まんぷく(66話12月15日)所得税法違反で重労働4年罰金7万円の有罪判決

朝ドラまんぷく66話、昭和23年夏から秋の季節、福ちゃんが妊娠4ヵ月の時…。

萬平さんが上京したのは 福ちゃんから赤ちゃんができたことを知らされた翌日。幸せをかみしめてはニヤけてしまう萬平さんでした。これが悪夢の始まりでした。ところが 萬平さんは翌日には起訴され 軍事裁判にかけられたのです。判決は重労働4年 罰金7万円。

「萬平君が 堺君たちに渡してた奨学金が給料にあたる言われてな。その分の税金を納めてないいうて 所得税法違反に問われたんや」。

萬平逮捕の経緯とその理由は、芦田愛菜ちゃんのナレと真一さんのセリフで。

朝ドラまんぷく(66話12月15日)あらすじとセリフ

福子:赤ちゃんができました。

萬平:赤ちゃんが!?

福子:はい。

萬平:福子!ハハハハハハ!

福子:萬平さん。

萬平:福子!

萬平さんが上京したのは 福ちゃんから赤ちゃんができたことを知らされた翌日。幸せをかみしめてはニヤけてしまう萬平さんでした。

神部:東京に来たのがそんなにうれしいんですか 社長。

萬平:そうじゃない。

神部:はな 何で そんなニヤニヤ…。

おばちゃん:あら あなた!萬平さん!

萬平:どちら様でしたっけ。

おばちゃん:ほら 萬平さんよ この人。

おばちゃん:本当だわ。

おばちゃん:ダネイホンの萬平さん。

萬平:違います。

神部:あきませんよ 社長!

萬平:どうして分かったんだ。眼鏡も違うのに。

神部:もっと愛想ようして下さい。

萬平:蝶ネクタイもしてないのに!

●東京・たちばな栄養食品販売会社

萬平:みんな ありがとう。よく頑張ってくれた。おかげさまで ダネイホンは予想を超えた売り上げだ。

真一:ほんまに みんな よう働いてくれた。

萬平:学校はちゃんと行ってるのか。

小松原:一日も休んだことはありません。

萬平:おお そうか。ハハハ。

世良:神部君もリーダー格としてよう頑張っとる。うちに 世良商事に来てほしいわ。

神部:行きませんよ。

世良:冗談や。即答すな。

萬平:今回 僕が上京してきたのは ダネイホンを買ってくれた京泉大学病院にお願いをしに行くためだ。

真一:もう見本は出来てます。

萬平:おっ。いいですね。大学病院のお墨付きがもらえれば どんな偽物が出ても心配ない。

世良:早速 明日 出向いてもらうで。よっしゃ!ほな 今夜は うまいもんでも食いに行くか!

●大阪・香田家

忠彦:えっ。

克子:赤ちゃんができたの?

福子:今 4ヶ月。

鈴:来年の1月に産まれるのよ。

タカ:おめでとう 福子おばちゃん。

福子:ありがとう タカちゃん。

吉乃:福子おばちゃんのおなかん中に 赤ちゃんがいるの?

福子:そうよ。

克子:源ちゃんに弟か妹ができるんよ。

忠彦:お前たちのいとこが増えるんやぞ。

鈴:重ちゃんも学ちゃんも かわいがってあげてね。

重之と学:うん!

福子:ありがろう!

鈴:そうそう 聞いたわよ タカ。神部さんと手紙のやり取りしているんやって。

タカ:えっ… はい。

福子:お母さん。

鈴:あんなに タカには手をだすなって くぎさしておいたのに 若い人は しょうがないわねえ。どうして そんな顔しているの 忠彦さん。

忠彦:いえ 別に。

学:うち 今 もめてんねん。

重之:お父さんが邪魔してんねん。

鈴:えっ?

克子:駄目 言うたら。

福子:邪魔って…。

タカ:違うの。

忠彦:僕は大学行けって言うてるだけです。

タカ:私と神部さんを結婚させたくないんです。

克子:タカ。

福子:何で 神部さんが気に入らないんですか。

忠彦:気に入らんわけや…。

鈴:まあ 最初は泥棒やったもんね あの人。

重之:泥棒!

タカ:おばあちゃん。

克子:余計なこと言わんといて。

重之:姉ちゃん 泥棒と結婚するの?

鈴:そうよ。

福子:あれを気にしてるんですか。

忠彦:そういうわけや…。

克子:もうやめましょ。

タカ:神部さんはええ人よ。

克子:とにかく 赤ちゃんができてよかった。

吉乃:ほんまや。

重之:ほんまもんの泥棒やったの。

鈴:そうよ。

克子:お母さん。

●東京・大衆食堂やまね

萬平:ああ うまい!

世良:これも めちゃくちゃ うまいで!

小松原:神部さん よう来るんですか?

神部:時々な。みんなが夜学に通ってる時は 俺一人やから。

真一:このニラ炒めも ええ味出しとるわ。

増田:料理もええけど あの店員 べっきんさんですよ。

倉永:実は 僕もさっきから そう思てたんや。

堺:僕もや。

神部:美代子ちゃんいうんや あの子。

堀:知っとるんですか 神部さん。

神部:何べんも来てるからな。

美代子:はい お待たせしました 肉まんじゅうです。ありがとうございます。

神部:おおきに。

美代子:ごゆっくり。

萬平:確かに美人だな。

真一:うん 愛想もええ。

堺:僕 口説いてみよかな。

はあ?

お前が口説く?

無理や 無理。

増田:堺 お前には高嶺の花や。

堀;お前たにも無理ばい。

世良:あれは どう見ても お前らより年上やぞ。神部君ならぴったりや。

神部:俺ですか?

萬平:神部君が駄目ですよ 世良さん。

小松原:神部さんにはタカちゃんがおるんやから。

世良:タカちゃん?

真一:週末に手伝いに来る 克子さんの娘ですよ。

世良:お~!神部君は あの子と恋仲なんか。

神部:ええ。

萬平:みんな知ってますよ。

世良:僕は知らんがな そんなこと。

堺:タカちゃんが卒業したら 結婚するそうですよ。

堀:クソ。

小松原:10も年上やのに。

増田:俺らから タカちゃんとりやがって。

神部:まだそんなこと言うてんのか。

世良:まあ おめでとうさん。せやけど こんなこと言いたないけど あの店員の方が タカちゃんより美人やぞ。なあ 立花君。

萬平:いやいや タカちゃんだって かわいいですよ。

神部:タカちゃんだってやないでしょう。あんな美人はいませんよ。

一同:ええっ。

神部:何ですか「ええっ」って。

真一:いや そこまで言うとは思わんかった。

「蓼食う虫も好き好き」いうやつやな。

神部:いやいや 誰が見たってタカちゃんは美人でしょう。

倉永:絶対あの子の方が美人や。

堺:神部さんはどうかしとるわ。

(笑い声)

萬平:やめろ。くだらないことでケンカするな。早く食べろ。

真一:はよ食え食え。こんなことはめったにないぞ。食べろ。

はい。

食べましょ 食べましょ。

(萬平と福子の電話)

福子:みんな元気でした?

萬平:ああ やっぱり こっちは活気があるよ。明日は京泉大学病院だ。推薦がもらえたら ダネイホンは今よりもっと安心して買ってもらえるようになる。

福子:うまくいくことを願ってます。

萬平:うん。体は大丈夫か。

福子:うん 大丈夫です。時々 つわりでつらいけど これは当たり前のことやから。

萬平:何かあったら すぐお義母さんに助けてもらえよ。

福子:はい。

萬平:列車の中から富士山が見えたんだ。

福子:え?

萬平:ゆうべ 大阪をたって 列車の中で寝て 目が覚めたら窓の外にでっかい富士山が見えたんだ。

福子:まあ!

