。

名木:はい。

忠彦:そやけど 戦争で目をやられて 一時は絶望したが 描きたいという衝動を抑えられなかった。最初は魚。次に美人画。そして今は…。その時その時の思いでええんや 名木君。君の中にあるものをぶつければええんや。

名木:僕の中にあるもの…。

タカ:お父さんが熱くなってる。

克子:何としても 名木さんを一人前にしたいんよ。

大介:あの にいちゃんかて 髪切ってまで覚悟決めたんやからなあ。期待に応えな。

名木:描きたい気持ちはあるんです 先生。

忠彦:ああ。

名木:でも僕はボンボン育ちで貧乏を知らんし 学生運動にも乗り遅れました。僕の人生に強烈な体験いうもんがないんです。

忠彦:体験がないから 描けないいうことは…。

名木:戦争に行った先生が羨ましい。僕も行きたかった!

忠彦:あほなこと言うんやない!

(泣き声)

(ドアの開閉音)

克子:名木さんに何言うたの?

忠彦:何なんや!今どきの若いやつは!

タカ:せやけど 弟子なんやから理解してあげないと駄目よ。

克子:名木さんを育てられないわよ あなた。

忠彦:育てるて。

大介:難しいなあ。あんな泣きべそやったら 世の中の荒波を渡っていかれへんで。

忠彦:大介…。どういう育て方をしてるんや タカ。

タカ:普通に育てたら ああなってしもたの。

克子:ああなってしもたの?

●おでん屋台

真一:子どもは親の思うようには育たんよ。

岡:そういうもんですか。

真一:うちの花子は今19で 和光は17になったが あれほど言い聞かせてきたのに 娘は男勝りで息子は内気なままや。先が思いやられるよ。

岡:せやけど うちの麻美はまだ7つやし 森本のとこもな。

真一:君らは食べんのか。えらい小食やな。

森本:いや 僕らは。

岡:帰ったら 家内が晩ごはん作ってくれてますから。

真一:それやったら 帰ればよかったやないか。

森本:いやいやいや 専務のお誘いを断るわけには。

岡:そうですよ。こんなこと めったにないんやから。

真一:そうか。別に特別 何か話があるわけやないんやが 2人がどう考えてるか 聞いてみたい思てな。営業部の製造部の長として まんぷくヌードルについて。

森本:製造部としては とにかくラインをどう作っていくのかが気になりますね。今までの袋麺とは工程の複雑さが違うでしょう。

真一:当然 新工場を造ることになるわな。

岡:わしは やっぱり値段です。袋麺が30円で売られてるのに 100円はやっぱり高いですよ。

真一:そこはもう社長を信じるしかない。萬平君は 画期的な商品になる言うてる。それは恐らく 僕らの想像以上に画期的なもんなんや。製造部の仕事も 営業部の仕事も 今までとは全く違うもんになる 思た方がええ。

●まんぷく食品・社長室

萬平:うん… こんな発砲スチロールがあったのか。

神部:はい。立花がいろいろな業者に問い合わせてみたら ビーズが細かく詰まった そういう固いものがあったんです。

源:とりあえず 手作りでこのカップを作ってみました。

神部:これやったら 軽いし 手に持っても熱は伝わらないと思います。

萬平:いいかもしれないな。よし これでいこう。

神部:ありがとうございます。

源:ありがとうございます。

萬平:しかし これじゃあ大きすぎる。

神部:でも 300ccが入るとなると どうしてもこのくらいの…。

萬平:厚みがあり過ぎるんだ。2~3ミリにして もっと全体的に小さくしろ。

源:2~3ミリ!?

萬平:強度を保つためにはもっと こう 粒子を細かくして密にするんだ。まんぷくヌードル用の全く新しい発砲スチロール容器を作ってくれ。

神部:わ… 分かりました。

源:はい。

(源と福子の電話)

福子:えっ? 発砲スチロールで決まったの>

源:もちろん 父さんからいろいろ課題が出て これからが大変やけどね。

福子:そう。頑張って。

源:母さんのおかげや。ありがとう。

福子:源…。

源:よし。

●立花家

鈴:さっちゃんは どうしたのよ。夕方までには 帰るんやなかったの?

福子:そんなこと 私に言われたかて。

ドアが開く音)

鈴:さっちゃんやわ。

福子:萬平さん お帰りなさい。

萬平:ああ ただいま。

鈴:さっちゃんやなかった。

萬平:何だ 幸はまだ帰ってないのか。

福子:今日はアルバイトはない 言うてたんですけどね。源は一緒やなかったんですか。

萬平:ああ まだ会社に残ってるよ。今までのあいつなら さっさと退社してたのにな。

福子:仕事が楽しくなってきたんですね。

萬平:ああ だといいんだが。

幸: ありがとう 送ってくれて。

鈴:さっちゃん。

レオナルド:(英語で)そんなの当然さ。

幸:(英語で)うちに寄っていく?

レオナルド:(英語で)ありがたいんだけど遠慮しておくよ。

レオナルド:じゃあ またね 幸。

(抱擁ハグする2人)

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにありますのでご注意願います。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

スポンサーリンク



コメント