まんぷく(62話12月11日)たちばな栄養食品の東京進出、鈴「いざ出陣!」

朝ドラ「まんぷく」イメージ NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく62話、ダネイホンの味を改良し、全国販売のために東京進出を決めたたちばな栄養食品。

ワカメから昆布に替えたことで味がおいしくなったということで、本日のスーパーでは、昆布が売れ切れ状態になるかも(?)。

売れ切れと言えば、切り捨てられるという似たような言葉。この味が分からん人間は切り捨てるという世良の発言に、タカちゃんラバーズ(小松原、堀、増田)の「切り捨てられる気持ちはよう分かる」の言葉の妙。

次週の東京編では、スーツ姿の増田にキュンキュンする奥様方が続出すると予言して、また明日。

増田誠一役・辻岡甚佐(つじおかじんすけ)さん公式プロフィール(所属事務所スターダストプロモーション)

View this post on Instagram

増田くん、お務めご苦労様でした。 #まんぷく @nhk_mampuku

辻岡甚佐さん(@j_ra___)がシェアした投稿 –


朝ドラまんぷく(62話12月11日)あらすじとセリフ

萬平:塩作りをやめて ダネイホンの製造販売に専念する。社名もたちばな塩業から たちばな栄養食品に変更する。

福ちゃんと萬平さんたちの再スタートです。

●泉大津の海岸

神部:この鉄板に海水を流すのは重労働やったなあ。

岡:真夏はほんま死ぬかと思うたわ。

堺:こんなこと やってられへんって何べん思たか。

倉永:ほんでも 塩作りをやめるとなったら 何や寂しいのう。

神部:これからは みんな ダネイホンを作るっちゅうことか。

森本:みんなでできるとは思えんな。

岡:どういうこっちゃ。

森本:こんなに人数いらんて 半分くらいはクビになるかもしれんぞ。

堺:えっ!

神部:社長がそんなことするわけないやろ。

森本:そういうこともありえるって言うとるだけじゃ。

岡:社長はやさしい人やぞ。

神部:社長の頭の中には 新しい会社の姿がちゃんと見えてんねや。

●たちばな栄養食品

世良:立花君には見えてない。

萬平:見えてないって…。

福子:どういうことですか 世良さん。

世良: ダネイホンを全国に売り出そういうんはええ。そのためには 世良勝夫が仏要やと僕を呼んだんは大正解や。

鈴:何が見えてないの。

世良:客です。全国の誰に売るつもりや。

真一:そら 今まで大阪の病院に卸してたんやから。

福子:全国の病院に。

世良:それがあかんのや。これからは一般人にも売っていくんや。

萬平:一般人。

世良:日本中の老若男女にダネイホンを知ってもらういうこっちゃ。

鈴:そやけど 前にダネイホン作った時…。

福子:大阪で試食販売しました。

真一:不評だったんやろ 一般人には。

萬平:だから病院に卸したんです。

世良:そんなもん 味を改良して おいしいダネイホンにしたらええやないか。

福子:おいしいダネイホンって。

世良:栄養失調の人間は病院だけにおるわけやないど。家で寝込んでるもん 町なかで動けんようになってるもん そこここに ぎょうさんおるんやで。

真一:確かに。

萬平:おいしいダネイホン…。

福子:う~ん せやけど…。

堀:ああっ!

赤津:腕が!

長久保:つりそうや!

小松原:そのうち慣れますよ。

赤津:うるさい。

真一:やめや。ダネイホンの中身が変わるかもしれん。

一同:ええっ!

福子:ようできた。すごいね 源ちゃん。

萬平:最初に作ったダネイホンは 今よりもっとまずかったんだよな。スモモで甘みを加えて なんとか食べられる味にしたんだ。それを更においしくする…。

福子:もっと何か加えるんですか。

萬平:ああ? 今は牛骨からタンパク質 ビタミンA ビタミンD。スモモと菜種油からビタミンE。ワカメからはビタミンK。ミネラルは塩。

福子:お砂糖を加えるとか。

萬平:砂糖は高い。原価が上がれば商品の値段が高くなる。

福子:そしたら みんな買いませんよね。

萬平:ああっ もう どうしたらいいんだ!

鈴:ダネイホンの味を変えるなんて 私は反対。

福子:そやけど 一般の人に買うてもらうには そうしないとって。

鈴:世良さんが言うことはねえ。大体 おの人は昔からうさんくさいやない。

福子:萬平さんは信頼してます。

鈴:萬平さんは世間知らずのとこがあるから。

福子:私の旦那様を そんなふうに言わんといて下さい。

鈴:私は あなたと源ちゃんのことを心配してるの。欲かいて 失敗したらどうするんよ。

(ため息)

鈴:今日のお出汁は どうしようかしら。カツオ節か 煮干しか そうか…。

福子:あっ!あっ あっ あっ あっ あっ あっ あっ。萬平さん!昆布!昆布!

萬平:ああ?昆布?

福子:昆布には どういう栄養があるんですか。

萬平:昆布 昆布… ああ あった あった あった。ビタミンA ビタミンE ビタミンK タンパク質。

福子:やっぱり みんな入ってる!そしたら ワカメを昆布に替えましょう。

萬平:替えたら ダネイホンはおいしくなるのか。

福子:そやかて 昆布は出汁に使われているんですよ。料理をおいしくするのが昆布です。

萬平:福子。

福子:はい。

萬平:どうして僕は今まで こんな簡単なことに気が付かなかったんだ。

神部:昆布です。

岡:これでダネイホンを?

萬平:作ってみよう。

そして その週末 いつものようにタカちゃんがお手伝いにやって来ました。

神部:タカちゃん。

タカ:神部さん。

神部:今日は新しいダネイホンの試食会やで。

タカ:えっ。

神部:荷物 持つわ。

タカ:ありがとう。

神部:行こ。

堀:もう おいどんの入る余地は なかね。

小松原:見込みなしやな。

増田:完全に僕たちは切り捨てられました。

萬平:全員 手元に渡ったか。

一同:はい。

萬平:それでは 新しくなったダネイホンの試食会を行う。

世良:自信の程は どうなんや 立花君。

萬平:そりゃあ うまく出来たと思ってますけど。

神部:絶対うまいですよ。

真一:でも みんなの意見は 果たして どうか。

鈴:まずければ まずいとはっきり言いますからね 私は。

福子:お母さん。

萬平:いいんだ 福子。全員とまではいかなくても ここにいる8割ぐらいがおいしいと言ってくれなきゃ商品にはならない。

世良:そのとおり。

萬平:よし。さあ 食べてみてくれ。

はい。

頂きます。

頂きます。

福子:んっ! うん! おいしくなった!

神部:ですやろ。

鈴:どうかしら。

僕の口には合いません。

萬平:えっ!

タカ:私はおいしいと思います。

世良:う~ん。

萬平:よし 多数決をとろう。新しくなったダネイホンがおいしくなったと思う者。

はい。

鈴:前のよりは ええかも。

岡:昆布の出汁が利いて うまいです。

森本:わしは気に入りました。

世良:まあ 合格点や。

萬平:手をあげなかったのは 野村 堺 倉永か。

野村:わいは 正直言うて…。

堺:前のんが好きです。

萬平:倉永は。

倉永:僕は 違いがよう分かりません。

赤津:何で分からんのや。

峰岸:全然ちゃうやないか。

真一:まあ 世の中の人間全員に気に入られる商品はないやろう。

世良:ここまで支持されたら十分や。

萬平:はい。

世良:これが気に入らんいうもんは 切り捨ててよし。

野村:切り捨ててよし!?

倉永:僕ら 切り捨てられたんですか!?

堺:そんな殺生な!

小松原:かわいそうに。切り捨てられる気持ちは よう分かる。

増田:ほんまや。

世良:そしたら このダネイホンを日本中に売っていこう。

佐久間:日本中?

長久保:ほんまに売れるんですか。

世良:売れるんですかやのうて 売るんや。そのためには まずは東京進出やで 立花君。

萬平:東京進出?

福子:東京?

世良:こうなったら 日本の中心に販売と宣伝のための子会社を作るんや。

真一:子会社か… そらそうやな。

鈴:どうして世良さんがそんなこと決めるんですか。東京に出ていくなんて やめてちょうだい。

福子:また お母さん。

世良:何でですか。

鈴:東京には人情がないって聞いてます。冷たい人ばっかりやって。

野村:わいも聞いたことある。

福子:冷たいって どういうこと。

鈴:妊婦さんが道で急に産気づいてうずくまったのに 誰も助けてくれなかったって。

タカ:ええっ。

赤津:ほんまですか!?

大和田:それは人情がないどころやない。

岡:鬼の集まりや。

福子:そんなん誰が見たんよ。

鈴:聞いた話やって言うてるでしょ。東京は駄目。だから あなたは大阪で赤ちゃんを産みなさい。

福子:はい?

鈴:2人目を 早くつくるの。

福子:はっ えっ…。今 そんなこと どうでもいいでしょ!

世良:何の話や。

福子:どうするんですか 萬平さん。

萬平:東京に会社を作る。お義母さんは ああいうふうに言ってるけれど 確かにあの人は うさんくさくて調子に乗るところがあるかもしれないけど 僕はどうしても嫌いになれないんだよなあ。世良さんが僕のことを認めてくれてることは本心だと思うし 僕らのどばっちりを受けて 進駐軍に逮捕された時も まあ「どないしてくれんねん」くらいのことは言ってたけどな。

福子:萬平さんは 一度信用した人はとことん信じる人ですもんね。

萬平:でも 東京に行くと決めたのは僕だ。もし失敗しても それは僕の責任だ。

福子:お母さんは私が説得します。

萬平:お前は不安じゃないのか。

福子:不安になるわけないでしょ。むしろ ワクワクしてます。

萬平:ありがとう 福子。

でも福ちゃんが鈴さんを説得する必要はありませんでした。

(鈴さんの夢枕)

咲:いい絵やわ。きれいに描いてもろて よかったわね お母さん。

鈴:咲。忠彦さんが描いてくれたのよ。

咲:知ってます。観音様でしょ。

鈴:そう 観音様の私。

咲:そしたら もっとおおらかでいないとね。

鈴:え…。

咲:ダネイホンを日本中に売るの賛成で 東京に出るのは反対って それは変よ。

鈴:咲…。

福子:よし。

鈴:いいわよ。

福子:ん?

鈴:東京に会社を作っても構いません。そやかて 私は観音様やもの。

福子:何で急に。

萬平:おはようございます お義母さん。

鈴:おはようございます 萬平さん。

萬平:お義母さん。

福子:萬平さん。

萬平:やっぱり 僕の口から言うよ。お義母さん 僕は決めました。

鈴:私は決めました。

萬平:たちばな栄養食品は 東京に進出します。

鈴:いざ 出陣!

萬平:えっ?

鈴:絶対に勝ちなさい。あなたは 武士の娘の娘の婿なんですから。

萬平:はあ…。

福子:お母さんいうたら もう! 萬平さんも そんな顔せんといて。ハハハハ!

萬平:ハハハハハハ 福子。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



コメント