まんぷく(45話11月21日)神部とタカちゃんが急接近で鈴さんは行方不明のまま

朝ドラまんぷく(45話11月21日)あらすじとセリフ

鈴:何がありがとう 萬平さんよ。私が全部やらないといけないってことやない!

鈴:私は女中やありません!

萬平:えっ?

鈴:私は武士の娘ですよ。

鈴:源義経は私のご先祖様よ。

萬平:ええっ。ハハハハハハ!

鈴:私がいい加減なこと 言うてるっていうの!

萬平:いやいやいや そんなことは言ってませんけど。

神部:家出!?

岡:大奥様が!?

福子:「私は出て行きます」って 書いてあるのよ。

小松原:出かけてきますの 間違いなんや。

福子:出ていきます!

僕が悪いんです。絶対あれが原因だ。

忠彦:きっと お義母さんは傷ついてる。どこかで一人寂しく 傷ついたひな鳥のように 泣いてるんやろう。

萬平:忠彦さんの言うとおりだよ。

竹春:きっと みんな心配してるで。

まさの:そうですわ 家出やなんて。

鈴:う~ん おいしい。塩加減が絶妙。

福子:お母さんがひな鳥やって そんな人やありませんよ。

●清香軒

鈴:ああ こんなにのんびりできるの 久しぶり。私がいなくなって みんな困ってるわね 絶対。ウフフフフフ。

竹春:困ってんのは わいらや。

まさの:はよ帰ってくれへんかしらね。

竹春:なあ。

岡:客が来たでえ。

まさの:あっ は~い。

まさの:いらっしゃい。

小松原:おばちゃん ラーメン下さい。

岡:わしもや。

森本:わしも。

まさの:ラーメン4丁。

竹春:ラーメン4丁やな。

鈴:あの声は…。

岡:初めは大騒ぎしとったけど 時間がたってみたら どうちゅうこともないなあ。

森本:むしろ 大奥様ががおらんくなってから平和になったわ。

増田:ほんまですわ。

(笑い声)

小松原:タカちゃんが春休みで ずっとおってくれるっていうんが うれしいんですよ。

増田:そうやなあ。

回想タカ:おはようございます。朝ごはん 出来てますよ。

回想小松原:みそ汁のええ匂いや。

回想増田:ありがとう タカちゃん。

回想堀:うれしかあ。

回想タカ:しっかり食べて 今日も一日 頑張って下さい。

小松原:あんなこと 大奥様が言うてくれませんよ。

増田:せやせや。

岡:大奥様に言われても うれしないけどな。

森本:何か裏があるんじゃなかって 警戒してしまうわ。いや でも 最初は普通じゃ思うとったけど 案外かわいいかもしれんなあ タカちゃんは。

岡:おお わしも最近そう思うてきた。

小松原:ちょっとちょっとやめて下さいよ。

増田:タカちゃんは俺らのもんですよ。

岡:俺らのもんって何や。

小松原:いや…。僕と増田と堀さんだけやったやないですか タカちゃんがかわいいって言うてたんは。

増田:あんだけ ばかにしてたもんなあ 俺らのこと。

森本:見慣れたら かわいく見えてきたんや。

岡: というより 内面のかわいさが見えてきたんやな。

森本:ああ そうじゃのう。そこがタカちゃんと大奥様の決定的な違いや。

増田:せやからって あきませんよ タカちゃんに手出したら。

森本:そんなことせんよ。

岡:タカちゃんはみんなのもんやろ。

小松原:みんなのもんって。

増田:俺らのもんやったのになあ。

●たちばな塩業

神部:タカちゃん。

タカ:神部さん。お仕事ご苦労さまです。

神部:それはこっちのセリフや。うわっ 洗濯物 こんなにぎょうさんあるんか。

タカ:せやかて 15人分ですから。

神部:そら 大変や。今まで考えたこともなかった。よし 手伝うたる。

タカ:大丈夫です。

神部:ええから ええから。

神部:タカちゃんもすっかり大人っぽくなったなあ。俺が初めてタカちゃんを見た時は まだ子ども子どもしとったぞ。

タカ:そんなわけない。神部さんと初めて会うたのは 2年前ですよ。私 よう覚えてます。神部さん うちに泥棒に入ったんですよね。

神部:そやった そやった。あの頃は 仕事も食いもんものうて 野たれ死にするところやったからなあ。

タカ:おばあちゃんに見つかって みんなに囲まれて 神部さん おじけづいてた。

回想鈴:泥棒や!皆の者 出合え 出合え~!

回想神部:待って下さい!やめて!許して下さい!

回想萬平:君はどこの誰だ?

