まんぷく146話 立花君はもっと謙虚に生きなあかんわ

NHK連続テレビ小説

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで7日。「まんぷく」は 146話3月25日 まで進行中。

立花君はもっと謙虚に生きなあかんわ。僕は死んだおばあちゃんによう言われたで。「わしがわしが」の「我」を捨てて「おかげおかげ」の「げ」で生きよ言うてな。

本日の気付き:名木君の名字ですが、よく泣くキャラだから「泣き」→「名木」になったんじゃないかと。

朝ドラまんぷく(146話3月25日)あらすじとセリフ

名木:出来ました。

忠彦:まんぷくヌードルのパッケージデザインや。

萬平:ありがとう 名木君。

そして ついに… まんぷくヌードルが発売されたのです!

●立花家

(加地谷からの電話)

福子:加地谷さん!

加地谷:まんぷくヌードル 食べたで。いや ありゃうまい。また すごいもん作ったな 立花君は。

福子:ありがとうございます。

加地谷:最初からカップに入ってるから ほんまにお湯を入れるだけで食える。しかも具まで入ってて。まんぷくラーメンの時もびっくりしたけどな 今度はまた…。ハハハ すまん すまん。つい興奮してしもた。

福子:そんなふうに言うてもらえると 萬平さん 大喜びしますよ。

加地谷:で 立花君は 今 いくつや。

福子:もう 60になりました。

加地谷:ああ 60であれを作るとは いや~ ほんまに大したもんや。ハハハハハハ!

社員:社長 出番です。

加地谷:あっ 今行く。なあ 立花君に頑張ってくれと伝えといてや。福ちゃんもな。

福子:はい ありがとうございます。

加地谷:大成功 おめでとう… 立花君。

鈴:誰から電話?

福子:萬平さん むか~しからのお友達。まんぷくヌードルはおいしいって。

鈴:そうよ おいしいのよ。そやのに どうして…。

(電話の着信音)

福子:はい 立花でございます。

野呂:もしもし 福ちゃんか。野呂です。

福子:あっ 野呂さん!

野呂:まんぷくヌードル うまいなあ!麺とスープもうまいけど 具もうまい。エビの入ってて びっくりしたわ。

福子:ありがとうございます。

野呂:今更ながら ええ旦那さんやな。最初から僕の出る幕はなかったんや。まんぷくヌードル食べながら しみじみ思たで。

福子:野呂さんのお料理も おいしいですよ。また今度 行かせてもらいますね。

野呂:ああ おいしい缶詰用意して待ってるわ。ハハハ。頑張ってや 福ちゃん。

福子:はい。

福子:野呂さんも まんぷくヌードル おいしいって。

鈴:おいしいって言うてくれるのは うれしいけど…。どうするの? 福子。

福子:そんなこと 私に言われたかて…。

●まんぷく食品・会議室

岡:まんぷくヌードルの売り上げが伸びません。当初の予想の1/3です。

萬平:1/3…。

真一:あんなに大々的に宣伝をやってもか。

神部:テレビコマーシャルも一日に10回以上流してんのに。

森本:買うてくれたお客さんは おいしい言うてくれてるんやろ。

岡:せやけど 売れへん。

神部:やっぱり 問題は値段でしょうか。

岡:小売店からは 100円は高すぎると。

神部:100円出して まんぷくヌードルを買おういう人は…。

萬平:値段は変えない。まんぷくヌードルは100円だ。

●まんぷく食品・商品開発部

洋子:100円の価値はあります まんぷくヌードルには。絶対に売れます 絶対!

西野:僕もそう思いたいけど…。

源:もし 売れなかったらどうなるんですか。

久坂:まんぷくヌードルは製造中止ですか。

洋子:そんなん嫌や!

西野:営業部や世良さんに頑張ってもらって そうならないことを祈るしかないよ。

源:クソッ!

