まんぷく(27話10月31日)はんこ屋売上 1週間で322円50銭。桑原敏子も

朝ドラ「まんぷく」27話、萬平が思いついたはんこ屋。1週間で322円50銭も儲かり、はんこ屋工場と化した香田家。

そんな中、闇市で再会した親友の敏ちゃんは、結婚して桑原敏子に。もうすぐ池田に引っ越すということで、その頃、池田市には岩田春男という銀行員が居て、その奥さんは岩田照子

後に4姉妹の親となる岩田夫婦が生活していますよ、そして岩田家の次女の秋子は、そのうちに立花萬平、いや安西千吉の家に転がり込む予定ですと書いて、「てるてる家族」と「まんぷく」の関係性はおいおい書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


まんぷく(27話10月31日)あらすじとセリフ

萬平:じゃあ 作ってやればいいじゃないか。

福子:はんこをですか。

萬平:そうだ。自分が何者かを証明する大事なものだ。

福子:はんこ作りませんか。

タカ:お安く作れますよ。

福子:はんこ作りませんか。

通行人:なんぼで作ってくれるんですか?

タカ:7円50銭です。

通行人:ほな お願いします。

タカ:ありがとうございます。

萬平さんが思ったとおり この時代 身元を証明するはんこは みんなが必要としていました。

●香田家

鈴:岸脇。こんな字画の多い名前 どうやってこの中に収めるのよ。

克子:お母さん この次なんか もっと大変よ。

鈴:日根谷さん。そんなの書けない!

克子:お母さん 彫る方が大変なんやから。

萬平:僕は字数が多い方が面白い。

鈴:はあ!?

吉乃:重ちゃん これ短すぎる。

重之:ノコギリ難しい。

タカ:新しい注文入りました。

克子:おばあちゃんに渡して。

タカ:お願いします。

鈴:私は武士の娘です。はんこ屋やありません。

克子:せやけど こんなに注文が来るんよ。家業にしてもええんちゃう?

鈴:アホなこと言わんといて。

萬平:よし 出来た。タカちゃん 持ってって。

●闇市

福子:いかがですか?

客:おお ええ出来や!

福子:ありがとうございます。

萬平さんが思いついた はんこ屋は大繁盛でした。

●香田家・夜

一同:2 3 4…。

吉乃:50銭!

福子:82円50銭!

(歓声)

タカ:1週間で322円50銭。

萬平:みんなが頑張ったおかげだ。

(歓声)

鈴:もう 肩が…。はんこ屋なんてやってられない…。

萬平:ああ~。

福子:萬平さん。

萬平:ん?

福子:やっぱり萬平さんは発明家です。

萬平:発明って… ただ はんこを作ろうって思いついただけだ。

福子:私たちはそんなこと考えもしませんでした。はんこを渡した時のお客さんのうれしそうな顔…。やっぱり あれは発明です。

萬平:お前のおかげだ 福子。お前がいてくれたから思いついたんだ。

福子:あれ?

福子:克子姉ちゃん。泣いてるん?何で?

克子:今日 みんな うれしそうやったでしょ。重之なんか 明日は卵が食べられるって大喜びして。何で ここに忠彦さんがおらへんの。何で 福子。

福子:牧さんの弟さんは おととい帰ってきたんやて。台湾からの復員船がなかなかなかったって。きっと忠彦さんも船を待ってるんよ。絶対そうやから。絶対!

克子:うん…。

鈴:絶対なんて言うてはいけません。期待させておいて 忠彦さんが帰ってこなかったら 克子のつらさは倍になるのよ。

萬平:でも 泣いてるのを見たら励ますしかないんじゃ…。

福子:そうよ。

鈴:そっとしておいてあげればいいの。人のことを気にする前に自分たちのことを考えなさい。

萬平:自分たちのこと?

鈴:どうして子どもをつくらないの?

福子:お母さん。

鈴:萬平さんの体はもう大丈夫なんでしょ。腹膜炎はもう治ったのよね。

萬平:はい。

鈴:そしたら つくりなさい。早く。

萬平:そうですよね。

福子:もう今は無理です!お母さんとこうやて一緒に寝てるのに。

鈴:けど そこの部屋は はんこ工場になってしもたやないの。あっ そう 私がいるから駄目なの?分かりました。

萬平:お義母さん。

鈴:別の部屋で寝ますから 私は。

萬平:ここで寝て下さいよ。

鈴:早く孫の顔を見せてちょうだい。

萬平:お義母さん。

鈴:私が邪魔ってことでしょ。

(ため息)

福子:いない。どこ行ってしもうたん。ん~。あっ…。

萬平:アトリエで?

