まんぷく(48話11月24日)近江谷先生(小松利昌)登場で栄養食品研究室開設

朝ドラまんぷく48話、福ちゃん萬平の第一子・源の誕生日は昭和22年4月3日。翌日4日が誕生日なのはあき竹城さん。

産後の肥立ちが悪く、栄養のある食べ物を食べて、ようやく福ちゃんが元の元気を取り戻したのが昭和22年の梅雨の明けた頃。

脂溶性ビタミン欠乏症夜盲症タンパク質ビタミンミネラル、そして、たちばな栄養食品研究室開設。

目新しい言葉と、大阪帝大の近江谷佐吉先生という新しいキャラも登場し、なにやら楽しそうな萬平ですが、来週は怒濤の展開が待っているようで、まずは心穏やかな週末をお過ごしください。

まんぷく塩軍団(たちばな塩業)キャスト一覧。年齢身長と公式プロフィール

朝ドラまんぷく(48話11月24日)あらすじとセリフ

昭和22年4月3日。

鈴:男の子よ 福子。

福ちゃんは元気な赤ちゃんを産んで その男の子は 源と名付けられました。

タカ:源!

ところが…。

鈴:夜になったら 目が見えないんですって。

福子:暗くなってくると ものが見えにくくなってくるんです。

産後の肥立ちが悪く 福ちゃんは萬平さんや鈴さんを心配させたのです。

産婆けい:卵だけやったら あかんわ。野菜も魚も食べささんと。

萬平:はい。

タカ:小松菜 切り終わりました。

鈴:赤津 ちりめんじゃこと炒めて。

赤津:はい。

お産婆さんの助言で 鈴さんたちは毎日 福ちゃんのために食事を作り…。鈴さんの家出の一件から 萬平さんは それ以外の家事も みんなで分け合うことにしました。

萬平:もう少し食べられるか。

そして だんだんと福ちゃんは回復し…。

福子:ほ~ら 海よ。

萬平:広いだろう 源。

やっと元の元気を取り戻したのは 梅雨が明けた頃でした。

(泣き声)

福子:気持ち悪かったんやね 源ちゃん。もう大丈夫よ。

タカ:よかった 福子おばちゃんが元気になってくれて。

鈴:ほんまにね。

タカ:萬平おじちゃんのおかげね。

鈴:ん? 私が福子を元気にしたのよ。

福子:みんなのおかげ。

タカ:せやけど 会社が順調でお金があったから 栄養あるもん食べられたんでしょ。

鈴:うちは そんなにお金持ちや…。

福子:タカちゃんの言うとおりよ。

タカ:お産婆さんは お金のないおうちやったら 死んでたかもしれないって言うてた。

鈴:そうね…。

福子:もう大丈夫やよ 源ちゃん。

神部:栄養食品?

萬平:うん。産後の肥立ちが悪いというのは 要するに栄養失調のことなんだ。でも 今の日本には妊婦でなくても 栄養失調で困っている人がたくさんいる。

神部:はい。

萬平:みんな貧しいし そもそも食い物がないからだ。

神部:つまり 誰でも手軽に栄養がとれる食品を作ろうと。

萬平:新規事業としてやってみようと思う。でも それがどういうものなのか 皆目見当がつかないんだよなあ。

神部:社長… 俺は大阪帝大を卒業しました。

萬平:何だ 神部君 知っているよ そんなことは。

神部:俺は工学部でしたが 医学部にも友人が何人かおります。大阪帝大の医学部には 公衆衛生講座という学科があって そこで栄養学を研究していた人が。

萬平:栄養学?

神部:はい。確か助手やったか 講師やったか…。

萬平:その人に会わせてくれ! ぜひ会いたい! 

●大阪帝大・公衆衛生講座

近江谷佐吉:奥さんは 脂溶性ビタミン欠乏症だったんでしょう。

萬平:脂溶性ビタミン欠乏症。

近江谷:これは ビタミンA D E Kが欠乏する症状です。特に妊婦は 胎児に栄養を奪われて これになりやすい。脂溶性ビタミン欠乏症になると 夜盲症といって 夜 暗くなると目が見えにくくなることがあり…。

萬平:あっ! それ 福子も一緒でした。

近江谷:最悪の場合 失明します。

萬平:えっ。

近江谷:そんなかわいそうな妊婦さんが たくさんいるんですよ 今は。

●たちばな塩業

萬平:ん~ だから その脂溶性ビタミン欠乏症になることを防ぐためには 動物性の肉や脂肪ととることが必要なんだよ。

福子:動物性…。

萬平:牛 豚 魚。

神部:せやけど それだけやと駄目なんだよ。タンパク質のほかに ビタミンとミネラルをとらないといけない。

タカ:ビタミン?

神部:うん。ビタミンは野菜や果物。ミネラルは塩。

福子:せやけど 牛や豚は高くて 誰もが簡単に買えませんよ。魚かて 海のない所やと…。

萬平:だから作るんだよ。タンパク質 ビタミン ミネラル 全部が入って しかも安い栄養食品を。

福子:あっ 三田村会長から投資して頂いた3万円で それを作るんですね。

鈴:どうして そんなものに手を出すの。栄養食品なんて 作ったこともないのに。塩作りだけで ええやないの。

萬平:お義母さん 最初はあんなに塩作りなんて嫌だって言ってたくせに。

鈴:くせに!?

タカ:まあまあ まあまあ。

萬平:フッ…。

鈴:あっ… あ~。

早速 翌日から萬平さんは 新しい仕事の準備に取りかかりました。

萬平:この倉庫のこっち側半分を研究室にする。

岡:研究室?

萬平:圧力釜は ここに置こう。丁寧に扱えよ。

萬平さんは すっかり発明家の顔になっていました。

鈴:あなたの旦那は やっぱり山師やわ。絶対 失敗する。せっかく たちばな塩業がうまくいってるのに。ああ 絶対 失敗する…。

福子:私は萬平さんを信じてますから。きっと みんなが喜ぶようなものを作ってくれます。

そして 1週間後…。

近江谷:あ~。

佐久間:こちらです。

萬平:足元 お気をつけ下さい。ハハハハハ。

近江谷:あ~!ハハハハハハ!

萬平:いやいや 改めまして わざわざおいで頂きましてありがとうございます 近江谷先生。ここにいる4人を たちばな栄養食品研究室に配属することに決めました。

岡:岡です。

倉永:倉永と申します。

大和田:大和田です。

神部:改めて神部です。よろしくお願いします。

近江谷:近江谷です。よろしく。

萬平:いいか これから僕たちは 先生の助言を頂きながら 新しい栄養食品を開発するんだ。

4人:はい。

近江谷:フフフフフフ…。

福子:萬平さんが考えてる栄養食品というのは 食べ物ですか 飲み物ですか。

萬平:うん…。

福子:それとも 薬のようなもの?

萬平:う~ん… とにかく みんなが手軽に食べられるようなものにしたいんだ。今はまだ それぐらいのものしか考えられない。

福子:小学校で給食が始まったそうです。

萬平:ああ。

福子:せやけど 給食にでてくるのは パンやて。

萬平:えっ 米の飯じゃないのか。

福子:GHQの指導で そうなったって 新聞で読みました。

萬平:パン…。

福子:パンに塗るようなものは どうでしょう。手軽やないですか。

萬平:確かに。

近江谷:パンに塗るということは ペースト状ということですね。

岡:ペースト?

神部:バターみたいなもんですか。

萬平:そうだ。

近江谷:いい考えだと思います。 それでは そういうものを作るとして まずは動物性タンパク質を何からとるか。

萬平:値段を抑えたいので 高い材料は使えませんよ。

倉永:牛肉や豚肉は無理やな。

岡:ああ うちにおる鶏は?

萬平:あれは 卵を産んでくれる大事な鳥だ。

大和田:ほな 卵は?

神部:数が足りんやろ。

鈴:あおの近江谷先生って人は 毎日来るわけ?

福子:列車に乗ってる間 本が読めるからうれしいんやて。

鈴:天下の大阪帝大にも物好きがいるわね。

福子:教授は みんな変わり者やって おっしゃってました。

鈴:そんなわけないやない。萬平さんの口車に乗せられたのよ。

福子:お母さん。

鈴:そうや。近江谷先生にもお給料は払うの?

福子:そら そうでしょう。手伝ってもらうんやから。

鈴:私は聞いてない。経理やのに。

福子:えっ 今 行かなくても。

鈴:大事なことでしょう。

福子:えっ。お母さん。困ったおばあちゃんやね。

(せきばらい)

鈴:ん?

鈴:何しているの 萬平さん。

萬平:ああ 動物性タンパク質の材料を探してるんですよ。

鈴:タンパク質?

萬平:ええ。

神部:捕まえました!

岡:わしもや!

萬平:お義母さん!

鈴:うわあ~っ!

鈴:煮込んでる?

赤津:はい。

タカ:ガマガエルを?

赤津:そう。

鈴:やめて やめて やめ… やめて~!

萬平:そろそろいいんじゃないですかね 先生。

近江谷:そうですね。

(爆発音)

森本:何じゃ。

小松原:何か爆発しませんでした。

(騒ぐ声)

萬平:熱 熱 熱っ!

神部:水かけてくれ~!

鈴:ガマガエルが爆発した!?

萬平:爆発したんじゃありません。鍋の蓋が飛んだんですよ。

神部:それで 中のもんが飛び散って。

鈴:飛び散った!?

タカ:神部さん 動かんといて。

大和田:大きな鍋やったら 大変なことになってたな。

岡:わしら 大やけどしてたぞ。

倉永:こんなんで済んでよかった。

福子:せやけど この臭いは…。

赤津:はよ 着替えて下さい。

萬平:いや それよりも研究室の中だ。大変なことになってる。

近江谷:あれは 掃除が大変ですね。

萬平:アハハハハハ。

鈴:大変ですねやないでしょう 近江谷先生。あなた 本当に大阪帝大の先生なんですか。

福子:お母さん。

鈴:萬平さんも もうやめてちょうだい。こんなあほなこと。

萬平:いや 僕はやめません。こんな失敗 何てことはない。何度も失敗して その先にこそ成功があるんだ。

福子:分かってます。そやけど 危ないことだけは…。

萬平:これからは気を付ける。でも僕はやめない。世の中の栄養失調で苦しんでいる人たちのために 必ず新しい食品を作る!

福子:はい!

鈴:はいやない!

萬平:源も 一緒に作るぞ。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。