まんぷく(55話12月3日)MONKEYMAJIKプラント兄弟と岡崎体育

朝ドラまんぷく55話、進駐軍に反乱を企てた容疑で全員逮捕されてしまったたちばな塩業の男たち。

彼らを問い詰める進駐軍(GHQ)のメイ軍曹と、ビンガム曹長。演じているのは、4人組ロックバンド「MONKEY MAJIK」メイナード・プラントブレイズ・プラントのカナダ人兄弟。

そして、見た目も日本人で、話す言葉も完璧な大阪弁という日系アメリカ人の看守チャーリー・タナカ。中の人、岡崎体育さんの演技に注目せざるを得ない今週のまんぷくです。

朝ドラまんぷく(55話12月3日)あらすじとセリフ

(源の泣き声)

萬平:な… 何ですか。

メイ:海で爆発音があったという通報があった。

福子:爆発音?

メイ:どこに武器を隠してる ヘイ!

福子:武器…。

ビンガム:(英語)全員 そのまま動くな。

それは突然の出来事でした。

メイ:これから捜査を始める。

警察官:ここにいる者は武器を隠し持ち 徒党を組んで進駐軍に反乱を企てているという疑いだ。

福子:反乱…。

萬平:うちは普通の健全な会社です!

高木:社長…。

福子:どうしたの 高木さん。

岡:何やねん 堺!

萬平:えっ…。

高木:黙っとって すんませんでした。

ビンガム:(英語)手榴弾だ

メイ:(英語)20個以上あります。

MP:ゴー ゴー ゴー!

萬平:ちょっと待て!彼は入社したばかりです。何も知りません。おい 福子 英語で言ってくれ。

福子:えっ え~っと え~っと…。ヒー あの ヒー ヒー…。

真一:僕も一緒に行ってきます。

鈴:どうしてよ!どうして手榴弾があったのよ!

福子:私かて分からへん。

萬平:福子!ダネイホンを瓶詰めして出荷してくれ。

福子:萬平さん!

鈴:今 こんな時に!

萬平:あと塩も!塩も専売局に!分かったな 福子!塩もだ!

福子:萬平さん!

萬平:福子!

鈴:ああ…!

萬平:福子!

(福子と克子の電話)

克子:みんな連れていかれた?

福子:倉庫に手榴弾があったの。お前たちは進駐軍に反乱を企ててるって。

克子:反乱?

鈴:どうして そんなものがあったのよ!

福子:お母さんは静かにして!

克子:そしたら 今 福子とお母さんしかいないの?

福子:そう。

鈴:福子が英語でちゃんと説明すればよかったのよ。

福子:みんな いつ帰ってこられるか 分からへんの。

鈴:ホテルでは英語使って仕事してたんでしょ。

福子:もう あれから4年もたってるんよ。

克子:もう そんなこと どうでもええから!

●香田家

吉乃:福子おばちゃんとこに行くの?

克子:しばらく 帰ってこられないかもしれないから。

重之:しばらくって どのくらい?

克子:分からへん。

忠彦:萬平おじちゃんの会社が大変なことになったんや。

タカ:神部さんも進駐軍に連れていかれたの?

忠彦:男は全員や。

克子:タカ 3人のことお願いね。あと食事の支度とお洗濯も。

タカ:はい。

克子:吉乃も手伝ってあげて。

吉乃:はい。

忠彦:お姉ちゃんたちの言うこと ちゃんと聞くんやぞ。

学:うん。

重之:分かった。

克子:じゃあ お願いね。行ってきます。

(ドアが閉まる音)

●米陸軍憲兵隊大阪分遣隊本部・取調室

メイ:名前を言いなさい。

大和田英二です。

メイ:ホワット ユア ネーム。

森本 元。

メイ:名前は。

佐久間春男です。

メイ:ホワット ユア ネーム。

こ… 小松原完二です。

メイ:名前は。

倉永浩です。

長久保陽介。

峰岸政利。

赤津裕次郎。

岡:日本語しゃべれ ボケ。

増田誠一です。

堀 和則。

メイ:ホワット ユア ネーム。

神部:神部茂です。俺たちは何にも悪いことは…。

メイ:余計な事は言うな。

野村:野村泰造です。

メイ:お前は あそこに手榴弾があることを知っていたんだな。

野村:はい。

メイ:誰の指示で手榴弾を集めたんだ。

堺:あ…あれはもともと あそこにあったんです。

メイ:あの手榴弾で何をするつもりだった。

高木:魚をとってました。

メイ:フィッシュ?

(笑い声)

●雑居房

神部:魚?

堺:そうです。

岡:手榴弾で魚とってたんか。

森本:どうやって。

堺:どうやってって…。

高木:海に向かって投げるだけや。そしたら 水の中で爆発して 魚がプカプカ浮かんでくるんや。

佐久間:何でそんなこと…。

堺:それは高木さんが…。

高木:簡単にぎょうさんの魚がとれるからや。決まっとるやろ。

信じられへん。

高木:俺らのおかげで お前ら 毎日 晩飯で魚が食えたんやろ!

何で 釣りざお使わんのですか。

小松原:普通に釣ったらええでしょう。

野村:ダネイホンにワカメが要る言われて 塩作り組は みんなそっちへ 駆り出されたやないですか!

堺:僕ら3人で毎日毎日 みんなが食える分だけの魚 釣れるわけないでしょう!

倉永:そやけど!

よりによって…。

堀:手榴弾ば投げるなんて。

ほな どないしたら よかったんや!

何で わしらに黙っとったんや。

増田:後ろめたいことしてると思てたんでしょう。

何い!

岡:あほちゃうか。

高木:今 何つった。

(騒ぐ声)

タナカ:ストップ イット! ストップ イット! ストップ イット! ストップ ストップ ストップ イット!手榴弾で魚とってた?そんなもん誰が信じんねん! 下手くそな芝居しやがって。静かに座っとけ。

赤津:あいつ ほんまにアメリカ人か。

神部:何で大阪弁なんや。

タナカ:はあ… チャーリー・タナカ。 カリフォルニア生まれの正真正銘のアメリカ人や。お前らが口裏合わせんよう ここでちゃ~んと見張ってるからな。

●米陸軍憲兵隊大阪分遣隊本部・取調室

真一:小野塚真一です。

メイ:お前だけスーツか。

真一:今まで証券会社に勤めていましたから。

メイ:証券会社から たちばな塩業に?

真一:ええ。

メイ:お前の本当の役割は何だ。

真一:ただの社員です。

メイ:(英語)ウソをつくな!

ビンガム:(英語) 名前は。

萬平:マンペイ・タチバナ。

ビンガム:(英語)年齢は。

萬平:ハウ オールド? ああ… 37歳です。

ビンガム:サーティーセブン。私が日本語をマスターした頃だ。私は10年かけて日本語を覚えた。

萬平:どうして日本語を。

ビンガム:日本の文化に興味があったね。サムライ ゲイシャ キョウト アサクサ。

萬平:アハ… ああ そうですか。何だ。

ビンガム:(英語)冗談だ。

萬平:ん?

ビンガム:アメリカは早くから いずれ日本が敵になると考えていた。それを知って 私はロサンゼルスの日系人から日本語を学んだんだ。戦争に負けて悔しいだろう。国を占領されて反感を持つのは当然だ。しかし 反逆は許さない。

萬平:反逆なんて そんなこと 考えたこともありませんよ。

ビンガム:たちばな塩業とは どういう会社だ。

萬平:ああ… 塩と栄養食品を作っています。

ビンガム:その前は何を?

萬平:その前…はんこを作っていました。

ビンガム:はんこ?

萬平:ああ…。スタンプ。印鑑です。

ビンガム:その前は。

萬平:その前…。根菜切断機なんだけど… フードミキサー。

ビンガム:その前は。

萬平:幻灯機です。ああ… カメラ フォトグラフ。

ビンガム:君は一体 何がやりたいんだ。君の会社について詳しく知りたい。ここに写ってるものを説明しろ。

萬平:福子…。

●たちばな塩業

(福子が電話)

福子:中村法律事務所さんですか。あの お願いしたい件がございまして。

鈴:弁護士さんに相談したって無駄。

福子:あの 実は 会社の社員が進駐軍に連れてかれてしまいまして。そう 進駐軍です。

鈴:引き受けてくれるわけないわ。

福子:お母さんは黙ってて! えっ? ああ~!

鈴:進駐軍相手にケンカしようなんて弁護士がいるわけない!

福子:何で そんなにひと事みたいに言うのよ。

鈴:私は武士の娘です。こういう時はうろたえてはいけません。落ち着くんです。

福子:はあ…。落ち着いてどうすればいいの。お茶わん かたしてから どうするのよ。

鈴:そんなこと聞かれたって 分かるわけないでしょ!

(泣き声)

●米陸軍憲兵隊大阪分遣隊本部・取調室

ビンガム:彼らは何者だ。

萬平:だから うちの社員ですよ。

●たちばな塩業

福子:もしもし 林弁護士事務所さんですか。お願いしたい件がございまして。はい。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。