まんぷく(43話11月19日)鈴「源義経は私のご先祖様よ」、萬平に笑われ家出

朝ドラまんぷく43話、昭和22年春、福ちゃんが臨月で家事全部を鈴さんがやるはめになり、しもべの赤津も足骨折で使い物にならず…。

婿・萬平に話しかけても無視されて、挙句の果てには「源義経は私のご先祖様よ」と言ったことに対して「ハハハハハハ! またまたご冗談を」と鼻で笑われ、鈴さんの怒りが頂点に達しての家出。

世の中的には、鈴さん擁護派が多くいらっしゃるようで納得&安心の日本人の良識よ、という感じでしょうか。

萬平がハナちゃんの家に福ちゃんを迎えに行きましたが、この半年間の間に借金のお礼はちゃんとしたのか?という疑問があり、「親しき仲にも礼儀あり」が本日の教訓です。

まんぷく塩軍団(たちばな塩業)キャスト一覧。年齢身長と公式プロフィール

朝ドラまんぷく(43話11月19日)あらすじとセリフ

三田村」彼がこれからどうなるのか 実に興味深い。よし 分かった。立花萬平に投資してみよ。

福子:えっ。

世良:投資?

三田村:投資額は3万や。

福子:3万!?

福子:妊娠3ヵ月ですって。

鈴:ええ~!

萬平:そうか。

福子:そうよ。

萬平:うれしいなあ!ハハハハハハ!

鈴:あなたたち いつの間に!

半年後 昭和22年(1947)春

昭和22年 季節は春になりました。

岡:よし ええ塩加減や。

小松原:塩の花が出来てきました。

森本:おお。もっと まき くべろ。

小松原:はい。

みんなの塩作りの技術もすっかり板につき…。納品用のトラックも なんとか手に入れ…。

神部:うん ええ出来ですね。

萬平:ああ。

萬平さんの製塩業は順調でした。

福子:よっと。

福ちゃんは 臨月を迎えていました。

福子:最近 よく この子がおなかを蹴るんです。

産婆・松宮けい:もしかしたら 予定日より ちょっと早なるかもしれんな。

鈴:あなたも3日早く産まれてきたのよ。

萬平:もう あんまり動かない方がいい。無理はするな。

福子:フフ… 萬平さん。

鈴:甘やかしたら駄目。私は産まれる前の日まで 掃除も洗濯もしてたんやから。

福子:大丈夫。

萬平:ああ。

産婆・松宮けい:毎日 寝て暮らすわけにもいかんしなあ。体 動かしてた方がお産は軽いんや。

萬平:じゃあ 会社の事務はいい。でも家事は駄目だ。とにかく 体を大事にしてくれよ 福子。

福子:ありがとう 萬平さん。

鈴:何がありがとうよ 萬平さんよ。私が全部 やらないといけないってことやない!

実は 家事を手伝っている赤津さんは 10日ほど前…。

赤津:あっ!ああ~ 痛~っ!

階段から転げ落ちて 足を骨折してしまったのです。

鈴:赤津 風呂たきお願い。

赤津:あきまへん。まだ足が痛うて。

鈴:はあ… 使い物にならない。

赤津:あっ 大奥様。もう まきがないんやないですか。

鈴:えいっ! どうして私がこんなことまで…。えいっ!

福子:萬平さん。

萬平:ん? ああ。

福子:三田村会長から投資して頂いたお金ですね。その3万円をどう使うかまだ考えてるんですね。

萬平:塩の買い取り価格には上限がある。だから たとえ どんないい塩であっても 量を作らなければ利益は増えない。だが あの3万円で 今よりも たちばな塩業を大きくするというのは どうもな…。

福子:まだ迷ってるんですね。

萬平:うん。

福子:私は新しい仕事を始めた方がええと思います。

萬平:新しい仕事。

福子:そやかて 今の仕事は泉大津に来たら たまたま鉄板が81枚あった。そこで萬平さんは塩作りを思いついた。そのためには たくさんの人を雇わないといけなくなった。塩作りはうまくいって うちは会社になって みんなにちゃんとお給料が払えるようになった。

萬平:ああ。

福子:そやけど たまたま鉄板があって思いついただけで 萬平さんが最初から ほんまにやりたくて始めたわけやありませんよね。私はよ~く覚えてますよ。萬平さんは私に言いました。世の中の役に立つ仕事がしたい。みんなが喜ぶような仕事をって。

回想萬平:とにかく僕は 世の中の役に立つ仕事がしたい。みんなが喜んでくれるような仕事を。

萬平:フッ… いや でも…。でも不安じゃないのか 福子は。たちばな塩業はうまく回ってるっていうのに 別のことに手を出すというのは 言ってみれば 冒険だぞ。

福子:見たいです!

萬平:えっ?

福子:萬平さんの冒険を私は見たいです。あっ…。

萬平:どうした。

福子:おなかを蹴りました。この子も見たいって。

萬平:そうかい。

福子:どうぞ 好きなだけ考えて下さい。萬平さんはやりたいことが見つかったら それが何であろうと私は応援しますから。

福子:ありがとう 福子。

福子:よし。そしたら私は ハナちゃんの家に行ってきます。

萬平:ハナちゃんの家?歩いていくのか?