回想神部:どこの…上本町の神部です。

回想神部:うまい…うまいです。

回想福子:そんなにおなかがすいてたの?

回想神部:ここに置いて下さい。何でもしますから。

タカ:私 かいわそうな泥棒さんって思た。

神部:ほんま ええ家に泥棒に入ってよかったわ。飯も食わせてもろて そのまま雇てもらえて。

タカ:私も助かりました。神部さんが私たちの家庭教師になってくれたんですもんね。

神部:そうやったなあ。

回想神部:俺が教えます。

回想鈴:また あんた。

回想忠彦:君は泥棒やったよね。

回想神部:でも 大阪帝大を卒業しました。

回想福子:ええっ!

回想萬平:大阪帝大?

回想神部:合ってるやん。そうそう そうそうそう。

神部:それが今では こうやって一緒に 洗濯物干してるやなんてな。ちょっと待ってくれ!

タカ:何?

神部:これは俺のパンツや。

タカ:せやから?

神部:男のパンツを…恥ずかしないんか。

タカ:今までかて 何べんも干してます。

神部:あかん。パンツはあかん。タカちゃんがそんなことしたら あかん。

タカ:何で?

神部:年頃の娘やないか。ほかのやつのパンツは 俺が干すから。これからは 自分のパンツ 自分で洗わせる。

タカ:変な神部さん。

神部:変なんはタカちゃんや。普通は恥ずかしがるぞ。こっち見んな。

●清香軒

まさの:えらいこちゃ。

竹春:どないした。

まさの:ちょっと あんた あんた… 鈴さんが おらん。

竹春:えっ!何やて!

まさの:どないしよ。

竹春:ど…どないしよって。

まさの:どこ行ったんやろ。

竹春:いや ちょ… ちょっと見てこようか。 行こうか。

まさの:行こう 行こう。

その頃 福ちゃんと萬平さんは 真一さんの会社を訪ねていました。

萬平:証券会社なんて初めて来たよ。

福子:大きな会社に勤めてるとは聞いてたけど ほんまに立派な建物ですね。

萬平:うん。

真一:福ちゃん。

福子:あっ 真一さん。

真一:ああ すっかりおなかが大きなって。

福子:もうすぐ産まれるんです。

真一:いや~楽しみだね。

萬平:ええ まあ そうなんですけど…。

真一:どうしたんですか いきなり2人で来るなんて。

萬平:いや 実は…。

福子:母が家出したんです。

真一:家出!? どうして?

萬平:それが…。

福子:いろいろあって。ほんまに つまらない理由やから 聞かないで。

真一:そう…。そやけど ここに来るってことは…。

福子:まだ見つからないんです。絶対 克子姉ちゃんの家に来ると思たんやけど…。

萬平:もしかしたら 真一さんのところに顔を出すかもしれないと思って。

真一:いや… それはないと思うけど。

萬平:でももし お義母さんから 何か連絡があったらすぐに知らせて下さい。

真一:分かりました。一応 掲示板に貼り紙しておいたら?

福子:ん?掲示板?

真一:うん。尋ね人の掲示板だよ。

●街中

福子:あ…。

萬平:これは…。

福子:みんな 空襲で行方知れずになった人たちなんですかね。

萬平:ああ。

福子:克子姉ちゃんの家に戻りましょ 萬平さん。

福子:かわいそうに。

●香田家

克子:はい おしゃべりしてんと寝るんよ。

吉乃:おばあちゃん うちに来えへんの。

克子:吉乃は気にせんでええから。はい おやすみなさい。

子どもたち:おやすみなさい。

克子:はい。はあ…。

克子:ほんまに お母さん どこ行ったんやろ。

福子:ここしか 来るとこはないと思うんやけど…。

萬平:ああ お二人はどうぞ休んで下さい。僕が起きて待ってますから。福子も もう安め。なっ。

克子:大丈夫よ。私はまだやることがあるから起きてるわ。

忠彦:僕もアトリエで描いてるから みんなでお義母さんを待とう。

萬平:すいません。

克子:お茶いれるわ。

福子:ありがとう 克子姉ちゃん。

萬平:はあ…。

福子:ため息つかんといて 萬平さん。お母さん 昔の友だちのとこにでも 行ってるかもしれないわ。そのうち連絡が来ます。

萬平:ああ。はあ…。

福子:萬平さん。

萬平:いや 今のは違う。

福子:えっ?

萬平:昼間見た光景が忘れられないんだ。

福子:あの掲示板…。

萬平:戦争は まだ終わっていないんだ。

福子:そうですね。

萬平:それに あの痩せ細った人たち。なんとか助けてあげられないものか。

福子:ん?萬平さんがですか。

結局 その夜 鈴さんは現れませんでした。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。