まんぷく(53話11月30日)忠彦の進言で真一「萬平君の会社で働かせてくれ」

朝ドラまんぷく(53話11月30日)あらすじとセリフ

いよいよ その日がやって来ました。

萬平:出来たぞ。

よしっ。

(拍手)

鈴:やっと出来た。

●香田家

克子:はあ~ やっと出来たのね。

忠彦:手軽で栄養満点ダネイホンか。

タカ:こうやって バターみたいにパンに塗って食べるんよ。

吉乃:あんまり おいしない。

重之:僕は苦手や。

タカ:学ちゃん。

学:いらん。

克子:食べてごらんなさい。すごく栄養があるのよ。

忠彦:萬平君が作ったんやから間違いない。

タカ:きっと売れる。神部さんたち みんな頑張ってるんやから。お母さんも食べて。パン取ってきます。

忠彦:神部 神部って あいつのことばっかりやな タカは近頃。

克子:別にええやない。

●大阪の街中

神部:栄養満点ダネイホンです。

小松原:どうぞ食べてみて下さい。

どうぞ どうぞ。

小松原:どうぞ食べてみて下さい。

おばちゃん:何なん。食べてええんか。

神部:食べてみて下さい。

おばちゃん:ええの。

神部:どうぞ。

おばちゃん:おいしないわ これ。

岡:味より栄養ですから。

神部:これを食べれば栄養失調にならずに済むんです。

おばちゃん:20円!? 高すぎるわ!

小松原:それだけの価値がありますって。

(神部と萬平の電話)

萬平:売れない。

神部:売れたんはまだ3個です。やっぱり みんな 味と値段を気にして…。

萬平:栄養があるんだ。そこをうまく説明してくれ。食べてみれば分かるって。

神部:食べた途端に健康になるわけやありませんからね。

萬平:そりゃ そうだよな~。

神部:そやけど 頑張って売ります。

●たちばな塩業

鈴:やっぱり駄目なの。

福子:やっぱりって言わんといて!

萬平:3個しか売れてないそうだ。

鈴:3個? 朝から売って3個?

福子:お母さん!

萬平:ビタミンAやタンパク質が入ってるっていっても 普通の人には分からないんだよな。

鈴:結局 えたいの知れないものは 買う気にならないのよ。ああ あんなに苦労して作ったのに。

福子:お母さんは作ってないでしょ! 最初はしかたありません 萬平さん。

萬平:三田村会長に会いに行ってくる。報告しろって言われてるんだ。あ~あ 気が重い。

(電話の着信音)

福子:はい たちばな塩業です。

真一:真一です。

福子:ああ 真一さん。

真一:今日から ダネイホンを売り出すんだろ。作ってるところを見ただけに 気になったね。

福子:ん~ それが…。

●三田村会長宅

世良:せやから 僕はそんなもん 売れるわけないって言うたぞ。そもそもやな 栄養食品に金を出そうなんて発想 この世の中にはないんや。

三田村:うん。

世良:会長もそうおっしゃっていらっしゃる。

萬平:今まで世の中になかった商品なんですから そう簡単には受け入れられませんよ。

世良:かねを出してるんは 僕らやぞ。三田村会長は3万円も君に投資してるんや。僕かて1500円。売れませんでは済まなへんねん。

三田村:あっ ごちそうさん。

世良:よう食べましたな。

三田村:僕はそんなにまずいとは思わんけどな。ふ~。手軽で栄養満点ダネイホン。タンパク質 ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK。これを食べとったら ほんまに栄養失調にはならんのか。

萬平:はい。それは間違いありません。

世良:せやけどなあ…。

三田村:もうちょっと 値段 安するわけにはいかんのか 立花君。

世良:高すぎるんや。

萬平:手間暇がかかっているんです。でも たくさん売れれば下げられます。

世良:せやけど売れへんって。

三田村:ほんまにええもんやったら 売れるんやないのか。

世良:売れますね。

萬平:会長。

三田村:ただ これを欲しがる客が誰なんか どこにおんのか それを考えないかん。やみくもに売ろうとしたかて 結果は出えへんぞ。

萬平:はい。

●香田家

(足音)

忠彦:萬平君。

萬平:また鳥を飼い始めたんですね 忠彦さん。

忠彦:克子は出かけていてね。子どもたちもみんな学校やから 僕一人なんや。

萬平:ありがとうございます。用事があって こっちに出てきたんで せっかくだからと思って。

忠彦:来てくれてうれしいよ。タカがいつもお世話になってます。

萬平:ああ。いや タカちゃんが手伝いに来てくれて 福子もお義母さんも本当に助かってます。うちの社員たちの人気者ですよ タカちゃんは。ハハハ。

忠彦:タカはいつも神部君の話をするんやが。

萬平:神部。

忠彦:まさk 神部君と…。

萬平:何ですか。

忠彦:せやから タカと神部君は…。

萬平:はあ・

忠彦:あっ… 何でもない 忘れてくれ。

萬平:何の話です?

忠彦:いやいや 本当にいいんや。萬平君は分かってなさそうやから。

萬平:だから何が。

忠彦:それよりに 何でうちに?今日はダネイホンの発売日やろ。

萬平:はい。

忠彦:売れてないんか。

萬平:どうして それを。

忠彦:入ってきた君の顔を見て分かったよ。

萬平:中身のよさが お客さんに伝わらないんです。どうしたらいいんでしょうね。

忠彦:僕と一緒やな。

萬平:えっ?