福子:当たり前でしょう。借りてたものを返しに行くの。

萬平:それなら 誰かにトラックで送らせるよ。

福子:そんなに心配しなくても大丈夫です。この子とお散歩。

萬平:気をつけろよ。

福子:はい。

萬平:何かあったら すぐ誰かを呼ぶんだぞ。

福子:はいはい。行ってきます。

萬平:ああ。

福子:心配性やね お父さんは。

萬平:世の中の役に立つ仕事…。僕のやりたいこと…。

鈴:あっ お風呂はどうするの。いつ入るの 萬平さん。

萬平:何だろう…。

神部:社長!社長 大釜が変形しています。どないしましょ。

萬平:変形?

神部:熱でゆがんでるんです。補修したら大丈夫やと思いますけど。

萬平:ああ 君に任せるよ。

神部:分かりました。

鈴:ちょっと待って!私は無視して 神部さんの相手はするわけ?

萬平:は?

鈴:さっきから 私が声をかけても答えなかったのに 神部さんには答えたやない 今。

萬平:何のことですか。

神部:社長は仕事のこと考え始めると 何にも耳に入らんようになるんです。

鈴:あなたの質問には答えたわ。

神部:せやから それは仕事のことやから。

鈴:そんなことある!?

神部:あるんです。ねえ 社長。

萬平:すいません。僕に何か御用ですか。

鈴:ああ もういい!

神部:大奥様!今日は雲行きが怪しいんで 仕事は早めに終わりそうです。お風呂も早めのお願いします。あっ あと 晩ご飯も。

萬平:僕のやりたいこと…。

鈴:私は女中やありません!

萬平:えっ?

鈴:私は武士の娘ですよ。

萬平:ああ はい。

鈴:武士の娘。 

萬平:それは もう何べんも聞きました。

鈴:何ですか その言い方。信じてないの?

萬平:そんなことは言ってません。

鈴:私の先祖を遡れば 源氏までいくんです。

萬平源氏!?

鈴:源義経は私のご先祖様よ。

萬平:ええっ。ハハハハハハ! またまた ご冗談を。

鈴:冗談!?

萬平:そんなこと初めて聞きましたよ 僕は。

鈴:私がいい加減なこと言うてるっていうの!

萬平:いやいやいや そんなことは言ってませんけど。源義経って…ハハハハハハ。

(電話の着信音)

萬平:はい たちばな塩業です。

世良:僕や 世良や。

萬平:ああ。

世良:ああって何や。もう あれから半年やぞ。どうなってるんや。

萬平:えっ どうなってるって。

世良:僕も君に1500円投資してるんやぞ。

萬平:あれは世良さんがうちの取り分からこっそり抜いた1500円を…。

世良:何のことや。僕は投資の話をしてるんや。

萬平:はあ…今 考え中です。

世良:考え中?

鈴:うう~ううっ!

萬平:ええ。たちばな塩業を大きくしようとも思ったんですが それはやめました。

世良:はあ?

萬平:新しい冒険に挑戦しようと思ってます。

世良:冒険って何や。

萬平:だから それを今 考え中なんです。

世良:あかん。冒険はあかん。たちばな塩業はうまく回ってるんやから 会社をでかくすればええやないか。僕の金やぞ。冒険しました。失敗しました。あの金はなくなりましたでは済まされへんぞ。

萬平:いや 僕だって 失敗したくありませんよ。とにかく もう少し待ってて下さい 世良さん。

世良:ほな 1ヶ月だけ待ったろ。せやけど これだけは言わしてくれ。君はもうすぐ父親になるんや。冒険はあかん。

萬平:分かりました。はい じゃあ。

(電話を切る音)

世良:ほんまに分かっとんのか。

●水島家

ハナ:ねえ どっちえがええの 福ちゃん。

福子:ええ。

ハナ:男の子? 女の子?

福子:う~ん どっちでもええよ。元気で産まれてきてくれたら。

ハナ:萬平さんは何て言うてるの。

福子:まだ そこまで考えてないみたい。

ハナ:ふ~ん。

福子:とにかく 私の体が心配やって。

ハナ:まあ いきなり おのろけ?

福子:えっ 違う違う。

ハナ:そうやんか。

玉恵:できた!

福子:できた?

ハナ:すごい。すごい すごい。

福子:上手やね 玉恵ちゃん。やっぱり女の子もええなあ。

萬平:ごめんください。ごめんください。

福子:萬平さん?

萬平:雨が降りそうだったから。

福子:わざわざ迎えに来てくれたんですか。

ハナ:まあ。

萬平:ああ でも傘を2つ持ってくるのを忘れてしまって。

福子:えっ!

ハナ:あら まあ。フフ。

福子:フフフフフフッ…。まだ降ってません。

萬平:いや 降ってるよ。風邪でもひかれたら大変だ。

福子:萬平さんいうたら。

福ちゃんは幸せいっぱい。でもその日の夕方 事件が起こったのです。

●たちばな塩業

あれ?

何や これ。

赤津:大奥様がおらんのや。

おらん?

大奥様が?

萬平:どういうことだ 赤津。

福子:お母さん。お母さん とこに…。

(鈴の置手紙:私は出て行きます 鈴)

福子:萬平さん!

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。