福子:ぐっすり寝てました。

萬平:これからも あそこで寝るのかな。子ども子どもって言うけど 僕たちはここに居候してる身だぞ。

福子:今は無理です。お金もないし。

萬平:早く自分たちの家に住めるようにならないとな。

福子:はい。はんこ屋 頑張ります!

●闇市

福子:はんこ ありますよ~。要りませんか はんこ。はんこ 要りませんか。

客:ほな お願いするわ。

タカ:ありがとうございます。

敏子:あの…私もお願いします。

タカ:ありがとうございます。

福子:ありがとうございます。そしたら ここにお名前を。

敏子:桑原です。

福子:はい。敏ちゃん?

敏子:えっ…福ちゃん!

福子:敏ちゃん!

タカ:はんこ 作りませんか。

福子:よかった 無事で。

敏子:福ちゃんも。今どこにいるの?

福子:うちが焼けて 今は克子姉ちゃんのうちに。

敏子:そう。私はバラックに。そやけど もうすぐ池田に引っ越すの。

福子:あ…名字が変わったってことは 敏ちゃん…。

敏子:結婚したんよ 私。もう鹿野敏子やなくて 桑原敏子。

福子:へえ~ おめでとう。相手はどんな人?

敏子:呉服屋さん。出征前に結納を交わして無事に帰ってきてくれてん。

福子:よかったね。おめでとう。

敏子:ありがとう。

福子:ハナちゃんは?

●香田家

福子:ほんで ハナちゃんも戦時中に結婚して 今は泉大津に住んでるんやて。泉大津って知ってる?大阪の南の方にある海辺のの町よ。

鈴:あっ… 間違えた。

福子:私 うるさい?一人でしゃべってて うるさいですか?

タカ:うるさくないよ。

克子:何か しゃべってたん?それどころやないから。

福子:今日中に作らないといけない はんこはあといくつ?

萬平:ああ… 12 いや 13個だ。

鈴:はあ… 武士の内職にしてはきつすぎる。

福子:そやけど やらないといけないんでしょう。 私も手伝う。みんな黙り込んで仕事してたら つらくなるから しりとりでも せえへん?

克子:しりとり?

鈴:嫌よ しりとりなんて。

福子:そしたら 別の言葉遊び。あっ 4文字で2番目が小さな「つ」。4番目が「り」。

萬平:ええ?

福子:それを一人ずつ言うていくの。例えば しっかりとか。やっぱりとか。

重之:びっくりとか?

福子:そう!

鈴:くだらない。

萬平:ああ。

福子:ええ。黙り込んで仕事してるより 絶対はかどるって。そしたら私から。え~っと… にっこり。次 克子姉ちゃん。

克子:2番目が小さな「つ」で4番目が「り」?

福子:「り」。

克子:げっそり。

(笑い声)

タカ:うっかり。

福子:うん。

萬平:吉乃ちゃんは おっとり。

吉乃:え~っと… きっちり。

福子:おお~!

吉乃:次 重ちゃん。

重之:こってり。

福子:おお~!

吉乃:すごい 重ちゃん。

福子:次 お母さん。

克子:もう ないでしょう。

福子:まだまだ たくさんあるって。

タカ:あるある。

萬平:僕はもう 2つ思いついた。

鈴:服部。

一同:ああ~。

克子:これは仕事がはかどるの?

タカ:でも眠くなくなった。

福子:う~ん… おっとり。

タカ:さっき言った。

福子:そしたら う~んと… もっちり。

鈴:鳥取。

一同:ああ~。

萬平:そんなお義母さんに うっとり。な~んて。

(笑い声)

こんなつらい時代ではあったけど 福ちゃんたちは もしかしたらとても幸せだったのかもしれません。仕事もあってお金もたまってきて ケンカもするけど充実した毎日でした。心配なのは 忠彦さんが帰ってこないことだけ。それだけのはずだったのに…。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじイメージ画像

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。