まんぷく(21話10月24日)兵庫県上郡黒竹村の井坂家に疎開した福子萬平鈴さん

朝ドラ「まんぷく」21話、昭和20年3月。福ちゃんと萬平さんと鈴さんは 大阪から兵庫の上郡の近くへ疎開しました。

ということで、萬平のはとこの八重さん夫婦を始め、黒竹村の人々が大勢初登場したこの回。分かる限り、そのキャスト名を挙げてみました。

●兵庫県上郡黒竹村の人々

萬平のはとこ・井坂八重:竹内都子

井坂権三:石井洋祐

黒竹村役場・苅田圭介:小松健悦

黒竹村役場の兵事係:松本大志郎

内藤すみ:宮本毬子

又野次郎:福原正義

藤 幸吉:酒田かおる

藤たつ子:マエダユミ

畑野一平:南谷峰洋

疎開先に向かう列車の中で、福子と萬平が席を譲った老夫婦:亀井賢二、川本美由紀

それにしても、方言の難しい事。「何でも言うてぇてぇねえ」って、どこの言葉じゃあ~!と頭が混乱する関東人です。

スポンサーリンク


まんぷく(21話10月24日)あらすじとセリフ

昭和20年3月。福ちゃんと萬平さんと鈴さんは 大阪から兵庫の上郡の近くへ疎開しました。列車は疎開する人たちでいっぱいでした。

福子:あっ どうぞお座り下さい。

乗客(老婆):ありがとうございます。優しい方ね。

福子:すみません 気が付かなくて。

萬平:ああ どうぞ。

乗客(老人):いえいえ 私は。

萬平:僕は大丈夫ですから 座って下さい。

乗客(老人):ありがとう。よいしょ。

福子:お母さん お願い。

鈴:いいわよ。よいしょ。

福子:萬平さん つらいでしょう。

鈴:ああ 重い。

●兵庫県上郡駅

鈴:鈴:こんな田舎 初めて。

福子:萬平さん。

萬平:大丈夫だ。

鈴:ここから どうするの?

萬平:一山 越えます。

鈴:山… バス停は どこ…。

萬平:じゃあ 行きましょうか。

福子:よいしょ よいしょ よいしょ。あっ 見て お母さん。梅の花がきれいよ。

鈴:そんなもの 見てる余裕は…。

福子:萬平さん 体が痛むの?

萬平:情けないな。

福子:私が持ちます。

萬平:いやいや 少し休めば大丈夫。

鈴:あっ… 私の荷物 持ってちょうだい。

(牛の鳴き声)

鈴:田んぼと畑ばっかりね。

萬平:もうすぐだ。

福子:はい!よいしょ!

●兵庫県黒竹村・井坂家

萬平:ごめんください。

八重:やあやあ 萬平ちゃん!

萬平:お久しぶりです 八重ちゃん。

八重:久しぶりやねぇで20年ぶりじゃろかねえ。やあ もう あんた 大人になって 萬平ちゃん。

萬平:ああ 僕のはとこの八重ちゃん。

福子:妻の福子でございます。

八重:どうも。

鈴:福子の母の鈴でございます。

八重:いや もうご丁寧に どうも。

権三:どうも どうも よう来たったなあ!

八重:あんた 見て 萬平ちゃん。うっとこの亭主 権三です。

権三:権三です。

八重:萬平ちゃんの奥さんの福子さんと…。

福子:あっ 福子です。

八重:奥さんのお母はんの…なっ。

鈴:鈴でございます。

権三:鈴さん。わざわざ大阪から えらかったでしょ。すぐ隣に使うてないうちがあら。八重 案内してぇたげて。

八重:どうぞ こっちゃ来て。なっ。

萬平:ありがとう。

福子:ありがとうございます。

鈴:これはつまらないものですが…。

権三:荷物は持たんでええで。わいが 後で荷車で運んどいたらあ。

福子:ありがとうござます。

萬平:助かります。

鈴:つまらないものですが…これを! これはお礼の せっけんでございます。つまらないものですが…。

権三:いや そんな…そんな いらんでえ。

鈴:お納め下さいませ。

権三:気づつねぇでえ…。

八重:ここでえ。

八重:いや~古ぅて ごめんね。せえでも 掃除はしてぇたでえ。

萬平:ありがとう 八重ちゃん。

八重:昔はそこで煮炊きしよったんですよ。昔わね ここで煮炊きしよったんですよ。

福子:いいおうちですね。

萬平:ありがとう。

八重:構へん 構へん。

鈴:あら?あれ?

福子:どうしたん?

鈴:電灯は? えっ…。

福子:通ってない…。

萬平:そうかあ…。

●黒竹村役場

萬平:お願いします。

苅田:大阪から…。都会はいつ空襲があるやら分かりゃあせんもんねえ。ここいら田舎は心配ねぇでえ。

福子:あの この村にお医者様はいらっしゃいますか?

苅田:ああ いやいや…お医者はんは 山越えて町まで行かんとおらん。

萬平:僕たちの住む家には電気が来てないんです。こちらにお願いすることは…。

苅田:それはでけぇんなあ。

●井坂家離れ

権三:こない ぎょうさんの荷物を3人で。

八重:だいぶ えらかったでしょう。

鈴:いいえ。私は武士の娘ですから。

八重:武士!?

権三:由緒ある ご家系の方であってか?

鈴:もちろんです。あいにく家系図は置いてまいりましたが。

権三:何かあったら うっとこのに 何で言うてぇてぇや。

八重:えっ?あっ… お… 奥様。

鈴:ありがとう。

萬平:大阪から来た立花と申します。しばらく こちらに住まわせて頂きます。

福子:よろしくお願いいたします。

すみ:疎開して来たったん?えれえこっちゃねえ。

萬平:あの… こちらに余った電球はありませんか?

すみ:電球?

又野:大阪から疎開で来たったんか。

萬平:あっ 井坂さんのところの…。

又野:ああ?

萬平:あっ 井坂さんのところに離れに住まわせて頂いてます。

福子:よろしくお願いいたします。

又野:ああ 井坂はんとこ。

萬平:あっ ところで 電球はこちらで余ってませんか?

又野:ああ?

萬平:あっ 電球。

福子:よろしくお願いいたします。

幸吉:困っとぉ時はお互いさまじゃもん。

たつ子:何でも言うてぇてぇねえ。

萬平:あの… こちらに ソケットはありませんか?

幸吉:ソケット?

畑野:電線は あらん。

萬平:どこ行けば あるでしょう>

福子:すいません。

●井坂家の離れ

鈴:あらまあ!

福子:ご近所さんから頂いたの。萬平さ~ん!ニンジンも大根もありますよ~!

萬平:こっちの方は 食べ物には困らないのかもな。

鈴:確かにそうね。

福子:今夜は煮込みうどんにしましょか。

萬平:ああ。

鈴:どうして勝手に決めるのよ。

福子:お母さんの好物でしょう。

鈴:好物よ。

萬平:うわっ…!

(せきこみ)

鈴:何やっているの 福子。

福子:うん?う~ん…これは どうやって…。

鈴:こぼさないでよ。

福子:分かってます。

萬平さ~ん!煮込みうどんが出来ましたよ~!

鈴:そんな大きな声出さない。はしたない。

福子:萬平さ~ん!

鈴:福子!あっ。あっ…。

福子:萬平さん。

萬平:やったぞ 福子!

福子:えっ?

萬平:ハハハハハハ! お~い!

福子:えっ あっ!

萬平:やったぞ!

福子:危ない!駄目!駄目!

鈴:萬平さん なんてこと!

萬平:いや~やっぱり電気が通ってないと。おうっ!

福子:あ~!ゆっくり ゆっくり下りて下さい。

萬平:じゃあ…。

鈴:頂きます。

萬平:頂きます。 うん うまい!

福子:うん!おいしい。

鈴:まあまあね。

萬平:いや~いろりを囲んで夕食を食べるなんて 初めてですよ。

福子:私たちもそうよね お母さん。

鈴:昔は 大阪にもいろりはあったのよ。

萬平:疎開も悪くないな。

福子:はい。

萬平:ありがとう 福子。

福子:フフ。

鈴:どうして福子にだけ?

萬平:役場で一番に医者のことを聞いてくれた。いつも僕の体のことを気遣ってくれる。

福子:当たり前やなんですか。私は萬平さんの妻ですよ。

鈴:でも 私の娘よ。そうでしょ。

そうです。福子はお義母さんの娘で僕の妻だ。

鈴:そう。

こうして 福ちゃん萬平さん鈴さんの3人の生活が始まったのです。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじイメージ画像

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。