まんぷく(23話10月26日)萬平が腹膜炎。若林の息子はヒットエンドランの大窪

朝ドラ「まんぷく」23話、腹膜炎の痛みで悶絶する萬平。症状が似ているとのことで、急遽呼ばれた若林はんところの息子・武のかん高い声と顔。どこかで見たと思ったら…。

「半分。青い。」津曲の会社ヒットエンドランのデザイナー小堺じゃないかと調べてみたら、大当たり。

8月30日に放送された「半分。青い。」130話に一度だけ出演したデザイナー小堺こと、大窪人衛(おおくぼ ひとえ)さん。

大窪人衛(おおくぼ ひとえ)さんプロフィール|所属事務所吉住モータース

もし、今回も一度きりの出演なら、それはそれで伝説になりそうで、朝ドラは奥が深いです。そして「わろてんか現象」で出てくる咲姉ちゃんの膝の艶。

あれはパンストなんだろうなと、嬉しいやら時代的にはないんじゃないの?と。まずはブラック咲姉の出番が増えることを祈って、明日もよろしくお願いします。

スポンサーリンク


まんぷく(23話10月26日)あらすじとセリフ

昭和20年 春。戦局はもはや絶望的になっていました。日本各地が空襲を受け アメリカ軍は沖縄に上陸。ヨーロッパでは日本の同盟国であるドイツが降伏。日本は敗戦への道を突き進んでいました。

●黒竹村の山中

萬平:あっ あった。

福子:えっ。これは何ですか。

萬平:ああ 多分 ウルイだ。

福子:多分って…。萬平さんが好奇心旺盛なのはよう分かってますけど 毒にあたって死ぬのは嫌ですよ!

萬平:あっ ここにもあった。これはみつばだな。

●井坂家の離れ

権三:山菜採りですか。

鈴:2人で行きましたよ。たくさん採ってくるからって。

八重:仲ええご夫婦やなあ。うっとことは えらい違うとうな。

権三:そがいなことねぇでえ。

八重:そがいこと思とんのは おまはんだけ。

権三:はあ?

鈴:仲がいいのも考えものですよ。大の男が戦争にも行けず 働きもせず 戦争が終わっても 一体どうやって生計を立てていくのか。

八重:せえでも ここいら来て 体の様子もええがいになったったやろ 萬平ちゃん。

権三:べっちょない べっちょない。元気なら何でぇできてやろ。

役場・兵事係:おったってか~。立花萬平さんは こちらですか?

鈴:はい。

役場・兵事係:おめでとうございます。召集令状です。

八重:赤紙…。

萬平:やはり また来ましたか。

鈴:今度は身体検査ではねられないで下さいね。上郡に来て 随分体の具合も戻ったんですから。

萬平:はい。

福子:でも…でも役場の人が言うてました。大阪も神戸も空襲があって 東京もやられて 日本はもう駄目なんやないかって。

鈴:福子。

福子:今 戦場に駆り出される兵隊さんは みんな生きて帰れないって。爆弾を抱えて敵の戦車に突っ込むんやて!

鈴:でも… でも…。

萬平:福子のお姉さんたちの旦那さんたちは みんな戦地で戦ってるんだ。僕だけここで安穏としているのは忍びないよ。行けと言われれば 行かなきゃ。

萬平:さあ 晩ごはんにしよう。

萬平:うん うまい。うまいですよ お義母さん。ほら 福子も食べてみろ。

萬平:うまいでしょう。

鈴:はい。

萬平:なあ 福子。

その夜 福ちゃんはなかなか眠ることができませんでした。今 入隊したら 萬平さんは必ず戦場に送られる。そして二度と戻ってこない。眠れるわけがありませんでした。

(鈴の夢の中)

咲:よかったわね お母さん。これで福子は未亡人よ。

鈴:何てこと言うの 咲。

咲:そやかて 萬平さんのこと 嫌いやったんでしょ。萬平さんが戦死したら 今度こそ堅気の勤め人を福子の旦那様にしないとね。

鈴:どうして そんなひどいこと…!