萬平:朝日に照らされた富士山は それはもうきれいだった。まるで僕たちに新しい子どもができたことを祝ってくれてるようだった。

福子:そうですか。

萬平:うん。福子。その子が産まれて大きくなったら 源と4人で富士山に登ろう。

福子:えっ 登るんですか?

萬平:ああ。

福子:眺めるんやなくて?

萬平:登るんだ。だから 子どもたちが大きくなるまで 僕たち2人も元気でいなきゃな。

福子:そうですね。ダネイホン食べて。

萬平:ハハ。ああ。

福子:楽しみができました。

萬平:じゃあな。明日うまくいけば あさってには帰れるから。

福子:はい。成功をお祈りしています。おやすみなさい。

萬平:おやすみ。よし。

(電話の着信音)

萬平:はい たちばな栄養食品です。

これが悪夢の始まりでした。

●大阪・たちばな栄養食品

(電話の着信音)

鈴:はい はい はい。はい はい。誰よ こんな時間に。たちばな栄養食品でございます。

神部:大奥様! 神部です。

鈴:あっ どうしたの 神部君。

神部:社長が また… また…。

鈴:また何よ。

神部:進駐軍に逮捕されました。

鈴:逮捕!?

神部:ゆうべ 呼び出しの電話があったらしくて 今朝 真一さんと一緒に憲兵本部に行ったら 社長だけ いきなり逮捕されたって。

福子:え… 逮捕? え… 萬平さんが? え… 何があったの?

神部:真一さんが電話で言うには 脱税やそうです。

福子:脱税?

神部:訳が分からないって 真一さんも言うてました。世良さんも事情を聞きに行ってます。

福子:え… ちょっと待って。えっ 脱税って…。

鈴:何よ それ。萬平さんがそんなことするわけないやない。

福子:えっ!?

(福子と真一の電話)

福子:もしもし。

真一:真一です。

福子:真一さん。ほんまに 萬平さんが逮捕されたんですか?

真一:ほんまや。萬平君は今 進駐軍の取り調べを受けてる。

●進駐軍取調室

MP:社員の数は?

萬平:東京は 7人です。

●東京・たちばな栄養食品

(福子と真一の電話)

福子:何で そんなことに。

真一:萬平君が 堺君たちに渡してた奨学金が給料にあたる言われてな。その分の税金を納めてないいうて 所得税法違反に問われたんや。

世良:そんな あほなことがあるかいな!

小松原:ぼ… 僕らのせいです。

福子:違います。あれはみんなを夜学に行かせてあげるためのお金です!

鈴:それが駄目やの!?

真一:僕もそう言うたし 萬平君もそう主張してるはずや。

●進駐軍取調室

萬平:ちょっと待って下さ… 納得できませんよ こんなこと!

●東京・たちばな栄養食品

(福子と真一の電話)

真一:でも進駐軍は 萬平君を帰してくれんのや。

福子:私 東京に行きます。

真一:いや 福ちゃんは今 大事な体やし 君がこっちに来てもどうにもならへん。

福子:せやけど…。

真一:心配なのは分かるけど 福ちゃんに来てほしい時はこっちから呼ぶから。それまで待っててくれ。

(机をたたく音)

ところが 萬平さんは翌日には起訴され 軍事裁判にかけられたのです。判決は重労働4年 罰金7万円。

●進駐軍独居房

萬平:こんな ばかな話があるか!

●大阪・たちばな栄養食品

(福子と真一の電話)

福子:有罪…。

鈴:ええっ…。

●東京・たちばな栄養食品

真一:萬平君は4年間 刑務所に入らんとあかん。しかも罰金7万円なんて とても支払えん額や。

世良:何で いっつも こんなことなんねん!痛っ!

●東京・坂下食品

関:やりましたね 社長。

坂下:ざまあ見ろだ。

(笑い声)

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

3 Replies to “まんぷく(66話12月15日)所得税法違反で重労働4年罰金7万円の有罪判決”

  1. こういう昔の物語を現代で放送するにあたって当時の金額は今でいういくらの価値があるかって事を教えて欲しい…7万円「そんな大金うちにはありません!」…ぱっとこない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。