まんぷく(37話11月12日)世良が半額の1500円をピンはねし、岡が大暴れ

朝ドラまんぷく37話、たちばな塩業の初出荷。880キロを専売局に提出し、満額の3000円を受け取ったのに、世良が…

この場合、横領と書くべきか、それともネコバ、 ピンはね? というべきか? 

昭和21年当時の3000円なら、今に換算すると、おそらく100万くらいの金額で、その半分を抜いちゃうというのは、さすがに酷く感じられ、社員たちの憤りも納得の岡幸助の暴力事件。

難波の居酒屋で客に絡まれて「きゃっ」というかわいい声をあげていたのが、岸本華和ちゃん。ツイッターで「私をみつけて~」と書いていたので、ここに挙げておきます。

まんぷく塩軍団(たちばな塩業)キャスト一覧。年齢身長と公式プロフィール

朝ドラまんぷく(37話11月12日)あらすじとセリフ

それは福ちゃんたちにとって 記念すべき日でした。

●大蔵省大阪地方専売局

波多野:おめでとうございます。

福子:ありがとうございます。

●泉大津の海岸

福子:萬平さ~ん! 許可が下りました!

神部:下りた!

萬平:よしっ!

(歓声)

萬平:福子!

ついに 製塩業の許可が国から下りたのです。

萬平:おい みんな! 見ろ これ! ほら!

●たちばな塩業

福子:これからは それぞれの役割をしっかり果たしていきましょ。

タカ:はい。

福子:私は事務 兼 神部さんたち社員の世話係。

タカ:はい。

福子:お母さんは経理 兼 神部さんたちの世話係。

鈴:私は経理だけでいいわ。

福子:それは駄目。タカちゃんは 今までどおり週末に手伝ってね。

タカ:はい。

これから 萬平さんたちが作るお塩が納品されていくのです。

写真屋:ここ見て下さい。

萬平:ああ ちょっと待って下さい。

写真屋:撮りますよ。

製造元は…たちばな塩業!

森本:おい 火力落とせ。塩の花が出来てきた。

長久保:これ 茶色ないか。

峰岸:こんくらい大丈夫ですよ。

佐久間:どんどん詰めろ。

長久保:はい。

世良:はあ~。おお たちばな塩業か。

萬平:世良さん。

世良:立花君。福ちゃんも元気そうやな。

福子:どうしたんですか。

世良:決まっとるやろ。立花君が会社作ったって聞いて お祝いに来たんや。

萬平:わざわざ。

福子:ありがとうございます。

萬平:いや~。

世良:あっ!祝いの品を忘れてきてしもた。また今度な。中 見よか。

世良:はあ~。

鈴:あら 世良さん。

世良:おお~!お母さんも社員ですか。この度は 開業おめでとうございます。

福子:お祝いに来てくださったのよ。

鈴:ああ それはそれはどうもありがとうございます。

世良:娘さんの旦那は大したもんや。塩を作るという発想もええし 会社にまでしてしまうんやからなあ。ええ婿をもらいましたね お母さん。

鈴:そやけど この年になって 塩屋の経理と飯炊きまでやらされるとは…。毎日毎日15人のごはんを。

福子:お母さん。

世良:15人!? そないに社員がおるんか?

世良:ええっ! あれが全部鉄板。鉄板で塩作るやなんて 初めて聞いた。

萬平:でも まめにさびを拭き取らないと 塩が茶色くなってしまいますから 大変ですよ。

世良:もう どのくらいの塩が出来てるんや。

萬平:かます22個だから 大体 880キロですね。

世良:十分 納品できる量やないか。

萬平:ええ。

世良:よし いまから僕の車で専売局まで運んだる。

萬平:本当ですか。

世良:ああ。

萬平:ありがとうございます。僕も一緒に行きますから。

世良:相手は役人や。誰が行っても手続きは変わらん。君はどんどん塩を作れ。

赤津:よしっ。

倉永:積みました。

世良:行ってまいります。

萬平:よろしくお願いします。

神部:たちばな塩業の初出荷や!万歳!

一同:万歳!

萬平:万歳!

一同:万歳!万歳!万歳!

鈴:あの量で いくらになるの?

福子:萬平さんは3000円くらいで売れるやろうって。

鈴:3000円!? 万歳!

一同:万歳!

●大蔵省大阪地方専売局

中島:海水直煮式の塩が880キロ。今から検査します。

伊勢谷恵子:3000円です。

世良:3000! 塩はこないに金になんのか…。

●たちばな塩業

福子:皆さ~ん!発出荷のお祝いよ。

一同:おおっ!

萬平:今日はデザート付きか。

野村:でざあと?何ですか?

神部:フランス料理では 最後に甘い菓子が出てくるんや。それはデザートや。まあ 食うたことないけどな。

鈴:3000円入るんやから 今日は特別。

おおきに。頂きます。

小松原:タカちゃんにもらいたかったな。

森本:タカちゃん?

小松原:かわいいやないですか タカちゃん。

想像タカ:大福餅 どうぞ。

森本:かわええか?

増田:俺もかわええと思いますよ。

岡:かわいくないとは言わへんけど。

堀:給料ばもろとら タカちゃん誘うて 清香軒にラーメン食べに行こうかなあ。

抜け駆けすんなや。

小松原:そうですよ。

森本:そんな取り合いするほどか。

岡:若いやつには かわいらし見えるんやろ。

せやけど タカちゃんに手出したら 大奥様に殺さんど。

回想鈴:手を出したら 承知しないわよ。

鈴:ありがたく お食べ。

そうやった~。

小松原:タカちゃんには怖い番犬がおるんや。

森本:わしには分からん。

岡:わしも。

(車のエンジン音)

鈴:世良さん。

福子:世良さんが帰ってきた。

萬平:1500円…。

福子:えっ。

鈴:どうしてよ。半額やない。

世良:塩の値段には上限がある上に 専売局長の裁量で値段が決まるそうや。

神部:その人らが 俺らの塩は安物や言うたんですか。

世良:茶色い塩が混じってたからなあ。

萬平:茶色い塩?

世良:それで評価が下がったんやろう。

(机をたたく音)

萬平:どけ。

福子:萬平さん!

世良:現実は厳しいなあ。

鈴:ほんまに1500円やったの 世良さん。

世良:待って下さいよ。僕が抜いたって泥棒扱いするんですか。

鈴:そこまでは言わないけど。

世良:親友が初めて作った塩ですよ。一番悔しいんは僕です。チキショー!

鈴:3000円が1500… ああ…。

神部:大奥様!

福子:萬平さん。

萬平:この光じゃ…色が分からない!

福子:萬平さんはちゃんとした塩を作ってます。何かの間違いです。

佐久間:申し訳ありません。茶色い塩があったんです。

萬平:えっ?

福子:あった?

峰岸:せやけど こんくらい ええやろうって…。

長久保:そのまま出してしましました。

すいません 社長! 申し訳ありません! 申し訳ありません!

萬平:あれほど言ったじゃないか!

すいません!

申し訳ありません!

すいません。

すいません。

申し訳ありません。

(泣き声)

申し訳ありません!

世良:悪いなあ。僕も金に困ってるんや。

福子:はい 赤津さん。

赤津:ありがとうございます。

福子:倉永さん。

倉永:ありがとうございます。

福子:岡さん。今月は少ないけど 来月からはもっとたくさん渡せるように 私らも頑張るから。

鈴:今月はそれで辛抱してちょうだい。

岡:週末 難波に遊び行ってええですか。憂さ晴らししてきます。

萬平:ああ いいよ。

岡:ありがとうございます。

鈴:憂さ晴らししたいのは こっちよ。 私のお給料はないんやから。

萬平:すいません。

鈴:萬平さん お願いやから もっといいお塩作ってちょうだい。一番上等なお塩作って 私のお手伝いさんを雇ってちょうだい。

福子:ごめんなさいね 萬平さん。萬平さん?

萬平:絶対に 最高の塩を作ってやる。

ところが週末の夜 事件は起きたのです。

岡:あ~。おっちゃん お代わり!

店主:へえ 今すぐ。

飲みすぎですよ 岡さん。

無駄遣いしたら あかんて。

小松原:そうですよ。給料 ちょぴっとやったんやから。

岡:ここは割り勘やろ。

一同:割り勘!?

あほなこと言うな。

小松原:僕 飲めへんのに。

岡:何とでも言え。わしは もう…。

もう何ですか。

お前 辞めるつもりなんか 会社。えっ!

岡:あないに働かされて 割りに合わへんねん。

せやけど…。

女性店員:きゃっ。

合田猛:おい ここに座って酌せんかい。

店主:お客さん!

合田猛:ここ ええやろ。

女性店員:痛い!

岡:やめたらんかい!

合田猛:ああ?

岡:痛がっとるやないか 離したれよ。

合田猛:何や お前。

岡:わしは今 機嫌は悪いんや。目障りなことすんな。

合田猛:目障りなんは お前や!

岡:ああっ!?

(騒ぐ声)

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。