まんぷく(65話12月14日)ダネイボンはダネイホンのバッタもんで世良活躍

朝ドラ「まんぷく」イメージ NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく65話、昭和23年(1948)4月に、若手社員が東京の夜間学校に通い出し、その三ヵ月後にダネイホンのバッタもん「ダネイボン」が出回り…。

それを知った世良が、偽物業者である坂下食品に真一と乗り込み「出てこんかい!なめとったらあかんぞ!」のこわもて。

背格好も似ていて、サングラス姿もビシッと決まる世良と真一。演じている桐谷健太氏と大谷亮平氏、2人とも大阪出身で、1980年生まれの同世代だと知ってしました?奥さん。

学年は1つ違いで、桐谷健太氏の方が上になります。そして忠彦さんこと要潤氏が、大谷亮平氏と同学年で、この辺りは一度、整理して書いてみたいと思います。

朝ドラまんぷく(65話12月14日)あらすじとセリフ

(スピーカー・福子)「美味しい美味しいダネイホン。栄養満点ダネイホン」。

ダネイホンは福ちゃんたちの予想を超えて どんどん売れ行きを伸ばしていきました。

●たちばな栄養食品

萬平:おい 今日中に300個だぞ。

一同:はい!

福子:はい。はい。ありがとうございます。はい ご連絡お待ちしております。

鈴:大学病院でダネイホン買ってくれるの?

福子:全国の系列病院に納品してくれって。

鈴:まあ!

福子:信じられへん。

鈴:えらいことになったわ!

福子:源ちゃんも喜んでくれてんの? ん? ん? ありがと 源ちゃん。よいしょ。よいしょ。

世良:皆さん 今の この たちばな栄養食品の状況は 控えめに言うても 半分は僕のおかげやぞ。

萬平:それはもう 世良さんには感謝してますよ。

福子:宣伝がどれだけ大事か よう分かりました。

世良:せやろ。

鈴:最初は恥ずかしくて見てられなかったけど 慣れてしまえば ええ看板やわ。

世良:せやけどね お母さん 僕に言わしたら まだまだや。立花君は開き直りが足りん。ふだんから この黒緑丸眼鏡と蝶ネクタイで街を歩かんと。

萬平:ええっ。

世良:社長自ら広告塔になろうという気迫が足りんのや。

福子:本人は これでも精いっぱいなんです。

萬平:自分が目立つのは ちょっと…。

鈴:そんなこと言うてたら 罰が当たるわよ。みんな頑張ってダネイホンを作って売ってるんやから。

萬平:そりゃ そうですけど…。

世良:まあまあ お母さん。本人が嫌がってんのに 無理やりやらせても 客に見透かされてしまいます。これ以上 立花君の引っ込み思案が治らんようなら 次はお母さんでいきましょう。

鈴:えっ 私? いや 私なんて…。いつ?

世良:まあ その辺のタイミングは こっちで考えますから。お母さんは そのお美しさに磨きをかけといて下さい。

鈴:まあ 美しいやなんて…。頑張ります。

世良:頑張らんでええ そのままでええんや。

萬平:ところで世良さん。実は相談というか 報告があるんです。

世良:はい 何でしょう。

萬平:東京支社にいる うちの社員たちを夜学に通わせてやろうと思うんです。

世良:夜学?

萬平:ええ。堺 倉永 堀 増田 小松原。うちの会社にいる一番若い5人に 奨学金を出して夜学に通わせてやるんです。

福子:あの人たちは 戦争で勉強できなかったから。

鈴:それはいいことやわ。あら 神部さんは?

萬平:彼は大阪帝大 出てますから。

鈴:そうでした。そんなふうに見えないけど。

世良:まあ~ そやけど 会社がそこまで面倒見るいうんは…。

福子:教養のある社員が増えれば 会社の質もどんどん上がっていくと思うんです。会社が社員を育て 社員が会社を育てる。たちばな栄養食品というのは そういう会社であってほしいんです。

世良:あっ… 福ちゃん そこまで言われたら反対できんな。

萬平:まあ 世良さんに反対されても これはやりますけどね。

世良:何で聞いたんや せやったら。

(笑い声)

●東京の夜学

昭和23年(1948)4月

教師:同じ温度を摂氏と華氏で表した時に それぞれ x’ y’ となる。このxとyの間に どんな関係があるのかを導いてみよう。まず 摂氏の0’の華氏は…。

春になり 堺さんたちは 東京の夜間学校に通わせてもらえるようになりました。

(真一と福子の電話)

真一:うん みんな張り切って勉強してるよ。

福子:やっぱり学校に行きたかったんですね。神部さんは大丈夫ですか。

真一:大丈夫って?

福子:自分だけ仲間外れやとか言うてすねてません?

真一:ああ 何にも心配ない。仕事が終わったら 毎日 タカちゃんに手紙書いてるよ。

福子:毎日。

真一:タカちゃんを幸せにするために 自分は仕事を頑張るんやって。

神部:よし。

福子:へえ~ そうですか。

でも福ちゃんは まだ あのことを知りませんでした。

●香田家

タカ:大学なんか行かへん。

忠彦:親が行かせてやる言うてるんやぞ。

タカ:うちは貧乏やない。そんなお金 ないでしょ。

克子:タカ。

忠彦:大阪帝大なら 金はかからん。お前は成績がええから行けるいうて 先生が言うてたやないか。なあ 克子。

克子:そやけど…。

タカ:お父さんの魂胆は分かってます。

忠彦:魂胆?

タカ:私を大学に入れて 卒業を長引かせそうとしてるんよね。神部さんと結婚させたくないんよ。そうでしょ。

忠彦:神部君と同じ大学に行けるんやぞ。

タカ:答えになってへん!私の言うてることが図星やからやわ。高校卒業したら 私は神部さんと結婚します!

忠彦:いつから あんなに口が達者になったんや あいつは…。

●大衆食堂「やまね」

美代子:いらっしゃい…。いらっしゃいませ。

神部:1人なんですけど。

美代子:こちらのお席 どうぞ。

神部:ラーメン大盛りで。

美代子:ラーメン大盛り一丁。

●香田家

克子:お父さんは寂しいんよ。分かってあげて。

タカ:せやからって 約束破るの。

克子:急いで結婚することないやない。神部さんかて 東京で新しい仕事を任されたばっかりなんやし。

タカ:お母さんまで。

克子:私は タカの気持ちも分かる。 私かて お母さんたちに反対されたのに お父さんと結婚したんやから。

タカ:そしたら…。

克子:せやけど 今はちょっと後悔してる。もっとみんなを説得したらよかったって。結婚するんやったら みんなから祝福された方がええでしょう。

タカ:大学に行ったら5年も6年も待たんとあかんのよ。

克子:あなたは まだ17よ。

タカ:その間に 神部さんがほかの人を好きになったら どうするの。

克子:えっ…。

タカ:東京には きれいな人がたくさんいるって。

克子:そこは 神部さんを信じないと。真面目で誠実な人や言うたのはタカやない。

タカ:そうやけど…。

克子:神部さんを信じなさい。

(ため息)

克子:ほんまに 大人びたこと言うようになったんやね。

●大衆食堂「やまね」

美代子:はい お待たせしました。

神部:うまそうや。頂きます。

美代子:あの… この前 お会いしましたよね。

神部:えっ?

美代子:ポストの前で。

神部:ポスト…。あっ ああ あの時の。

美代子:あそこに新しく出来た会社の方ですか。

神部:そうです。たちばな栄養食品の社員です。ダネイホンを売ってます。

美代子:ダネイホンって…。

神部:「栄養満点ダネイホン。美味しい美味しいダネイホン」。

美代子:「萬平印のダネイホン」。知ってます。

神部:ありがとうございます。あれは大阪で作っていて 俺は販売に回ることになって こっちに来たんです。

美代子:そうだったんですか。あっ どうぞ食べて下さい。ラーメンがのびてしまうわ。

神部:頂きます。うん うまい!

美代子:ありがとうございます。

神部:すぐ近くに こんなうまい店があったとは うれしいなあ。

●香田家

タカ:疑ったりして ごめんなさい 神部さん。

何だか 困ったことになりそうな予感。でも それどころじゃない問題が起こったのは その3ヶ月後でした。

(福子と真一の電話)

福子:偽物?

鈴:えっ。

萬平:偽物?

真一:ラベルから何からダネイホンにそっくりや。

福子:ダネイボン!?

鈴: ダネイボン!?

萬平:もしもし どういうことなんですか 真一さん。

真一:バッタもんが出てきたいうことや。裏のラベルには タンパク質やら ビタミンAやらいうて書かれてるけど 萬平君があんなに苦労して作ったもんが そう簡単にできるわけあらへん! 粗悪品に決まってる!

萬平:えっ!

(世良と萬平の電話)

世良:そら 客が間違うて買うんを狙とるだけや。野放しにしたらあかんぞ 立花君。

萬平:いや あかん言われましても どうしたら…。

世良:よっしゃ 僕に任しとけ。今から東京行って その偽物 作りやがった会社に乗り込んだる。

世良さんの行動は早かった!

●坂下食品

世良:坂下食品。ここに間違いない。真一さん これは戦争や。こわもてで いきまっせ。

真一:分かってます。

世良:こらあっ! 社長はどこや! お前か。

関:いや 違います。

世良:出てこんかい!なめとったら あかんぞ。

真一:なめとったら あかんぞ。

関:しゃ… 社長!

坂下:何事だ。

世良:お前か。しょうもないバッタもん作りやがったんは! なめとったらあかんぞ!何や これ。ダネイボン? ん? 何や これ 座れ。

関:あ…。

真一:なめとったら あかんぞ。

●たちばな栄養食品

(世良と萬平の電話)

世良:あれだけ脅したら もう大丈夫や。

真一:僕にケンカは向いてない。

萬平:いや 何にせよ いろいろありがとうございました 世良さん。

世良:せやけど ダネイホンのバッタもんは これからもどんどん出てくるど。はよう ここはしかるべきところからのお墨付きをもろた方がええなあ。

萬平:しかるべきところ?

世良:ああ 東京の大学病院がダネイホンを買うてくれたんやろ。

萬平:ああ 京泉大学病院です。

世良:ああ。ほな そこに頼んで ダネイホンのラベルに 京泉大学病院推薦って載せてもらうんや。ほな どんなバッタもんが出てきても うちが本家本元や言えるやろ。

真一:なるほど。

萬平:はあ…。

世良:そのためには 社長がじきじきに出向いて お願いせんとあかん。ここは君の出番やで 立花君。

萬平:分かりました。

福子:ただいま。

萬平:福子。

福子:萬平さん。

萬平:東京に行くことになった。

福子:赤ちゃんができました。

萬平:ダネイホンのラベルに京泉大学病院推薦って書… えっ? 今何て言った?

福子:赤ちゃんができたの。実はここのところ体調が悪くて もしかしたらと思て 産院に行ってきたんです。そしたら…。

萬平:赤ちゃんが?

福子:はい。

萬平:赤ちゃんが!?

福子:はい。

萬平:福子!ハハハハハハ!

福子:萬平さん。

萬平:よくやったぞ 福子! 源 お前はお兄ちゃんになるんだぞ。よかったな 源。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



コメント