●立花家

萬平:ただいま。

福子:お帰りなさい。源は 商品開発部の人たちと飲んで帰るって。

萬平:いろいろ 鬱積がたまってるんだろうな。

福子:そや 加地谷さんと野呂さんから 電話があったんですよ 今日。まんぷくヌードルはすごくおいしいって。萬平さんはすごいって。

萬平:そうか…。どうしたら売れるようになるんだ。それが見つからないと 今の状況は打破できない。

福子:萬平さん まんぷくヌードルのよさは 絶対に分かってもらえます。

萬平:風呂は…。

福子:沸いてます。

萬平:ああ 先に入ってくる。

福子:はい。

でも 発売から2週間たっても まんぷくヌードルの売り上げは のびませんでした。

●スーパーの食品売り場

福子:あら!まんぷくヌードル!これ おいしいのよね!それにとっても便利。もう一つ買うとこ。

昌代:せやけど 100円もするんよ。

福子:いやいやいや 丼出したり 洗たりせんでもええんやから 100円出しても買う価値はありますって。そしたら もう一つ。

昌代:私はいらん。

福子:いっぺん 買うてみたらええのに~!

咲子:ふ~ん。ほしたら 1個だけ。

福子:もっと買うて!

●まんぷく食品・社長室

萬平:はあ… どうしたら…。

●香田家

名木:僕のせいです!

忠彦:違う。

名木:僕のデザインが悪かったから…。

忠彦:はあ…。

名木:やっぱり そうなんですか?

忠彦:僕もまんぷくラーメンの時に同じ経験をした。今の名木君の気持ちはよう分かる。君が描いたデザインを僕はええと思た。萬平君もいいと思たから採用したんや。

(泣き声)

忠彦:だから 怖いって。

(泣き声)

克子:ええものが売れるとは限らないんやね。

タカ:お芝居かて そうやない。こないだ見たお芝居は すごく面白かったのに お客さん 半分くらいしか入ってへんかった。ねえ 大介。

大介:あれは役者が地味すぎたんや。お代わり。

忠彦:まんぷくヌードルは地味やないぞ。

克子:そうよ。

神部:せやけど 社長が100円にこだわる限り どうにもなりませんよ。

忠彦:どないしたんや 茂君。そんなこと言うやなんて。

神部:いや… 最初はみんなで苦労して作ったまんぷくヌードルなんやから 100円の価値は当然あると思うてました。せやけど あそこまで売れんと…。

忠彦:ゴッホは生きてる間に売れた絵は 一枚だけやった。せやけど 今 ゴッホの絵いうたら…。

神部:そこまで待てません。

克子:萬平さんや茂さんが死んでから まんぷくヌードルが売れても 意味ないやない。

忠彦:僕は例え話で…。

タカ:例え話が壮大すぎるんよ お父さん。

大介:ゴッホと比べたら また名木君が大泣きするで。

忠彦:そやな…。

●パーラー白薔薇

(ドアが閉まる音)

世良:何や まんぷくヌードル 客に出すんか。

しのぶ:まんぷくラーメンの時とおんなじです。

アキラ:ちょっとでも まんぷくヌードルの宣伝になったらええと思てな。

世良:いやいや 100円て 店の儲け ゼロやないか。

しのぶ:まんぷくラーメンの時とおんなじ。

アキラ:萬平さんと福ちゃんの助けになったらええんや。儲けなんかいらん。僕らの心意気や。

世良:あんたら 人がよすぎるわ。僕には ありえん発想やで。

アキラ:せやけどなあ なかなか注文が入らんのや。

世良:え?

しのぶ:まんぷくラーメンの時は ぎょうさん お客さんが食べてくれたけど まんぷくヌードルはさっぱり。

世良:何でや。

アキラ:まあ 僕の想像なんやけどな まあ カップに こう 湯を注ぐだけやろ。手抜き料理と思われてんのかな。

しのぶ:まんぷくラーメンの時は とりあえず丼用意したもんね。

アキラ:しかし それだけ画期的な商品やっちゅうことやで まんぷくヌードルは。

世良:画期的 画期的てな あんま そうやって待ち上げたらあかんて。立花君はな こう 自分がすごいもん作ったいう こう おごりがあるんや。

しのぶ:おごり?

アキラ:萬平さんが? まさか。

世良:せやから 値下げせんのや。立花君は もっと謙虚に生きな あかんわ。僕は死んだおばあちゃんに よう言われたで。「わしがわしが」の「我」を捨てて「おかげおかげ」の「げ」で生きよ言うてな。ライスカレー 1つ。

アキラ:あんたがそれを言いますか。

しのぶ:おかしいわ。

世良:何でやねん。

●立花家

鈴:ゆうべ 夢枕に咲が立ったの。

福子:また? ええなあ。

鈴:正しくは 座ってたんやけどね。

咲:お母さん… お母さん…。

鈴:咲…。ああ… 咲。

咲:体は大丈夫?

鈴:大丈夫よ。もうすっかりようなったわ。

咲:そやけど駄目よ。病気が治ったからって無理したら。

鈴:無理はしないけど… 心配の種は尽きないわ。

咲:まんぷくヌードルが売れないこと?

鈴:今度こそ失敗よ。また一文無しになるかも。ああ…。

咲:そんなこと心配して どうするのよ。お母さん。

鈴:えっ?

咲:お母さんは あと何十年も生きるわけやないでしょう。もう穏やかに余生を過ごすことを考えて。

鈴:よ… 余生?

咲:お母さんも もうすぐ こっちに来るんやから。

福子:何で咲姉ちゃんが そんな不吉なこと言うの。

鈴:不吉やないわよ。本当のことやもの。

福子:やめて。肉じゃが煮えてる お母さん。

(ドアが開く音)

幸:ただいま。

福子:お帰り。

幸:ウフフ。

鈴:えっ!?

福子:どうしたの そのコート!

鈴:まあ!

幸:買うたんよ アルバイト代ためて。

鈴:そんな派手なのにしなくても…。

福子:いや ほんまに派手やね~。

幸:こんなん普通やん。みんな着てるわ。

鈴:さっちゃんには似合わない。

幸:ええの。あと1年したら 就職するんやから。今のうちに大学生活を楽しまないと。

鈴:最近の若い人は みんな ああいうの着てるの?

福子:いや~ 知りません。

鈴:はあ~。

ちょうどそのころ まんぷく食品に激震が走っていました。

●まんぷく食品・社長室

萬平:値引きする?

岡:まんぷくヌードルを取り扱ってるスーパーや小売店が値引きして売ると。

真一:どこのスーパーだ。

岡:全部です。

神部:全部!?

岡:とにかく 89円とか79円に値下げしないと 客が買わないと。

萬平:駄目だ。値引きは許さない。

岡:せやけど 社長!

萬平:まんぷくヌードルは100円だ。

真一:せやけど 社長 もうそんなこと言うてる場合やないのでは…。

神部:僕もそう思います。まんぷくヌードルは 手軽にどこでも食べられる画期的な商品や ということは間違いありませんが 買うてもわらんことには お客さんはその価値に気付いてくれません。

真一:そうです。最初だけでも値段を下げて…。

萬平:安い値段で売り出したものを またあとから値上げできますか 真一さん。まんぷくラーメンの時のことを思い出してみて下さい。どんどん値崩れを起こして 大変なことになったじゃないですか。神部君も 自分たちが作ったものに もっと誇りを持つんだ!

神部:もちろん 誇りは持ってますよ!せやけど…。もう 分からん!

萬平:分かった。スーパーや小売店では もうまんぷくヌードルは売らない。

岡:えっ!

真一:売らない!?

萬平:全く新しい完売ルートを考えろ。

神部:新しい…。

萬平:100円でまんぷくヌードルを買ってくれるお客さんは必ずいるはずだ 必ず。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにありますのでご注意願います。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント