まんぷく(57話12月5日)僕を潰してみろ。世界の損失や。ロストワールドや!

朝ドラまんぷく57話、世良が進駐軍に連行されて取調室に。

立花君が進駐軍に反乱なんか たくらむわけない。あの新聞記事は あんたらが書かしたんか。えげつないことするのう。ケンカの一つもでけへん 心優しい男やで 立花君は。僕は一緒にラーメン食べた親友やから よう知っとる。こんなしょうもないことで立花君を潰したら日本の損失や。そうや あんたにとったら 日本がどうなろうと関係ないか。ほな 言いかえたる。東洋の損失や。ほんでな 僕を潰してみろ。世界の損失や。ロストワールドや!

何を鏡見ながら ベチャクチャしゃべっとんねん。我ながら ええ男やなあ。とにかく 立花君は悪いやつやない。手榴弾で魚とってた言うんやったら それ ほんまや。うそや思うんやったら 実際行ってやって確かめたらええやないか。その前に僕を帰してくれ。

おそらく、まんぷく始まって以来の一番長いセリフを口にした、カツオセラ。 シリアスな展開のはずなのに笑ってしまうのは、やはりNHK大阪の底力&さすがです。

朝ドラまんぷく(57話12月5日)あらすじとセリフ

ビンガム:君のあの倉庫を斡旋したのは誰だ。

回想世良:実はある場所に軍の倉庫が残っててな。僕の知り合いの不動産屋が 誰かに貸したいと言うてんねや。

萬平:言えません!その人だって そこに手榴弾があるとは知らなかったはずです。

メイ:(英語で)お前を連行する。

世良:何や 何や いきなり! おかしいやろ! 福ちゃん 助けて!僕は関係ない!

福子:世良さん?

世良:助けてくれ 福ちゃん!

福子:世良さん!

●たちばな塩業

鈴:世良さんが連れていかれた?

福子:英語が聞こえたから 進駐軍やと思う。

克子:また進駐軍。

福子:それで世良さんが「福ちゃん助けてくれ!」って。

忠彦:英語で何て言うてたんや。

福子:えっ… あっ それは よう分かりません。

鈴:福子。ずっと英語習わせてやったのに どうして分からないのよ。

福子:そやから 英語は使ってないと忘れるの!

克子:まあ 私もさんざん勉強させられたけど 今は何にも。しゃべれないもんね。

鈴:克子!

忠彦:何で世良さんが捕まったんやろう。

福子:多分 ここを世話してくれた不動産屋さんは 世良さんが紹介して下さったから。

●進駐軍・取調室

世良:そら 不動産屋から 紹介料はもとたで 僕は。せやけど 微々たるもんや。罪になるほどの額やない。僕にも良心いうもんがあるからな。

ビンガム:(英語で)おしゃべりな男だ。

メイ:あの倉庫に 手榴弾が残っていたことを…。

世良:そんなもん夢にも思わんがな。せやけど そこここから旧日本軍の武器が見つかっているやないか。そんなもんで いちいち大騒ぎしてたら 切りないやろ。

メイ:お前とマンペイ・タチバナは…。

世良:立花君が進駐軍に反乱なんか たくらむわけない。あの新聞記事は あんたらが書かしたんか。えげつないことするのう。ケンカの一つもでけへん 心優しい男やで 立花君は。僕は一緒にラーメン食べた親友やから よう知っとる。こんなしょうもないことで立花君を潰したら日本の損失や。そうや あんたにとったら 日本がどうなろうと関係ないか。ほな 言いかえたる。東洋の損失や。ほんでな 僕を潰してみろ。世界の損失や。ロストワールドや!

メイ:(英語で)どうしてこんなヤツを。

世良:何を鏡見ながら ベチャクチャしゃべっとんねん。我ながら ええ男やなあ。とにかく 立花君は悪いやつやない。手榴弾で魚とってた言うんやったら それ ほんまや。うそや思うんやったら 実際行ってやって確かめたらええやないか。その前に僕を帰してくれ。

メイ:(英語で)心配するな。お前も雑居房だ。

●進駐軍・雑居房

世良:何でやねん!こんな話あるかあ!

タナカ:また おかしなヤツが入ってきたな。

世良:何や お前 誰や!

神部:そいつはチャーリーです。

岡:わしらの監視役や。

世良:チャーリー? どう見ても コテコテの大阪人やんけ。

タナカ:(英語で)オレはアメリカ人だ。お前らと一緒にするな。

世良:何や お前。いきなり わざとらしい英語使いやがって。

小松原:あきまへん 世良さん。

森本:チャーリーに逆らったら 懲罰房に入れられますよ。

世良:うそやん。

タナカ:お前の運命は俺の腹一つや。

世良:今日はこのくらいにしたる。

萬平:すいません。僕のせいで世良さんまで。

世良:全くや。

真一:でも 萬平君が世良さんの名前を出したわけじゃありません。

世良:そうかもしれんけど 脇が甘いんや 立花君は。どないしてくれんねん。

萬平:すいません。

真一:あの倉庫を紹介してくれたのは 世良さんなんやろ!どないしてくれんねんは こっちのセリフだ!

世良:何やと…。何や 何や 何や 何や…。それは言いがかりやで。あほちゃうか。

MP:マンペイ・タチバナ カモン。

●進駐軍・取調室

萬平:世良さんは何も悪くなりません。

ビンガム:すばらしい友情だな。あの男が言うには マンペイ・タチバナを潰すのは 日本の損失だそうだ。そんなに優秀な発明家なのか 君は。だったら 我々を攻撃する新型兵器も作れそうだな。

萬平:僕は兵器は作りません。戦争で大勢の人間が死にました。今は栄養失調で苦しんでいる人たちが街にあふれています。誰かがその人たちを救わなければならないんです!あなたたちとまたケンカをしようなんて そんなくだらないことを考えてる暇はない!

●たちばな塩業

(福子と三田村会長の電話)

三田村:弁護士は無理だろう。

福子:引き受けて下さる先生は いらっしゃらないということですか。

三田村:相手は進駐軍やからな。

福子:三田村さんも 萬平さんを疑ってるんですか。

三田村:いやいや 私は信じているよ。けど正直 立花君を助けるのは難しい。弁護士を立てたところで 向こうにしてみたら 日本の法律など関係ないわけやから。立花君がどうなるかは 進駐軍の上の人間がどう考えるか それ次第や。ただ 諦めてはいかんよ。本当に無実だと分かったら 彼らかて 無理やり裁判にかけるわけにはいかんわけやから。立花君は釈放される。

福子:ありがとうございます。希望は捨てません。失礼いたします。みんな帰ってくる。うん 絶対に帰ってくる。

まさの:ごめんください。

福子:はい。

まさの:大丈夫 福子さん。

竹春:新聞 読んだで。

ハナ:福ちゃん。

福子:おばちゃん えっ えっ 何でハナちゃんが おじちゃんたちと。

ハナ:私も新聞見て 福ちゃんのこと心配になって…。

まさの:たまたま そこで会うて 一緒に来たんよ。

竹春:何も食べてへんやろ。ラーメン持ってきたで。

まさの:のびる前にはよ食べて。

竹春:食べて 食べて。

まさの:どうぞ。

鈴:頂きます。

克子:おいしい!

福子:ありがとうございます おじちゃん。

竹春:ごめんな 3人前しかのうて。福ちゃんと鈴さんとタカちゃんもおるかなと思たんや。4人いらっしゃるとは思わんかった。 

忠彦:僕は大丈夫ですから。

(おなかが鳴る音)

克子:あっ…。

忠彦:あっ…。

克子:一緒に食べよ。はい。

忠彦:頂きます。

ハナ:源ちゃんも怖かったね。いきなり進駐軍が来て。

忠彦:うまい!

福子:もう ごはん作る気もしなくて おとといから まともにごはんを食べたなかったの。

鈴:食欲がないと思てたんやけど そうやなかったのね。

克子:やっぱり おなかは減るんよ。

忠彦:そら そうや。

ハナ:うちの主人も心配してるわ。倉庫に手榴弾があったってだけで 使たわけやないんでしょう。

福子:そやけど 進駐軍の人が 爆発音を聞いた人がいるって。

ハナ:えっ。

鈴:そんなことあるわけないやない。

克子:そうよ。

まさの:あ…あの 実は…。うちに来たお客さんが言うてたんよ。そこの海で 若い男の人たちが 手榴弾投げてるのを見たて。

福子:えっ。

竹春:海に向かって投げてたそうや。

克子:その人が進駐軍に通報したんですか。

竹春:そうかもしれへんな。進駐軍を攻撃する訓練しとる言うてな。

福子:訓練って…。

(クラクション

福子:高木さん 野村さん。

鈴:堺君。

堺:ああっ。

高木:奥様!

野村:大奥様!

高木:あの わいらのせいで…。

忠彦:何しに来たんや。

堺:奥様… 奥様!奥様!

鈴:福子!

克子:お母さん!

高木:ここです。

野村:ここから投げました。

MP:(英語で)下がれ!

鈴:何するつもり?

ビンガム:(英語で) 投げろ。

MP:イエス サー。

(爆発音と叫び声)

堺:えっ…。

MP:(英語で) 魚は浮かんできません。

メイ: うそだったな。

高木:んな あほな。

堺:いつもは ぎょうさん浮かんでくるんです!何で今日に限って!

メイ:車に戻れ。

野村:ちょっと待ってくれって!

堺:もっかいや! もっかいや!なあ頼むて!

高木:絶対におかしいって!

堺:信じられへんわ!

野村:もう あかん!

福子: 野村さん! 堺さん高木さん! 野村さん!

ビンガム:彼らは 手榴弾を投げて魚をとっていたそうだ。

福子:えっ…。

ビンガム:でも それはうそだった。

福子:うそ…。

ビンガム:残念だったな。

福子:そしたら 誰に投げるのよ! あなたたちに向かって投げるつもりやったっていうんですか。萬平さんは そんなこと絶対にしません!マイ… (英語で)私の夫は絶対にそんなことはしません!

鈴:どういうことなのよ 福子。

●進駐軍・雑居房

世良:魚が浮かんでこんかったあ!?

萬平:どうして。

高木:分かりません。

野村:いつもは ぎょうさん浮かんできとったんです。

堺:魚も進駐軍とグルなんや!

世良:そんなわけないやろ。

岡:お前ら うそついとったんか。

高木:うそやない!

神部:ほな 何で浮かんでこんかったんや。

高木:そんなん知るか!

萬平:ちょっと待て。高木たちを責めてもしかたがないじゃないか。今は何もかもが恨めに出ているが 仕事でもそんなことあっただろう。僕たちはそれを乗り越えてきたんだ。僕たちは仲間だ。一つになって戦う仲間なんだ。

真一:そのとおりや。

萬平:そんな 

●進駐軍・ビンガムの執務室

メイ:(英語で)なぜ海まで行って あんなことを。

回想萬平:あなたたちとまたケンカをしようなんて そんなくだらないことを考えてる暇はない!

回想福子:私の夫は絶対にそんなことはしません!

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。