まんぷく(81話1月8日)織田島製作所の万能調理器開発に100万の融資を決める

NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく81話、時々フッと思うんだ。自分はこんなことしていていいんだろうかって。

福子:人のお役に立ってるやありませんか。織田島製作所さんかて きっと萬平さんに感謝してますよ。

でも あの子たちは 僕を信用組合の偉い人だと思ってる。泉大津で塩を作り ダネイホンを作った僕を知らない。大変だったけど楽しかったな。

織田島製作所の万能調理器開発に100万の融資を決め、そして昔の塩作り、ダネイホン作りを思い出す萬平に、危うさを感じる視聴者一同。

47歳で無一文になってしまうカウントダウンの始まりで、どうして人は昔を美化したくなるんだろう?という疑問を感じながら、明日に続くです。

朝ドラまんぷく(81話1月8日)あらすじとセリフ

萬平:上半期は皆さんが頑張ってくれたおかげで目標達成です。

(拍手)

喜多村:ただ 7月に入ってからだんだん景気が悪くなってきましてね。

萬平:ああ。

喜多村:どうか油断しないで下さい。

萬平:分かりました。

敏子:萬平さんに私の知り合いの町工場を助けてほしいの。

福子:町工場?

敏子:今まで世の中にない道具を作ろうとしているんですって。

萬平:世の中にない道具?

福子:昔の萬平さんみたいでしょう。

萬平:どこの会社だ。うわっ! あっつ!

鈴:ま… 萬平さん!

●織田島製作所

真一:ここですね。

萬平:はい。

久美子:何か?

萬平:あっ 池田信用組合の立花と申します。

真一:小野塚です。

健三:うちは昔から刃物を作ってるんです。けど 家電会社に勤めてた息子が戻ってきましてね。うちの技術を使うて 新しいものを作ろうて言いだして。

正:考えたのが万能調理器です。

萬平:万能調理器?

正:まだ設計段階ですが。この上の容器を取り替えることでジューサーにもなり ミキサーにもなり 野菜をみじん切りすることもできるんです。

萬平:みじん切り。

真一:ジューサーにもミキサーにもなるんですか。

正:でも まだ細かく切る部分がうまくいきません。

健三:もっと小さくしないと台所に置けませんし。

萬平:万能調理器。ハハハハ。

●パーラー白薔薇

福子:コーヒー2つお待ち遠さまです。ほかにご注文ございますか。

客:大丈夫です。

福子:ごゆっくり どうぞ。

しのぶ:福ちゃん もう時間や。

アキラ:あっ ほんまや。もう時間や。もう今日はええわ。

福子:いや せやけど今日は忙しいから もう少し手伝います。

アキラ:ほんまか? 助かるわ。

●織田島製作所

健三:100万円!?

萬平:池田信用組合が融資します。

正:ほんまですか。

萬平:あの万能調理器を開発するのは資金が必要でしょう。頑張って商品化して下さい。

正:あ…ありがとうございます。

久美子:よかったわね あなた。

正:ああ 絶対 完成させるぞ。

健三:おお 頑張れ お前。

真一:100万円は多すぎませんか。

萬平:大丈夫。

真一:梅田銀行は 景気が悪くなってきたから財布のひもを締めろと。

萬平:でも こういう会社こそ 僕たちが助けてあげなきゃいけないんじゃないですか。この会社は絶対に伸びます。絶対に。

●立花家

福子:ただいま。ごめんね。すぐ晩ご飯作るから。

鈴:子どもたちが学校から帰ってくる前に終わるんやなかったの。

福子:今日は忙しかったんよ。

鈴:理事長の奥さんが どうしてあんなお店で働くの。

福子:その話はもういいって。

鈴:あんな貧乏性に育てた覚えはないのに…。

源:おばあちゃん 雨が降りそうや。

鈴:えっ。

幸:曇ってきた。

鈴:えっ そんなこと…。

源:はよう洗濯物 取り込んだ方がええで。

幸:はよう はよう。

鈴:降りそうには見えないけど。

源:おばあちゃん 足元。

鈴:ん?

(鈴さんの叫び声)

福子:何!? 何 何 何!? どうしたの!

鈴:ムカデよ ムカデ! あ~! あっ ああ~!

(笑い声)

福子:ムカデ!?

鈴:何がおかしいの! いや~!

福子:ちょっと待って。お母さん これ ムカデやない! 源!

(笑い声)

源:黒豆を糸でつないで ようじを刺して作ったんや。

福子:おばあちゃんがムカデが大嫌いなの 知ってていたずらしたんやね。

源:面白かったな 幸。

幸:うん。

福子:はあ… 食べ物でいたずらしないの!

