なつぞらまで2日(まんぷく151話最終回)私はずっと萬平さんと一緒です。

NHK連続テレビ小説・第100作「なつぞら」放送まで2日。「まんぷく」は 151話3月30日 最終回!

朝ドラまんぷく(151話3月30日)あらすじとセリフ

ついに歩行者天国の日がやって来ました!

世良:しゃ! 始まったで!

福子:萬平さん。

萬平:よし いくぞ。

神部:やるぞ!

西野と久坂:はいっ!

タカ:吉乃 そっちにヤカンある?

吉乃:大丈夫。

岡:絶対売ったるで!

一同:はいっ!

●まんぷく食品・社長室

森本:始まりましたよ 歩行者天国。専務 始まりましたよ。

真一:分かってる! ああ ごめん。うん。

●立花家

鈴:何とぞ 何とぞ うまくいきますように。

幸:お願い 咲おばちゃん。

●香田家

克子:ほんまに大丈夫なんかしら 萬平さんたち。

忠彦:大丈夫や。福ちゃんも一緒におるんやし。

大介:何で福ちゃんが一緒におったら 大丈夫なん?

忠彦:何でて… まんぷくラーメンの時も 萬平君と福ちゃんが二人三脚で頑張ったんや。 うん。萬平君は天才や。せやけど 福ちゃんがおらんかったら あの才能も花開くことはなかった。

克子:そうかもしれないわね。うん 大丈夫。福子がおったら大丈夫やわ。

忠彦:2人が作ったまんぷくヌードルが世の中に認められんわけはない。

●パーラー白薔薇

名木:お客さん 来てくれるやろか。

純:そんなに心配なら見に行こうよ。

名木:怖ぁて行かれへん!

しのぶ:ほな 私らが店閉めて見に行こか。

アキラ:僕は怖ぁて行かれへん。

敏子:やっぱり行こう ハナちゃん。

ハナ:怖い!

●立花家

鈴:お願いします。うまくいきますように。お願いします。

(電話の着信音)

幸:電話や! 立花です。

福子:幸! お客さんが みんな まんぷくヌードルを食べてくれてるの!

萬平:ああ ありがとうございます。

神部:お待たせしました。

岡:3分お待ち下さい。

福子:若い人たちが こんなに大勢。

幸:ええっ! まんぷくヌードルが売れてるって。

タカ:世良さん お湯がなくなる。

世良:そんなこと言われても… はよ沸かんかい!

(神部と真一の電話)

真一:ほんまか!?

神部:はい。もう売れまくってます。みんな 100円で買うてくれてますよ。

真一:そうか 売れまくってる!

森本:よっしゃあ~っ!

(タカと克子の電話)

タカ:売れてるもんやない。もう すごい人やわ。

克子:大繁盛やて!

忠彦:大繁盛!? さすがや。

●パーラー白薔薇

テレビの音:今日 中央通りで 歩行者天国が開催されました。歩行者天国は若者たちや家族連れでおおにぎわい。ふだんは歩けない車道に自由に入れるとあって 食べ歩きしながら 楽しそうに行き交う若者たちも大勢見受けられました。

敏子:あっ!

敏子:あっ!

しのぶ:まんぷくヌードルや!

アキラ:まんぷくヌードル食べながら歩いてるで。

(泣き声)

敏子:福ちゃん!

ハナ:福ちゃん!

アキラ:萬平さんもいるわ。

ハナ:福ちゃん きっと喜んでるわ。

敏子:マスター! まんぷくヌードルお願い。

ハナ:私もお願い。

純:私も。

名木:私も。

しのぶ:私も!

アキラ:ユー ユー ユー ユー アー まんぷくヌードル オッケー!

●歩行者天国

萬平:みんな ご苦労さま。

一同:ご苦労さまでした!

萬平:みんなが頑張ってくれたおかげで 今日用意したまんぷくヌードルは全て…完売だ!

(拍手と歓声)

萬平:今日は我々にとって記念すべき日だ。本当にありがとう。

一同:ありがとうございました!

世良:みんな ようやった!

神部:よかったな。

源:はいっ!

久坂:ありがとうございます!

源:あっ あっちにも。

洋子:あっ はい。

福子:ありがとうございます。

●立花家

テレビの音:歩行者天国では…。

福子:うわ~。ほんまにうれしいですね 萬平さん。

萬平:ああ。あんなにたくさんの人が食べてくれるとはな。

幸:私たちの世代では まんぷくヌードルはファッションにもなるんよ。みんな かっこいいって思てくれたんよ。

源:お父さんの言うたとおりやったね。

萬平:それに気付かせてくれたのは お前たちだ。ありがとう。

鈴:浮かれてはいけません。駄目よ すぐ有頂天になったら。いいことがあったら 次は悪いことがやって来るんやから。

萬平:あっ…。

福子:ああっ いっ…。

鈴さんの不安は…。

●スーパーの食品売り場

客:まんぷくヌードル! まんぷくヌードルや!

的中しませんでした!翌日には 全国の問屋から注文が殺到し どこのスーパーにも まんぷくヌードルが並んだのです。もちろん 値段は100円! そしてまんぷくヌードルは大ヒット商品になったのです!

●立花家

福子:あっ これは…。

萬平:まんぷくヌードルの販売数だ。どんどん伸びてる。

福子:こんなに! いや~ おめでとうございます 萬平さん。

萬平:ああ。ありがとう 福子。

福子:萬平さんたち みんなが頑張ったからですよ。

萬平:そうかもしれないけど…。60にもなって まんぷくヌードルを作ることができたのは お前がいてくれたからだ。

福子:せやけど これで終わりやないんでしょ。

萬平:ん?

福子:まだまだ続くんですよね 萬平さんですもの。

萬平:ああ… お前が一緒にいてくれる限りはな。

福子:私はずっと萬平さんと一緒です。

萬平:うん。ハハハハハハハ!

●まんぷく食品・社長室

真一:まんぷくヌードルの販売数が10万食を超えました。

神部:10万食…。

萬平:そうか…。

真一:萬平君はすごい。その年になって まんぷくヌードルを発明するなんて…。

神部:ほんまに尊敬します。

萬平:みんなが頑張ってくれたおかげですよ。

真一:こんなことは てれくさくて言えなかったけど 僕は萬平君に出会わせてくれた縁に心からありがたいと思っているんや。

萬平:ハハ…。

真一:ほんまに 心から。

神部:僕もです。萬平さんと出会えたことは僕の人生の宝です。

萬平:お礼を言いたいのは僕の方です。今日まで一緒に頑張ってきてくれて ありがとうございます 真一さん。ハハハハ。ハハハハ。

回想真一:よかった。よかった。

回想萬平:いろいろと つらいことがあったんだろうな 真一さん。

回想萬平:うちに わざわざ そんな格好で出勤しなくても。

回想真一:仕事をしてみたら やっぱり ちゃんとしないと落ち着かないから。

回想萬平:彼は入社したばかりです。何も知りません。

回想真一:申し訳ない! 萬平君一人に責任を負わせることになってしまった。

回想真一:僕はまんぷく食品の社員になる。よろしく頼むよ 萬平君。

萬平:ありがとう 神部君。

神部:ありがとうございます。おっ。

萬平:ハハハハハ。

回想神部:うまい… うまいです。

回想萬平:ん? 水を?

回想神部:俺も連れてって下さい。

回想福子:神部さんは 子どもたちの家庭教師でしょう。

回想神部:萬平さんたちがいなくなるのに 他人の俺だけ残るわけにはいきません。

(回想騒ぐ声)

回想神部:水かけてくれ~!

回想:神部:ほんまに大好きなんです!

回想神部:お願いします 手伝わせて下さい。

回想一同:万歳!万歳!万歳!

萬平:実は 2人に伝えたいことがあるんです。

真一:何でしょう。

萬平:しばらくの間 まんぷく食品を真一さんに任せようと思います。

真一:えっ えっ?

神部:任せる!?

萬平:神部君は 役員として専務を支えてくれ。

神部:いや… どういうことですか?

真一:しばらくの間って 萬平君は何を?

●香田家

忠彦:旅に出る!?

克子:どこに行くの?

福子:萬平さんがね 前に言うてくれたの。2人で世界の麺を食べに行こうって。

吉乃:麺?

タカ:麺?

克子:麺を食べに行くの?

忠彦:世界の麺…。

福子:アジアからヨーロッパまで。世界一周 麺の旅です。

●屋台のラーメン屋

世良:麺の旅て そんなことして何の意味があんねん。

萬平:夢があるじゃないですか。

世良:社長自らが陣頭指揮に立ってやな まんぷくヌードルをガンガン売っていかなあかん時や。25年前 一緒にラーメン食べた時からの親友やから僕は言うんやぞ。

萬平:会社は大丈夫です。信頼できる仲間がいますから。

世良:せやけど 立花君はまだ現役なんやろ。

萬平:だからこそですよ。次の商品を考えるために 世界中の麺を食べてみたいんです。

世良:まだ 新しい商品を発明するつもりなんか 君は。

萬平:僕はまだ60ですよ。世良さんだって まだまだ若いんだから頑張らないと。僕より年下なんだし。ハハハ。うん うまいよ ご主人。

店主:おおきに。

世良:大したもんや。

萬平:うん。

世良:大好きや!

間の瑛:何ですか。おっ ハハハハハ。

季節が変わり 春。

●立花家

(福ちゃんからの手紙を読む鈴さん)

鈴:お母さん お元気ですか。日本を出発して2週間。萬平さんと私は 台湾からシンガポールを経て マレーシアの首都クアラルンプールにいます。クアラルンプールって どこ? 咲。

これから 私たちはタイに向かいます。タイには辛くて酸っぱいスープを使った 麺料理があるそうです。ハハハ 全く いくつになってもあの2人は変わらないわねえ 咲。

咲:そうね お母さん。

鈴:フフフ…。

(笑い声)

●タイ・バンコク

福子:コップン カー。

萬平:ありがとう。おお~。うっ… 辛い。

福子:ほんまに世の中には いろいろな麺があるもんですねえ。

萬平:いや 楽しいなあ。ハハハハ。

福子:楽しい!

萬平:あっ 辛い!

福子:うん おいしい!

萬平:確かにうまい。

(完)

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにありますのでご注意願います。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。