忠彦:僕はいい絵を描くことだけを考えていたい。せやけど 売るのは苦手や。萬平君も いいものを作るが商売人やない。

萬平:そうですね。

忠彦:誰か信用できる人に任せた方がええんやないか 商売は。萬平君がもの作りだけを考えられるように。

萬平:商売のできる人…。

忠彦:そうや 真一さんがいる。

萬平:真一さん?

●たちばな塩業

福子:失業?

鈴:真一さんが?

萬平:財閥解体のあおりを受けて 真一さんの会社も倒産してしまったんだそうだ。

鈴:いつの話よ。

萬平:1ヶ月ほど前って 忠彦さんが言ってました。

福子:そしたら この前 うちに来た時…。

回想真一:急に思い立ってね。有給休暇を取ってきたんだ。

福子:あれは うそやったの?

萬平:僕たちに心配をかけたくなかったんだろうな。

鈴:今は何してるのよ 真一さん。

萬平:仕事を探しているはずですけど…。実はうちで雇ったらどうかって。

福子:えっ うちで?

萬平:証券会社に勤めてたんだから 数字に強いのは間違いないし 営業もできるんじゃないかって。

福子:営業も!?

鈴:数字に強いっていうのは 経理もできるってこと?

萬平:お義母さんの負担も減りますよ。

鈴:私は 飯炊きだけやってれば いいっていうの。私は武士の娘よ。

福子:そういうことやないでしょ!

萬平:忠彦さんにそう言われて 実は真一さんの家に行ってみたんだ。

鈴:勝手に話を進めないで。

萬平:そしたら留守だったから 明日 もう一度行ってみる。

鈴:私を無視するの。

福子:そしたら 私が行きます。萬平さんは仕事してて下さい。

鈴:福子!

福子:社長がいないと みんな不安がりますから。

森本:何か 売れんって言われると張り合いがなくなるのう。

野村:これが全部売れ残ったら どうするんですか。

高木:会社は大赤字や。

堺:僕らの給料も減りますね。

森本:飯のおかずも減るじゃろうな。

高木:せやけど 魚は大丈夫や。

堺:わいらに任せといて下さい。

森本:そうじゃ お前ら 何で そんな毎日 ぎょうさん魚とってこれるん?

3人:えっ?え~?

(笑い声)

堺:何でて。なあ。

高木:俺らは 釣りの天才やからな。

よ~し。

これが僕らの釣りざおや!

野村:おりゃあ!

(爆発音)

堺:来い来~い!

高木:よ~し とれ!行け行け行け!

大漁や大漁!

●小野塚真一の家

福子:ふう。ごめんください。

真一:はい。あっ 福ちゃん。

福子:こんにちは。

真一:僕が?

福子:萬平さんを助けて下さい。お願いします。真一さんが もらっていたほどのお給料は払えませんけどダネイホンが売れて 会社が大きくなっていけば ちゃんとお支払いできると思います。萬平さんは お金持ちになりたいと思て 会社を作ったわけやありません。世の中の役に立ちたい 世の中の人を喜ばせたいと もうそれだけ思て 仕事してるんです。せやからこそ 経営を分かってる人に そばについててほしいんです。

真一:僕は 福ちゃんが手伝ってあげるべきやと思たけど。

福子:私にできることは 萬平さんやみんなを励ますことだけです。あんな立派な証券会社に勤めてた真一さんなら きっと大きな会社に就職できると思うけど…。無理な話やとは分かってます。難しかったら1年 いや半年だけでも助けてもらえたら…。

真一:福ちゃん あんな大きな会社でも潰れるんだよ。

福子:えっ…。

真一:失業して勉強になった。がっかりしたけど 実はホッとしているところもあるんだ。証券会社は損得だけを考えていかないといけない。正直 うんざりしてた。この前 萬平君の会社を見に行って 羨ましいと思ったよ。いろいろなことに挑戦している萬平君や福ちゃんを。

福子:え…。

真一:僕に声をかけてくれて ありがとう。多少の蓄えはあるから 給料は少なくても構わない。

福子:真一さん…。

真一:萬平君の会社で働かせてくれ。

福子:ほんまに?

真一:本気だよ。ハハッ。

福子:ありがとうございます!ありがとうございます!

真一:そんな かしこまったお礼はええから。ねっ。さ湯が冷めたね。いれ直そう。

福子:ありがとう 咲姉ちゃん。

回想福子:きれい!忠彦さんがこれを?

回想咲:そう。

回想真一:咲は すっかり気に入って ずっと眺めてるよ。
 
●たちばな塩業

萬平:病院に?

福子:そうです。ダネイホンを病院に売り込むんです。入院してる人は 誰よりも栄養が必要やし 病院食ならそんなに味にはこだわらないでしょう。

萬平:ああ 病院食か。

福子:栄養失調で入院してる人も たくさんいるはずですよ。

回想三田村:これを欲しがる客が誰なんか どこにおんのか それを考えないかん。

萬平:うん いい考えかもしれない。そうだ 福子。病院にダネイホンを売ろう。

福子:はい。

萬平:うん 源 お前も賛成か。あ~ そうか。

福子:笑ってる。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。