咲:お母さんが いつも言うてることやない。

ところがその翌朝 大変なことが起こったのです。

(うめき声)

福子:萬平さん?

(うめき声)

福子:萬平さん? えっ? どうしたんですか?

萬平:腹が…!

福子:昨日の山菜があたったんと。あっ…熱もある。今 お医者様を。

回想福子:この村にお医者様はいらっしゃいますか?

回想苅田:お医者はんは 山越えて町まで行かんとおらん。

(うめき声)

鈴:どうしたの?

福子:萬平さんが!

鈴:えっ…。

八重:ここやな。上郡駅前の…。

福子:斎藤医院。

権三:町まで どがいして行ってんや。

福子:萬平さんの様子を見てて下さい。お願いします!

権三:走っていってんか~!

(うめき声)

鈴:萬平さん。どうしたの?

萬平:腹が痛いんです…。

鈴:本当に?

萬平:はい…。

鈴:戦争に行きたくなくて 仮病を使ってるんやないでしょうね。

萬平:ち…違いますよ…。

鈴:本当に?

萬平:はい…!

権三:立花はん!

八重:萬平ちゃん!

鈴:大家さん!こっちこっち早く来て!

権三:一体 どがいしたん!

鈴:おなか痛いって…。どうも仮病やないみたい。

権三:そりゅそうじゃろ!こがいなふうに脂汗流しとってんで。

鈴:そしたら何で?

八重:若林はんとこの息子はんが寝込んだ時 こがいなふうに痛がっとってなかったか?

権三:せや!

鈴:呼んできて下さい!

若林:痛い?

萬平:痛いって言ってるじゃないですか…!

若林:いや わいん時とは違うとうわ。

鈴:違う?

権三:どがい違うとんでえ。

若林:わいは あん時 便所から出れんかった。腹は下しとらんねやろ?

八重:ほな どがいなん?

若林:塩沢のばあちゃん時に似とうなあ。

村人:旦那さんの方けえ?何かにあたったんじゃろか。

村人:都会の人やでなあ。

みつ:うちん時とは違うとらあ。

権三:違うとる?

みつ:キリキリ痛みよんやろ。うちん時はず~んだったでえ。

権三と鈴:ず~ん?

●上郡駅前

福子:助けて下さい… お願いします…。

●井坂家離れ

(うめき声)

鈴:萬平さん!

ミヨ子:おっちゃんがのうなってまう…。

鈴:福子を未亡人にしないで!

若林:来たったど! お医者はんが来たった!

全員:先生!先生! 

権三:先生 はよ!

福子:すいません 通して下さい。萬平さん!

萬平:福子…。

斎藤医師:どこが痛みよりますか?ここは?奥さんから聞きましたよ。憲兵に捕まってだいぶどつかれたって。

八重:えっ!?

看護師・三橋良子:先生!

若林:憲兵?

鈴:それが原因なんですか?

斎藤医師:これは痛みよってか?

萬平:うわあ~っ!

斎藤医師:腹膜炎かぁしらんなあ。

鈴:腹膜炎?

福子:それは大変な病気なんですか?

斎藤医師:最悪の場合は… あっ。

福子:萬平さん?

斎藤医師:モルヒネ。

看護師・三橋良子:はい。

鈴:しっかりして。

みつ:南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。

斎藤医師:とりあえずは べっちょない。今は鎮痛剤が効いて眠っとってやで。

八重:よかった…。

権三:のうなったんかと思うたわ。

若林:もう べっちょないて ばあちゃん。

みつ:えっ。

篤:おっちゃん…。

(笑い声)

斎藤医師:せえでも まだ分かりゃあせん。とにかく薬で治ったってんを願うしかねぇでえ。

福子:薬で治るんですか?

鈴:先生。

斎藤医師:五分五分です。

みつ:ええっ。

若林:五分五分?

鈴:神社はどこですか?

鈴:福子の旦那様の病気を治して下さい。

回想萬平:

とにかく僕は 世の中の役に立つ仕事がしたい。みんなが喜んでくれるような仕事を。

福子さん…。生きて会えるとは思いませんでした。

お前はいい奥さんだ。僕は幸せだよ。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじイメージ画像

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。