鈴:ああ… ああ…。

福子:それにしても黒豆で…。よう考えたわね。

源:もういっぺん作ってあげようか。

萬平:ほう~。これはなかなかよく出来てる。ハハハハ。本当に源が考えたのか。

福子:うん やっぱり萬平さんの子やわ。いろいろ工夫するのが好きなんやね。

萬平:お義母さんは?

福子:さっきまで寝込んでたけど…。もうしっかり機嫌は直ったみたい。

鈴:あ~極楽 極楽。

萬平:そうだ 福子。

福子:はい?

萬平:織田島製作所に融資することに決めたよ。

福子:あっ 敏ちゃんが紹介してくれた町工場。

萬平:ああ。あの万能調理器は画期的だ。

福子:万能調理器?

萬平:あそこで開発してる商品だよ。説明してやる。まず こう土台となるモーター部分があって。ここに 回転する… 刃物がついているんだ。

福子:ふん ふん ふん。

萬平:そして ここの容器を替えれば ジューサーにもなるし ミキサーにもなるんだ。

福子:えっ 一つの機械で?

萬平:ああ。もう一つ。野菜を細かく みじん切りにすることもできるんだ。

福子:えっ? いやいやいや それって あれやないですか。昔 萬平さんが作ってた根菜切断機。

萬平:そうなんだよ。あのころは 簡単にこうみじん切りにするだけで 十分 画期的だったけど そこにジューサーもミキサーの機能もついてるわけだから これは相当な技術力だ。完成したら絶対に売れるよ。きっとみんな喜ぶ。

福子:それですぐに融資を決めたんですね。

萬平:ああ。敏ちゃんにお礼を言っといてくれ。

福子:はい。

●香田家

忠彦:うん…。

神部:はい。完成おめでとうございます。

忠彦:ありがとう。

克子:そしたら お祝いに お酒もう一本つけましょうか。

タカ:はい。

忠彦:絵が一枚出来たぐらいで そんなことしなくてええよ。

吉乃:うれしくないの?お父さん。

忠彦:うれしい?そんな感覚はもうないな。

神部:何でですか。お義父さんの絵は絶対売れるのに。

克子:この人はね 昔から売れるとか売れないとか どっちでもええと思ってたのよ。自分の描きたい絵を描く。せやから 画商からこういう絵を描いてほしいと言われてもお断りよ。ねっ あなた。

タカ:せやけど 今は描きたい絵を描いてるんでしょう。

吉乃:それが売れてるんやから ええやない。

神部:こんな幸せなことありませんよ。

忠彦:せやけど もっと違う絵を描いてみたいと思う気持ちもあるんや。

吉乃:描けばええやない。

神部:そうですよ お義父さん。

タカ:描いて 描いて。私も見たい。

克子:あなたのおかげで生活も楽になったんやから どうぞご自分の好きな絵を描いて下さい。

忠彦:ありがとう みんな。ただね 問題がある。

吉乃:問題?

忠彦:描きたい絵が分からない。

神部:はっ?

忠彦:違う絵を描きたいのに それがどんな絵かが分からんのや。う~ん…。

克子:茂さん お代わりは?

神部:あっ お願いします。

吉乃:このナス おいしい。

タカ:かしわも食べて 茂さん。

神部:ありがとう タカ。

忠彦:みんなも考えてくれよ。

●立花家

萬平:もう8年か。

福子:えっ?

萬平:こんなに長く続けられるとは思わなかったよ。

福子:ああ 信用組合ですか。

萬平:最初は自分が理事長なんてって思ってたんだけどな。

福子:萬平さんは しっかりつとめてらっしゃいます。

(ため息)

福子:どうしたんですか。

萬平:織田島製作所は家族3人だけでやってるんだ。社長の健三さんと息子の正さん 小さな子どもを背負った奥さんの3人で…。懐かしかったなあ。

福子:懐かしい?

萬平:昔は僕も ああやって もの作りをしてたんだよなって。

福子:はい。

萬平:時々フッと思うんだ。自分はこんなことしていていいんだろうかって。

福子:人のお役に立ってるやありませんか。織田島製作所さんかて きっと萬平さんに感謝してますよ。

萬平:でも あの子たちは 僕を信用組合の偉い人だと思ってる。泉大津で塩を作り ダネイホンを作った僕を知らない。大変だったけど楽しかったな。

福子:はい。

萬平:この子たちに見せてやりたかった。

回想福子:やっぱり萬平さんの子やわ。いろいろ工夫するのが好きなんやね。

福子:萬平さん…。後悔してるんですか。萬平さんは世の中の役に立つ仕事をしているんです。人を笑顔にしてるんですよ。

萬平:もう寝よう。おやすみ。

福子:おやすみなさい。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク